デンタルフロスが臭い原因は

デンタルフロスが臭い原因は

デンタルフロスが臭い原因は

毎日朝晩歯ブラシを使って歯を磨いていても、どうしても磨き残しがあり…

 

日にちを経るごとに、少しずつではありますがプラーク(歯垢)が溜まってしまいます。

 

 

デンタルフロスは、歯の間に溜まってしまった歯垢を取り除くのに便利なグッズなのですが…

 

使用したあとのデンタルフロスがやたら臭いことはないでしょうか?

 

 

これってなぜなのでしょうか?

 

何か原因があったりするのでしょうか?

スポンサーリンク

使用した後のデンタルフロスが臭い!原因は一体なに?

 

デンタルフロスは歯磨き後に使ってプラーク(歯垢)をしっかり取る目的のグッズですが、使用した後に発する臭いがきついと感じる方もいます。

 

 

それは、プラーク(歯垢)の中に含まれている細菌が揮発性硫黄化合物を発生させることが原因です。

 

 

歯垢たった1mgの中には、なんと300種類もの細菌が10億個生息しているのです。

 

 

歯に付着している歯垢は、目で見えてしまうくらい大きいです。

 

まさかあれが全部細菌だなんて、ショックですよね。

 

あれは決して食べかすではなく、細菌の塊なんです。

 

 

 

そのため、個人差はあるものの使用したデンタルフロスが臭くなる場合があります。

 

 

また、他にも歯周病があると臭いを起こす場合があります。

 

歯周病を引き起こす細菌が発するガスや、歯周ポケットから出て来る膿などが臭いを発するからです。

 

 

一般的に、初期から中期程度の歯周病の場合にはそれほど臭いは発生しませんが…

 

進行した歯周病の場合は膿が出て来るため、それが付着することによってデンタルフロスが臭くなる可能性が高くなります。

 

 

同様に、歯肉炎にかかっている場合にも臭いを感じる場合があります。

 

歯肉炎とは、歯茎に炎症があり腫れてくる症状のことを指します。

 

 

歯肉炎になってしまうと、歯磨きなどの時に歯茎から出血することが良くあります。

 

血の臭い自体が生臭いので、それが原因で口腔内が臭くなることもあります。

 

 

こういった理由から、使った後のデンタルフロスが臭くなってしまうわけです。

 

 

また、こちらは限られたケースではありますが…

 

部分入れ歯を常時使用している場合にも、臭いを発してしまうケースも珍しくありません。

 

 

また入れ歯を使っていることでカビが発生し、臭いの原因を作ってしまうことも良くあります。

 

入れ歯は毎日洗浄液を使って清潔に保ち、カビや菌を増やさないようにする必要があります。

 

 

他にも、食べた食材によっても臭いが感じられる場合もあります。

 

 

食材自体の臭いが原因で口臭を感じる場合には、思い当たることが自分であるわけなので…

 

この場合は、食べることを控えるなど意識づけが可能でしょう。

 

 

それ以外のプラーク(歯垢)・歯周病・歯肉炎・入れ歯の使用といった原因が考えられる場合には、よりプラーク(歯垢)を徹底的に除去することが必要です。

 

 

歯科での定期的なクリーニングを行ってもらうことも、普段の歯磨きだけでは落とせないプラーク(歯垢)を落としてもらえるという点でおすすめです。

 

 

普段の歯磨きに加えてデンタルフロスを使うことで、歯と歯の隙間のプラークを落とせます。

 

他にも、自分にあっている補助グッズを活用してみるのも良いでしょう。

 

糸ようじが臭い…これってヤバイ?

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

糸ようじが臭い…これってヤパイ?

 

糸ようじ・歯間ブラシで出血する原因

 

歯石と歯垢の違いは?

 

デンタルフロスと糸ようじの違いは

 

歯間ブラシが臭いけど大丈夫?口臭との関係は

 

デンタルフロスが臭い原因は

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ