セッコは強いけど、グリーンデイでカビないのはなぜ(ジョジョ5部)

セッコは強いけど、グリーンデイでカビないのはなぜ(ジョジョ5部)

 

「ジョジョの奇妙な冒険」各部のラスボス手前の相手は、実力・性格ともにヤバイ奴が出てくる傾向にあります。

 

スタンド編で限定しても、ヴァニラアイス・チープトリック・ヴェルサスといった感じで。

 

 

5部でボス・ディアボロとの決戦の前に立ちはだかったのが、チョコラータとセッコのゲスコンビです。

 

 

チョコラータの使うカビ能力は、繁殖する範囲が実質無限。

 

攻撃対象は、無差別。

 

言うまでもなく凶悪で強い能力ですが…

 

 

相棒・セッコの能力も、負けないほど凶悪な理由があります。

 

 

この記事では、セッコに関する以下の情報を載せました。

 

・地味だが強い、セッコの能力・オアシス。最強クラスな理由とは?

 

・チョコラータのスタンド・グリーンデイの能力で、セッコがカビないのはなぜ?

スポンサーリンク


セッコの能力「オアシス」は、一見地味だが強い!最強クラスと言ってもいい理由とは?

 

ジョジョの奇妙な冒険5部の終盤に登場する敵スタンド使いが、セッコです。

 

 

スタンド名は「オアシス」で、自分の身にまとう形で発動しています。

 

相手はブチャラティ一人ですが、お互い「破壊力:A・スピード:A」の近距離パワー型スタンド。

 

 

本来なら互角の戦いが予想されるのですが、セッコの能力を利用した謎理論で圧倒します。

 

(肘で地面を泥化させ、その反動でパンチの速度を上げる)

 

 

地面を泥化させて地中に引きずり込むこともでき、その範囲は広い。

 

自分だけは地中で自由に泳ぐことが可能ですが、相手は地中で身動きが取れなくなります。

 

 

一方的に攻撃され続ける状況の中、反撃するのはほぼ不可能と言えます。

 

 

結局、ブチャラティがゾンビ化?していなければ勝つことは不可能な相手でした。

 

他のどのメンバーでも、無理な気がします。

 

 

タイヤがパンクする音に関しては、「自分の耳をジッパーで塞ぐ」といった対処も出来たのかもしれませんが。

 

 

この時主人公のジョルノは、チョコラータと交戦中でしたが…

 

セッコ相手だと勝てなかった気がします。

 

 

地中に引きずり込まれては、何らかの生物を生み出してもセッコには届かない。

 

ジッパーの能力も無く、移動すらままならない。

 

 

地上での殴り合いでも、互角以上の展開に持ち込める。

 

地中に引きずり込んだ後は、セッコの独壇場。

 

 

時間停止系の能力なら多少長生きは出来そうですが、完全に地中から脱出するのは不可能そう。

 

セッコ自身が近づかなくても、遠距離から攻撃する手段もあります。

 

 

誰しも、地面の上に立っているわけですから…

 

自分の立っている周辺の地面をオアシスの能力で泥化されれば、逃れるのは困難でしょう。

 

 

一見能力が地味な感じなのは否めない、セッコのスタンド能力・オアシスですが…

 

 

案外最強候補に入ってもおかしくない程の、強い能力を持っているのではないでしょうか?

 

 

チョコラータのスタンド・グリーンデイは、多人数をまとめて葬るのに適した能力と言えます。

 

一方セッコのスタンド・オアシスは、一人の相手を確実に仕留めるのに適していると思います。

 

チョコラータのスタンド「グリーンデイ」で、セッコがカビないのはなぜ?

 

チョコラータが使うスタンド「グリーンデイ」の能力は…

 

生きている人間なら、敵だろうが味方だろうが無差別に攻撃するというもの。

 

 

ブチャラティには、カビの影響が全くありませんでした。

 

理由は、彼の肉体がすでにしんでいたから。

 

 

しかし、もうひとりカビの影響を受けていない人間がいました。

 

それが、ブチャラティと戦っていたセッコです。

 

 

無差別と言いながら、相棒のセッコの体にはカビが生えていなかったのですが…

 

これって、どういう事なのでしょう?

 

 

ちなみに、ネットで見つけた考察は以下の通り。

 

・身に纏っているオアシスによって、外部からのカビによる影響を防いでいた。

 

・オアシスの能力によってカビをドロ化しているため、自分だけは無事。

 

実は、答えはごくシンプルなものでした。

 

それは、「チョコラータが望めば、カビの効果は消せる」というもの。

 

 

「JoJo A-Go!Go!」に付属されていたスタンド辞典に、上記のような内容の記述が見つかりました。

 

 

連載中には一切説明がなく、後付け感満載ではあるのですが。

 

読者の中に、しつこく指摘していた者でもいたのでしょうか?

 

 

相棒のセッコがカビの影響を受けないよう、能力をコントロールしていたことが伺えます。

 

 

攻撃対象が無差別で、一片の良心も持ち合わせない性格と謳っていたのですが…

 

やはり相棒のセッコのことは、頬ずりするほど可愛く思っていたのでしょう。

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加