鋼の錬金術師 最終回のネタバレ・あらすじ!プロポーズもある?

鋼の錬金術師 最終回のネタバレ・あらすじ!プロポーズもある?

鋼の錬金術師 最終回のネタバレ・あらすじ!プロポーズもある?

 

人気漫画「鋼の錬金術師」の最終回ってどういったラストだったのでしょうか?

 

どうやら、プロポーズのシーンがあるらしいのですが…

 

 

長い間原作漫画が連載されていたこともあって、実は最後まで読んでいない…という人もいるのではないでしょうか?

 

 

鋼の錬金術師が最も話題になっていたのは、アニメ版が放映されていた2003年〜2004年の間だと言われています。

 

アニメがきっかけで、原作漫画に興味を持った人は多いでしょう。

 

 

しかし放送期間は、たったの1年間でした。

 

アニメ版最終回の内容は、アニメだけのオリジナルのものです。

 

 

アニメが終了した後も原作漫画は続き、2010年まで連載されていましたので…

 

原作漫画を読み続けていなければ、終盤のストーリーを知らない…ということになります。

 

 

ということで、この記事では原作漫画「鋼の錬金術師」最終回のあらすじをご紹介しましょう。

 

ネタバレになってしまうので、それが嫌な人は注意してください。

スポンサーリンク

漫画「鋼の錬金術師」最終回のあらすじをご紹介。プロポーズのシーンもあり?ネタバレには注意して

 

最近実写映画化が発表された漫画が「鋼の錬金術師」、通称「ハガレン」です。

 

荒川弘氏による大人気作品で、コミックは累計6,100万部も売り上げました。

 

 

これまでもアニメ化、アニメ映画化になるたびに話題になりましたが…

 

ファンとしては、キャスト陣と原作にどこまで沿ったストーリーなのか?が気になっているようです。

 

 

また、原作漫画も連載期間約9年・全108話とかなりボリューミーなため…

 

この実写映画化をきっかけに、「そういえば最後どうなったか読んでない」という声も多くありました。

 

 

そこで今回は漫画原作「鋼の錬金術師」の最終回のあらすじをネタバレしてしまいます。

 

 

最終回の108話は100ページ以上にも及ぶ大作で、これまでの物語の核となるシーンがたくさん出てきました。

 

 

まず前話では…

 

ラスボス「お父様」との激しい戦いの中で、主人公のエドは右腕の機械鎧を失ってしまいます。

 

 

錬成術は両手で行うものなので、右腕がないままだとエドは戦うことは出来ません。

 

しかしエドが機械鎧をつけるようになったのは、弟のアルの魂を錬成術で鎧に定着させたことによる「代償」でした。

 

 

そのことを思い出したアルは、自らの魂の定着を解除します。

 

それによりエドの支払った代償である生身の右腕が元に戻り、無事に敵を倒すことが出来ました。

 

 

エドはアルの体を全て取り戻すために、「真理の扉」に立ち向かいます。

 

 

真理の扉の前でアルを取り戻す術を自問自答するエドは、ついに自分の中にある「真理」を見つけます。

 

エドにとっての真理とは、彼とずっと一心同体であった錬金術そのものでした。

 

 

エドは自分の錬金術を差し出す代わりに、生身のアルをこの世に呼び戻すことに成功したのです。

 

 

その結果エルリック兄弟は、「自分たちの体を取り戻す」という二人の旅の目的を無事果たしたのです。

 

 

永きに渡った大きな戦いが終わり…

 

一致団結して強敵を倒した仲間たちそれぞれの、新しい人生が始まります。

 

 

戦いの中で視力を失い盲目になってしまったマスタングは、軍を退役させられます。

 

 

そこにマルコーがやって来て…

 

新たなイシュヴァール政策を打ち立てることと引き替えに、賢者の石を差し出しました。

 

これで視力を再び取り戻すためです。

 

 

マスタングは、ホークアイを中心としてまた信頼できる部下を集め…

 

新たな戦いに向けて歩き出します。

 

 

リンも自国の帝位を目指し、エドに別れを告げます。

 

 

エドとアルの父・ホーエンハイムは、妻のトリシャの墓石の前で穏やかにしを迎えました。

 

 

これまでで明らかになっていることですが…

 

ホーエンハイムは普通の人間では無く、人よりも長く生きながらえてきた生き物でした。

 

 

そんな彼にとって、トリシャとの出会いやエドとアルの誕生は…

 

唯一、人間や父性を感じさせてくれる出来事だったのです。

 

 

エルリック兄弟も、それぞれ別の道を進みます。

 

錬丹術を学ぶため東に向かうアルと、西を回るエド。

 

 

そしてエドは、ウィンリーへプロポーズします。

 

 

「等価交換だ。俺の人生半分やるから、お前の人生、半分くれ!」というエドのプロポーズに対して…

 

ウィンリーは「半分どころか、全部あげるわよ」と真正面から受け止めます。

 

 

最後には、それぞれの後日譚の写真が描かれています。

 

 

公開が決定した「鋼の錬金術師」実写映画を機に、原作漫画を最後まで読んでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ