防火管理者とは・選任される基準や要件

防火管理者とは・選任される基準や要件

防火管理者とは・選任される基準や要件

防火管理者の業務を皆さんはご存知ですか?

 

 

防火管理者は消防法で防火管理が必要な百貨店、ホテル、地下街といった不特定の人達が利用する防火対象物や病院、社会福祉施設、学校・幼稚園・マンション等々での、火災事故を未然に防ぐために、防火の管理監督を指導する人をその該当対象物等で選任して、防火管理業務にあたるための社員や職員の方々です。

 

 

では、防火管理者はどの様に選任されるのかをお伝えします。

スポンサーリンク

防火管理者の業務と現況はこんな事です

 

防火管理者は消防法第8条では、防火対象物等の所有者等が防火管理者資格講習会に社員等を受講させ、資格(防火管理者の証)を取得した者から選任し、消防署長に届出て承認を得てはじめて防火管理者となります。

 

 

防火管理者は該当の防火対象物(建築物)の防火管理の遂行・消防計画の作成・消防用設備等の点検整備等の業務を行う事になります。

 

 

防火管理者が取得した防火管理者資格講習修了証の資格は、どこの消防署の講習会で取得した証でも、全国のどこの市町村でも活用できるシステムになっています。

 

 

防火管理者に選任されると第一に消防計画の作成し、年に2回消防用設備等の点検整備を実施しなければなりません。

 

 

この消防用設備等の点検の実施は、殆どが専門業者に検査委託を行いますから、防火管理者はその検査時に立合いを行い異常の有無を確認しておくことが大切な任務になります。

 

 

消防用設備等の点検が終了すると検査委託した専門業者より検査報告書が提出されますので、それに防火管理者と会社等の最高責任者の確認印を押印し、関係の消防署長に提出し内容確認後承認受理となります。

 

 

第二に、年に1回は防火・避難訓練(消防訓練)を実施し、会社や施設等の防火対象物(建築物)の関係者全員を参加協力させて実行しますが、このときに関係地域の消防署と連携を取り訓練支援を依頼して行う事が実の多い訓練となります。

 

 

防火・避難訓練の実施時は関係者(社員・職員・住民等)の多くが参加し易い状況や内容に考慮する必要があります。

 

 

一般的には人々が多く生活するマンションや公的な共同住宅では、生活や個人の考え方の相違から、防火訓練に積極的に参加して自分や家族の生命や財産を守って行こうとする考えの居住者は多くない様で、管理組合の理事長や自治会の会長さん達や防火管理者の皆さんが、消防訓練の参加者を募るのに苦慮されているのが現況となっています。

 

 

また、会社や工場などでの消防訓練も業務内容や生産ラインの停止・製品の品質の安定維持のため、おいそれと現場を離れられないことから、これらに支障のない人員のみで実施する。

 

 

そのことから、非常時の対応が充分確立されていないので『いざ』と言う時にパニックになり混乱を生じ対応が後手に回り大事故になりかねません。

 

 

消防訓練や災害訓練は、本当に火災時や非常時に出くわした場合には、@普段やっている事しかできない。A普段やっている事も満足にできない。B普段やっていない事は絶対出来ない『だから消防訓練や防災訓練を行う」のだと言います。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ