マンガ・アニメ

マンガ・アニメ

 

「ルパン三世」はモンキーパンチさんの漫画が原作の人気アニメで、現在も新作が作られテレビ放映されています。

 

 

今までに放送されすでに終了してしまった、ルパン三世のアニメや映画に興味を持った人もいるでしょう。

 

そんな人に向けて、過去に放送された作品を観ることができる動画配信サイトがあるのをご存知でしょうか?

 

 

さらに、これらの番組や映画を無料で観ることができるというのですが…

 

これって本当なのでしょうか?

続きを読む≫ 2017/04/20 20:37:20

「みんなエスパーだよ!」は若杉公徳さんが描かれた漫画で、2010年から雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載していた作品です。

 

 

過去にはテレビドラマ化もされていて、染谷将太さんが主人公・鴨川嘉郎を演じていました。

 

テレビ東京系の局で2013年に放送され、2015年には実写映画化もされました。

 

 

ドラマと実写映画の原作に選ばれた漫画の最終回は、どんな結末を迎えたのでしょう?

 

この先には、最終話となる73話「世界は僕のもの」のあらすじがネタバレされております。

続きを読む≫ 2017/04/18 20:40:18

海外の小説「黒い兄弟」が原作となったアニメ「ロミオの青い空」は、1995年にフジテレビの「世界名作劇場」枠内で放送されていました。

 

原作の重い内容も、ゴールデンタイムのアニメ用にアレンジされています。

 

 

煙突掃除をする少年たちが結成した「黒い兄弟」を狙って犯罪行為を働く不良少年グループ・狼団との対立が主に描かれていました。

 

アルフレドが命を落とした後は、主人公・ロミオがリーダーを引き継ぎます。

 

 

アニメ「ロミオの青い空」の結末は、どんな内容だったのでしょうか?

 

 

最終話となる33話「空へ! 自由の翼にのって」のあらすじが、この記事には載っています。

続きを読む≫ 2017/04/17 20:45:17

海外の小説が原作のアニメ「アルプスの少女ハイジ」は、1974年にフジテレビで放送されていました。

 

今でもテレビ番組など懐かしのアニメ名場面特集などでよく流れる「クララが立った!」のシーンが有名な作品です。

 

 

アルムの山に住むおじいさん(おんじ)の元へと預けられ、幼い頃から大自然の中で育った主人公・ハイジ。

 

物語の中盤ではフランクフルトでの生活が始まり、足が不自由な少女・クララと出会います。

 

その後再び山に戻ったハイジを追うように、クララもまた山での生活を始めるのでした。

 

 

アニメ「アルプスの少女ハイジ」の最後は、どんな内容だったのでしょう?

 

 

こちらの記事には、最終話となる52話「また会う日まで」のあらすじが載っています。

続きを読む≫ 2017/04/16 23:10:16

西尾維新さんが執筆する小説(ライトノベル)が、「物語シリーズ」です。

 

化物語からスタートしたこのシリーズは、続々とアニメ化がされてきました。

 

 

2017年1月12日に発売された最新作「結物語(むすび物語)」は、物語シリーズ・オフシーズンの第4巻です。

 

 

ここで一気に5年も時が進み、シリーズの主人公・阿良々木暦は学生ではなく警察官となっていました。

 

架空の部署「直江津署・風説課」に配属されています。

 

 

この作品で、暦と戦場ヶ原ひたぎが結婚するらしいのですが…

 

本当なのでしょうか?

 

 

羽川翼とも再会するのですが、彼女は驚くべき人物となっていました。

 

 

今後この小説がアニメ化されたとしたら、当記事に記載されている内容はネタバレになる可能性があります。

 

ここから先を読もうと思った方は、くれぐれも気をつけてください。

続きを読む≫ 2017/04/15 22:12:15

2017年7月8日に公開される、スタジオポノック第1作目のアニメが「メアリと魔女の花」です。

 

「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」を手掛けたスタジオジブリ出身の米林宏昌さんが、監督を努めています。

 

 

原作は、メアリースチュアートが執筆した海外小説「小さな魔法のほうき(原題:The Little Broomstick)」です。

 

 

この作品に登場にする各キャラクターは、どの芸能人・タレントが声優を担当していたのでしょうか?

 

 

こちらの記事では、「メアリと魔女の花」のキャラクターの声優を担当している芸能人・タレントの名前を一覧にしています。

続きを読む≫ 2017/04/14 23:00:14

アニメ「小公女セーラ」は、フジテレビの「ハウス世界名作劇場」枠内で1985年に放送していました。

 

海外の児童文学作品「小公女」を基に、細部がアニメ用にアレンジされた内容となっています。

 

 

お嬢様として育てられた、主人公・セーラ。

 

しかしロンドンのミンチン女子学院に入学後に父・ラルフが他界したことで、状況は一変。

 

生徒ではなく、無給の使用人としての過酷な生活を強いられることになるのでした。

 

 

主人公・セーラが辛い目に遭うシーンの多い今作の最終回は、どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

この記事には、最終回となる46話「また逢う日まで」のあらすじが記載されております。

続きを読む≫ 2017/04/13 20:30:13

「フランダースの犬」は、1975年にフジテレビの「世界名作劇場」枠内で放送されていたアニメです。

 

イギリスの小説が原作となっていますが、登場人物の設定や内容に大きなアレンジが加えられているのが特徴です。

 

 

懐かしのアニメを取り扱っているテレビ番組などで、悲しいラストシーンを観たことがある人は多いと思われます。

 

 

ですが、なぜ主人公・ネロが吹雪の中を歩いて、大聖堂の中で眠るように旅立ったのか?

 

いまいちわからない方もおられるでしょう。

 

 

この記事には、最終回となる52話「天使たちの絵」のあらすじが載せられています。

続きを読む≫ 2017/04/08 21:57:08

「うさぎドロップ」は、宇仁田ゆみさんが雑誌「FEEL YOUNG」で連載していた漫画です。

 

 

2011年にはアニメ化・実写映画化されていました。

 

実写版では主人公・河地大吉の役を松山ケンイチさんが、鹿賀りんの役を芦田愛菜さんが担当していました。

 

 

祖父の隠し子とされていたヒロイン・鹿賀りん。

 

河地大吉と共に生活をするうち、高校生になった彼女は彼を異性として見るようになっていたのです。

 

 

そして終盤、二人の関係について重大な事実が明かされることになります。

 

 

映画とアニメの原作に選ばれた漫画の最終回は、どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

こちらの記事には、最終回となる56話のあらすじが記載されています。

続きを読む≫ 2017/04/02 16:50:02

「モテキ」は久保ミツロウさんが描かれた漫画で、2008年から雑誌「イブニング」で連載していました。

 

 

過去にはテレビドラマ化され、テレビ東京系の局で2010年に放送されました。

 

主人公・藤本幸世の役を、森山未來さんが演じていました。

 

次の年には、映画化もされています。

 

 

原作として採用された漫画の最終回は、どんな結末だったのでしょうか?

 

ここから先には、最終話となる31話「男子畢生危機一髪」のあらすじが書かれています。

続きを読む≫ 2017/04/01 16:39:01

観なくなったDVDやブルーレイ、聴かなくなったCDの買取価格。

 

これらを、今すぐ知る方法があるのを知っていますか?

 

 

「買取価格表」みたいなものが存在していれば、最も高くつけられている所へ行けばいい話ですが…

 

実際、そのような虫の良い話ってないんですよね。

 

 

最近は、ブックオフ・ゲオ・ツタヤといった全国に店舗を置いているチェーンだけでなく…

 

ネットで買取を受け付けている業者も増えてきています。

 

 

宅配で引き取ってもらう買取方式なので、家にいるだけで買取価格分の現金を手に入れることができてしまいます。

 

 

これまでは、ネットの買取というと「メールで必要な情報を送信して、見積もり」というやり方が普通だったのです。

 

ですが、これってちょっと面倒です。

 

メールが返ってくるまで時間もかかります。

 

 

ですが、ネットで中古の買取を行っている業者の中には…

 

ゲームのタイトルやバーコード番号を入れて検索するだけで、買取価格が即わかる「スピード査定」を提供している所もあります。

 

 

ネットで検索をするのと同じ感覚で、簡単に価格が出てきます。

 

メールのように直接お店へ連絡する必要は、一切ないのです。

 

短時間で価格がわかりますし、不安もありませんよね。

 

 

ですが、そんな事ができるサイトって本当にあるのでしょうか?

 

この記事でご紹介しています。

続きを読む≫ 2017/03/30 20:50:30

名作漫画である「鉄腕アトム」には複数の最終回とされる作品が存在しています。

 

アニメ版では、アトムが地球を守るために太陽に突撃していくという形で終わっています。

 

漫画版の最終回の作品のひとつの中に「アトムの最後」があります。

 

この作品は、アトムの後日談的な内容となっていて、タイトルが「アトムの最後」とされている通り、アトムの末路が描かれています。

 

しかしこの作品の主人公はアトムではなく青年が主人公になり、そのガールフレンドとの悲劇の話が中心とされた内容です。

 

あらすじについては、この作品の舞台は未来の地球になります。

 

その未来の時代、数が少なくなった人間に代わりロボットが地球を支配するようになっていました。

 

人間はロボットにより酷い扱いをうけ奴隷のように虐げられていました。

 

そのことに我慢しきれなくなった主人公である青年とそのガールフレンドは、ロボット博物館で展示保存されていたアトムを覚醒させ、支配しているロボットを討伐するように頼みます。

 

アトムは了承し、ロボットの討伐に向かいましたが、ロボットの一撃により破壊されてしまいました。

 

そして逃げ場のなくなった青年はロボットによりころされてしまうというラストになります。

 

この話には驚くべく事実が明かされます。

 

アトムがロボットに向っていく前に、ガールフレンドが人間ではなくロボットであるという事実を見破りました。

 

これには悲しい理由がありました。

 

青年とガールフレンドが子供の頃、2人で仲良く遊んでいた中で、青年は自覚もなくガールフレンドをころしてしまっていたからです。

 

実はロボットであった両親から、人間を攻撃することに興味を持つことを幼き時から教育されてきたからに過ぎなかったからです。

 

しんでしまったガールフレンドにロボットが入れ替わったために青年は気がつくこともなく大人になりました。

 

アトムの見破りにより事実を知った青年は、裏切られたと怒りガールフレンドを再びころしてしまうのです。

 

この衝撃的な最終回とされた作品は、読者に多大なる衝撃を与えました。

続きを読む≫ 2017/03/30 08:05:30

 

「ファイブスター物語」は、永野護さんが執筆しているSF漫画です。

 

1986年にアニメ雑誌「月刊ニュータイプ」で連載開始して以来、現在も続いているシリーズです。

 

 

連載が終了していないとはいえ、実際は近年休載がちなのが現実。

 

 

さらに、満を持して2013年に再開された時には作中の設定が大きく改変されていたことで、今まで読んできたファンの方々を大いに困惑させたことも記憶に新しいです。

 

 

現在、単行本では13巻まで刊行されているのですが…

 

14巻の発売日は、一体いつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2017/03/26 11:32:26

となりのトトロは昭和30年代前半の日本を舞台にしたファンタジーアニメーション映画です。
田舎の町へ引っ越してきた草壁一家。お母さんは病気で入院しているため、考古学者のお父さんと姉・サツキと妹・メイと3人でお母さんの病院の近くで暮らしています。ある日出会ったもののけ・トトロとの交流を描いています。
ある日妹のメイが、近所のおばあちゃんの「ばあちゃんの畑のもんを食べりゃ、すぐに元気になっちゃうよ」という言葉を信じ、畑でとれたとうもろこしをお母さんに届けようと、道に迷いながらも必死に野山を駆けるという名シーンがあります。
七国山病院に入院しているお母さんの名前は草壁靖子。作中ではその病名は明らかにされていませんが、当時は不治の病といわれた結核で間違いないと思われます。その理由は次の2点です。
1つ目は入院していた病院です。この七国山病院のモデルになったと言われているのは、現在でも実在する八国山緑地の一角にある新山手病院です。この病院は現在でも結核の治療に力を入れている病院で、となりのトトロの時代から結核病院として知られていました。この事実から、お母さん・靖子の病名は結核だったと断定できます。
もう1つは監督、原作、脚本を務めた宮崎駿さんの母親の話です。宮崎監督の実母は健康に恵まれず、幼少期の駿を背負うこともできず泣いていたというエピソードがあります。実は、宮崎駿自身の母親が患っていた病気の病名が結核だったというのです。となりのトトロのお母さんの姿には、宮崎監督の実の母への思いがこもっていたのです。

続きを読む≫ 2017/03/26 09:10:26

漫画「ドラえもん」の最終回として広く知られている内容は、単行本6巻のラスト「さようならドラえもん」でしょう。

 

この話はアニメ化もされているので、内容を知っている人は多いです。

 

 

しかしこの作品には、他にも最終回が存在するのを知っているでしょうか?

 

 

「のび太が植物人間になる」「ドラえもんが電池切れになる」展開だと言われているのですが…

 

これらは、あくまでも都市伝説です。

 

 

実はドラえもんの単行本には載っていない幻の最終回が、2つ存在するのですが…

 

 

これらは2009年に発売された「藤子・F・不二雄大全集」という本には両方収録され、比較的簡単に読むことができます。

 

当記事では、それらの内容をご紹介しています。

続きを読む≫ 2017/03/24 11:39:24

読まなくなったり引っ越しするなど、漫画や本を処分しようと考えている

 

 

みなさんの近所にもある、大手古本屋チェーンの名前を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

 

しかし、経験のある方も多いと思いますが…

 

残念ながら大手のお店って、買取価格が安すぎるんですよね。

 

 

現在、ネットで買取をしてくれるサービスが増えています。

 

家で宅配便を利用して漫画や本を送るだけで、買取価格分のお金を手に入れることができるのです。

 

 

ここの強みは、大きなお店を持ってバイトをたくさん雇っているいるチェーン店に比べて、買取価格を高くつけてもらえる点にあります。

 

 

当記事では、そんなおすすめの買取サービスをご紹介しています。

 

実際に利用したことがある人の口コミや評判も掲載していますので、参考になさってください。

続きを読む≫ 2017/03/23 20:30:23

藤木稟さんが執筆しているミステリーホラー小説が、「バチカン奇跡調査官」シリーズです。

 

アニメ化が決定し、2017年夏に放送されることになりました。

 

 

当記事には、アニメの原作として選ばれた小説「バチカン奇跡調査官」シリーズのあらすじが掲載されております。

 

作品内容をネタバレされたくない方もおられるでしょうから、その場合は読まないほうが良さそうです。

続きを読む≫ 2017/03/21 11:34:21

「アカメが斬る!」はタカヒロさん原作・田代哲也さん作画の漫画で、2010年から雑誌「月刊ガンガンJOKER」で連載されていました。

 

過去にはアニメ化もされており、2014年に放送されていたこともあります。

 

 

その後も漫画原作の連載は継続され、2016年に終了したのですが…

 

アニメの原作にもなった漫画の最終回は、どういった結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

下の部分には、最終話となる78話のあらすじが載せられています。

続きを読む≫ 2017/03/18 11:34:18

雑誌「月刊ヒーローズ」で現在連載されている、村田真哉さん原作・隅田かずあささん作画の漫画が「キリングバイツ」です。

 

アニメ化が決定したと発表されました。

 

 

「牙闘(キリングバイツ)」と呼ばれる賭け試合で、動物の能力を備えた獣人同士が戦うバトル作品です。

 

 

ここから先の部分は、「キリングバイツ」原作漫画のあらすじが載っています。

 

作品の内容をネタバレされたくない方はは、読むのをやめておいたほうがいいでしょう。

続きを読む≫ 2017/03/17 21:20:17

弐瓶勉さんの漫画「BLAME!(ブラム)」は、雑誌「月刊アフタヌーン」で連載されていました。

 

デビュー作として掲載された短編を元にし、長編として1997年から2003年まで続きました。

 

 

アニメ映画化が決まり、2017年に公開されることになっています。

 

 

この先に記載されているのは、「BLAME!(ブラム)」原作漫画のあらすじです。

 

映画を観る前にストーリー内容をネタバレされたくない場合は、読まないほうが良さそうです。

続きを読む≫ 2017/03/12 12:42:12

「山田太郎ものがたり」は、森永あいさんが雑誌「月刊Asuka」で連載していた漫画です。

 

二宮和也さん主演でドラマ化もされ、2007年にTBS系列のテレビ局で放送されたこともあります。

 

 

ドラマの原作である漫画版の最終回は、どんな結末だったのでしょうか?

 

当記事には、最終回となる59話「山田双子ものがたり」のあらすじが載っています。

続きを読む≫ 2017/03/08 20:41:08

雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の、眉月じゅんさんの漫画が「恋は雨上がりのように」です。

 

アニメ化が決まり、2018年1月から放送する予定です。

 

 

女子高生の主人公・橘あきらが、45歳バイト先の店長・近藤正己に恋心を抱くのですが…

 

年齢が離れた二人の恋は、果たして発展するのでしょうか?

 

 

以下の部分は、「恋は雨上がりのように」原作漫画のあらすじが書かれています。

 

今のところ作品の内容をネタバレして欲しくない方は、読まずにおいたほうがいいでしょう。

続きを読む≫ 2017/03/08 00:46:08

川原礫さんが執筆しご自身のサイトで公開していたオンライン小説が「ソードアートオンライン(SAO)」です。

 

 

その後書籍化され、日本だけでなく海外でも多くの人に読まれるライトノベルとなりました。

 

ゲーム化・スマホアプリ化・アニメ化など、様々な形のメディアで楽しむことができます。

 

 

アニメは2期まで放送され、映画「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」も公開。

 

 

これまで世に出てきたアニメやゲームにおける各キャラクターは、どの声優が演じていたのでしょう?

 

 

この記事では、「ソードアートオンライン(SAO)」のキャラクターを担当している声優の名前を一覧にしています。

続きを読む≫ 2017/03/06 21:40:06

何の変哲もない女子中学生だった主人公・月野うさぎは、謎の猫・ルナと出会ったことによって妖魔と戦う美少女戦士セーラームーンに変身。

 

 

その戦いの中で、同じく美少女戦士として覚醒した少女たちと次々に出会うことになります。

 

そして、地球を征服しようと企んでいるダークキングダムとの戦いが始まるのでした。

 

 

実写ドラマ版「美少女戦士セーラームーン」の最終話の内容・結末はというと…

 

 

前話にてダークキングダムに囚われた、タキシード仮面こと地場衛。

 

彼は元従者たちの死を目に前にして、地球を守るためにクインメタリアを体内に取り込みます。

 

 

ところがクインメタリアの力に自我を押し潰れされ、そのまま体を乗っ取られてしまいます。

 

その結果、メタリア・エンディミオン(ブラック・エンディミオンと呼称している場合もあり)となってしまいます。

 

 

そして月野うさぎを連れてどこかへ転送した後、彼女を拉致していた黒木ミオを消滅させしてしまいます。

 

 

駆けつけたほかの美少女戦士と月野うさぎまでも抹さつしようと襲い掛かり、最終的には月野うさぎとの一騎打ちになります。

 

 

しかし戦いの中でも、「愛する彼女をころしたくない」という地場衛の意思は残っていました。

 

結果、メタリア・エンディミオンは月野うさぎの剣によってしぼうしてしまうのです。

 

 

思いがけずに大切な人を手にかけてしまった月野うさぎは良心の呵責に耐えることができず、スーパーセーラームーンへと変身してしまいます。

 

 

そのまま全てを終わらせると言い、洞窟の奥に進むうさぎ。

 

彼女を止めようとする仲間たちでしたが、力では叶わず。

 

さらに、スーパーセーラームーンの影響によって出現した白い妖魔たちに妨害されてしまいます。

 

 

そしてダークキングダムの洞窟の奥に到達したうさぎは、銀水晶の力を解放して全てを消滅させる事に成功します。

 

 

しかしそれは地球そのものも破壊してしまう力となってしまい、うさぎを残して全てが消失してしまいます。

 

 

結果的に一人になってしまったうさぎは砂漠の中で一人涙を流しますが、そこに精神エネルギーとして生きているエンディミオンが現れます。

 

 

エンディミオンのアドバイスとキスを受けて、銀水晶の本当の力が解放されます。

 

壊れた地球が復元されると共に、エンディミオンと月のプリンセスの魂も昇天していきます。

 

 

そして元に戻った世界では、うさぎたちも以前のような元の生活を送ることができたのでした。

続きを読む≫ 2017/03/01 07:40:01

「セキレイ」は極楽院櫻子さんが描かれた漫画で、雑誌「ガンガンYG」「ヤングガンガン」で2004年から2015年まで連載が続きました。

 

この作品はアニメ化もされており、2008年には1期が放送、2010年には2期が放送されています。

 

 

アニメが終了してしまった後にも、漫画原作の連載はしばらく継続されていました。

 

そんな「セキレイ」ですが、どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

 

以下には、最終回のあらすじが掲載されています。

 

メディアミックス展開されていた当時にこの作品に触れていた方は、読んでみてください。

続きを読む≫ 2017/02/23 08:26:23

漫画アプリ「マンガボックス」で連載されているムサヲさんの漫画「恋と嘘」のアニメ化が決定し、2017年夏に放送されることも明かされました。

 

 

超・少子化対策基本法(ゆかり法)によって、国が恋愛・結婚する男女を決める…という独自の世界観が話題になっています。

 

そんな世界の中では、どんな恋愛模様が描かれるのでしょうか?

 

 

ここから先には、「恋と嘘」原作漫画のあらすじが記載されていますので…

 

今の時点で漫画の内容をネタバレされたくない場合は、読まないでおいたほうが良いでしょう。

続きを読む≫ 2017/02/22 00:06:22

「月刊ガンガンJOKER」で連載中の漫画「賭ケグルイ(かけぐるい)」が、アニメ化されることに決まりました。

 

原作を河本ほむらさんが担当し、作画は尚村透さんがされています。

 

 

生徒同士で行うギャンブル勝負の結果によって、校内における待遇や階級・果ては卒業後の人生・運命まで決まってしまう学校が舞台。

 

一体この漫画では、どんなストーリー展開がされるのでしょうか?

 

 

以下の部分には、「賭ケグルイ(かけぐるい)」原作漫画のあらすじが記述されております。

 

 

まだ漫画の内容をネタバレして欲しくない場合は、くれぐれも注意してください。

続きを読む≫ 2017/02/21 16:29:21

 

「ぼくらの」は雑誌「月刊IKKI」で2004年から2009年まで連載されていた、鬼頭莫宏さんの漫画です。

 

2007年にはアニメ版も放送されていました。

 

 

15人の少年・少女が、とあるゲームを軽い気持ちで契約します。

 

それは、「平行世界を生きる地球人同士が自分達の住んでいる地球を守るために、ロボットを操り戦う」といった、壮絶な内容だったのです。

 

 

原作漫画は、どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

この記事には、最終回である65話「コエムシ」のあらすじが載っています。

続きを読む≫ 2017/02/18 19:39:18

ネットの世界では日々新しい言葉を誰かが生み出し、一部で普及するという流れが常に起こっています。

 

しかし普段の生活で使われることはほぼないため、ネットやツイッターのトレンドなどで偶然目にしても意味がわからず、困惑する機会も多いです。

 

 

その中に「同担拒否」という言葉も含まれるのではないでしょうか?

 

主にジャニーズファンが使っているとか、アニメ用語だとか、過激な事件にまで発展したとか…

 

ツイートの内容やTLを見て、怖いと感じることも。

 

 

そもそも、同担拒否とは一体どういう意味なのでしょうか?

 

また、そういった心理に陥る理由とは何なのでしょうか?

続きを読む≫ 2017/02/16 17:47:16

「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」は1997年から1998年まで続いていたCGアニメ作品です。

 

 

日本のおもちゃをテーマにした作品ですが、アニメ自体はカナダで製作されたもの。

 

 

元々は、シリアスな内容なのですが…

 

日本で放送されたものは、セリフが大幅に脚色されたうえに声優陣による自由なアドリブがなされているため、まるで別作品のように仕上がっていました。

 

 

この番組の最終回は、どんな結末を迎えたのでしょう?

 

以下には、最終回である26話「平和を守るために…」のあらすじが書かれています。

続きを読む≫ 2017/02/15 22:16:15

 

「ルパン三世」は、雑誌「WEEKLY漫画アクション」で連載されていたモンキーパンチさんの漫画です。

 

テレビアニメシリーズが製作されたりスペシャル番組が放送されるなど、現在もメディア化がさかんに行われています。

 

 

原作漫画の最終回は、どんな内容だったのでしょう?

 

 

この記事には、原作漫画シリーズの最終回にあたる「新ルパン三世」の189話「完結編 ENDLESS」のあらすじが載っています。

続きを読む≫ 2017/02/14 11:36:14

漫画喫茶(略して満喫?)は、今や漫画を読むだけでなくゲームをしたりネットを見たり、寝る場所として利用するなど…

 

行く理由は人それぞれ違っているのですが、「どうせなら、料金が安い所を見つけたい」という思いは共通しているのではないでしょうか?

 

 

そこで、横浜に地域を限定しておすすめの漫画喫茶を聞いてみることにしました。

 

ここから先は、その人の発言です。

続きを読む≫ 2017/02/11 23:22:11

2017年4月から放送スタートする予定のアニメが、「王室教師ハイネ」です。

 

原作は「月刊Gファンタジー」で現在連載されている、赤井ヒガサさんの漫画です。

 

 

王室に教師として呼ばれたハイネが、癖の強い4人の王子に苦労しながらも、彼らの教育役をつとめる話なのですが…

 

どんなストーリーが展開されるのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、「王室教師ハイネ」原作漫画のあらすじや感想が掲載されております。

 

 

物語の内容をネタバレされたくない人は、注意して読んでください。

続きを読む≫ 2017/02/09 22:16:09

 

スマートフォンやパソコンを通じてたくさんの作品を観られる、アニメに特化した配信サイトが「dアニメストア」です。

 

「アニメだけ」とジャンルを限定しているかわりに、「月額400円で見放題」という脅威の安さが実現されています。

 

 

入会してから31日間は、無料でお試しが可能です。

 

 

「dアニメストア」で実際にアニメを観ている方に、感想をお聞きすることができました。

 

 

現在様々な配信サイトが存在していますので、迷っている方は多いと思われます。

 

当記事に記載されております口コミ・評判を読んで、判断してみてください。

続きを読む≫ 2017/02/09 19:32:09

ネットでよく見かけることのある用語には、意味が良くわからないものが多いです。

 

SNSなどで当たり前の用に使っている投稿を見ると、今更聞くのも恥ずかしかったり…

 

 

「コミケ」もそのひとつで、2016年末に叶姉妹が参加したことで詳しくない人の間でも話題になっていました。

 

 

どうやらアニメや漫画に関係あることぐらいは察することができるのですが…

 

何かの略称っぽくはあるのですが、正確な意味まではわからないと思います。

 

 

さらに近年では、「エアコミケ」なんて言葉まで聞くようになったのですが…

 

 

コミケとは?エアコミケとは?

 

一体何なのでしょうか。

 

この記事で説明していますので、ご参考にどうぞ。

続きを読む≫ 2017/02/04 19:25:04

ワンピースのフィギュアを買取ってもらう場合、どうせだったら高い価格で売りたいところです。

 

 

「保管する場所に制限があるから、思い切って手放すことにした」

 

「新居へ移るので、フィギュアも処分して引っ越し代金に当てたい」

 

 

フィギュアを購入する場合は、アマゾンや楽天市場でも買うことができるのですが…

 

いざ売るとなると、不便なんですよね。

 

ただ、買取をしてくれるような専門店って、都市部以外だとなかなか見つかりません。

 

 

そもそもフィギュアは壊れやすいため、自分でお店へ運ぶのはちょっと心配。

 

一方宅配買取なら配送業者に取りに来てもらえるので、全ての作業を家の中で完了させることができます。

 

 

しかも送料や返送料が無料だったりすれば、最高なんですが…

 

 

この記事では、こういった希望にも応えてくれるおすすめのお店や、高額でフィギュアを売るコツをご紹介しています。

 

買ってくれるお店が近所に見つからなくて困っている場合は、読んでみてください。

続きを読む≫ 2017/02/04 12:13:04

どんなに面白い漫画であっても、一度もしくは何度か読んでしまうと、今後はもう読まないだろうなと思うものが出てくることは多いでしょう。

 

そういった場合には捨ててしまったり、誰かにあげてしまったりするのではなく、中古買取に出すと、別のものを買うための費用の足しになります。

 

漫画なんて買取に出したところで大した額にならないだろうと思われる人がいるかも知れませんが、ネット上の口コミなどを元に業者をしっかりと選んで売ると、意外と高い金額になることもあり得ます。

 

ネット買取店「BUY王(バイキング)」は口コミの評判の良い業者なので、一度買取を試してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

 

 

BUY王(バイキング)は色々なジャンルの商品を取り扱っているお店なのですが、漫画に関しては基本的に全巻セットのみを買取の対象としているため、全ての巻が揃っていないタイトルを売りに出そうとしている人は利用できないという点は、残念な部分と言えるかも知れません。

 

ただ販売されてから三カ月以内のものであれば、単品でも買取を行っています。

 

このBUY王(バイキング)の大きな魅力となっているのは、事前にスピード査定を受けることができるため、その金額なら売りたいと思ったものを送ることができることにより安心感が持てるという点です。

 

商品の状態によって減額されることはあるかも知れませんが、基本的には、高額査定を期待して商品を送ったのに、実際の査定額がかなり低くてがっかりするといった、中古買取においてはありがちな問題が起こらないという点は、とても魅力的だと言えるのではないでしょうか。

 

また送る商品が二十点以上であれば送料が無料になるという点や、15時までに申込めば最短で当日に集荷に来てくれるという点、そして実際の査定に承諾の連絡を入れてから、遅くても翌銀行営業日に入金されるといった点など、このBUY王には利用者にとってありがたいメリットがいくつもあります。

 

 

BUY王(バイキング)は漫画だけでなくDVD・ゲームなど色々な分野の買取りが得意な業者なので、かつて購入し読んでいた漫画の買取の依頼をしました。

 

 

実はその前に近所の有名な古本屋に持っていったのですが、まとまった数の漫画や本をお店へ持っていくこと自体が一苦労でした。

 

 

出張買取もあるのですが、店員が直接家に来ると満足できない金額でも断りづらいのでそれはしませんでした。

 

それは正解で、残念ながら10円や値段のつかない商品が含まれていたりと評価されなかったので売らずに持ち帰ってきたのでした。

 

 

その後ネットで見つけたBUY王(バイキング)は宅配買取専門の業者なので、ある程度の数があると送料無料で宅配便の会社が本を引き取ってくれます。

 

自分がやっておくことと言えば、身分証明書のコピーを用意することと本を梱包しておくことだけですので、手間いらずで便利です。

 

 

そしてシリーズものの作品であれば、それが全巻揃っていると好評価になり、査定があがります。

 

 

全巻持っていたキングダムを一括で出したことで査定金額がプラスされ、満足できる結果になりました。

 

私が売った時は、16600円になりました。

 

 

基本的に査定外のものは返品可能ですが、送料が発生することもあり、それらの査定外の本は返品は希望せずに処分を依頼しました。

 

 

送った漫画が届いた後にBUY王(バイキング)からメールの連絡が来るのですが、買取の承認をした次の日には入金されるといったスピーディーさも嬉しかったです。

 

振込手数料が引かれてしまうことは唯一の欠点でしたが、逆に言えばそれ以外の欠点は特に見つかりませんでした。

 

 

家にたくさんの漫画や本がある場合は、大型店舗の古本屋で買取を利用するよりも、BUY王(バイキング)を利用したほうが高額な買取をしてもらえると思います。

続きを読む≫ 2017/02/04 08:12:04

スマートフォンを使って漫画を読める電子書籍配信サイトが、「Handyコミック」です。

 

作品を購入する前でも、無料で試し読みをすることが可能です。

 

 

実際に「Handyコミック」で電子書籍を読んだことのある人に、感想を聞いてみることにしましょう。

 

 

複数の電子書籍サイトから1つに決め兼ねている方もおられると思われますので…

 

この記事に明記されている口コミ・評判を読んで判断材料にしてみてください。

続きを読む≫ 2017/02/02 11:44:02

どうせフィギュアを買取ってもらうなら、高い価格を提示して欲しいものですよね。

 

 

「保管するスペースに限りがあるので、どうしても必要なフィギュア以外は手放そう」

 

「新しいフィギュアを購入する資金の足しにするために、古いものを現金化したい」

 

 

フィギュアを購入するのは、アマゾン・楽天市場など、大手のネットショップでも可能なのですが…

 

買取をしてくれるような専門店って、地方ではなかなか見つかりません。

 

 

それに、壊れやすいフィギュアを自力でお店に持っていくのは、何かと不安ですし…

 

 

家に来て引き取ってもらえる宅配買取なら、全ての過程を家の中で済ませることができます。

 

さらに送料も返送料も無料なら、言うことありませんよね。

 

 

当記事には、これらの希望が叶うおすすめのお店やフィギュアを高額で売るコツについて書かれています。

 

買取をどこに依頼しようか迷っている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2017/02/01 11:59:01

「ぴんとこな」は雑誌「Cheese!」で2009年から2015年まで続いていた、嶋木あこさんの漫画です。

 

2013年には、この作品を原作としたテレビドラマが放送。

 

主人公・河村恭之助の役を玉森裕太(Kis-My-Ft2)さんが担当し、中山優馬さんや川島海荷さんも出演していました。

 

 

原作漫画の最終回は、どのような内容なのでしょう?

 

以下の部分には、最終回である16巻のあらすじが載せられております。

続きを読む≫ 2017/01/24 20:44:24

2017年夏に放送されることが決まったアニメが、「ボールルームへようこそ」です。

 

この作品は、竹内友さんが雑誌「月刊少年マガジン」で今も連載されている漫画が原作です。

 

 

社交ダンス(競技ダンス)という、少年誌としては珍しいテーマを取り扱っている作品なのですが…

 

一体、どのようなストーリーが展開されているのでしょうか?

 

 

原作漫画のあらすじが、この記事に載せられています。

 

また、この作品を読んだと言っている人に感想を聞くことにしました。

 

 

内容のネタバレをされたくない場合は注意してお読みになってください。

続きを読む≫ 2017/01/17 08:16:17

漫画「美少女戦士セーラームーン」は、1992年から1997年まで雑誌「なかよし」で連載されていた武内直子さんの大人気作品です。

 

 

連載期間と同時期に、テレビアニメも放送されました。

 

また、2014年からはリメイク版として「美少女戦士セーラームーンCrystal」が放送・配信開始されています。

 

 

これらの原作となっている漫画版の最後は、一体どのような結末を迎えたのでしょうか?

 

 

原作漫画「美少女戦士セーラームーン」の最終回・Act.52「スターズ10」のあらすじが、ここに記載されております。

 

当時読んでいたものの内容を思い出せなかった場合は、参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2017/01/16 16:45:16

「赤ちゃんと僕」は、1991年から1997年まで雑誌「花とゆめ」で連載されていた羅川真里茂さんの漫画です。

 

この作品を原作としたテレビアニメも放送され、1996年から1997年まで続きました。

 

 

原作漫画の最終回は、どういった内容だったのでしょうか?

 

ここには、最終回となった103話のあらすじが書かれています。

続きを読む≫ 2017/01/16 11:33:16

漫画ママレードボーイ8巻の最終回内容とは、主人公松浦遊とヒロイン小石川光希が両親に対して一枚の写真から導き出された過去の衝撃の真実を問い詰めることから始まります。

 

その衝撃の真実というのは、主人公松浦遊とヒロイン小石川光希はお互いの両親が親友同士で同じ家で住んでいたこともあり、恋人同士であったがその関係を黙っている仲だったのです。

 

その後一枚の写真を見た時に疑念が生まれたのがきっかけで2人は一時別れることになります。

 

それはそれは両親が離婚して再び再婚する際に別々の両親が再婚したと思っていたのに同じ両親が再婚したことによって主人公松浦遊とヒロイン小石川光希が血を分けた肉親なのではないかということです。

 

ただ別れた後に血を分けた肉親であってもお互いが必要な存在であることを認識した2人は、実の両親に松浦遊と小石川光希は肉親なのではないかという疑念を晴らすために話し合いの場を設けます。

 

そして最初はしんみりとした雰囲気だったのですが、その後笑いながら写真の一幕の話を2人にします。

 

確かに写真では仲良くしていますが、それは親友だからというだけで深い意味は無く松浦遊の両親は戸籍通りの両親でありヒロイン小石川光希の両親も戸籍通りの両親だと分かり疑念は晴れます。

 

疑念が晴れたその後は、再び離婚し再婚したあとに再び離婚して再び再婚するおかしな流れとなっていたので今度は松浦遊とヒロイン小石川光希を含む家族と知り合いや友達総出で松浦遊とヒロイン小石川光希の両親同士のダブル結婚式を演出することになったのです。

 

そして家族と知り合いや友達総出で演出した結婚式は無事に成功を収めて、家族と知り合いや友達総出で一枚の集合写真を撮りダブル結婚式は終わりを告げます。

 

その後松浦遊は大学生となりヒロイン小石川光希も高校3年生を迎える上で重大な決断をします。

 

それは仮に血を分けた肉親だったとしても大学を卒業したら結婚しようというプロポーズをしていたので、その血を分けた肉親ということも両親のカミングアウトによって関係なかったこともあり晴れて両親公認の恋人同士になったのです。

 

両親公認だったこともありダブル結婚式の後は、今度は両親と知り合いと友人たちが演出した結婚式を開くことを約束します。

 

そして時は流れて、主人公松浦遊とヒロイン小石川光希は両親と知り合いと友人たちが演出した結婚式を開くことになり恋人同士から夫婦へと永遠の中を発展することが結末となります。

続きを読む≫ 2017/01/15 08:42:15

「銀河鉄道999」は、1978年から1981年までフジテレビ系列の放送局で流れていたテレビアニメです。

 

松本零士さんが雑誌「少年キング」で連載されていた漫画が原作となっています。

 

 

テレビアニメ版は原作で言うところの「アンドロメダ編」がベースとなっており、独自の結末を迎えます。

 

最終回は、一体どんな内容だったのでしょうか?

 

 

テレビアニメ版の最終回となった「銀河鉄道999」113話「青春の幻影 さらば999 後編」のあらすじが、この記事には記載されています。

続きを読む≫ 2017/01/14 12:03:14

「ギャラリーフェイク」は石川雅之さんの漫画で、1992年から2005年まで雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で連載していた作品です。

 

こちらの漫画はアニメ化されており、2005年に放送されました。

 

 

原作漫画「ギャラリーフェイク」の連載は長い間続いていましたが、最終回を迎えます。

 

結末の内容は、一体どういったものなのでしょうか?

 

 

最終回となった32巻・ART.13「最後の審判」のあらすじが、以下の部分に書かれています。

続きを読む≫ 2017/01/12 21:46:12

2017年に放送開始されることになっているアニメが、「将国のアルタイル」です。

 

 

カトウコトノさんが雑誌「月刊少年シリウス」で現在も連載中の漫画が原作となっているのです。

 

この作品は、どんなストーリーとなっているのでしょう?

 

 

原作漫画のあらすじを、こちらの記事に掲載していますので…

 

内容のネタバレをされるのが嫌な方は、気をつけてお読みください。

続きを読む≫ 2017/01/12 01:22:12

「物語シリーズ」に登場していた詐欺師が、貝木泥舟です。

 

主要人物である戦場ヶ原ひたぎの家族や千石撫子が、彼の詐欺による被害を受けています。

 

 

そして「恋物語」において、彼が呪い返しを受けた中学生によって殴られ意識が遠のく描写がありました。

 

 

その後、彼がどうなったのか?

 

生死がはっきりしていないのですが…

 

 

果たして、貝木泥舟が生きているのか、いないのか?

 

以上の事について、「物語シリーズ」ファンの方に考察してもらうことにしました。

 

 

以下の内容は、その方の発言となっています。

続きを読む≫ 2017/01/11 17:06:11

ヒミズ」はヤングマガジンで連載されていた古谷実の漫画であり、キャッチコピーである「笑いの時代は終わりました…。これより、不道徳の時間を始めます」という非常に独特な作品となっています。映画として実写化されたこともある「ヒミズ」の原作である漫画の単行本は全4巻となっているのですが、その最終話である「おろか者」はどのようなストーリーと結末になっているのでしょうか。まず舞台となっているのは現代日本で、あらすじとしては中学生である住田祐一は貸しボート屋を営んでおり、中学生でありながら働かなければいけないという不遇な現実に諦めの気持ちを抱きつつも平凡な日常を送れる事を夢見ています。そんな矢先、以前蒸発して行方が分からなくなっていた父親と暴力団がなぜか家にやってきて虐待を受けるようになってしまいます。しかも母親は中年の男と駆け落ちして失踪してしまい、完全に孤立無援状態になってしまいます。そんな自分自身の境遇に絶望して父親をさつ害してしまった住田祐一は、取り返しのつかない事態に夢見ていた平凡な生活を送るということそのものを諦めて「悪いやつ」を消すために活動する事を決意します。
そんな住田祐一を心配する人物として茶沢景子という存在があり、彼がさつ人を犯した事を知っていてもなお彼を救い出そうとしますが住田祐一の人生はどんどん暗い絶望の中に落ちていく、というような内容になっています。
最終話ではどのような展開になっているのかというと、結局住田祐一は「悪いやつ」の命を絶とうとしていたのですが父親以外を消す事はできずに結局自分が住んでいた場所へと戻っていきます。そんな住田祐一を出迎えた茶沢景子に対して己の罪を告白した住田祐一は、通報によってやってきた警察官に1日だけ猶予を与えて欲しいとお願いします。そうして逮捕されるまでの1日だけの猶予が与えられた中、茶沢景子とともに出所したあとの未来を楽しく語ります。「もしかしたら普通の人生が送れるようになるかもしれない」と思った住田祐一でしたが、それは自分自身の信念を曲げる行動だったためにそうすることを許せないと言う事に気づきます。そして住田祐一は茶沢景子と最後の夜を過ごすのですが、深夜に持っていた拳銃によって自害してしまいます。それに気付いた茶沢景子は遺体を見下ろして「何それ?」と思わず呟いたのでした。
これが漫画版の「ヒミズ」の最終話となっているのですが、実はその後に出版された小説に後日談のような続きも描かれています。

続きを読む≫ 2017/01/10 07:50:10

「エヴァンゲリオン新劇場版:破」では使徒に侵食されたことがきっかけで、その後登場することがなかった式波・アスカ・ラングレー。

 

しかし次の作品「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」では、復活していました。

 

 

再登場した彼女を見て真っ先に気づくのは、やはり左目に眼帯をしているところでしょう。

 

その理由とは、一体何なのでしょうか?

 

 

最新作が「Q」である現時点で、眼帯に関する説明は一切されていないのですが…

 

 

ファンの方に、考察をしてもらいました。

 

以下は、その方の発言となっております。

続きを読む≫ 2017/01/07 12:23:07

2013年から小説サイト「小説家になろう」内で連載されている愛七ひろさんの作品が、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」です。

 

 

KADOKAWAからライトノベルが刊行され、漫画化もされています。

 

さらにアニメ化も決まりました。

 

 

以下に掲載されている内容は、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」のあらすじなのですが…

 

ネタバレされることを苦手とされている人は、気をつけて読むようにしてください。

続きを読む≫ 2017/01/06 21:50:06

まず基本的なおさらいですが、真希波マリは「エヴァンゲリオン」には登場しません。
登場するのは「ヱヴァンゲリヲン」即ち新劇場版、その第2作である「破」以降です。本稿はマリの正体を考察するものですが、始めに結論的な見解として「断定できる事は何もない」のが現状です。
上述のヱヴァンゲリヲン新劇場版は第1作の「序」からスタートしていますが、この作品はTVシリーズ
「新世紀エヴァンゲリオン」の1〜6話をほぼ忠実にトレース、リメイクしたもので、ここにマリは登場しません。初めて登場したのは「破」の冒頭シーンから。そしてそれ以前に、「破」の予告映像や告知CMから姿を現しました。その当時のファンの騒ぎようと言ったらありませんでした。レイとアスカのダブルヒロイン構図に、さらに一人
「謎のメガネっ娘」が加わった訳ですから。そういえばアスカの苗字が「惣流」から「式波」に変わった事も大きな話題となりました。少し脱線気味になりましたが、実はこの「式波」、本題のマリの苗字が「真希波」、そして言うまでもなくメインヒロインの「綾波レイ」、
この3人の苗字が全て「波」に揃った事、これはかなり象徴的な出来事でした。
これもまたおさらいですが、主人公の苗字は「碇」、周辺を彩るキャラクターは「葛城」「赤城」等々、艦船に関わるもので統一されています。
「〜波」もまた同名の艦船が存在するという事ですが、この意味合いはやはり「母なる海」と「そこに浮かぶ船」の比喩ではないかと推察されます。(注:これらは公式資料には一切存在せず、各人がそれぞれ勝手な解釈で語っているのが実情です。)いずれにしても、ヱヴァンゲリヲン新劇場版においては「綾波」「式波」そして「真希波」が、海を漂う船を包み、翻弄し、そして時には容赦なく牙を剥く存在として描かれていると解釈することが出来るでしょう。
さて、真希波マリの正体に関する言及です。これはコミック単行本14巻(完結巻)の付録番外編を受けての話になりますが、はっきり言いましょう。「何も分かりません」。
あの番外編漫画から読み取れることは、かつて碇ユイが在籍していた大学に、飛び級で同籍した少女であったこと。将来を嘱望された天才と言われながら、ユイの才能と実績にまるで届かず、生まれて初めてであろう敗北感を植えつけられたこと、そして、そのユイに対する深い嫉妬と憧れ、やがては偏愛感情まで抱いていた事が描かれています。漫画のラストでユイに髪を結われ、メガネを掛けられたその姿はまさに新劇場版のマリそのもの。
しかし、彼女が同一人物かどうかは分かりません。少なくとも、製作中の続編ストーリーに影響する物ではないでしょう。

続きを読む≫ 2017/01/06 08:07:06

「沈黙の艦隊」はかわぐちかいじさんが雑誌「モーニング」で1988年から1996年まで連載していた作品でした。

 

 

主人公・海江田四郎ら乗員が核弾頭を載せた原子力潜水艦を奪い、逃亡。

 

独立戦闘国家「やまと」として、日本・アメリカ・ロシア・国際連合に挑むストーリーとなっています。

 

 

たった2ヶ月の出来事を、32巻分もの膨大なページによって語られた物語でしたが…

 

最終回では、どういった結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

この記事では、「沈黙の艦隊」の最終巻である32巻・354話「60億の出撃」のあらすじを紹介します。

続きを読む≫ 2017/01/05 18:19:05

「輪るピングドラム(まわるピングドラム)」は、2011年に放送されていたアニメです。

 

 

人気作品「少女革命ウテナ」を手がけた幾原邦彦さんが、監督・構成・脚本をつとめたことで注目を集めていたアニメです。

 

 

物語の結末は、一体どうなったのでしょうか?

 

最終回である24話「愛してる」のあらすじが、この記事には記載されています。

続きを読む≫ 2016/12/27 20:43:27

「進撃の巨人」は、2013年に放送されていたアニメです。

 

 

総集編として再編集され、映画としても公開。

 

2014年には「前編:紅蓮の弓矢」が、2015年には「後編:自由の翼」が上映されていました。

 

 

原作は、雑誌「別冊少年マガジン」で2009年に連載開始された諫山創さんの大人気漫画です。

 

 

漫画は現在も連載中ですが、アニメ版「進撃の巨人」は最終回を迎えています。

 

一体、どんな内容だったのでしょうか?

 

 

この記事には最終回となる25話「壁 ストヘス区急襲 (3)」のあらすじが載っていますので、結末が気になった方は御覧ください。

続きを読む≫ 2016/12/26 22:22:26

「美少女戦士セーラームーン」に登場する謎の多いキャラクターとして、「天王はるか」がいます。

 

「セーラーウラヌス」に変身し、常に海王みちる(セーラーネプチューン)と共に行動しています。

 

 

普段の服装は男性的ですが、変身後はセーラー服にミニスカート姿に。

 

性別に関してはっきりとした説明がないことから、その曖昧な点がファンの間でも議論の的となっています。

 

 

ネット上では両性具有といった考察まで見かけるのですが、これって公式の設定なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/12/26 14:03:26

物語シリーズで最強だと思う怪異の名前としては、作中で実際に存在するものとしてはやはり忍野忍ことキスショットそして別の意味でキスショットを凌駕する存在といえるのがクラヤミです。キスショットが最強の理由はやはり世界最強の怪異そして吸血鬼といわれているように、人間の力を凌駕した圧倒的な力と跳躍力とスピードといった戦闘能力があります。そしてキスショットが噛み付いたりまた触れたりしたものはエナジードレインと呼ばれる能力で人間では血液をそして同じ怪異であれば存在そのもののエネルギーを吸収し己のものにしてしまう力があるからです。さらに人間に対しての効果として、キスショットが血液を吸った人間は自身の血液を与えて自分と同じ存在にしてしまう能力を持ち、主人公である阿良々木暦もその一人です。このように作中で実際に存在するものとしてはキスショットが最強だといえますが、そのキスショットを凌駕する存在もまたいるのです。それが2つ目のクラヤミです。クラヤミはそこにいるのにそこにいない真っ暗闇の存在であり、それに触れたものはすべて存在自体が消去され無に帰すようになっています。この暗闇に見つけられた存在は倒すすべはなく、ただその存在から逃げ回るしか方法がなくなります。実際にキスショットもこのクラヤミとであったときには、全盛期の姿だったとしても逃げ回るしか出来ずそれゆえに世界中を放浪した理由の一つ伴っています。しかしクラヤミは作中では怪異として扱われていますが、実際のところ作中に出てきた存在の中では一線を画す存在とされてます。それはこのクラヤミが現れる条件というのが、怪異にはそれぞれ存在目的がありその存在目的と反した行動を起こすと現れるという条件を持っています。そもそも自然の摂理に反している存在あることにもかかわらず二、その自然の摂理を超えているからといってそれを罰するものがいないというものではないと解釈されています。今作でこの暗闇が生まれたのもキスショットといった吸血鬼は、本来人間を狩る側の人間であるはずなのに人間と強調して生活しているという矛盾を解消するために現れたのが一回目です。そして2回目は迷い牛である真宵は家に帰りたくない人を迷わせることが目的なのに、その目的を忘れると共に家にたどり着かない原因を解決したのにいまだに現世を歩いているという矛盾があったことによって発生したのです。そのことから最強はクラヤミといえますが、ただ先に言った通りに矛盾の解決する摂理と考えると純粋なものとして考えられないのでキスショットが該当するといえます。

続きを読む≫ 2016/12/26 08:43:26

「もやしもん」は石川雅之さんの漫画で、2004年から2013年まで雑誌「イブニング」で連載していた作品です。

 

 

この漫画はアニメ化もされており、1期が2007年に、2期が2012年に放送されていました。

 

2010年には、実写ドラマ化までされていました。

 

 

メディアミックス展開がひと段落した後にも、原作漫画「もやしもん」の連載はしばらく続いていました。

 

では、最終回の内容はどうなっているのでしょうか?

 

 

最終回となった172話のあらすじが、以下の部分に書かれています。

 

以前作品を読んでいたことがあり結末が気になってしまった方は、この記事を参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/12/23 19:59:23

「ブレンパワード」は、WOWOW初のオリジナルアニメ作品と銘打って1998年に放送されていました。

 

ガンダムシリーズを手がけている富野由悠季監督が製作に参加していることで話題を集めた作品です。

 

 

全26話で完結したのですが、最終回である26話である「飛翔」のストーリーはどのような結末を迎えたのでしょうか。

 

この先にはあらすじが載っていますので、結末が気になった方は読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/12/22 00:17:22

「彼氏彼女の事情」は、1998年から1999年までテレビ東京系列の放送局で流れていたアニメ作品です。

 

当時エヴァンゲリオンで知名度を一気に上げた庵野秀明監督が担当している作品として、大きな話題を呼んでいました。

 

 

原作は津田雅美さんが雑誌「LaLa」で連載されていた漫画で、1996年から2005年まで続いていました。

 

 

アニメ版「彼氏彼女の事情」の最終回は、どういった内容だったのでしょうか?

 

 

当記事には、最終回となる26話「14DAYS・6 (有無相生)」のあらすじが明記されています。

続きを読む≫ 2016/12/21 20:49:21

「エリア88」は新谷かおるさんが執筆した漫画で、1979年から1986年まで雑誌「少年ビッグコミック」で連載されていました。

 

アニメ化やゲーム化もされた作品です。

 

 

悲しき裏切りと友情を描いた血にまみれた戦場作品である「エリア88」の最終回は、どんな展開となっているのでしょうか?

 

最終回である172話「砂の戦場」のあらすじが、当記事に載せられています。

続きを読む≫ 2016/12/20 21:04:20

アニメ「飛べ!イサミ」は、1995年から1996年までNHK教育テレビで放送されていたオリジナル作品です。

 

 

幕末に活躍していた新撰組の子孫である花丘イサミ・月影トシ・雪見ソウシが、不思議な剣を見つけます。

 

そして、世界征服を企んでいる悪の秘密組織「黒天狗党」と戦う…というストーリーとなっています。

 

 

そんな「飛べ!イサミ」の最終回は、どんな内容だったのでしょう?

 

 

最終回となる50話「しんせん組よ 永遠に!」のあらすじが、こちらの記事に明記されています。

続きを読む≫ 2016/12/20 16:24:20

「花の子ルンルン」は、1979年から1980年にかけてテレビ朝日で放送されていたアニメ作品です。

 

 

大まかなストーリーとしては、魔法の道具「花の鍵」を受け取り七色の花を探す旅に出る、といったものでした。

 

そんなアニメ「花の子ルンルン」の最終回は、どのような結末となったのでしょう?

 

 

こちらの記事では、最終回である50話「花いっぱいの幸せを」のあらすじをご紹介しています。

 

内容を思い出したくなった場合は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/12/19 19:40:19

 

漫画「学園アリス」は、樋口橘さんが2002年から2013年まで雑誌「花とゆめ」で連載していた作品です。

 

またアニメ化もされており、2004年から2005年まで放送されています。

 

 

アニメが終了した後にも、漫画原作の連載はしばらく続いていました。

 

果たして、どういった結末を迎えたのでしょう?

 

 

ここから下には、「学園アリス」31巻・最終回のあらすじが載っています。

続きを読む≫ 2016/12/17 22:05:17

「あみあみ」は、フィギュア・キャラクターグッズ・DVD・CD・プラモデル・ゲームなどを取り扱うホビー専門の通販サイトです。

 

 

特に、店舗では置かれることが少ないマニアックな商品も多数揃っています。

 

地方にはフィギュア販売店自体少ないため、こういったお店は大変重宝されています。

 

 

「あみあみ」の通販を実際に使ったことがあるという人から、感想を聞くことにしました。

 

ここから下には口コミや評判が載っていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/12/14 22:10:14

漫画「げんしけん」は、木尾士目さんが2002年から2006年まで雑誌「月刊アフタヌーン」で連載されていました。

 

 

その後、「げんしけん二代目」というタイトルで連載が再開。

 

2010年から2016年まで連載されていました。

 

 

アニメ化されており、1作目が2004年に、二代目が2007年に放送。

 

 

アニメ終了後も漫画原作の連載は継続していましたが、どのような結末を迎えたのでしょうか?

 

 

この記事には、最終回である127話「げんしけん二代目」のあらすじが書かれています。

続きを読む≫ 2016/12/13 17:01:13

 

化物語をはじめとした「物語シリーズ」でメインヒロイン的な立ち位置にいるキャラクターが、戦場ヶ原ひたぎです。

 

しかしアニメを観た人の中には、彼女についてとある疑問が浮かんでいたようです。

 

 

「もしかして、戦場ヶ原ひたぎの声優って変更されたの?」「斎藤千和さんから別の人に交代した?」

 

 

「物語シリーズ」全般を通して観ている人の中には、このような疑問をネットやSNSに投げかけている人を見かけました。

 

一体、どういうことなのでしょう?

 

 

実際、声が変わったり担当声優が交代されたりしたのでしょうか?

 

 

この事について、「物語シリーズ」ファンの方から意見をいただくことができました。

 

以下の内容は、その方の発言です。

続きを読む≫ 2016/12/11 19:01:11

 

「スクールランブル」は、小林尽さんが2002年から2008年まで雑誌「週刊少年マガジン」で連載していた漫画です。

 

連載中にはアニメ化もされており、2004年から2005年まで放送。

 

 

アニメが終わった後にも漫画原作の連載はしばらく続いていましたが、結末はどんな内容だったのでしょう?

 

 

以下の部分には、最終回となる283話「CLASS」のあらすじが載せられています。

続きを読む≫ 2016/12/10 17:38:10

「神様はじめました」は鈴木ジュリエッタさんが描いた漫画で、2008年から2016年まで雑誌「花とゆめ」で連載されていました。

 

こちらの作品はアニメ化され、2012年には1期が、2015年には2期が放送されています。

 

 

アニメが終了した後にも、漫画原作の連載は継続されていました。

 

そんな「神様はじめました」の最終回は、どういった内容だったのでしょうか?

 

 

当記事には、最終回となる149話のあらすじが掲載されています。

続きを読む≫ 2016/12/09 21:06:09

 

「愛してるぜベイベ」は槙ようこさんの漫画で、雑誌「りぼん」で2002年から2005年まで連載されていました。

 

この作品はアニメ化され、2004年に放送されていました。

 

 

アニメ版が終わった後にも、漫画原作の連載は続けられていました。

 

そんな「愛してるぜベイベ」なのですが、最終回はどんな展開になっているのでしょうか?

 

 

ここから下には、最終回となる7巻のあらすじが載せられています。

 

結末が気になった方は、読んでみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/12/09 16:22:09

「魔法先生ネギま!」は2003年から週刊少年マガジンで赤坂健氏が連載していた漫画であり、全355話で完結しています。

 

 

この作品はアニメ化もされており、1期が2005年に、2期が2006年から2007年に放送されていました。

 

2期の製作を担当した会社は、あのシャフトです。

 

 

さらにまさかの実写ドラマまでされ、2007年から2008年まで放送。

 

 

それらが終了したあとも連載は続き、2012年に最終回を迎えました。

 

原作漫画の結末はどのような内容だったのでしょうか?

 

 

最終回となる355時間目「3-Aよ永遠に…」のあらすじが、当記事には掲載されております。

続きを読む≫ 2016/12/08 20:06:08

アニメ「ガンダムビルドファイターズ」は、テレビ東京系列で2013年から2014年まで放送されていました。

 

その後2期である「ガンダムビルドファイターズトライ」として再開され、2014年から2015年まで続きました。

 

 

モビルスーツに乗るのではなく、ガンプラを製作し戦わせるといった新しいタイプのシリーズでした。

 

 

一体どういった結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

ここでは、2期「ガンダムビルドファイターズトライ」最終回である25話「僕たちのガンプラ」のあらすじをご紹介しています。

続きを読む≫ 2016/12/08 13:04:08

 

「魔法騎士レイアース」は、CLAMPが雑誌「なかよし」で1993年から1996年まで連載していた漫画です。

 

2部構成になっており、2部は「魔法騎士レイアース2」というタイトルで連載されていました。

 

 

この作品はアニメ化もされていて、1994年から1995年まで放送。

 

 

漫画版とアニメ版では2部の展開が違っており、アニメ版では共通の黒幕などオリジナルの敵が登場しています。

 

 

それでは、漫画版の最終回はどういった結末となっていたのでしょう?

 

この記事には、最終回となる「魔法騎士レイアース2」3巻・終盤のあらすじが掲載されています。

続きを読む≫ 2016/12/05 18:41:05

 

しげの秀一さんが雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載していた人気漫画が、「頭文字D」です。

 

 

この作品はアニメ化がされており、1998年から2004年までテレビで放送。

 

しかし毎週放送されていたわけではなく期間を空けての放送だったため、全ての回をチェックしていた人は決して多くないと思われます。

 

 

せめて最終シリーズ「頭文字D Final Stage」結末の内容を知りたい、という方に向けて…

 

ラストの内容だけでも知りたい!という人に向けて、このアニメの最終回であるACT.4「ドリーム」の内容を掲載しています。

続きを読む≫ 2016/12/05 13:33:05

「新造人間キャシャーン」は、フジテレビで1973年から1974年まで放送されていたタツノコプロのSFヒーローアニメです。

 

 

その後2004年には「CASSHERN」というタイトルで実写化されたり、2008年にはアニメ「キャシャーン Sins」が放送されています。

 

 

この作品の最終回は、どんな内容だったのでしょうか?

 

ここから先の部分には、「新造人間キャシャーン」の最終回である35話「地球最大の決戦」のあらすじが明記されています。

続きを読む≫ 2016/12/04 20:09:04

武井宏之さんの漫画「シャーマンキング」は、1998年から2004年まで雑誌「週刊少年ジャンプ」連載されていました。

 

 

同誌の人気漫画のひとつでありながら最後は打ち切りで終了。

 

その後発売された完全版で内容が補完されていました。

 

 

この作品はアニメ化もされており、2001年から2002年まで続いていました。

 

こちらの方は、一体どんな最終回を迎えたのでしょうか?

 

 

当記事には、アニメ版「シャーマンキングの最終回「エピローグ」のあらすじが書かれています。

 

アニメ版独自の結末内容が気になった人は、読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/12/04 11:55:04

漫画「アポカリプスの砦」10巻「THE FUTURE IS IN THEIR HANDS」のストーリーを結末まで詳細にネタバレします。
アポカリプスの砦は、日本の漫画作品。
物語のあらすじとしては、突然無実の罪を着せられ、冤罪で無期懲役の判決を受けてしまった少年、前田が、関東の不良が集まる青少年矯正施設である松嵐学園に収監されるところから始まります。この松嵐学園で、前田は4人部屋の監房に入るのですが、同室の、ナイフや鉄パイプを武器として使用し、車やバイクの運転も得意な吉岡、素手での戦闘能力の高い岩倉、常に冷静沈着で博学な山野井(通称:ノイマン)の3人と主人公である前田を軸に物語は進みます。学園にゾンビが現れて、学園を脱走すると、学園外はほとんどの人間がゾンビ化していた、というところから物語は展開します。このゾンビ化というのは感染症のようなもので、ゾンビ化した人間に噛み付かれると、同じようにゾンビ化するのです。また、このゾンビたちを操るのがボコールという人間のような不思議な生き物です。
さて、10巻ですが、アポカリプスの砦の最終巻となります。
主人公前田と同じ顔になったボコールから前田が逃げるところからスタートします。
ボコールから逃げる前田がつまづいて転ぶと、場面が自宅の近所の児童公園になり、前田が小学生に戻っています。
小学生になった前田が泣いていると2人の大人のふりをしたボコールが話しかけてきて、「一つになろう」と取り込もうとします。
幻覚の中でボコールに取り込まれそうになる前田の手をひっぱって助けようとするのは岩倉です。
ここで岩倉の過去の話になります。ゲリラの一員であった岩倉ですが、あるときゲリラからの逃亡を試み、失敗します。このときにトニーという東洋人が罰を受ける岩倉をかばってくれるのですが、ゲリラの上官がトニーを射つとき、岩倉は助けることができませんでした。前田にトニーの面影を感じる岩倉は、「今度こそ絶対に守る!」と決意し、前田を気絶させ、1人でボコールと戦います。
前田が目を覚ますと、巨大なコンクリートの下敷きになっている岩倉を発見します。前田はゾンビで大きな人型を作り、それでボコールを攻撃し続けます。コンクリートによって絶命したと思った岩倉は、とっさの判断で工事中の穴に潜りこみ、生きていました。しんだボコールから取った物質でゾンビ化する感染症の治療薬が作られました。
数年が経過し、フェンスでゾンビを隔離することで、安全な世界が戻ってきていました。

続きを読む≫ 2016/12/01 07:52:01

アニメ「ガンダムビルドファイターズ」は、1期が2013年から2014年まで、2期が2014年から2015年まで放送されていた作品です。

 

 

ガンプラを使ったガンプラバトルを中心としたストーリーでしたが、今後3期がスタートする予定はあるのでしょうか?

 

もし3期が制作されることになった場合、放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/11/30 22:08:30

板垣恵介さんの漫画「範馬刃牙(ハンマバキ)」は、2006年から2012年まで続いた、雑誌「週刊少年チャンピオン」の看板漫画でした。

 

 

1991年から始まった「グラップラー刃牙」が1999年には「バキ」とタイトルを変え、その後この漫画がスタート。

 

終盤では、刃牙の最終目的であり実の父・範馬勇次郎との直接対決が描かれていました。

 

 

その後「刃牙道」というタイトルで連載を再開していますが、今作でひとまず物語は終了しました。

 

最終回では、一体どんな結末が描かれていたのでしょうか?

 

 

当記事には、バキの漫画「範馬刃牙」の最終回・312話「さようなら」のあらすじが書かれております。

続きを読む≫ 2016/11/30 19:12:30

「化物語」は西尾維新さんの執筆した小説で、2006年に上下巻が刊行されました。

 

 

アニメ化もされ人気を博したことで、続刊の物語シリーズも次々とアニメ化。

 

テレビ・ネット配信・映画と、様々な形で観ることができました。

 

 

主人公・阿良々木暦が、様々な女の子や怪異と出会う…といった奇妙な体験をするシリーズの第1作目「化物語」の最終回。

 

一体、どういった結末だったのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、アニメ版「化物語」の最終回・15話「つばさキャット 其ノ伍」のあらすじが載せられています。

続きを読む≫ 2016/11/30 12:23:30

「ノーゲームノーライフ」は、2014年に放送されたアニメ作品です。

 

榎宮祐さんが書いている人気ライトノベルが原作となっており、アニメ化のほかに漫画化もされています。

 

 

アニメはすでに終了しているのですが、人気に衰えはなく…

 

今でも大手配信サイトで一挙放送された際には、多くの視聴者が集まる息の長いコンテンツと化していることが伺えます。

 

 

となると、当然続編に対する期待も膨らむわけですが…

 

 

原作のエピソードは現在のところストックがある状態ではありますが、今後2期が製作・放送される可能性はあったりするのでしょうか?

 

もしそれが実現した場合、いつが放送日になる予定なのでしょう?

続きを読む≫ 2016/11/26 11:48:26

 

漫画「天然コケッコー」は、くらもちふさこさんが1997年から2000年まで雑誌「コーラス」で連載していた作品です。

 

 

過去には実写映画化もされており、夏帆さんや岡田将生さんなどが出演。

 

2007年に公開されていました。

 

 

原作である漫画の最終回は、どのような内容だったのでしょうか?

 

 

当記事には、漫画「天然コケッコー」9巻・「Last scene」のあらすじが書かれております。

 

結末が気になった方は、ぜひお読みください。

続きを読む≫ 2016/11/25 19:12:25

「氷菓」は、2012年に放送されていたアニメ作品です。

 

米澤穂信さんが執筆している小説「古典部シリーズ」を原作とした作品でした。

 

 

すでにアニメ終了して数年経過している今でも、アニメの2期制作を望む声をネットやSNS上で見かけることがあります。

 

 

今のところ、原作のエピソードは全て使い切っていない状況ではあるのですが、これから2期がスタートする可能性ってあるのでしょうか?

 

もし実現したとして、放送日はいつなのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/11/25 15:16:25

ギャグ漫画「ぱにぽに」は、氷川へきるさんが2000年から2011年まで雑誌「月刊Gファンタジー」で連載していた作品です。

 

アニメ化もされ、「ぱにぽにだっしゅ!」というタイトルで2005年に放送されていました。

 

 

11歳の天才ちびっこ先生であるレベッカ宮本が主人公の、主に学校を舞台とした日常系のギャグ漫画でした。

 

 

アニメ終了後も原作の連載は継続されていましたが、それ以降はチェックしていなかった人もいるかもしれません。

 

漫画の最終回は、どんな内容だったのでしょうか?

 

 

当記事には、漫画「ぱにぽに」の最終回・218話「外寧ければ必ず内憂有り」のあらすじが記載されております。

続きを読む≫ 2016/11/25 12:52:25

 

アニメ「金色のガッシュベル!!」は、2003年から2006年までフジテレビ系列の局で放送されていました。

 

雑誌「週刊少年サンデー」で雷句誠さんが連載していた漫画「金色のガッシュ!!」が原作となっています。

 

 

アニメ「金色のガッシュベル!!」が終了した後も、原作漫画は続いていました。

 

ですので、アニメ版では物語の最後まで描かれることはありませんでした。

 

 

2001年から2008年まで続いた漫画の結末は、一体どのような内容だったのでしょうか?

 

アニメは観ていたけど、漫画を最後まで読んでいない…という方に向けて、その内容をネタバレすることにしました。

続きを読む≫ 2016/11/24 21:37:24

アニメ「ツバサクロニクル」は、CLAMPが雑誌「週刊少年マガジン」で連載していた漫画「ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE」を原作とした作品です。

 

 

2005年には1期が、2006年には2期が放送されていました。

 

このアニメは、どんな結末を迎えていたのでしょう?

 

 

以下には、アニメ「ツバサクロニクル」の最終回・第2シリーズの26話「明日へのツバサ」のあらすじが書かれております。

続きを読む≫ 2016/11/24 15:19:24

漫画「うしおととら」は、藤田和日郎さんが雑誌「週刊少年サンデー」で1990年から1996年まで連載されていた作品です。

 

 

過去にアニメ化もされており、2015年から2016年まで3シーズンに分けて放送されていました。

 

 

原作となった漫画の最終回は、どういった結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、漫画「うしおととら」の最終回・33巻の最終章其ノ参「うしおととらの縁」のあらすじが載せられています。

続きを読む≫ 2016/11/23 15:21:23

「パーマン」は、藤子・F・不二雄さんが雑誌「週刊少年サンデー」などで連載していた漫画です。

 

アニメ化もされ、1967年から1968年にかけて全54話が、1983年から1985年にかけては全526話が放送されていました。

 

 

藤子漫画といえば、これといった結末が描かれないまま連載が止まったり終了している作品が多いです。

 

そんな中、この漫画には最終回が存在しています。

 

 

こちらの記事では、「パーマン」の7巻に掲載されている最終回「バード星への道」のあらすじがネタバレされております。

 

実は結末があったこと自体知らなかったという方は、読んでみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/11/22 14:56:22

漫画「アニマル横町」は、前川涼さんが雑誌「りぼん」などで連載している作品です。

 

連載は、現在も続いています。

 

 

過去にアニメ化もされていて、2005年から2006年までテレビ東京系列の局で放送されていました。

 

最終回は、どんな内容だったのでしょう?

 

 

ここの記事には、アニメ版「アニマル横町」の最終回・102話「ドキ・ドキ最終回の巻」のあらすじが掲載されています。

 

アニメ版独自の結末に興味が湧いた方は、ぜひご覧になってみてください。

続きを読む≫ 2016/11/21 18:48:21

NHKでアニメ化がされた「獣の奏者エリン」は上橋菜穂子さんが書いた小説を原作とした作品です。

 

主人公はエリンという少女であり、アニメの中では彼女の成長なども描かれています。

 

最終回である50話では、立派な女性になっていました。

 

エリンは類まれな能力を持っており、王獣と呼ばれる伝説の獣・リランも彼女にはある程度親しみを感じたような描写がされています。

 

リランは、ケガをして運ばれてきた王獣でした。

 

最初は抵抗をしていたものの、次第にエリンの献身的な力などや彼女の才能によって若干心を開くようになりました。

 

50話では「真王群」と「大公群」との闘いが起こってしまう展開となっています。

 

セィミヤというリョザ神王国の王「真王」の孫娘である幼い少女は、大公の息子であるシュナンと結婚し、長い争いをやめたいと願っています。

 

真王の一族と大公の一族は長い間、険悪な仲であったためです。

 

また、シュナン自身もセィミヤには想いを寄せていました。

 

このため、人々はこれで平和が訪れるのではないかと予測していました。

 

しかし、国のためならば手段をいとわないとする真王の一族であるダミヤによって、この願いは阻まれてしまいます。

 

このため、平和が訪れることは閉ざされ、「青い旗」がダミヤによって奪われてしまい、戦は大混乱に陥ります。

 

大公の長男であるシュナンを守ろうとする闘蛇軍と、それに対抗する闘蛇軍とでの戦いが起こり…

 

彼を好きであるセィミヤは、彼を助けてほしいとエリンに懇願します。

 

エリンは王獣であるリランの背に乗り闘蛇軍の中に入りこみますが、リランは獣であるため闘蛇に食らいつきます。

 

必しにシュナンの元に行くようにリランを誘導し、彼だけを獣であるリランの背に乗せて救出します。

 

リランが飛び立ち、そしてエリンは矢に射抜かれて倒れてしまいます。

 

ぼんやりと気絶する間際に、人に心を開かないとされている王獣であるリランがエリンのもとに帰ってきます。

 

そして、エリンを背に乗せてくれます。

 

エリンはリランが自分を助けに来てくれたことを知り、感動します。

 

ふたりは雄大な空を飛び、エリンはリランへの感謝の気持ちとこれまでのことを思い出します。

 

このまま2人は空を飛んだあと丘に降り立ち、そこで物語は終了となっています。

 

続きを読む≫ 2016/11/21 07:32:21

「スレイヤーズ」の主人公・リナ=インバースが得意とする強力な呪文として真っ先に思いつくのが、竜破斬(ドラグスレイブ)です。

 

ドラゴンを倒すほどの威力があると言われており、作中では純魔族を倒すことのできる数少ない手段として使われる機会が多いです。

 

 

しかし実際にこの世界で最強の呪文と言えば、重破斬(ギガスレイブ)です。

 

原作の小説1巻においてすでにその名前は出ており、不完全ながらも切り札としての威力を発揮していました。

 

 

では、完全版の重破斬(ギガスレイブ)が発動した場合は、何が起こったのでしょうか?

 

一体、どんな威力を秘めているのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/11/20 16:34:20

「破裏拳ポリマー」は、1974年から1975年までNET日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)で放送されていたタツノコプロのSFヒーローアニメです。

 

 

溝端淳平さん主演で実写映画化されることも決まり、2017年に上映される予定となっています。

 

 

実写映画の原作であるアニメの最終回は、どういった内容だったのでしょうか?

 

この記事では、「破裏拳ポリマー」の最終回である26話「ポリマー最後の決戦」のあらすじをご紹介しています。

続きを読む≫ 2016/11/20 08:41:20

 

「こどものおもちゃ」は小花美穂さんの描かれた漫画で、1994年から1998年まで雑誌「りぼん」で連載されていた作品です。

 

アニメ化もされていて、1996年から1998年までテレビ東京系列で放送されました。

 

 

名前に反してシリアスな社会問題を多数取り扱っていた作品で、これらを子供の視点で描いていました。

 

 

原作漫画の最終回は、どのような結末を迎えているのでしょうか?

 

当記事には、最終巻である10巻に収録された最終回のあらすじが掲載されています。

続きを読む≫ 2016/11/18 12:43:18

大人気アニメのエウレカセブンの最終回となる50話は、最終回という事もあり通常流れるはずのオープニングが流れず、呟きからスタートしていきます。
呟きの中でわかるのは、自分が大切にしていたものを守りたいという一心で、現在の立場になったのだという事をお話しています。
1話から見てきた者にとっては、50話で語られる言葉というのは非常に切なさを感じるものだと思います。
登場キャラクターが乗る乗り物は、他の乗り物から動かすための燃料を補給しており、何気ない普段通りの様子が50話とは思えない印象です。
燃料を補給しているシーンから場面が変わり、子供たちを見つけて保護してきたという話に切り替わります。
よく話を聞くと、子供たちは難民キャンプにて右往左往していたようで、民族浄化の煽りを受けた被害者であるという事です。
事情を知った事でサポートしたいという気持ちが高まり、子供達を引き取ってあげる事にしたと述べ、最後まで渋さを貫き通す様子が非常に男らしいです。
このシーンで多くの視聴者が述べる感想は、それまで少女だと思っていたものの、実は少年で驚いたという事です。
その後、再び場面が変わり古い仲の仲間が自分たちの乗り物に到着する様子が描かれます。
2人の登場キャラクターの首元に目をやるとわかりますが、首輪が装着されているのが確認できます。
実は、装着されている首輪というのは心肺機能と連携されており、心肺の様子を外部から確かめる事が可能です。
そこで、今すぐ身体に限界が訪れない事を理解した上で、他のマシンに乗ってミッションを遂行しようしている女性達に首輪を付け直しました。
しかも、何らかの不測の事態に陥った際には女性たちが次期重要人物になる事ができるように、特殊な仕組みを取り入れていたのです。
このシーンは少し内容が複雑で難しくなっているのが事実ですが、過去のエウレカセブンの話を思い出しつつ紐付けて整理して考えていくと、正しく理解できるようになります。
そして、ついにエウレカセブンの最後が近づいてくるという場面で、いきなり比較的重要な人物の衣装が変化している事に気付くでしょう。
特に、ミッションには関係が無い衣装チェンジにより、誰もが強い驚きを感じるのは確実です。

いよいよ訪れる最終シーンでは、エウレカセブンのあらゆる事柄を真っ向から覆すような情報が立て続けに発表されていきます。
男性だと思っていた者が突然喋りだし、実は男性だった事が判明するなど最後の最後まで衝撃的です。

続きを読む≫ 2016/11/16 15:07:16

「聖戦士ダンバイン」は、1983年から1984年にテレビ朝日系列の放送局で流れていたロボットアニメです。

 

この作品の総監督を、機動戦士ガンダムシリーズでお馴染みの富野由悠季さんがつとめていました。

 

 

この作品ではオーラ力という独自の精神エネルギーが存在しており、それによってオーラマシンと呼ばれる機械を稼働させています。

 

ダンバインなどの「オーラバトラー」は、精神エネルギーによって動く人型戦闘用ロボットなのです。

 

 

ここでは、「聖戦士ダンバイン」の最終回となった49話「チャム・ファウ」のあらすじをネタバレしていますので…

 

物語の結末が気になった方は、読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/11/15 07:48:15

「母をたずねて三千里」は、1976年にフジテレビ「世界名作劇場」内で放送されたアニメ作品です。

 

 

エドモンド・デ・アミーチスの小説が原作で、ジェノヴァに住む主人公の少年・マルコが、出稼ぎに行って音信不通になった母アンナに会うための旅を描いています。

 

 

そんなアニメ「母をたずねて三千里」の最終回は、どういった結末になっているのでしょう?

 

この記事には、最終回である52話「かあさんとジェノバへ」のあらすじが記載されています。

続きを読む≫ 2016/11/14 18:23:14

「サムライチャンプルー」は、2004年にフジテレビ系列の放送局で深夜帯に流れていたテレビアニメです。

 

「カウボーイビバップ」で知られている渡辺信一郎監督の作品として、話題を集めました。

 

 

主人公・ムゲンの声を、中井和哉さんが担当していました。

 

また、ジンの声を佐藤銀平さんが、フウの声を川澄綾子さんが演じています。

 

 

地上波放送では全26話のうち17話までしか放送されていませんでしたが、最終回はどんな内容なのでしょうか?

 

この記事では、「サムライチャンプルー」の最終回となった26話「生死流転 其之参」のあらすじをネタバレしています。

続きを読む≫ 2016/11/14 07:44:14

 

「チーズスイートホーム」はこなみかなたさんが描いた漫画で、雑誌「モーニング」において2004年から2015年まで連載されていました。

 

 

この作品はアニメ化もされており、2008年と2009年に2シーズンに分けて放送されていました。

 

 

その後も、原作漫画は連載を続けていました。

 

一体、どんな結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

最終回である218話「猫、帰る。」の内容がこの下に載っていますので、気になった方は目を通してみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/11/11 21:28:11

「ハクション大魔王」は、1969年から1970年までフジテレビで放送されていた、タツノコプロの代表的なオリジナルアニメ作品です。

 

 

近年では、主人公・ハクション大魔王がCMに採用されたりイメージキャラクターとして目にする機会は多くなっているものの…

 

アニメシリーズが放送されていた時期がかなり昔でしたので、本編の内容を覚えている人は多くないと思われます。

 

 

「ハクション大魔王」の最終回は、どういった展開がされていたのでしょうか?

 

最終回となる52話「さよなら大魔王の話」のあらすじが、この記事に書かれております。

続きを読む≫ 2016/11/11 18:50:11

「明日のナージャ」は、2003年から2004年にかけてテレビ朝日で放送されていた、オリジナルアニメです。

 

 

東映アニメーション制作の作品で、日曜朝8時30分から放送。

 

同時間に放送されている有名アニメシリーズに「おジャ魔女ドレミ」や「プリキュア」シリーズがありますが、それらとは一線を画す世界観でした。

 

 

アニメ「明日のナージャ」の最終回は、どのような結末を迎えたのでしょうか?

 

こちらの記事には、最終回である50話「新たなる運命の扉」のあらすじが載っています。

続きを読む≫ 2016/11/09 15:32:09

「マジンガーZ」は、1972年から1974年までフジテレビで放送されていたアニメ作品です。

 

 

この作品は、永井豪さんが週刊少年ジャンプで連載していた漫画が原作となっています。

 

ただ、漫画版とアニメ版では、それぞれ独自の展開がされていました。

 

 

さらに、ラストの展開もそれぞれ違っているわけなのですが…

 

アニメ版「マジンガーZ」の最終回は、どのような結末となったのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、最終回となる92話「デスマッチ!!甦れ我等のマジンガーZ!!」のあらすじが書かれています。

続きを読む≫ 2016/11/07 19:02:07

「藍より青し」は文月晃さんが描いていた漫画作品で、1998年から2005年まで雑誌「ヤングアニマル」で連載していました。

 

 

この作品はアニメ化もされていて、2002年には1期が、2003年には2期が放送されていました。

 

主人公・花菱薫の役を保志総一朗さんが、ヒロイン・桜庭葵の役を川澄綾子さんが担当していました。

 

 

アニメが終了した後にも原作である漫画連載は続いていましたが…

 

漫画「藍より青し」の最終回は、どのような内容だったのでしょう?

 

 

ここの記事には、最終巻・17巻の最終回「藍青」のあらすじが記載されています。

続きを読む≫ 2016/11/07 15:05:07

 

漫画「シグルイ」は、南條範夫さんが原作を、山口貴由さんが作画を担当。

 

2003年から2010年まで雑誌「チャンピオンRED」で連載していた作品です。

 

 

2007年にはアニ化もされ、WOWOWで放送されていました。

 

その後も、漫画「シグルイ」の連載は続いていたわけですが…

 

最終回は、どんな内容だったのでしょう?

 

 

最終巻である15巻の最終回「真紅」のあらすじが、この記事に掲載されています。

続きを読む≫ 2016/11/07 12:51:07

 

漫画「覚悟のススメ」は山口貴由さんが執筆していた作品で、1994年から1996年まで雑誌「週刊少年チャンピオン」で連載されていました。

 

 

環境汚染・核戦争・大災害により変わり果てた、近未来の地球を舞台とした漫画です。

 

その後出現し人間を襲う「戦術鬼」と戦うのが、強化外骨格「零」を身につけることのできる主人公・葉隠覚悟です。

 

 

そんな「覚悟のススメ」の最終回は、どういった内容だったのでしょうか?

 

 

最終巻となる11巻の最終回「くじけない翼」のあらすじが、当記事には記載されております。

続きを読む≫ 2016/11/06 12:11:06

会員数が160万人にもなる大手の電子書籍配信サイトが、「eBookJapan」です。

 

スマートフォンやパソコンを使って漫画や小説を読むことができ、作品の試し読みが無料でできます。

 

 

「eBookJapan」で実際に電子書籍を読んだという人に、感想を尋ねてみることにしました。

 

 

現在は電子書籍サイトの数が膨大なので、どこを利用しようか検討中な方もいると思われます。

 

ここから下の部分に明記されております評判・口コミを、参考にしてみてはどうでしょうか?

続きを読む≫ 2016/11/06 07:45:06

「The・かぼちゃワイン」は三浦みつるさんの漫画で、1981年から1984年まで雑誌「週刊少年マガジン」で連載されていました。

 

 

この漫画はアニメ化がされていて、1982年から1984年まで続けられました。

 

1984年には、劇場アニメも公開されています。

 

 

アニメ放送と原作漫画の連載が同年に終了していた「The・かぼちゃワイン」なのですが…

 

原作漫画の最終回では、どういった結末となったのでしょうか?

 

 

最終巻である18巻に掲載された最終回「おれたちの結婚宣言!」のあらすじが、以下に記載されております。

続きを読む≫ 2016/11/05 22:55:05

「ケロロ軍曹」は、テレビ東京で2004年から2011年まで放送していたSFギャグアニメです。

 

 

終盤は「ケロロ軍曹乙」というタイトルで、深夜帯に放送される形となっていました。

 

(その後2014年にアニマックスで放送されていたフラッシュアニメ「keroro」に関しては、本記事では省略します)

 

 

吉崎観音さんが1999年に雑誌「少年エース」でスタートさせた漫画が原作となっており、こちらは現在も連載中です。

 

 

アニメ版「ケロロ軍曹」独自の最終回は、どういった内容だったのでしょう?

 

 

ここから先には、最終回となる357話(「ケロロ軍曹乙」51話)「日向家 春、帰還 であります」のあらすじが書かれております。

続きを読む≫ 2016/11/05 19:44:05

 

「天上天下」は大暮維人さんが描かれた作品で、ジャンルは学園バトル漫画です。

 

 

雑誌「ウルトラジャンプ」で、1997年から2010年まで連載されていました。

 

2004年にはアニメ化され、主人公・凪宗一郎の役を保志総一朗さんが、棗亜夜の役を茅原実里さんが担当していました。

 

 

アニメが終わった後にも原作の漫画は長く続いていたのですが、最終回はどういった内容だったのでしょう?

 

当記事では、「天上天下」の最終巻である22巻・最終章「LAST FIGHT」のあらすじをご紹介しています。

続きを読む≫ 2016/11/05 00:19:05

 

「犬夜叉」は高橋留美子さんの漫画で、1996年から2008年まで雑誌「週刊少年サンデー」で連載されていました。

 

 

アニメ化もされており、2000年から2004年までゴールデンタイムで放送。

 

その後、2009年から2010年にかけて「完結編」が深夜帯で放送されていました。

 

 

19時にアニメが放送されていた当時は注目していた人は多いでしょう。

 

しかし、原作の結末や深夜アニメの「完結編」の内容を知らない人もいるかも知れません。

 

 

原作漫画の最終回は、どういった結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

この記事には、最終巻である56巻に収録された最終回・558話「明日」のあらすじが掲載されています。

続きを読む≫ 2016/11/04 18:36:04

 

スマートフォンやパソコンで本や漫画を読める大手配信サイトが、「BookLive」です。

 

 

配信されている電子書籍の冊数は、国内最大級の50万冊以上。

 

常に1万冊もの作品を、無料で試し読みすることができます。

 

 

実際に「BookLive」で電子書籍を読んでいる人に、感想を聞いてみることにしましょう。

 

 

数ある電子書籍サイトの中からどこを選ぶか、迷っている方もおられるでしょう。

 

こちらの記事に掲載されている口コミや評判を、参考のために読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/11/03 21:03:03

「まりあほりっく(まりほり)」は遠藤海成さんが描かれた漫画で、2006年から2015年まで雑誌「月刊コミックアライブ」に掲載されていました。

 

 

アニメ化もされ、2009年には1期が、2011年には2期が放送されました。

 

主人公・宮前かなこの役を真田アサミさんが、祇堂鞠也の役を小林ゆうさんが担当しました。

 

 

アニメが終了した後にも、しばらく原作漫画の連載は継続されていました。

 

では、最終回はどんなストーリー内容だったのでしょうか?

 

 

こちらの記事では、「まりあほりっく」最終巻である14巻の最終回「長い長いお別れのために・3」のあらすじを掲載しています。

続きを読む≫ 2016/11/03 15:46:03

 

「エルフェンリート」は岡本倫さんが執筆していた漫画で、雑誌「週刊ヤングジャンプ」において2002年から2005年まで連載されました。

 

 

アニメ化もされており、2004年にはCSで、2005年に地上波で放送。

 

描かれている人物のタッチに似合わず、バイオレンスな表現や過激なシーンが話題となった作品です。

 

 

アニメが終了した後にも、漫画の連載は継続されました。

 

結末は、どんな内容だったのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、「エルフェンリート」最終巻である12巻の最終回「大団円」のあらすじが書かれております。

続きを読む≫ 2016/11/02 21:27:02

スマートフォンやタブレットを通して漫画を読めるサイトに、「コミなび(旧:めちゃコミ)」があります。

 

 

このサイトは、無料で試し読みができる漫画が毎日更新されているのが特徴です。

 

会員登録をしなくても読むことができますので、気軽に入ってみることをおすすめします。

 

 

実際に「コミなび」を利用している方から、感想をいただきました。

 

 

どの電子書籍サイトを選ぼうか迷っているとしたら、この記事に載っている口コミや評判を参考にしてみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/27 07:48:27

「魔法使いサリー」は、横山光輝さんが雑誌「りぼん」で1966年から1967年まで連載していた少女漫画です。

 

現代まで生き残っているジャンル「魔法少女」を作った作品とも言われており、影響力の強い作品とされてます。

 

 

1966年にはアニメ化され、1968年まで続いていました。

 

その後もアニメがリメイクされたり、ミュージカル化されたり、CMのマスコットキャラクターとして使用されるなど目にする機会があります。

 

 

アニメ版は109話が最終回となっているのですが、どんな内容だったのでしょう?

 

この先に書かれているのは、結末のネタバレとなっています。

続きを読む≫ 2016/10/27 07:17:27

「キテレツ大百科」は、藤子不二雄 (F)さんの人気漫画のひとつです。

 

 

アニメ化もされ、1988年から1996年までという長い期間放送されました。

 

原作漫画のボリュームを大幅に超えた、全331話となっています。

 

 

漫画版とアニメ版とでは、最終回の内容がかなり違っているようなのですが…

 

一体どういった結末を迎えていたのでしょう?

 

 

ここから下に書かれていますので、当時を思い出せない方や観ていなかった人はご覧になってみてください。

続きを読む≫ 2016/10/26 19:34:26

フィギュア・ガレージキット・プラモデルなどを販売している通販サイトが、「ホビーサーチ」です。

 

マニアックなアイテムを売っている地域が少ないことから、大変ありがたい存在となっています。

 

 

発売前の商品を予約する際、店舗よりもスムーズに楽に予約できるというのも、ネットショップならではの強みです。

 

 

「ホビーサーチ」で実際にフィギュアを購入したことがある方から、感想を聞きました。

 

口コミや評判が書かれておりますので、読んでみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/26 16:06:26

 

「フルーツバスケット(フルバ)」は、雑誌「花とゆめ」で高屋奈月さんが1998年から連載していた漫画作品です。

 

2001年にはアニメ化され、2009年には舞台化もされています。

 

 

その後2015年には「フルーツバスケット another」が花とゆめONLINEで連載開始され、現在も続いている状況となっています。

 

 

2006年に一旦終了した漫画の最終回は、どのような結末を迎えていたのでしょう?

 

この記事ではあらすじが書かれておりますので、内容を知りたい場合は読んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2016/10/26 12:49:26

 

「楽園追放 Expelled from Paradise」は2014年に公開された3Dの劇場版アニメであり、ニトロプラスと東映アニメーションによって映像化された作品となっています。

 

 

続編の製作を望むファンの声があるのを、現在もネットやSNSで確認することができました。

 

 

さて、今後「楽園追放 Expelled from Paradise」の続編が公開される可能性はあるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/25 22:04:25

 

「ロザリオとバンパイア」は池田晃久さんが描かれた作品で、2部構成となっています。

 

 

1部が「月刊少年ジャンプ」で2004年から2007年まで連載された後は、掲載紙を移します。

 

「ロザリオとバンパイア season II」とタイトルを変え、2007年から2014年まで続いていました。

 

 

2008年にはアニメ化もされ、主人公・青野月音の役を岸尾だいすけさんが、ヒロイン・赤夜萌香の役を水樹奈々さんが担当しました。

 

 

アニメ終了後も漫画は続いていましたが、最終回の内容はどういった感じだったのでしょうか?

 

この記事では、「ロザリオとバンパイア season II」最終巻である14巻の最終回・66話「Dawn of the Dark」のあらすじをご紹介します。

続きを読む≫ 2016/10/24 18:59:24

「じゃりン子チエ」とは、漫画家・はるき悦巳先生による作品です。

 

1978年から1997年まで約20年間もの間、漫画アクションで連載されていました。

 

 

1981年から1983年の期間には、毎日放送にてTVアニメ版も放送されていた人気漫画でした。

 

 

一時期放送されていたアニメからこの作品を知った方は多いと思われますが…

 

アニメ終了後も、連載は長く続いていました。

 

 

アニメが終わった後、結局原作の漫画を読まずじまいだった人もいるかもしれません。

 

実は90年代の終わり頃まで続き最終回を迎えていたのですが、結末はどんな内容だったのでしょう?

続きを読む≫ 2016/10/24 15:32:24

「花咲くいろは」は、2011年に放送されていたオリジナルアニメです。

 

2013年には、映画「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」が公開されていました。

 

 

アニメの2期が制作されることを望んでいる人もネットやSNS上で見かけますが…

 

漫画やライトノベルのような原作が存在しないため、新しいストーリーが作られるかどうかは予想しづらいです。

 

 

果たして今後、2期が始まる可能性はあるのでしょうか?

 

もし始まるとすれば、放送日はいつになるのでしょう?

続きを読む≫ 2016/10/22 08:13:22

「デジモンアドベンチャー02」は、フジテレビ系列の放送局で2000年から2001年まで続いていた、人気テレビアニメシリーズの2作目です。

 

前作と直接繋がりがありながら、メンバーが一新された続編です。

 

 

こちらの作品の最終回は、一体どういった結末だったのでしょうか?

 

あらすじの内容をこの記事で説明していますので、興味のある方は読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/10/19 14:38:19

アニメ化されたことでさらに注目を集めている、遠藤浅蜊さんのライトノベルシリーズが「魔法少女育成計画」です。

 

 

シリーズ第4弾となるのが「魔法少女育成計画 JOKERS」なのですが、どういったストーリー展開がされているのでしょうか?

 

 

以下の部分には小説のあらすじや感想が載っていますので、ネタバレには注意して読み進めてください。

続きを読む≫ 2016/10/19 00:01:19

週刊少年ジャンプで長期間連載されていた忍者バトル漫画「NARUTO ナルト」でしたが、最終回を迎えました。

 

 

NARUTOの世界において伝説の人物とされており、実力においても間違いなく最強クラスなのが、うちはマダラです。

 

 

口寄せによる不完全に蘇生した状態にもかかわらず、ナルトや五影を返り討ち。

 

完全に復活した後は柱間・扉間・尾獣までもを圧倒していました。

 

 

その後は大筒木カグヤに利用され、力を失い力尽きてしまうのですが…

 

彼は最後、どのように朽ち果てたのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/18 21:07:18

「ブラックエンジェルズ」は、平松伸二さんが漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で1981年から1985年まで連載していた作品です。

 

 

その後「マーダーライセンス牙&ブラックエンジェルズ」や「ザ・松田 ブラックエンジェルズ」といった作品も生まれました。

 

実は2010年代に入ってから実写化され、DVDとして販売されています。

 

 

こちらの漫画の最終回は、どういった結末を迎えたのでしょうか?

 

 

この記事であらすじを説明しておりますので、内容を知りたい方はお読みください。

続きを読む≫ 2016/10/17 21:18:17

「GANTZ:G」は、原作:奥浩哉さん、作画:イイヅカケイタさんの漫画作品です。

 

 

実写映画化やアニメ化がされ、2013年に連載が終了した「GANTZ」のスピンオフ作品で、

 

2015年から集英社のミラクルジャンプにて連載されています。

 

 

すでに本編が終了していることもあり、この作品がスタートしたこと自体知らなかった、という人いるかもしれません。

 

そんな方のために、漫画のあらすじを掲載してみました。

 

 

くれぐれも、ネタバレには十分気をつけてお読みください。

続きを読む≫ 2016/10/16 20:59:16

「ReLIFE」は夜宵草さんが無料漫画サイト「comico」で連載している作品で、今もストーリーが進行しています。

 

 

2016年にはアニメ化・放送されていました。

 

 

原作の連載が続いていることや、アニメ版の終わり方から考えると…

 

アニメの2期が今後制作されるのでは?と思った人も少なからずいることが、ネットやSNSで確認できます。

 

 

では、今後アニメの2期がスタートする可能性はあったりするのでしょうか?

 

もしスタートするのであれば、放送日はいつになる予定なのでしょう?

続きを読む≫ 2016/10/16 08:00:16

漫画「GANTZ」は奥浩哉先生による作品であり、週刊ヤングジャンプにて2000年から2013年の間に連載されていました。

 

単行本は全37巻にのぼり、ストーリーは全383話。

 

 

2011年には実写映画化され、公開。

 

主人公・玄野計を二宮和也さんが、加藤勝を松山ケンイチさんが演じていました。

 

他にも、吉高由里子さん・夏菜さん・山田孝之さんなどが出演しています。

 

 

当時話題だった作品でしたが、最後まで読み続けた人は意外と多くないと思われます。

 

ひっそりと最終回を迎えた今作ですが、最終回の内容はどんな感じだったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/14 15:36:14

週刊少年ジャンプで連載していた人気漫画のひとつに、「BLEACH」があります。

 

 

この作品には考えの読めないキャラが複数存在していましたが、市丸ギンはそれらの中で最も印象に残ったキャラと言えるでしょう。

 

 

彼は護廷十三隊三番隊隊長をつとめていたものの、藍染惣右介や東仙要と共に謀反を起こしたことにより、その肩書を捨てました。

 

その後は彼らと行動していましたが、単行本48巻の時点で絶命。

 

 

彼は、一体どんな最期を遂げたのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/14 15:13:14

 

漫画「デビルマン」は、雑誌「週刊少年マガジン」で1972年から1973年まで連載されていた永井豪さんの代表作のひとつです。

 

 

1972年にはアニメ化され、1973年まで続いていました。

 

 

アニメ版は有名ですが、基本的な設定は同じでありながらヒーロー色の強い作品となっていました。

 

デビルマン自体の見た目も、不気味さが薄れています。

 

 

一方で、漫画原作における終盤の展開が少年漫画としては異質で、非常に救えない内容となっています。

 

 

53話で最終回を迎えたのですが、一体どういった結末になってしまったのでしょうか?

 

当記事でネタバレしておりますので、知りたくなった方は読んでみることをおすすめします。

続きを読む≫ 2016/10/14 07:52:14

 

「荒川アンダーザブリッジ」は、中村光さんが「ヤングガンガン」で2004年から連載していた看板漫画のひとつでした。

 

 

2010年にはアニメ化。

 

主人公・市ノ宮行(リク)の声を神谷浩史さんが、ヒロイン・ニノの声を坂本真綾さんが演じていました。

 

 

さらに2011年には実写ドラマ化・2012年に実写映画化されているなど、メディアミックス化がさかんにされていた作品です。

 

 

原作漫画はその後も続いていましたが、2015年に最終回を迎えています。

 

どのような結末だったのでしょうか?

 

 

以下の部分に記載されておりますので、内容が気になった場合は確かめてみてください。

続きを読む≫ 2016/10/13 07:45:13

「GUNSLINGER GIRL」は、相田裕さんが雑誌「月刊コミック電撃大王」で2002年から2012年まで連載していた漫画です。

 

 

アニメ化もされ、2003年には1期が放送。

 

2008年には2期が放送されていました。

 

 

漫画の最終巻である15巻の中ではヘンリエッタやトリエラが戦いの中で命を落とし、リコも義体としての短い命を終えます。

 

 

最終回ではとある新キャラが登場し、主役となるのですが…

 

一体、どんな内容となっているのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/12 21:39:12

「伝説の勇者の伝説」は鏡貴也さんが書かれている富士見書房のライトノベルで、現在も物語が継続している作品です。

 

2010年にアニメ化が決まり、全24話が放送されています。

 

 

それ以来はアニメに関する情報は出ていない状況なのですが、原作の小説は続いており、アニメ化されていないエピソードがどんどん増えていっています。

 

そのことから、ファンの間では今後アニメ2期が始まることを期待している方もおられるようです。

 

 

果たして、今後2期としてアニメが再開する可能性はあるのでしょうか?

 

もし再開したとすれば、放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/11 21:01:11

「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」は、2016年に放送されていたオリジナルアニメです。

 

 

1月から3月までは1期が放送され、間を置いて7月に2期がスタート。

 

9月まで続いていました。

 

 

今年だけで一気に2シーズンも放送されていたのですが、すでに3期に対して期待するファンもおられるようです。

 

 

今後3期が制作され、放送される可能性はあるのでしょうか?

 

もしされるとして、放送日はいつになるのでしょう?

続きを読む≫ 2016/10/11 14:50:11

「異世界食堂」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されヒーロー文庫として刊行されている犬塚惇平さんのライトノベルです。

 

 

アニメ化が決まって現在企画が進んでいるとのことですが、残念ながら詳しい情報は一切わかっていません。

 

各キャラクターの声を担当する声優の名前や、放送日といった重大な情報が明かされましたら、この記事でも触れる予定です。

 

 

「剣と魔法の世界の住人が我々の住む人間界にやって来て、こちらの世界の料理を食べる」といった設定の物語なのですが…

 

ここから下にはライトノベルのあらすじが載っていますので、ネタバレには十分気をつけてください。

 

 

さらに、この作品を読んだことがあるという人に感想をいただきました。

続きを読む≫ 2016/10/11 08:35:11

フィギュア・プラモデル・キャラクターグッズ・CD・DVD・ゲームなどを取り扱っている通販サイトが、「あみあみ」です。

 

店舗ではなかなか置いていないマニアックな商品もカバーされているので、そういったニーズにも十分応えているサイトと言えるでしょう。

 

 

知る人ぞ知るサイトですが、実は買取も受け付けています。

 

 

ここの強みは、送料・キャンセル料・手数料・返送料・査定料が全て「無料」であること。

 

特に、査定後提示された値段に満足できなくてキャンセルした場合にも、返送料が無料というのは助かります。

 

 

実際に「あみあみ」にフィギュアを買い取ってもらった経験のある人から、感想をいただきました。

 

口コミや評判が記載されていますので、参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/10/11 07:55:11

「赤ずきんチャチャ」は、彩花みんさんが雑誌「りぼん」で1992年から2000年まで連載されていた漫画です。

 

その後続編となる「赤ずきんチャチャN」が連載開始され、現在も続いています。

 

 

この作品はアニメ化もされており、1994年から1995年まで放送。

 

 

アニメ終了後も原作漫画は続いていましたので、どういった結末を迎えたのかを知らない人もいると思われます。

 

ここの記事に書かれている最終回の内容を参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/10/10 16:02:10

 

「南国少年パプワくん」は、柴田亜美さんが「月刊少年ガンガン」創刊時(1991年)から1995年まで連載していた看板漫画のひとつでした。

 

 

アニメ化もされ、1992年から1993年まで放送されていたのですが…

 

シンタローを連れ戻しに来たサービスとの戦いに敗れて、島を出たところで終わっていました。

 

 

しかし原作漫画はその後も続き、秘石眼を持つ新キャラクターが次々と登場。

 

パプワ島の謎に迫ったのですが、一体どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

 

この記事では最終回「ぼくらの島」の内容をご紹介していますので、気になった方はご覧になってみてください。

続きを読む≫ 2016/10/10 07:24:10

アニメ「ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)」は、Koiさんが雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載している漫画が原作です。

 

 

2014年には1期が、2015年には2期が放送されていました。

 

 

この作品は、現在も原作が続いていることから…

 

3期アニメが制作・放送されることを望んでいるファンの声を、今でも見かけます。

 

 

3期が作られ、始まる可能性はあるのでしょうか?

 

もしされるとしたら、放送日はいつになるのでしょう?

続きを読む≫ 2016/10/08 21:05:08

最終回を迎え、全72巻分ものボリュームとなった忍者バトル漫画が「NARUTO ナルト」です。

 

 

長い間うちはマダラを名乗り、仮面で顔を隠して仮の黒幕として動いていたのが、うちはオビトでした。

 

登場していた期間が本物のマダラよりも長いため、むしろ印象が強かったのは彼のほうかも知れません。

 

 

長い間従ってきたマダラ本人からは見捨てられるものの、その後復活した大筒木カグヤとの戦いに貢献しました。

 

彼は一体、どんな最後を遂げたのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/07 19:22:07

「怪物王女」は、光永康則さんが「月刊少年シリウス」創刊時(1991年)から1995年まで連載していた看板漫画のひとつでした。

 

 

アニメ化もされ、2007年に放送。

 

アニメ版が終了した後にも原作の漫画は継続していたので、結末を知らない人もいるかも知れません。

 

 

最終回のあらすじ内容は、どのような展開がされているのでしょうか?

 

ここから下に最終回の内容を載せておりますので、知りたくなった方は御覧ください。

続きを読む≫ 2016/10/07 15:17:07

「空が灰色だから」は、阿部共実さんが「週刊少年チャンピオン」で2011年から2013年まで連載していた漫画です。

 

毎回主人公やストーリーが違うオムニバス方式を、最後まで通していました。

 

 

表紙だけを見るとカワイイ画風なのですが、実際はバッドエンド・鬱展開をする話もあり、ホラー的なビジュアルもありますので…

 

どんな展開になるのか、ワクワクしながら読みたい人におすすめです。

 

逆にそれが苦手な場合は、それなりに注意が必要な作品です。

 

 

最終回の話はどんな内容で、どんな結末を迎えたのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/06 07:40:06

 

「ゴリラーマン」は、「週刊ヤングマガジン」に1988年より連載されていた青年漫画です。

 

「ストッパー毒島」や「BECK」で知られているハロルド作石さんの作品です。

 

 

不良高校生の日常の中で外見や性格が極めて特徴的なゴリラーマンが巻き起こす、または巻き込まれる騒動が淡々とギャグ要素いっぱいに描かれています。

 

シュールな笑いを誘い、含み笑い必至です。

 

 

全部で単行分19巻分の話でしたが、どんな結末を迎えていたのでしょうか?

 

この記事では、最終回のあらすじをネタバレしています。

続きを読む≫ 2016/10/05 09:40:05

1990年から1991年にかけて放送されていたNHKのアニメが、「ふしぎの海のナディア」です。

 

 

庵野秀明さんが総監督をつとめたり、キャラクターデザインを貞本義行さんが担当。

 

NHKのアニメといえば子供向けといったイメージが強い中、異質の作品と言えます。

 

 

全39話のアニメだったのですが、どんな結末を迎えていたのでしょうか?

 

以下には、最終回のあらすじがネタバレされております。

続きを読む≫ 2016/10/04 22:22:04

 

1977年にフジテレビ系列で放送されていたアニメが、「あらいぐまラスカル」です。

 

原作は「はるかなるわがラスカル」というタイトルの児童小説です。

 

 

主人公・スターリングノースとあらいぐまのラスカルとの心の交流を描いた、実話を基にした内容でした。

 

 

全部で52話のアニメですが、結末はどうなったのでしょうか?

 

 

名前が知られている有名な作品なのですが、リアルタイムで観ていた世代以外は内容までは知らないと思われますので…

 

こちらの記事において、最終回のあらすじをネタバレしてみました。

続きを読む≫ 2016/10/04 07:01:04

 

漫画をスマートフォンやタブレットで読むことができる電子書籍サイトといえば、テレビCMでもお馴染みの「めちゃコミック」です。

 

 

ワンちゃんが出演している明るいテレビCMから一転。

 

ネットで見かける広告の中には、人によっては不快に感じるものも含まれているせいか…

 

 

危険なサイトなのでは?と思う方もおられるようなのですが、実は普通の電子書籍サイトだったりします。

 

人の目を引くためか、刺激の強い作品を前面に出している感は否めませんが。

 

 

実際に「めちゃコミック」で漫画を読んでいる方に、感想を聞いてみることにしましょう。

 

会員登録を考えている場合は、以下に記載されております口コミや評判を参考にしてみてはどうでしょうか。

続きを読む≫ 2016/10/03 22:14:03

「ナイツ&マジック(ナイツアンドマジック)」は、天酒之瓢さんが人気小説サイト「小説家になろう」で連載し、文庫化されたライトノベルです。

 

漫画化された後に、アニメ化の情報も明かされました。

 

 

主要キャラクターの声をつとめる声優名や放送日といったみんなが知りたい情報は、今のところ発覚していませんが…

 

これらの情報が発表されたときには、当記事にも追記するつもりです。

 

 

メカオタクである主人公・倉田翼が命を失い、転生後に着いた異世界で「幻晶騎士」なるロボットを操り活躍するのですが…

 

どのようなストーリーが展開されている作品なのでしょうか?

 

 

ここから下には、原作となった小説のあらすじが載せられております。

 

ネタバレの可能性がありますので、注意して読んで下さい。

 

 

そして、このライトノベルを読んだという人に感想を聞きました。

続きを読む≫ 2016/10/03 20:27:03

スマートフォンやタブレットを利用して漫画・小説・写真集を読むことができる電子書籍サイトが、「まんがこっち」です。

 

電子書籍サイトといえば試し読みができるのですが、中でもここでは読めるページが多いことが特徴となっています。

 

 

「まんがこっち」を実際に利用している人に、感想を尋ねてみました。

 

会員登録をしようか迷っている方には、当記事に掲載されている評価や口コミを参考にしてみることをおすすめします。

続きを読む≫ 2016/10/03 12:51:03

 

雑誌「月刊アフタヌーン」において1988年から2014年まで藤島康介さんが連載していた長寿漫画が、「ああっ女神さまっ」です。

 

 

恋愛漫画としては全部で単行本48巻分と、かなり長い漫画だったのですが…

 

最終回はどういう内容だったのでしょう?

 

 

当記事では、あらすじの内容をネタバレしておりますので…

 

長くて途中でリタイアしてしまった方がおりましたら、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/10/03 08:43:03

 

2016年4月からスタートしたアニメ「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」は約半年間続き、同年9月に終了しました。

 

 

しかしこの作品は小説投稿サイトやライトノベルが原作となっており、その原作は今も続行中です。

 

 

まだ完結していない作品ということで、テレビアニメの2期制作が期待されているのです。

 

果たして、その可能性はあるのでしょうか?

 

 

そして仮に「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」の2期が制作されるとすれば、放送日はいつになる予定なのでしょう?

続きを読む≫ 2016/10/02 22:40:02

雑誌「週刊少年ジャンプ」において1972年から1976年まで原作:遠崎史朗さん、作画:中島徳博さんが連載していた漫画が、「アストロ球団」です。

 

 

人気スポーツである野球を題材にした漫画で、選手が必さつ技を繰り出すなど、他のスポーツ漫画とも共通する部分もあるのですが…

 

あまりにも激しい試合の中で命を落とす者がいたり、試合自体がやたら長いなど、一線を画する要素が注目を集めました。

 

 

全部で単行本20巻分の漫画なのですが、最終回は一体どのような内容だったのでしょうか?

 

こちらの記事では、あらすじの内容をネタバレしています。

続きを読む≫ 2016/10/02 07:52:02

「バンダイチャンネル」はアニメに特化されている動画配信サイトなだけあって、とにかく配信されている作品の数が多いです。

 

他のサイトの場合は超有名作品や子供向け作品を中心に配信されていることが多く、コアなアニメ好きを満足させるには十分ではないのが正直な所。

 

 

一方「バンダイチャンネル」では深夜アニメやOVAといったマニアックなものも、新しいものも懐かしいものも多数揃えています。

 

 

無料で丸々1話観ることができる動画も多数あります。

 

さらに月額料金を支払うことで観られるアニメの作品数が大幅に増え、しかも全話見放題になるなど…

 

とにかくアニメが好きな方にとっては夢のサービスと言えるのでしょう。

 

 

このサイトで実際にアニメを観ている方に、感想をお聞きしました。

 

特に有料会員になるかどうか迷っている場合は、当記事に載せられている評価や口コミに目を通してみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/01 17:13:01

90年代を代表するライトノベル人気作「スレイヤーズ」には、主人公・リナインバースの前に現れる個性的なキャラクターがいます。

 

1部の中盤から加わるのが、「獣神官ゼロス」です。

 

 

冥王フィブリゾを倒してからの展開はアニメ版と原作小説では大きく異なり…

 

アニメでは登場する機会が多かった一方で、原作ではほとんど名前が出ることがなくなったのが大きな違いでした。

 

 

ガウリイ・アメリア・ゼルガディスとは違い、一定の距離を置き謎めいた言動が気になるゼロスでしたが…

 

彼は一体、何者だったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/01 16:26:01

ネットの広告などで目にする機会が多い、「まんが王国」というサイト名。

 

つい目についてしまう広告を不快に感じる方もおられるようですが、実際はごくごく普通の電子書籍サイトです。

 

 

こちらのサイトではスマホやタブレットを使って漫画を読むことができるのですが、最も大きな特徴としては「じっくり試し読み」がある点でしょう。

 

 

実際に「まんが王国」で漫画を読んでいるという人に、感想を聞いてみることにしました。

 

他サービスと比べて迷っている場合は、この記事に載っている評価や口コミを読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/10/01 10:21:01

「つぐもも」は、浜田よしかづさんが2007年から雑誌「月刊アクション」で連載中の漫画です。

 

 

アニメ化が決まり、2017年に放送されることが明かされています。

 

正確な放送日や各キャラクターを担当する声優の名前はわかっていませんが…

 

今後発表されましたら、この記事にも情報を追加するつもりです。

 

 

お色気要素が加わったバトルアクションものとのことですが…

 

どういったストーリーが繰り広げられる作品なのでしょうか?

 

 

この下には漫画のあらすじが記載されておりますので、ネタバレに気をつけて読んで下さい。

 

さらに、この漫画を読んだことがあるという人に、読んだ感想を尋ねてみました。

続きを読む≫ 2016/09/30 20:51:30

 

有名な電子書籍サイトと言えば「コミックシーモア」の名前を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

 

 

このサイトでは、以下3つの方法でスマホを使い漫画や小説を読むことができます。

 

 

・1作品ごとに買い切ることで、その後購入した作品は無期限で読むことができる。

 

・作品を2泊3日・最大72時間限定でレンタルすることで、買い切るよりもかなり安く読むことができる。

 

・月額料金を支払うことで、多くの作品を読み放題が可能。

 

 

実際に当サービスを使っている人に、感想を聞いてみることにしましょう。

 

入会しようかどうか悩んでいる方は、以下に記載されている評価や口コミを参考にしてみてはどうでしょうか。

続きを読む≫ 2016/09/30 11:27:30

「ちるらん 新撰組鎮魂歌」は、雑誌「月刊コミックゼノン」で連載している原作:梅村真也さん、作画:橋本エイジさんの漫画です。

 

2017年1月より、アニメが放送されることになりました。

 

 

新撰組をテーマにした作品が多い中、この漫画はかなり異色です。

 

本来刀を使う場面で拳を使うなど、バトルをメインとして描かれているのが特徴です。

 

 

そんな今作は、どのようなストーリーが展開されるのでしょうか?

 

 

今のところ、各キャラクターの声を演じる声優の名前や放送日は発表されておりませんが…

 

後日それらがわかりましたら、それらの重要な情報を当記事にも追加することになっています。

 

 

ここには漫画のあらすじが載っていますから、ネタバレには注意して読んで下さい。

 

また、この作品を読んだ人に感想を聞いてみました。

続きを読む≫ 2016/09/26 12:41:26

 

雑誌「週刊少年ジャンプ」において1993年から1995年まで桐山光侍さんが連載されていた漫画が、「忍空」です。

 

 

テレビアニメ化もされ1995年からスタートしたのですが、原作とは全く内容の違う完全オリジナルストーリーでした。

 

 

原作漫画は大ゴマが多いうえにセリフも少なく、やたら長い戦闘シーンのみで構成されているため…

 

どう考えてもアニメシリーズにさせるだけのボリュームがなかったのです。

 

 

アニメ版は全部で55話だったのですが、最終回は「風助、映画スターになる?!」という明らかにコメディ色の強い内容。

 

一体、どういうストーリーだったのでしょう?

 

 

この記事では、あらすじがネタバレされています。

続きを読む≫ 2016/09/25 11:00:25

 

1998年に放送されていた人気SFアニメが、「カウボーイビバップ」です。

 

地上波のテレビ東京系列では13話という不完全な形で放送されていましたが、同年WOWOWにて全26話が放送されました。

 

 

主人公・スパイクスピーゲルの声を、山寺宏一さんが担当していました。

 

ジェットブラックの声は石塚運昇さんが、フェイヴァレンタインの声は林原めぐみさんが演じていました。

 

 

地上波では放送されなかった最終回のタイトルは、「ザ・リアル・フォークブルース(後編)」でした。

 

当記事ではあらすじをネタバレしていますので、内容が気になった人は読んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2016/09/24 18:09:24

雑誌「週刊少年サンデー」で1999年から2003年まで連載されていた西森博之さんの漫画が、「天使な小生意気」です。

 

 

こちらの作品はテレビアニメ化もされ、2002年から2003年まで放送。

 

主人公・天使恵の声を林原めぐみさんが、幼馴染・花華院美木の声を大本眞基子さんが演じていました。

 

 

単行本20巻分続いていた漫画ですが、最終回はどのような内容だったのでしょうか?

 

ここではあらすじがネタバレされていますので、気になった場合はお読みください。

続きを読む≫ 2016/09/24 13:31:24

 

吉河美希さんが雑誌「週刊少年マガジン」で2006年から2011年まで連載していた漫画が、「ヤンキー君とメガネちゃん」です。

 

現役ヤンキーである主人公・品川大地と、ヤンキーだった過去を隠しながら生活しているヒロイン・足立花をメインとした青春漫画です。

 

 

この作品はテレビドラマ化もされ、2010年に放送。

 

ふたりのメインキャストを、それぞれ成宮寛貴さんと仲里依紗さんが出演していました。

 

 

この漫画は、最終回に意外な結末を迎えたことで注目されたのですが…

 

それは一体どんな内容なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/24 07:47:24

1988年に公開されたアニメ映画「AKIRA」は、雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載されていた漫画が原作となっています。

 

映画の監督をつとめたのも漫画原作を執筆したのも、大友克洋さんでした。

 

 

映画が公開された当時は原作漫画が完結していない状態でしたので、劇場版独自の違った結末が用意されることになりました。

 

一体どんな展開がされたのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/22 20:40:22

2002年から2007年まで橋口たかしさんが雑誌「週刊少年サンデー」で連載していた漫画が、「焼きたて!!ジャぱん」です。

 

 

従来の料理漫画のような、パンを作って美味しさを競うバトルを中心とした漫画でした。

 

 

最初は、パンタジア南東京支店の経営を妨害する勢力との戦いだったのですが…

 

どうやら終盤はこのような設定から大きく外れているのだとか。

 

 

しかも最終回の結末は、仲間の河内がゲームキャラ・ダルシムとなっているとか…

 

一体どういうことなのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/22 18:03:22

 

2008年から2013年まで山田恵庸さんが雑誌「週刊少年マガジン」で連載していた漫画が、「エデンの檻」です。

 

 

飛行機の墜落により、絶滅生物が生息する島へと墜落。

 

サバイバルを強いられながら島の謎に迫るストーリーでしたが、結末は一体どうなったのでしょうか?

 

ネットでは、打ち切りといった意見も見かけたのですが…

 

 

こちらの記事ではそんな「エデンの檻」最終回の内容を載せていますので、気になった方はご覧になってみてください。

続きを読む≫ 2016/09/21 20:53:21

 

雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で1999年から2001年まで高橋しんさんが連載していた漫画が、「最終兵器彼女(サイカノ)」です。

 

 

アニメ化や実写映画化といったメディアミックス展開も複数されていた作品でした。

 

主人公とヒロインがラブコメを繰り広げる一方で、ヒロインが兵器に変形し日本の侵略を狙う正体不明の敵と戦う…という、独特の世界観が注目を集めました。

 

 

さかんにメディアミックス化された作品は、その盛り上がり方に対して実は結末を知らない人が多かったりします。

 

興味が持続しないことが原因で、最終回まで欠かさず読む人は意外と多くないのですが…

 

 

この記事では、そんな「最終兵器彼女(サイカノ)」最終回の内容を読むことができます。

続きを読む≫ 2016/09/21 09:45:21

 

雑誌「CUTiEcomic」「ヤングユー」「コーラス」で2000年から2006年まで羽海野チカが連載されていた漫画が、「ハチミツとクローバー」です。

 

 

「このマンガがすごい!」オンナ編2006年・2007年版で1位を受賞した作品で、メディアミックス展開がさかんにされていました。

 

 

アニメ化され、2005年と2006年に放送。

 

実写映画化・実写ドラマ化もされ、それぞれ2006年に公開・2008年に放送されていました。

 

 

それらの原作となった漫画は10巻で終わりましたが、一体どういった形で結末を迎えたのでしょうか?

 

当記事では、最終回のあらすじ内容をご紹介しています。

続きを読む≫ 2016/09/20 16:30:20

 

雑誌「マーガレット」で1992年から2004年まで連載が続いていた神尾葉子さんの漫画が、「花より男子」です。

 

 

1996年にアニメ化された他にも、2005年にはドラマ化もされ大ヒット。

 

主人公・牧野つくしの役を井上真央さんが、道明寺司の役を松本潤さんが、花沢類の役を小栗旬さんがつとめていました。

 

 

続編が2007年に放送され、さらに完結編にあたる映画「花より男子F」が公開されました。

 

 

この漫画は36巻で一旦終了しましたが、その後間を開けて37巻が発売されています。

 

本当の最終回とも言えるこの巻の内容は、一体どういったものなのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/20 15:54:20

 

雑誌「週刊少年マガジン」で2005年から2012年まで続いていた久米田康治さんの漫画が、「さよなら絶望先生」です。

 

1話完結型の時事ネタを主に取り扱ったギャグアニメとしては、30巻と長い間連載されていた作品でした。

 

 

アニメは漫画原作の内容を網羅することなく先に終了してしまいましたので…

 

実は漫画の最終回を知らない、という人もいると思われます。

 

 

こちらの記事では、最終回を含めた最後の巻・30巻の内容を紹介しています。

続きを読む≫ 2016/09/20 12:08:20

雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で1980年から1987年まで連載されていた高橋留美子さんの漫画が、「めぞん一刻」です。

 

 

この作品はアニメ化もされ、音無響子の声を島本須美さんが担当し、五代裕作の声を二又一成さんが担当していました。

 

実写映画化や実写ドラマ化もされており、それぞれ1986年に公開・2007年と2008年に放送がされています。

 

 

実はこの漫画結末がどうなったのか知らない方や、最終回を思い出したくなった方に向けて…

 

当記事ではその内容をご紹介していますので、参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/09/20 08:49:20

 

雑誌「ヤングマガジン増刊海賊版」や「週刊ヤングマガジン」で1987年から2002年まで連載していた漫画が、高田裕三さんの「サザンアイズ(3×3EYES)」です。

 

 

メディアミックス展開が多くされた作品であり、アニメ・ゲーム・ドラマCDなどが世に出ています。

 

共通してパイ(パールバティー四世)の声を林原めぐみさんが、藤井八雲の声を辻谷耕史さんが担当していました。

 

 

全部で単行本が40巻出ていますが、休載も多く途中で読むのをやめてしまった読者もいるかも知れませんので…

 

 

この記事では、この漫画がどういった結末を迎えていたのかを説明しています。、

 

最終回の内容がどうなっているのか気になってしまった方は読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/09/19 14:26:19

「亜人ちゃんは語りたい」は、ペトスさんが雑誌「ヤングマガジンサード」で連載している漫画です。

 

アニメ化も決まり、2017年1月から放送される予定となっています。

 

 

異世界ではなく日常の場にバンパイア・デュラハン・雪女・サキュバスといった「亜人」が生活している、という設定の作品なのですが…

 

一体どういったストーリーが繰り広げられるのでしょう?

 

 

各キャラクターの声を担当する声優や放送日といった大事な情報は、現時点では発覚しておりません。

 

今後それらが明かされることがありましたら、この記事にも情報を追加する予定です。

 

 

当記事には漫画のあらすじと感想が書かれていますので、ネタバレには気をつけて読んで下さい。

続きを読む≫ 2016/09/17 16:59:17

 

漫画「魔法陣グルグル」は、衛藤ヒロユキさんが雑誌「月刊少年ガンガン」で連載していた作品です。

 

 

ジャンルはロールプレイングゲームをパロディとしたギャグ漫画で、プレイヤー視点で物語が進みます。

 

そこに作者特有のギャグや個性的なキャラクターが入り混じり、独特の世界観が生み出されています。

 

 

アニメ化もされており、1994年から1995年まではテレビ朝日で、2000年には続編がテレビ東京で放送されていました。

 

 

原作漫画の最終回は、どんな内容だったのでしょうか?

 

ここでは、「魔法陣グルグル」最終回のあらすじをご紹介します。

続きを読む≫ 2016/09/17 12:33:17

「六三四の剣」は村上もとかさんが、小学館の週間少年サンデーで1981年〜1985年にかけて連載していた少年漫画です。

 

コミックスでは全24巻、ワイド版では全11巻になっています。

 

舞台は岩手県を中心に主人公・夏木六三四の幼少時代から青年期に至るまで、剣道を通してライバル達との友情を熱く描いています。

 

物語の中ではライバル達の出身地の方言が使われ、六三四自信も岩手の方言を使うなど、彼のおおらかな性格がよく表現されています。

 

六三四は、「岩手の虎」とも評される全日本チャンピオン夏木栄一郎と、「東北の鬼ユリ」と呼ばれる全日本女子チャンピオンの佳代の間に産まれます。

 

両親や周囲の人々から多くの愛情と剣道のセンスを受け継ぎ、すくすくと成長していきます。

 

六三四が小学一年生の時に父親の栄一郎は全日本選手権に出場、大会二連覇を達成します。

 

しかし試合中に首に受けた「突き」で重傷を負い、そのままなくなってしまいます。

 

その時の対戦相手は東堂国彦、六三四の永遠のライバルとなる東堂修羅の父親でした。

 

六三四は東堂への恨みを抱きますが、修羅と互いに切磋琢磨し、剣道への情熱によって成長していきます。

 

修羅との対決は、最終巻での全日本選手権優勝でひとまず終わります。

 

日本一の強さを手に入れるために、魅力あるライバル達もそれぞれに悩みながら竹刀を振り続け、剣の道を究めようとします。

 

六三四の剣道への情熱は、もはや執念といえるでしょう。

 

とはいえ、常に「強くなるため」に努力し前に進もうとする彼の力強さは、心を打ちます。

 

カワイイ少年時代、がむしゃらに剣をふり続ける日々、母親への反抗期、異性への興味など…

 

六三四が誕生してから身体と共に心も成長していく様子は、近所の子が大きくなっていくのを見るようです。

 

ちょっと真似してみたい修行から、今では考えられないような苛烈な修行まで。

 

異星人でもサイボーグでも何かの実を食べたわけでもない、ただの生身の人間である六三四が懸命にもがく様は、剣道を知らなくても楽しめる内容です。

 

といっても、生半可な青春漫画ではありません。

 

試合シーンや回想シーンなど、村上もとかさんの観察眼が存分に発揮された迫力あるアクションになっています。

 

防具などの細部も見事に表現され、読み終わる頃には思わず竹刀を振りたくなること間違いなしです。

 

剣道の動きや足さばきも解説されているので、剣道を始めたばかりの方やお子様には簡単な入門書としてもおすすめです。

 

まずは心が燃えてきますよ。

続きを読む≫ 2016/09/17 08:26:17

1991年から1999年まで雑誌「週刊少年サンデー」で連載された漫画が、椎名高志さんの「GS美神 極楽大作戦!!」です。

 

 

この作品はテレビアニメ化もされ、主人公・美神令子の声を鶴ひろみさんが担当。

 

横島忠夫の声を堀川りょうさんが、おキヌの声を國府田マリ子さんが演じていました。

 

 

単行本が全39巻刊行されるほどの長いストーリーの中、ギャグ色の強い作風から少年漫画的なバトル色の強い漫画へと変貌していました。

 

 

そういった流れを覆すような内容の最終回を読んだ当時の読者が、呆気にとられたようなのですが…

 

一体、どんな結末だったのでしょうか?

 

 

この記事でご紹介していますので、気になる方は読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/09/14 00:18:14

 

松本零士さんが1977年から1981年に雑誌「少年キング」で連載していた人気漫画が、「銀河鉄道999」です。

 

この作品を原作としたアニメが、フジテレビ系列の放送局で1978年から1981年まで流れていました。

 

 

この作品を象徴するキャラクターとして思い浮かぶのは、主人公である星野鉄郎ではなくヒロインのメーテル…という人は多いと思われます。

 

 

謎めいた雰囲気を醸し出している彼女ですが、実際に彼女の設定に関しては謎が多いです。

 

 

メーテルとは、一体何者なのでしょうか?

 

彼女の正体は、何なのでしょう?

続きを読む≫ 2016/09/13 17:22:13

 

1985年から1991年まで雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載していた作品が、北条司さんの漫画「シティーハンター」です。

 

単行本は全部で35巻出ており、比較的長めな作品といえるでしょう。

 

 

長い作品となると、最終回がどんな内容だったのかいまいち思い出せない人もいると思われます。

 

 

また、この作品の続編と思われている「エンジェルハート」では槇村香(まきむらかおり)がこの世にいないことから…

 

「最終回に死因が説明されているのでは?」と思った人もいるようです。

 

 

この記事では、それらの疑問に対する説明やあらすじをご紹介しています。

続きを読む≫ 2016/09/13 11:39:13

1994年から2008年まで雑誌「ビッグコミックスペリオール」で連載された作品が、小山ゆうさんの漫画「あずみ」です。

 

 

実写映画化もされ、2003年と2005年に公開。

 

主人公・あずみの役を、上戸彩さんが担当していました。

 

他にも、成宮寛貴さん・小栗旬さん・瑛太さん・オダギリジョーさんなどが出演しています。

 

 

単行本48巻分の長い物語ということで、最終回まで読めなかったという人もいるでしょう。

 

久しぶりにこの漫画のことを思い出して結末を知りたくなった…という方に、その内容をお教えしましょう。

続きを読む≫ 2016/09/12 17:06:12

 

1999年から2006年まで雑誌「週刊少年マガジン」で連載されていた作品が、上条明峰さんの漫画「SAMURAI DEEPER KYO」です。

 

 

テレビアニメ化もされ、主人公・鬼眼の狂と壬生京四郎の声を、小西克幸さんが担当していました。

 

 

単行本が全部で38巻発刊されるほど長く続いていたことから、途中で読むのを挫折してしまった人もいるかも知れません。

 

結末がどういった内容だったのかが気になってしまった方は、当記事をお読みください。

続きを読む≫ 2016/09/12 15:07:12

 

2003年から2011年まで雑誌「週刊少年サンデー」で連載されていたのが、田辺イエロウさんの漫画「結界師」です。

 

 

アニメ化もされ、日テレ系列の全国の放送局で放送されています。

 

主人公・墨村良守の声を吉野裕行さんが、ヒロイン・雪村時音さんの声を斉藤梨絵さんが担当していました。

 

 

初期はゴールデンタイムの時間帯(夜19時)に放送されていましたが、途中から深夜帯へと移動。

 

アニメ版が終了した後も漫画原作の連載は続いていましたが、そちらの結末を知らない人もいるかも知れませんね。

 

 

最終回の内容は、一体どういった内容だったのでしょう?

続きを読む≫ 2016/09/12 10:58:12

 

1990年から2004年まで雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載されていたのが、原作:木内一雅さん・作画:渡辺潤さんのSFヤクザ漫画「代紋TAKE2(エンブレムテイク2)」です。

 

 

実写のスペシャルドラマが数回に分けて放送されたこともあり、主人公・阿久津丈二を的場浩司さんが演じていました。

 

江原真悟の役は、杉本哲太さんが担当。

 

 

全62巻という大ボリュームの物語を締めくくるにはあんまりな最終回のオチが、当時ファンの間で話題となりましたが…

 

一体どんな内容だったのでしょうか?

 

 

連載期間がかなり長かったことで、途中で読むのをやめてしまった人もいるかもしれませんので…

 

結末が気になった方は、この記事を読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/09/12 08:59:12

 

1982年から1987年まで雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されていたのが、新沢基栄さんの漫画「ハイスクール!奇面組」です。

 

 

前作「3年奇面組」の舞台を高校に移して展開されていた、全20巻分のストーリーでしたが…

 

この漫画の結末が夢オチではないか?という考察や議論がされています。

 

 

当時読んでいたとしても、ギャグ漫画の最終回の内容に関してはあまり気にしていなかった人もいるかも知れません。

 

今になってこの作品を思い出し、ちょっと気になってしまったという人は、この記事を読んでみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/11 14:34:11

 

1992年から2001年まで雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で連載されていたのが、江川達也さんの漫画「東京大学物語」です。

 

 

この作品はテレビドラマ化され、1994年に放送されています。

 

主人公・村上直樹の役をSMAP稲垣吾郎さんが、水野遥の役を瀬戸朝香さんが演じていたことで話題を集めました。

 

 

2006年には映画化もされ、監督を作者である江川達也さん自身がつとめています。

 

 

全部で単行本34巻分という長編漫画でしたが、結末がどうなったのか知っているでしょうか?

 

 

高校時代のエピソードまでは読んでいたけど、大学時代の話は読んでいなかったという方もおられると思いますので…

 

この記事において、最終回の内容をご紹介させていただきました。

続きを読む≫ 2016/09/11 13:50:11

1987年から1993年まで雑誌「花とゆめ」で連載されていた作品が、佐々木倫子さんの漫画「動物のお医者さん」です。

 

 

この作品はテレビドラマ化され、2003年に放送。

 

主人公・西根公輝の役を吉沢悠さんが、二階堂昭夫の役を要潤さんが担当していました。

 

 

全部で12巻分の物語ですが、結末がどうなっていたのかご存知でしょうか?

 

 

当時読んでいたけど忘れてしまっている方や、実は最後まで読まなかった、という方に向けて…

 

こちらの記事では、最終回の内容をご紹介しています。

続きを読む≫ 2016/09/10 15:39:10

 

1990年から2000年まで雑誌「週刊少年マガジン」で連載していたのが、加瀬あつしさんの漫画「カメレオン」です。

 

 

実写映画やビデオアニメとしても、作品が発表されています。

 

主人公・矢沢栄作の役を、お笑い芸人である山崎邦正さんが担当していました。

 

 

単行本が全部で47巻も刊行されていたことから、かなりの長編であることは明白なのですが…

 

最後まで欠かさず読んでいなかった人もいるのではないでしょうか?

 

 

特に、どんな結末を迎えたのかが気になっているものと思われますので…

 

ここの記事において、最終回の内容をご紹介しましょう。

 

 

この作品を久しぶりに思い出した方は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/09/10 12:45:10

 

2002年から2012年まで雑誌「週刊少年マガジン」で連載していた漫画が、大暮維人さんの「エア・ギア」です。

 

 

2006年には、アニメ化されています。

 

主人公・イッキ役を鎌苅健太さんが担当し、カズの声をKENNさんが演じていました。

 

 

連載が9年超続き単行本が全部で37巻刊行された長編なので、中には途中で読むのをやめてしまった人もいるかも知れませんが…

 

漫画「エア・ギア」の結末は、どういった内容だったのでしょう?

 

 

当記事では、最終回の内容を読むことができます。

 

ぜひ参考にしてください。

続きを読む≫ 2016/09/08 15:47:08

 

1988年から2013年まで雑誌「週刊漫画サンデー」で24年もの間連載されていた漫画が、新田たつおさんの「静かなるドン」です。

 

 

アニメ化・ドラマ化・映画化されるなど、様々な媒体で作品が発表されていました。

 

実写テレビドラマ版には、中山秀征さん・石田ゆり子さん・野際陽子さん・鹿賀丈史さんなどが出演。

 

 

漫画「静かなるドン」の結末は、どんな内容だったのでしょうか?

 

この記事には、最終回の内容がネタバレされております。

続きを読む≫ 2016/09/08 13:22:08

 

2001年から2010年まで雑誌「週刊コミックバンチ」で連載されていた漫画が、原哲夫さんが執筆した作品「蒼天の拳」です。

 

人気漫画「北斗の拳」の過去が描かれており、核戦争前が起こる前の世界(1935年ごろの上海)で物語は繰り広げられます。

 

 

単行本にして22巻分続いていた「蒼天の拳」ですが、結末はどういった内容だったのでしょう?

 

 

実はこの漫画、掲載雑誌が休刊したのと同時に連載を終えています。

 

 

この記事では…

 

そんな事情からやや打ち切り気味に迎えてしまった印象を受ける最終回の内容を、ネタバレしてみることにしました。

続きを読む≫ 2016/09/06 16:34:06

監督と脚本を新海誠さんが担当したアニメ映画「秒速5センチメートル」は、2007年に上映されていた作品です。

 

 

主人公・遠野貴樹の声を遠野貴樹さんが担当し、ヒロイン・篠原明里の声を近藤好美さんと尾上綾華さんが演じていました。

 

 

この作品には原作があり、それは映画監督である新海誠さんが書いた小説なのです。

 

どのような内容のストーリーとなのでしょうか?

 

 

以下の部分には、原作小説「秒速5センチメートル」のあらすじが明記されています。

 

また、この小説を読んだと言っている人の読書感想文も掲載されています。

 

 

これからこの作品を楽しむ予定がある人にとっては、ネタバレに繋がりかねません。

 

くれぐれも、気をつけて読んでください。

続きを読む≫ 2016/09/06 07:41:06

ガンダムシリーズで今なお人気が高いのが、ファーストガンダムから逆襲のシャアまでのストーリーです。

 

この間に登場する人物で、敵役として魅力的な輝きを放っているのが「ハマーン・カーン」です。

 

 

「ハマーン様」という愛称が生まれるほど、ガンダムシリーズ全体においても知名度の高いキャラクターなのですが…

 

彼女自身は、「機動戦士ガンダムZZ」において命を落としています。

 

 

どんな形で最期を迎えてしまったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/05 22:13:05

スマホやパソコンを使ってマンガを無料で読み放題できるようなサイトって、ネットにあるのでしょうか?

 

会員になるのも面倒ですし個人情報を入力するのもちょっと怖いので、登録なしですぐに読めるようなところがいいですよね。

 

 

ただ…

 

市販されている漫画が無断でアップロードされているような怪しいサイトに入るのは、できるだけ避けるのが賢いです。

 

ウイルスなど安全性に不安がありますし、何となく後ろめたい気持ちも抱いてしまいます。

 

 

ということで…

 

この記事では、「無断アップロードではない、公式の漫画」を「無料で」「登録なしで」「読み放題」できてしまうサイトをご紹介します。

続きを読む≫ 2016/09/05 18:41:05

「機動戦士ガンダムUC」に登場する最も謎の人物といえば、「赤い彗星の再来」と呼ばれている仮面をつけた「フル・フロンタル」という男でしょう。

 

 

彼は、顔・声・口調までもがあのファーストガンダムなどで存在感を放っていた象徴的なキャラ「シャア・アズナブル」に似ているのです。

 

 

そのことからガンダムファンの間では、彼の正体に関して様々な考察が生まれていました。

 

彼は一体何者だったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/05 15:37:05

 

1983年から1988年まで雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画が、武論尊さん・原哲夫さん著「北斗の拳」です。

 

数々の名シーンや名台詞・キャラクターが人気を呼び、今もなお代表的なバトル漫画のひとつとして数えられています。

 

 

物語は、単行本27巻分。

 

今の基準で考えれば、意外と巻数が少ない印象があります。

 

 

その後の「北斗の拳」の結末は、一体どういった内容なのでしょうか?

 

 

実は最終回まで漫画をきっちり読んでいなかったという方や、忘れてしまった人に向けて…

 

この作品の最終回のあらすじを、ネタバレすることにしました。

続きを読む≫ 2016/09/05 15:00:05

 

1995年から2013年まで雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載されていたのが、しげの秀一さんの漫画「頭文字D」です。

 

全部で48巻の単行本が刊行されていることから、長期連載漫画のひとつとして数えられるでしょう。

 

 

アニメ化もされ、テレビアニメシリーズが放送。劇場版アニメが公開されていました。

 

また、実写映画も公開されています。

 

 

あまりにも長い間連載されている作品ですと、最終回まで読みきることができなかった人の出てくるのが常です。

 

 

ですから、結末のあらすじ内容がどうだったのか?

 

未だに知らない人もいると思われます。

 

 

せめてラストの内容だけでも知りたい!という人に向けて、この漫画の最終回をネタバレしてみることにしましょう。

続きを読む≫ 2016/09/05 13:18:05

アニメ「魔法科高校の劣等生」は、佐島勤さんが執筆した電撃文庫のライトノベルを原作とした作品です。

 

2014年にアニメ化が決定し、全部で26話放送されていました。

 

 

映画化も発表され公開日が待たれている、現在の状況。

 

この作品は今も原作の物語が継続しており、今後アニメ2期がスタートすることがファンに期待されています。

 

 

スタートする可能性はあるのでしょうか?

 

もしされるとすれば、2期の放送日はいつになる予定なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/05 12:23:05

1985年から1991年まで雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画が、宮下あきらさんが執筆した「魁!!男塾」です。

 

全部で34巻の単行本が刊行されていました。

 

 

この作品はアニメ化もされていましたが、長く続いた漫画原作とは対照的に、短い間しか放送されませんでした。

 

 

「魁!!男塾」の中期は独特の決闘方法によるバトルが人気を博しましたが、「七牙冥界闘(バトルオブセブンタスクス)」のエピソードが急に打ち切り的な展開になり唐突に終了。

 

 

終盤はむしろ初期のような原点に帰り、ギャグ寄りの展開となっていました。

 

 

長く続いている作品の場合はそれだけ脱落者も多く、最終回がどんな内容だったのかを全く知らない人もいるでしょう。

 

 

どんな内容なのかを知らない人に向け、この漫画の最終回のあらすじをネタバレしてみました。

続きを読む≫ 2016/09/04 22:18:04

 

漫画「ろくでなしブルース」には、「東京四天王」と呼ばれる強いキャラクターが登場しています。

 

主人公・帝拳高校の前田太尊の他には、渋谷楽翠学園の鬼塚・浅草笹崎高校の薬師寺・池袋正道館高校の葛西がいます。

 

 

漫画を読んでいて気になるのが、「ろくでなしブルースの東京四天王のうち、最強は誰か?」といった疑問です。

 

 

前田太尊は鬼塚や薬師寺をも圧倒した葛西に一度敗れますが、その後リベンジを果たしていることから…

 

勝率としては、それぞれ1勝1敗。

 

その後ふたりは和解し連載も終了したため、実際にどちらが本当に強いのかはっきりしないままです。

 

 

読者の中では、「後に勝ったのだから、前田太尊が最強」と考える人と「戦いの内容を見れば、やはり葛西が最強」と考える人に大きく分かれるものと思われます。

 

一体、最強なのは誰なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/04 20:04:04

 

人気作品「新世紀エヴァンゲリオン」はテレビ東京系列で全26話放送されていたテレビアニメです。

 

その後劇場版も公開され、シリーズは終了。

 

さらにその10年後、リメイク版として「新劇場版」シリーズが続々と公開されています。

 

 

実はこの作品、月刊少年エースで連載されていた全96話の漫画版があり、アニメ最終回の内容とは違っているのですが…

 

みんなに「おめでとう」と言われながら拍手されるといったアニメの結末が、当時は意味不明だと話題になっていました。

 

 

当記事では最終回のあらすじ内容がネタバレされておりますので、これから楽しむ予定がある場合は読まないほうがいいかも知れません。

続きを読む≫ 2016/09/04 15:11:04

 

1978年から1987年まで雑誌「週刊少年サンデー」で連載されていた漫画が、高橋留美子さんの代表作のひとつとされている「うる星やつら」です。

 

全34巻の単行本が出版されていることから、長期連載されていたことが伺えます。

 

 

この作品はアニメ化され、テレビシリーズが1981年から1986年にかけて放送されていました。

 

映画も公開され、計6本が製作されています。

 

 

長い連載作品の場合、最初は読んでいても途中で脱落してしまう人もいます。

 

なので、最終回など終盤の展開がわからなかったりするかも知れません。

 

 

どんな内容だったのか知りたくなった方に向けて、漫画「うる星やつら」最終回のあらすじをネタバレしてみることにしましょう。

続きを読む≫ 2016/09/04 12:25:04

新海誠さんが監督と脚本を担当したアニメ映画「言の葉の庭」は、2013年に公開されていました。

 

 

主人公・秋月孝雄の声を入野自由さんが担当し、ヒロイン・雪野百香里の声を花澤香菜さんが担当していました。

 

 

このアニメ映画には、原作小説が存在します。

 

執筆したのは、映画監督である新海誠さん自身。

 

どういったストーリーとなっているのでしょうか?

 

 

この記事には、原作小説「言の葉の庭」のあらすじと感想が書かれています。

 

 

今後こちらの作品を楽しむ予定のある人にとっては、ネタバレに繋がってしまうかも知れません。

 

気をつけてお読みください。

続きを読む≫ 2016/09/04 11:05:04

 

小林立さんが2006年からヤングガンガンで連載中の漫画「咲-Saki-」が、実写化されるという情報が流れました。

 

 

ドラマ化と映画化が同時期に放送・公開される形になります。

 

ドラマは2016年12月に放送され、映画は2017年初頭に公開される予定となっています。

 

 

こちらの作品は、どういったストーリーなのでしょうか?

 

 

当記事に記載されているあらすじと感想が、今後放送・上映すると思われるドラマ・映画のネタバレになってしまう可能性があります。

 

読む場合は、その点に気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/09/03 21:56:03

 

2016年に公開された、新海誠監督の新作アニメ映画が「君の名は。」です。

 

 

作品に登場する各登場人物の声は、どんな方が演じていたのでしょうか?

 

神木隆之介さんや、当時あまり聞き慣れない女性の名前が話題になっていましたが…

 

 

この記事では、アニメ映画「君の名は。」のキャラクターを担当している声優の名前を一覧にしてみました。

 

 

近年は、アニメ映画のメインキャストにプロの声優ではなく俳優など芸能人を起用する例がポピュラーとなっています。

 

そういった作品の中には物語に集中できなくなるほど違和感を覚えるものもあり、主にネットなどで賛否両論の意見が飛び交うようになりました。

 

 

今作「君の名は。」の場合も、神木隆之介さん・長澤まさみさん・市原悦子さんなど有名な役者が声優をつとめています。

 

 

特に主役の声を演じていた神木隆之介さんと上白石萌音さんの、声優としての評価はどうだったのか?

 

 

実際にアニメ映画「君の名は。」を観た人に、感想を尋ねてみることにしました。

続きを読む≫ 2016/09/03 21:08:03

スタジオジブリのアニメ「天空の城ラピュタ」に出てくるムスカ。

 

そして「機動戦士ガンダム」シリーズのアニメに登場するのが、シャア・アズナブルです。

 

 

どちらも存在感のあるキャラクターで人気もありますが…

 

「このふたりを担当している声優って、同じ人なの?」といった疑問をネットやSNSで見かけることがあります。

 

 

どちらも落ち着いた知性を感じさせる声ということで、同一人物が演じているのかもしれませんね。

 

 

果たして、シャアとムスカは同じ声優が演じているのでしょうか?

 

 

この記事では、シャアとムスカの声をどんな方が担当しているのか説明しています。

続きを読む≫ 2016/09/03 17:21:03

雑誌「週刊少年サンデー」で1992年から1999年まで連載されていた漫画が、あだち充さんが書かれた「H2」です。

 

単行本でいうと全34巻分という、長期連載に含まれる作品といえるでしょう。

 

 

この作品はアニメ化され、1995年から1996年にかけて放送されました。

 

ドラマ化もされ、2005年に放送。

 

山田孝之さんや石原さとみさんなどが出演していました。

 

 

長い間連載されていた作品ですので、最終回まで読み切らなかった人もいるかも知れません。

 

 

結末がどうなったのか?

 

久しぶりに思い出して気になってしまった人に向けて、漫画「H2」の最終話「最初からないのよ」のあらすじ内容をネタバレしてみましょう。

続きを読む≫ 2016/09/03 12:42:03

 

俺ガイル(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)は、渡航さんが執筆しているライトノベルです。

 

2011年にスタートした作品で、現時点では本編が11巻まで刊行されています。

 

 

この作品はアニメ化もされ、1期が2013年に、2期が2015年に放送されていました。

 

 

原作は今も完結していないため、今後アニメの3期が放送されることを期待してしまうのですが…

 

放送する可能性はあるのでしょうか?

 

もしされるのであれば、放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/02 21:36:02

 

週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画「BLEACH」に登場する、護廷十三隊・十一番隊副隊長の「草鹿やちる」。

 

 

常に十一番隊隊長の剣八の側にいるものの、長らく彼女が直接戦いに参加する場面がありませんでした。

 

 

しかし「千年血戦篇」では剣八と別行動を取ることのほうが多く、一時は姿を消していました。

 

さらにその後剣八の前に再び姿を表し卍解のきっかけを作ったことから、彼女の正体に関してさらなる謎を呼び、ファンの間で様々な考察が生まれています。

 

 

この作品は最終回を迎えましたが、この事に関しては結局はっきりとした説明がされませんでした。

 

 

草鹿やちるの正体は何だったのでしょうか?

 

最後は、どうなってしまったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/02 10:57:02

 

週刊少年ジャンプの人気漫画「BLEACH」が最終回を迎えました。

 

 

この漫画雑誌で2001年から2016年まで連載されていた看板作品のひとつが、久保帯人さんが書いた「BLEACH」でした。

 

単行本でいうと、全74巻分という長期連載作品です。

 

 

この作品で最も存在感のあるライバルキャラといえば、ラスボス・ユーハバッハではなく藍染惣右介の名前を挙げる人は多いのではないでしょうか?

 

 

「死神代行消失篇」の評価が低いせいか、この漫画を見限ってしまった人もいるとか。

 

ですので、封印・幽閉された藍染惣右介のその後を知らない人が意外と多いようです。

 

 

彼は最後、どうなってしまったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/01 11:07:01

雑誌「増刊少年サンデー」「週刊少年サンデー」で1988年から1997年まで連載されていた漫画が、西森博之さんが書かれた「今日から俺は!!」です。

 

単行本でいうと全38巻分という、長期連載に含まれる作品といえるでしょう。

 

 

ただ長く続いた作品ということで、全員が最終回まで欠かさず読んでいたわけではないと思われます。

 

最後まで完走することができずに読むのをやめてしまい、この漫画の結末がどうなったのか未だに知らない人もいるかも知れません。

 

 

そんな人のために、漫画「今日から俺は!!」の最終回あらすじをネタバレしてみましょう。

 

どんなけ結末だったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/09/01 09:20:01

 

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」で1983年から2003年まで連載されていたのが、きうちかずひろさんの「ビーバップハイスクール」です。

 

単行本だと全48巻分という、大ボリュームの話でした。

 

 

あまりにも長く続いていた作品ということで、途中までは読んでいてもいつの間にか読まなくなってしまった人もいるでしょう。

 

今から読みなおしてみようと思っても、中古本しか見つからないんですよね…

 

 

しかも最終巻である48巻は本当に見つからず中古本が値上げされ、レアもの扱い。

 

あまりにも高すぎて、手が届かない…

 

 

そんな方に向けて、「ビーバップハイスクール」の最終回あらすじをネタバレしてみました。

 

 

結末は、どういった内容だったのでしょう?

続きを読む≫ 2016/09/01 08:09:01

 

漫画雑誌「週刊少年マガジン」で1991年から1997年まで連載されていた作品が、原作:佐木飛朗斗さん・作画:所十三さんの「疾風伝説 特攻の拓」です。

 

 

単行本にして全27巻分というボリュームのある物語でしたが…

 

実は、この漫画は「ストーリーが完結していない」と言われているのです。

 

 

一応最終回は迎えたのですが、その内容の意味がわからない…という評価が多かったのです。

 

それは一体、どんな内容だったのでしょうか?

 

 

長く続いた「疾風伝説 特攻の拓」、途中で挫折して読まなくなってしまった人もいると思われますので…

 

あらためて、この漫画の最終回あらすじをネタバレしてみることにしましょう。

続きを読む≫ 2016/08/31 18:08:31

「学戦都市アスタリスク」は、三屋咲ゆうさんが執筆しているライトノベルで、現在もシリーズが続いている作品です。

 

 

アニメ化もされ、1期は2015年10月から12月まで放送。

 

2期は2016年4月からスタートし、6月に終了しています。

 

 

原作であるライトノベルが今も続いていることから、今後アニメ3期が放送されるのを待ち望んでいる人もいるでしょう。

 

 

3期製作が決定する可能性はあるのでしょうか?

 

もし製作されるとすれば、放送日はいつになる予定なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/08/28 20:45:28

 

長い間主役をつとめてきたナルトの息子・うずまきボルトを主人公とした映画「BORUTO NARUTO THE MOVIE」は、2015年に公開されていた作品です。

 

原作者の岸本斉史さんが製作総指揮・脚本を担当したことで話題を集めていました。

 

 

うずまきボルトの声には三瓶由布子さんが、うちはサラダの声には菊池こころさんが選ばれていました。

 

大筒木モモシキ・大筒木キンシキの声は、浪川大輔さん・安元洋貴さんが担当していました。

 

 

このアニメ映画は、一体どういったストーリーとなっているのでしょう?

 

 

この記事には、ボルトの映画「BORUTO NARUTO THE MOVIE」のあらすじが書かれています。

 

映画を観たという人に、感想を聞いてみることにしました。

 

 

今後観ようと考えている人にとっては、ネタバレになるかも知れません。

 

くれぐれも、読む場合は気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/08/28 13:19:28

2016年8月26日から公開されたアニメ映画「君の名は。」(君のは)は、新海誠さんが監督と脚本を担当した作品です。

 

 

主人公・立花瀧の声を神木隆之介さんが担当。

 

ヒロインの声は、上白石萌音さんが演じています。

 

他には、長澤まさみさんや市原悦子さんといった有名芸能人が声を当てていることで話題を集めています。

 

 

このアニメ映画には原作小説があり、同じく新海誠さんが執筆したものです。

 

一体、どのようなストーリーなのでしょう?

 

 

当記事では、原作小説「君の名は。」(君のは)のあらすじが記載されています。

 

また、この本を読んだという人に読書感想文を書いてもらいました。

 

 

これからこの作品に触れる機会のある方にとっては、ネタバレになってしまう可能性が高いです。

 

読む際には、くれぐれもご注意ください。

続きを読む≫ 2016/08/26 20:32:26

西尾維新さんが書かれている小説(ライトノベル)の中でも代表作に位置付けられているのが、「物語シリーズ」です。

 

アニメ化もされ、さらに多くのファンを獲得した作品です。

 

シリーズは化物語から始まり、今作「囮物語」もアニメ化されました。

 

 

2013年に放送されていたアニメ「物語シリーズ セカンドシーズン」の中に含まれています。

 

原作となった小説は2011年に単行本が刊行されました。

 

 

この作品は、一体どういったストーリーとなっているのでしょう?

 

原作ライトノベルを読んだりアニメ版を観るなどの予定がある場合は、ネタバレには注意してください。

続きを読む≫ 2016/08/26 18:03:26

「カブキブ!」は、榎田ユウリさんが書かれている小説です。

 

シリーズ化されている作品で、アニメ化も決まりました。

 

 

この作品は、一体どのようなストーリーなのでしょうか?

 

 

現在の時点では、キャラクターを担当する声優や放送日に関する情報はわかっていません。

 

これから公表されることがありましたら、ここにも追記するつもりです。

 

 

この記事には小説のあらすじと感想が載せられておりますので、ネタバレには十分注意してお読みになってください。

続きを読む≫ 2016/08/26 13:08:26

原泰久さんが週刊ヤングジャンプで連載している漫画「キングダム」は、2006年からスタートして現在も物語が継続している作品です。

 

 

この漫画はアニメ化もされており、2012年から2013年にかけて1期が、2013年から2014年にかけて2期が放送されました。

 

 

原作の漫画は今も連載中であることから、今後アニメ版「キングダム」の3期が放送されることを期待してしまうのですが…

 

放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/08/25 13:51:25

西尾維新さんの書いた小説(ライトノベル)の中で代表作とされている「物語シリーズ」は、アニメ化もされました。

 

化物語からスタートし、今作「鬼物語」もアニメ化されています。

 

 

原作小説は2011年に単行本が発売され、アニメ版は2013年に放送された「物語シリーズ セカンドシーズン」の中で全4話が放送されています。

 

 

どのような内容のストーリーだったのでしょうか?

 

今後アニメを観たり原作のライトノベルを読もうとお考えの方は、くれぐれもご注意ください。

続きを読む≫ 2016/08/21 23:32:21

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「銀魂」の登場人物に、高杉晋助がいます。

 

決して出番の多いキャラクターではないのですが、圧倒的な支持を受けているのです。

 

 

彼の特徴といえば、左目を隠している包帯なのですが…

 

一体、なぜなのでしょうか?

 

誰かに傷つけられてしまったのでしょうか?

 

 

この記事では、高杉晋助の左目の部分に包帯が巻かれる原因となった出来事を説明しています。

続きを読む≫ 2016/08/21 13:25:21

西尾維新さんの代表作「物語シリーズ」は、アニメ化もされた人気小説(ライトノベル)です。

 

化物語からスタートし、他の同シリーズ作品も続々とアニメ化されていました。

 

 

その中の作品に「恋物語」というものがあり、原作小説は2012年に単行本が刊行。

 

2013年に放送されていたアニメ「物語シリーズ セカンドシーズン」において、全6話が放送されていました。

 

 

一体、どういった内容のストーリーになっているのでしょう?

 

これからアニメを観たり原作のライトノベルを読む予定がある場合は、十分注意してください。

続きを読む≫ 2016/08/21 12:51:21

人気アニメ「物語シリーズ」は、西尾維新さんが書いた小説(ライトノベル)が原作となっている作品です。

 

作品数が非常に多いシリーズなのですが、現在そのほとんどがアニメ化されてきました。

 

 

その中の一作が「憑物語」であり、原作小説は2012年に単行本が刊行。

 

アニメ版は、2014年12月31日に全4話が放送されていました。

 

 

一体、どのような内容のストーリーとなっているのでしょう?

 

これからアニメや原作小説に触れる予定のある人は、注意してお読みになることをおすすめします。

続きを読む≫ 2016/08/20 18:00:20

「恋愛暴君」は、三星めがねさんがCOMICメテオで連載している漫画です。

 

アニメ化が決まり、2017年の放送が待たれている状況です。

 

 

主要キャラクターの担当声優の名前や、放送日については、まだ発表されていませんが…

 

これからそれらの情報が出てきましたら、この記事にも足してゆく予定となっています。

 

 

こちらの作品は、どんなストーリー内容となっているのでしょう?

 

 

記事中には漫画の感想やあらすじが明記されておりますので、ネタバレには十分注意してお読みになってください。

続きを読む≫ 2016/08/20 14:57:20

 

化物語をはじめとする「物語シリーズ」は、西尾維新さんが執筆している人気シリーズのライトノベルです。

 

 

2009年に1作めがテレビアニメ化され、その後も続々各シリーズがアニメ化されました。

 

中にはWEB限定だったり、映画化された作品まであります。

 

 

パチンコ化されたことで、意外な年齢層もファンも増えたとか。

 

 

そんな、「物語シリーズ」。

 

1作目が「化物語」なことは誰でも知っているでしょうが…

 

全ての作品を時系列順に把握しているのは、余程のマニアだけだと思われます。

 

 

実は、このシリーズが原作の小説本が刊行された順番やアニメが放送された順番は、時系列ではありません。

 

 

リリースされた通りに楽しんでも全く問題はないのですが、中には「時系列に楽しみたい!」という方もおられるでしょうから…

 

この記事では、見る順番をご紹介してみました。

 

参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/08/14 18:38:14

「はたらく魔王さま!(はまおう)」は、和ヶ原聡司さんが執筆している電撃文庫のライトノベルです。

 

2011年に第1作目が刊行され、シリーズ化。

 

現在もストーリーは継続中です。

 

 

2013年にはアニメ化されており、DVDやブルーレイといった所謂円盤の売上も好調でした。

 

原作のエピソードを全て使い切ったわけではありません。

 

 

上記のことから、当然テレビアニメの2期が期待されるわけですが…

 

可能性はあるのでしょうか?

 

また「はたらく魔王さま!(はまおう)」の2期があるとすれば、放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/08/13 11:16:13

2013年に公開された、スタジオジブリのアニメ映画が「風立ちぬ」です。

 

 

宮崎駿さんが監督をつとめる最終作と言われているのですが、当時は声優の配役に関して賛否両論意見がネット上で交わされました。

 

「リアル」「自然」といった好評価や「下手」「ひどい」「棒読み」といったネガティブなもの。

 

 

特に主役の声を演じていた、庵野秀明さんの声優としての評価はどうだったのでしょうか?

 

 

実際にスタジオジブリのアニメ映画「風立ちぬ」を観た人に、感想を尋ねてみました。

続きを読む≫ 2016/08/13 08:41:13

「風夏」は、瀬尾公治さんが2014年から週刊少年マガジンで連載している漫画です。

 

アニメ化が発表されているこちらの作品は、どのようなストーリー内容となっているのでしょうか?

 

 

今のところ、担当声優の名前や放送日について公表はされていない状況です。

 

今後明かされることがあれば、ここにも追記する予定です。

 

 

当記事には、漫画の感想やあらすじが記載されています。

 

ネタバレになってしまう可能性がありますので、注意して読んでください。

続きを読む≫ 2016/08/10 10:45:10

西尾維新さんが書かれている人気小説(ライトノベル)が、「物語シリーズ」です。

 

化物語をはじめ、ほとんどの作品がアニメ化済みとなっています。

 

 

2016年7月28日に発売日を迎えた「撫物語」は、物語シリーズ・オフシーズンの第3巻です。

 

この作品の主人公は千石撫子であり、今作にもシリーズ共通の主人公だった阿良々木暦は姿を表しません。

 

 

今のところ、「撫物語」がアニメ化されるといった公式な情報は一切出ていないのですが…

 

過去作品同様、アニメ化される可能性はありますよね。

 

 

もしアニメ化された場合、この記事に載っているあらすじや結末・感想は内容のネタバレに繋がるかも知れませんので…

 

この先を読もうと思った場合は、注意していただければと存じます。

続きを読む≫ 2016/08/09 16:01:09

「ひとりじめマイヒーロー」はありいめめこさんが描いた漫画で、ジャンルはBLとなっています。

 

この度アニメ化されることが決定しました。

 

 

今のところ、放送日や各キャラクターの担当声優といった気になる情報は明かされていません。

 

今後そのような重要な情報がわかりましたら、この記事にも記載するつもりです。

 

 

この記事には、アニメの原作になった漫画「ひとりじめマイヒーロー」の感想やあらすじが載っています。

 

ネタバレに繋がる可能性もありますので、読むときは注意してください。

続きを読む≫ 2016/08/09 10:14:09

 

週刊少年ジャンプで和月伸宏さんが連載していた時代劇漫画が、「るろうに剣心」です。

 

 

原作の人気により、テレビアニメ化もされましたが…

 

終盤のエピソードや最終回の内容が、原作漫画とアニメ版とでは全く違っていました。

 

 

テレビアニメでは「人誅編」は扱われず、その代わりに最終エピソードとして完全アニメオリジナルである「風水編」がスタート。

 

当然最終回も、雪代縁とは一切関係のないあらすじとなっていました。

 

 

どういった内容のストーリーとなっているのでしょう?

続きを読む≫ 2016/08/08 15:21:08

「ドリフターズ」は、平野耕太さんがヤングキングアワーズで連載している漫画です。

 

ドリフターズの意味は、「漂流者」。

 

アニメ化が決定し、2016年10月から放送開始されることになっています。

 

 

島津豊久の声は、中村悠一さんが担当。

 

他にも織田信長を内田直哉さんが、那須与一を斎賀みつきさんが演じることが明かされています。

 

 

この作品は、どういったストーリー内容なのでしょう?

 

 

こちらの記事には、漫画のあらすじが記載されております。

 

また、この作品を読んだことがあるという人に感想を尋ねてみました。

 

 

アニメのネタバレにつながっている可能性が考えられますので、注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/08/08 13:23:08

「キンドルアンリミテッド(Kindle unlimited)」のサービスが新たにスタートしました。

 

 

アマゾンの定額読み放題サービスで月額980円で漫画、小説、雑誌など対象アイテム12万冊以上が読み放題になります。
おすすめは漫画です。

 

 

1冊400円から500円するコミックをまとめて購入すると1万円以上になってしまうことも珍しくないため、定額サービスを利用すれば、無駄なく好きな作品だけを購入することができます。

 

 

この記事では、「Kindle unlimited」によりアマゾンで無料で読み放題の対象となっている漫画作品のうち、おすすめのラインナップをご紹介します。

続きを読む≫ 2016/08/07 08:31:07

 

遠藤浅蜊さんが執筆した小説が、「魔法少女育成計画 limited」です。

 

 

見た目に反してさつ伐とした設定が話題を読んでいる、今シリーズ3作目であるこのライトノベルは、前編と後編に分かれています。

 

一体、どのようなストーリー内容なのでしょうか?

 

 

この記事には、小説のあらすじや感想が記載されております。

 

くれぐれも、ネタバレには十分注意して読んでください。

続きを読む≫ 2016/08/03 21:23:03

「月刊コミックガーデン」で連載されているのが、唐々煙さんの漫画「曇天に笑う 外伝」です。

 

人気漫画である「曇天に笑う」の本編が終了した後、前日譚である「煉獄に笑う」とほぼ同時期に連載が開始されたのが、今作なのです。

 

 

単行本でいうと上巻と中巻が販売され、今のところ完結していない漫画なのですが…

 

「曇天に笑う 外伝」は、どのようなストーリー内容なのでしょう?

 

 

こちらの記事にはあらすじと感想が記載されていますが、ネタバレに気をつけて読む必要がありますのでご注意を。

続きを読む≫ 2016/08/03 17:07:03

原作:河原和音さんと作画:アルコさんが別冊マーガレットでしていた漫画が、「俺物語」です。

 

 

少女漫画の恋愛ものとして異例の、濃い顔をした男主人公がインパクトある作品でした。

 

 

話題作となりアニメ化や実写映画化もされた作品だったのですが…

 

2016年、原作漫画が最終回を迎えます。

 

 

その内容は、一体どういったものなのでしょうか?

 

こちらの記事には最終回のあらすじが掲載されていますので、ネタバレに十分注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/08/03 15:13:03

 

漫画家の高橋留美子先生と言えば、多くのヒット作を世に送り出してきました。

 

最近で言えば「犬夜叉」であり、懐かしの昭和時代の作品であれば「うる星やつら」、「めぞん一刻」、そして「らんま1/2」です。

 

いずれの作品もTVアニメ化された人気作品ばかりです。

 

 

その中の1つ、「らんま1/2」はフジテレビ系列でTVアニメ放送されており、全18話からなる「らんま1/2」と、全143話からなる「らんま1/2 熱闘編」があります。

 

 

漫画原作とアニメ版の最終回は、内容が全く違っていることをご存知でしょうか?

 

この記事ではそれぞれのあらすじ内容をネタバレしていますので、これから楽しみたいと思っている人は読むのをやめておいたほうがよさそうです。

続きを読む≫ 2016/08/03 14:43:03

空詠大智さんが週刊少年サンデーで連載されている漫画が、「競女!!!!!!!!(けいじょ)」です。

 

アニメ化されることが決まり、2016年10月からの放送開始を控えている状況です。

 

 

この作品に登場するキャラクターの声を担当する声優として、LynnさんやM・A・Oさんの名前が明かされています。

 

 

女子の選手が行う自らの肉体を駆使して行う競技「競女」という、作品独自のプロスポーツがメインテーマとなっています。

 

お色気要素も人気のこの漫画なのですが、一体どのようなストーリー内容なのでしょうか?

 

 

この記事には漫画のあらすじ・感想が掲載されていますので、ネタバレには気をつけて読んでください。

続きを読む≫ 2016/08/03 12:41:03

週刊少年ジャンプで連載されていた大人気バスケ漫画が、「スラムダンク」です。

 

テレビアニメ化もされたこちらの作品ですが、実は最終回の内容が原作漫画とアニメ版とでは全く違っていることをご存知でしょうか?

 

 

テレビアニメ版のストーリーはインターハイ前に終了しているため、原作漫画で言うと22巻あたりまでしか映像化されませんでした。

 

最終回の内容は、完全にアニメのオリジナルとなっているのです。

 

それは一体、どのようなストーリーだったのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/08/02 21:06:02

 

「最遊記RELOAD BLAST」は2010年に始まった、峰倉かずやさんが漫画雑誌「コミックZERO-SUM」で連載中の作品です。

 

 

「最遊記シリーズ20周年プロジェクト」のひとつとして、この漫画のアニメ化が決まりました。

 

 

放送日に関してはまだ未定ではあるものの、主要キャストの情報がすでに発表されています。

 

かつて放送されていたアニメシリーズの三蔵一行の声を担当したキャスト(関俊彦さん・保志総一朗さん・平田広明さん・石田彰さん)が、今回も声を担当することが決定しています。

 

 

「最遊記」の最終章にあたる物語とされているのですが、どういったストーリーなのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、漫画のあらすじや感想が記載されております。

 

読む場合は、ネタバレには十分気をつけてお読みください。

続きを読む≫ 2016/08/02 15:35:02

 

2016年4月〜6月、アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」の3期が放送されていました。

 

3期「デス・バスターズ編」の内容は、原作で言うところの7巻から10巻、旧アニメシリーズだと「S」にあたる部分です。

 

 

この記事では、3期の最終回であるAct38「無限12 無限大 旅立ち」のあらすじを掲載しています。

 

ネタバレにつながっていますので、読むときにはご注意ください。

 

 

漫画原作のエピソードは、他にも「デッド・ムーン編(原作12巻〜15巻・旧アニメシリーズ「SuperS」」や「セーラースターズ編(原作16巻〜18巻・旧アニメシリーズ「セーラースターズ」」が残っています。

 

 

これらの話のアニメ化にも期待が寄せられておりますが…

 

アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」4期の放送日・ネット配信日は、いつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/08/02 13:15:02

2015年に公開された人気アニメ映画が、「バケモノの子」です。

 

「サマーウォーズ」「時をかける少女」「おおかみこどもの雨と雪」を手掛けた細田守監督の代表作のひとつです。

 

 

この作品に登場する「チコ」というキャラクターがいます。

 

渋谷の路地裏で遭遇して以来、主人公・九太と行動を共にするようになります。

 

 

白くてフワフワした見た目から、単なるマスコット的な存在かな?と思ったのですが…

 

 

ネットでは、「チコの正体は、すでになくなった九太の母親では?」という説が流れています。

 

 

これって本当なのでしょうか?

 

何か根拠が遭ったりするのでしょうか?

 

 

チコの正体は、一体何なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/08/01 15:39:01

「最遊記外伝」は、漫画雑誌「月刊Gファンタジー」と「コミックZERO-SUM増刊WARD」で峰倉かずやさんが連載していた漫画です。

 

1999年から2009年まで続いていました。

 

 

「最遊記」本編の500年前から始まるストーリーとされているのですが、どのようなストーリーなのでしょう?

 

 

当記事では、漫画のあらすじが書かれています。

 

また、この漫画を読んだという人から感想を聞いてみることにしました。

 

 

くれぐれも、ネタバレには気をつけて読んでください。

続きを読む≫ 2016/07/31 17:04:31

 

2016年7月23日、週刊少年ジャンプを代表する作品「ワンピース」の映画「ONE PIECE FILM GOLD」が公開されました。

 

 

公開に先駆けて、2016年7月16日にはフジテレビの「土曜プレミアム」枠でスペシャルアニメ「ワンピース ハートオブゴールド」が放送。

 

 

オリジナルのゲストキャラクターが多数登場し、彼らの声を有名芸能人が担当する…という、近年の有名アニメ作品にありがちな賛否両論のキャスト構成となっています。

 

 

「ワンピース ハートオブゴールド」の重要人物として登場していたのが、ミスキナ・オルガとミスキナ・アシエの親子。

 

 

彼らの声を担当していた声優が「下手だ」「ひどい」との評価を、SNSで多く見かけたのですが…

 

それって本当なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/07/31 08:43:31

アニメ「タイムボカン24」が、2016年10月からスタートします。

 

 

毎週土曜日の17時30分から放送されるアニメは、6ヶ月以上続くものが多いです。

 

たとえば「まじっく快斗」「電波教師」「金田一少年の事件簿R」「逆転裁判」といった感じです。

 

 

アニメ「タイムボカン24」も、半年間番組が継続される可能性が考えられますので…

 

やはり、1回くらいは見逃してしまう回があるのではないでしょうか?

 

 

欠かさず観るというのは、思った以上に大変です。

 

 

本来予定のなかった急な用事が入ってしまったり。

 

録画する暇がなかったり。忘れてしまったり。

 

途中から観始めたが、1話めから観たくなったり。

 

 

最近、「アニメの再放送」されることが少なくなりました。

 

ましてや、最終回にもなっていない新アニメが再放送されることは期待できませんし…

 

 

するとやはり、アニメ「タイムボカン24」の放送が流れた回はもう観ることは不可能なのでしょうか?

 

 

実は、見逃した回を無料で観れる方法が存在するのですが…

続きを読む≫ 2016/07/30 23:09:30

「ダンジョン飯」は、漫画雑誌ハルタで九井諒子さんが連載されている漫画です。

 

 

「このマンガがすごい!2016」1位・「全国書店員が選んだマンガランキング2016」1位・「マンガ大賞2016」2位に選ばれています。

 

 

ファンタジーRPGの世界観の中でグルメ要素が大部分を占めるという、珍しいジャンルとなっています。

 

 

そのグルメ部分とは、何と「仕留めたモンスターを調理し、食す」というもの。

 

 

RPGにおいて、食料・食事の概念が具体的な形で持ち込まれた作品は多いとは言えません。

 

 

そんな「RPGにおける食糧事情」といった、現実的な部分が中心として描かれている「ダンジョン飯」は…

 

一体、どういったストーリーなのでしょうか?

 

 

この記事では漫画のあらすじや感想が書かれていますので、ネタバレに注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/07/26 16:35:26

井上雄彦さんが描かれた、超人気作品の「スラムダンク」。

 

主人公・桜木花道がバスケットボール部に勧誘され入部し、インターハイ出場を目指すスポーツ漫画です。

 

 

漫画の連載自体は、1996年に終了。

 

しかし現在もなお世代を超えて支持され続け、スポーツ漫画の代表作のひとつとして数えられるようになりました。

 

 

「スラムダンク」には、普通の単行本と「完全版」なるものが存在していますが…

 

これら2つには、どのような違いがあるのでしょうか?

 

 

どちらを購入しようか、迷っている人もいると思われますから…

 

この記事でご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

続きを読む≫ 2016/07/25 18:36:25

1995年に放送されていたテレビアニメが、「新世紀エヴァンゲリオン」です。

 

 

この作品の人気を受け、1997年には後に「旧劇場版」と呼ばれる映画が複数公開。

 

2作目の映画が、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」です。

 

 

その内容はテレビシリーズとは全く違った第25話と第26話となっており、旧シリーズの完結編にあたります。

 

 

旧シリーズの最終回である26話「まごころを、君に (ONE MORE FINAL: I need you.)」の最後の舞台となる赤い海のような場所で、主人公・シンジとアスカのみが目を覚まします。

 

そこでは、他の人物は全く見当たりません。

 

 

そのラストシーンではシンジと惣流・アスカ・ラングレーの生存しか確認できず、その後ふたりがとる行動や発したセリフも謎を呼びました。

 

現在もそれに関するはっきりとした答えは明かされず、あくまでも考察や予想に留まっています。

 

 

一体、これらの意味は何なのでしょうか?

 

エヴァンゲリオンシリーズを観てきたファンの方に聞いてみることにしました。

続きを読む≫ 2016/07/23 13:27:23

 

遠藤浅蜊さんが書かれた小説が「このライトノベルがすごい!文庫」の「魔法少女育成計画 restart」です。

 

 

シリーズの続編であるこちらの作品は、前編と後編の計2作とボリュームアップされた内容となっています。

 

この作品は、どういったストーリーとなっているのでしょう?

 

 

小説のあらすじや感想が、当記事に記載されていますので…

 

もし読む場合は、ネタバレにはくれぐれも気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/07/22 18:49:22

 

週刊少年ジャンプの看板漫画「ワンピース」は、長い間連載が続いているだけあり…

 

製作された映画の数もかなり多いです。

 

 

公開されてきた歴代映画で最も原作や時系列の影響を受けているのは、麦わらの一味のメンバーの構成でしょう。

 

 

しかし中には原作のエピソードを基にした映画も製作されており、必ずしも公開順と時系列順が一致しているわけではありません。

 

 

そこで…

 

この記事では、今までに公開されてきたワンピースの映画を「公開された順番」「時系列順」といった2通りの条件で並べてみました。

続きを読む≫ 2016/07/16 10:06:16

最大級の大ヒットを記録したエヴァンゲリオン新劇場版Qは、全般的に今までのように過去のシリーズの流れにならない総集編ではない物語です。

 

新たな登場人物と新たなエヴァなどが登場するまさしく新作といえるでしょう。

 

作品のあらすじは、前作のラストでついに恐れていたニアサードインパクトが引き起こされシンジ、アスカ、レイは生死不明のまま迎えましたが、アスカは軌道上に封印されたシンジと初号機を奪いに8号機のマリと特殊装備のエヴァ2号機で急襲します。

 

シンジはインパクトの責任のため軌道上に封印されています。

 

かろうじて敵対側のコードナンバーの敵を目覚めたシンジと初号機で成功したアスカとマリと合流します。

 

そこでインパクトの事実とすでに14年後ということと綾波レイの生存は確認されなかったことに驚愕します。

 

さらにかつてのNERVは反組織のヴィレに分かれており、アスカたちとミサトたちはそのヴィレと艦を構え、かつての第3東京市はなくなっています。

 

14年が経ちましたが、エヴァパイロットたちは歳をとらずに過ぎています。

 

それぞれ実に14年とその後の戦いの背景を踏まえたそれぞれの事情と事態をつかみかけても気落ちするシンジはそんなミサトたちより、新たなアヤナミレイが現れたことにより父のNERVに行くことにします。

 

NERVは父と冬月やゼーレ主体になった組織になっており、冷徹さと二分していたところではっきりと組織で分かれてしまいました。

 

シンジはそこでカヲルと次第に心を開いていきます。

 

同時にシンジは覚醒する首を討たれる首輪をエヴァの覚醒と条件にもらい受けます。

 

そして新たなエヴァ13号機を前にカヲルとシンジは首輪を受け取り複座で乗り込みます。

 

インパクトの地で問題のリリスと6号機の槍にある不思議を覚えるカヲルをアスカとマリが現れて対峙します。

 

この13号機が覚醒をし始めた12使徒を上回る強大になり、実に腕が4本伸び槍を構える姿へと覚醒します。

 

そしてカヲルこそが13番目の使徒でありこれらは複数の目覚めとなり、さらなるフォースインパクトが始まるきっかけになります。

 

その強大さでヴィレの艦が攻撃をしたりと阻止をしますが、それをアヤナミレイの9号機によって阻まれたり、アスカの2号機が現れたりと混戦します。

 

その姿は首を失っても鎌を振る9号機と義手に武装を構える2号機と特徴的になっています。

 

その場でカヲルは首輪の力で討たれて、シンジは13号機の中一人で迎えることになります。

 

>エヴァンゲリオンの映画を観る順番・おすすめはこちら

 

続きを読む≫ 2016/07/11 16:18:11

「新世紀エヴァンゲリオン」と「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」には、共通して「使徒」という敵が存在しています。

 

 

それぞれが個性的な姿をしており…

 

巨大な使徒、人型、見た目がシンプルなもの、中には微生物のような小さい体の使徒まで。

 

 

さらにそれぞれが固有の能力を持っていて、強さも様々なのですが…

 

両方のシリーズに登場する使徒の中で強いのは、一体どれなのでしょうか?

 

 

このアニメを観ている人による話だと、どうやらテレビシリーズ第19話に登場した第14使徒「ゼルエル」だというのですが…

 

それはなぜなのでしょうか?

 

 

その恐るべき能力についてもご説明いたします。

続きを読む≫ 2016/07/11 16:11:11

90年代にテレビ放送されて人気を集めたアニメが、「新世紀エヴァンゲリオン」でした。

 

「破」は2009年に上映されていた「エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)新劇場版:破」は、リメイク映画の2作目です。

 

 

時系列としては、旧テレビシリーズの第8話から第19話までの話とされていますが、旧作とは違った展開になったことで話題を呼びました。

 

新劇場版だけの新パイロット・真希波・マリ・イラストリアスが登場している点も特徴の一つです。

 

 

独自の展開が繰り広げられたのですが、それはどういった内容だったのでしょう?

 

 

映画「エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)新劇場版:破」のあらすじや感想が、この記事には書かれています。

 

ネタバレには気をつけて読んでください。

続きを読む≫ 2016/07/10 09:24:10

 

篠丸のどかさんが月刊コミック@バンチで連載している漫画が、「うどんの国の金色毛鞠」です。

 

 

この漫画を原作としたアニメの放送が発表され、2016年10月からの放送スタートが待たれている状況です。

 

主人公・俵宗太の声を中村悠一さんが担当し、同居するポコの声を古城門志帆さんが担当することが決まっています。

 

 

アニメの原作であるこちらの漫画は、どういったストーリーになっているのでしょう?

 

 

ここには原作漫画「うどんの国の金色毛鞠」のあらすじか記載されていますので、ネタバレには気をつけて読んでください。

続きを読む≫ 2016/07/09 23:00:09

「エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)新劇場版:序」は、90年代にテレビ放送され人気を博したアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のリメイク映画の第1作目です。

 

「序」は2007年に公開され、内容的には旧作の第1話から第6話までのストーリーが使用されています。

 

 

この作品は、どういった内容だったのでしょうか?

 

 

ここには、映画「エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)新劇場版:序」のあらすじと感想が明記されています。

 

ネタバレに注意してお読みになってください。

続きを読む≫ 2016/07/09 18:09:09

人気アニメ作品「新世紀エヴァンゲリオン」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズには、共通の敵が存在しています。

 

それが、「使徒」と呼ばれる者達です。

 

 

しかし彼らは、第17使徒タブリス(渚カヲル)を除いては人間とかけ離れた様々な姿をしており…

 

一体何者なのか、はっきりとした説明が劇中でされることはありませんでした。

 

 

彼らの正体は、一体何なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/07/09 17:10:09

「進撃の巨人」2期の動画を無料視聴できる方法を知っていますか?

 

 

1期同様2クール分放送されるとなれば、1話も見逃さない…というのはかなり厳しいのではないでしょうか?

 

放送される局は多いものの全国放送ではないので、住んでいる地域では放送されていない場合もあるでしょう。

 

 

最近のアニメは再放送されることも少なくなりましたので、1度でも録画を忘れてしまうとその後観るのはかなり難しいです。

 

 

アニメ「進撃の巨人」2期を見逃した場合でも、動画を無料視聴する方法があるのですが…

続きを読む≫ 2016/07/09 13:26:09

1996年から日テレ系列の局で放送され続けている大人気アニメの「名探偵コナン」。

 

毎年春に、新作の映画が公開されているのが恒例となっています。

 

 

映画は、今の時点で全20作+コラボ1作が公開されている状況です。

 

 

なにしろ「名探偵コナン」は、映画版も作品数が多いですから…

 

これらを全てレンタルして観る!…となるとかなりの時間がかかるでしょう。

 

 

しかもこれらの作品にはナンバーが振られておらず、どれが何作目なのかわかる人はよほどのマニアなのではないでしょうか?

 

 

そこで…

 

この記事では、これまでに公開されてきた名探偵コナンの映画を1作目から最新作まで順番に並べてみました。

 

順番通り観たいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

また、名探偵コナンの映画シリーズとテレビシリーズがネット配信されているのですが…

 

これらを無料視聴できてしまうのをご存知でしょうか?

 

 

それも怪しいやり方などではなく、公式の配信動画を観ることができるのです!

 

その方法をご説明しましょう。

続きを読む≫ 2016/07/08 22:15:08

月刊ComicREXで連載されております、竹岡葉月さん原作・Tivさんさん作画による漫画が「政宗くんのリベンジ」です。

 

 

現在アニメ化が決まり放送日が近づいている状態なのですが、正確な放送日だったり各キャラクターの声を担う声優名といった詳細情報はわかっていません。

 

そういった重要な情報は、これから明かされることになるでしょう。

 

 

アニメ原作として選ばれたこの漫画は、どんなストーリーが展開されているのでしょうか?

 

 

原作漫画「政宗くんのリベンジ」を読んだと言っている人に、あらすじと感想を聞いてみました。

 

読む場合は、ネタバレに気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/07/08 09:28:08

西尾維新さんが書かれた小説「戯言シリーズ」のアニメ化が決まっています。

 

シリーズの8作目「ネコソギラジカル(中)赤き征裁VS橙なる種」は、どういったストーリーが繰り広げられているのでしょう?

 

 

この小説のあらすじや感想が、以下の部分に記載されています。

 

 

この記事を読むことによって、アニメの内容をネタバレしている可能性もありますので…

 

まだアニメの中身を知りたくないという方は、読まないほうが良さそうです。

続きを読む≫ 2016/07/07 12:33:07

 

「ラブひな」や「魔法先生ネギま!」といった大ヒット作を描いた赤松健さんの最新漫画が「UQ HOLDER!(ユーキューホルダー)」です。

 

2013年に週刊少年マガジンで連載がスタートし、現在は別冊少年マガジンで連載中です。

 

 

先日、アニメ化が発表。

 

アニメに関するくわしい情報は待たれている状況なのですが、正確な放送日や担当声優などといった気になる情報は未だ明かされていない模様。

 

 

アニメの原作であるこの漫画は、どのような内容なのでしょうか?

 

 

この記事には、アニメの原作漫画「UQ HOLDER!(ユーキューホルダー)」あらすじと感想が書かれておりますので…

 

ネタバレには十分気をつけてお読みください。

続きを読む≫ 2016/07/06 09:01:06

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は、90年代に放送されていたテレビアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」をリメイクした映画です。

 

過去に3作品が公開されており、現在は次回作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開が待たれている状況です。

 

 

エヴァンゲリオンの映画を順番に観ようと思っても…

 

ナンバーがついているわけではないので、どの作品から観ればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

当時リアルタイムで順番に観ていたのでなければ、分かり辛いのは確かです。

 

 

さらに…

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版よりも先に世に出ていた「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビシリーズや旧劇場版は、果たして観るべきなのでしょうか?

 

 

この記事ではエヴァンゲリオン関係の全作品を挙げ、おすすめの観る順番をご紹介しましょう。

続きを読む≫ 2016/07/06 07:57:06

「銃夢 LastOrder」は、90年代に連載していた木城ゆきとさんの漫画「銃夢(ガンム)」の続編となっています。

 

2000年から2014年まで連載が続いていました。

 

 

長い期間連載されていたのですが、掲載されていたのは月刊誌でした。

 

単行本の発行ペースもゆっくりだったため、中には途中で読まなくなってしまった人もいたのではないでしょうか?

 

 

この漫画の最終回は、どのような結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、最終回のあらすじや感想が書かれています。

 

実際に自分の目で結末を確かめようと思っている人は、気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/07/05 16:40:05

月刊少年エースで連載中の、黒神遊夜さん原作・神崎かるなさん作画による漫画が「武装少女マキャヴェリズム」です。

 

 

アニメ化が決定し放送日が待たれている状況ではありますが、今のところ正確な放送日や担当声優など詳細の情報は発表されていません。

 

それらは、今後明かされると思われます。

 

 

アニメの原作となったこちらの漫画は、どういったストーリーなのでしょう?

 

 

当記事には、原作漫画「武装少女マキャヴェリズム」あらすじが載せられています。

 

読む場合は、ネタバレに気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/07/05 10:46:05

映画「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」は、週刊少年ジャンプで連載されている人気の漫画「銀魂」が初映画化された作品です。

 

2010年に上映され、内容は漫画原作やテレビアニメシリーズにもあった「紅桜篇」が基となっています。

 

 

「新約」という題がついているように、テレビアニメで放送されていた映像も使用しながらもオリジナルの展開やキャラクターが追加されました。

 

そんな映画「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」ですが、どんなストーリーになっているのでしょうか?

 

 

こちらの記事にはあらすじと感想が載っていますので、ネタバレにはくれぐれも気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/07/03 18:17:03

「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」は、現在週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「銀魂」が原作の映画第2弾です。

 

 

これが公開された当時(2013年)はアニメシリーズが一旦終了した後の作品だということもあり、「アニメ版の完結編」と位置づけられていたのですが…

 

その後アニメシリーズは再開し、2015年から2016年まで放送されていました。

 

 

原作者・空知英秋さんがストーリー原案とキャラクター原案として関わっていることで、大きな話題を呼んでいました。

 

完全オリジナルであるこの映画は、一体どういったストーリーとなっているのでしょう?

 

 

こちらの映画を観たことのある人に、あらすじと感想を聞いてみることにしました。

 

 

映画「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」のネタバレに繋がってしまいますのでご注意ください。

続きを読む≫ 2016/07/02 21:57:02

2006年に上映されていた、スタジオジブリのアニメ映画が「ゲド戦記」です。

 

宮ア駿監督の息子・宮崎吾朗さんが初監督をつとめた作品として知られています。

 

 

アーシュラ・K・ル=グウィンが執筆した小説を原作とした作品とされてはいますが…

 

実際は宮崎駿の絵物語「シュナの旅」をベースとした作品で、ストーリーにも原作と違う点が多く見られます。

 

 

主人公・アレンの声は、岡田准一さんが担当しています。

 

またヒロイン・テルーの役を、このアニメ映画の主題歌を歌っている手嶌葵さんが演じたことで話題になりました。

 

他には、菅原文太さん・風吹ジュンさん・田中裕子さんなど多くの有名俳優役者が登場人物の声を演じていました。

 

 

スタジオジブリのアニメ映画「ゲド戦記」は、一体どのようなストーリーだったのでしょうか?

 

 

実際にこの作品を観たという人に、感想やあらすじを聞いてみることにしました。

 

今後観ようと思っている人は、ネタバレにご注意ください。

続きを読む≫ 2016/07/01 16:49:01

 

ウェブコミック誌「EDEN」で連載されていた漫画が、小林ユミヲさんが執筆した「にがくてあまい」です。

 

連載が終了した2016年内に、実写映画が公開されることが決定しました。

 

 

主人公・江田マキを川口春奈さんが演じ、生活を共にする片山渚の役を林遣都さんが担当することになっています。

 

 

今年終了した原作漫画ですが、最終回では一体どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

 

ここには、最終回のあらすじが記載されておりますので…

 

ネタバレされることが嫌な人は、読まずにおいたほうが無難です。

続きを読む≫ 2016/06/29 08:08:29

2013年に上映されたスタジオジブリのアニメ映画が、「かぐや姫の物語」です。

 

誰もが知っている日本昔話「竹取物語」を原作とした作品で、高畑勲監督がアニメ映画化しました。

 

 

主人公・かぐや姫の声を、朝倉あきさんが担当。

 

オリジナルキャラクター・捨丸は、高良健吾さんが演じています。

 

他には、 地井武男さん・三宅裕司さん・宮本信子さんなど大勢の有名な役者が声優を担当しています。

 

 

この作品は、どういった物語なのでしょう?

 

 

スタジオジブリのアニメ映画「かぐや姫の物語」の感想とあらすじが、この記事に明記されています。

 

この作品を観る予定のある人は、ネタバレに注意しましょう。

続きを読む≫ 2016/06/28 11:33:28

スタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」は、2011年に公開されていた作品です。

 

漫画雑誌「なかよし」で短期連載されていた漫画が原作となっており、宮崎吾朗監督がアニメ映画化しました。

 

 

主人公・松崎海の声を長澤まさみさん、風間俊の役を岡田准一さんが担当したことでも話題になりました。

 

他にも、竹下景子さん・石田ゆり子さん・内藤剛志さん・香川照之さんなど有名な俳優が多数声優として参加しています。

 

 

今作は、どんなストーリーなのでしょうか?

 

 

当記事には、スタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の感想とあらすじが書かれていますので…

 

これからこの作品を観ようとしている人は、ネタバレには気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/06/28 00:01:28

スタジオジブリの宮ア駿監督が手掛けた最後の作品とされているアニメ映画「風立ちぬ」。

 

これは、監督自身が雑誌「モデルグラフィックス」で連載していた漫画を原作としたものです。

 

 

主人公は、実在していた人物・零戦を設計した航空技術者である堀越二郎さんをモデルとしています。

 

 

スタジオジブリのアニメ作品は、プロの声優ではなく芸能人をキャラクターの声に採用することで知られていますが…

 

今作の主人公・堀越二郎の役を、人気アニメ「エヴァンゲリオンシリーズ」を手がけている庵野秀明監督が担当したことで話題となりました。

 

 

2013年に公開されていたこちらの映画は、どのようなストーリーなのでしょうか?

 

 

当記事には、スタジオジブリ宮ア駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」のあらすじと感想が書かれています。

 

これからこの作品を観る予定のある人は、ネタバレには気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/06/25 15:27:25

アニメ映画「ずっと前から好きでした。告白実行委員会」は、2016年4月から公開されているアニメ映画です。

 

 

元々は、「告白実行委員会 恋愛シリーズ」という名称のプロジェクトから生まれたメディアミックス企画のひとつとなっています。

 

このプロジェクトは、ニコニコ動画を通じて活躍しているユニット「HoneyWorks」の人気曲「告白予行練習」「ヤキモチの答え」「初恋の絵本」を中心として生まれたものです。

 

 

同年、続編である「好きになるその瞬間を。告白実行委員会」が公開される予定です。

 

 

プロジェクトのひとつであるアニメ映画「ずっと前から好きでした。告白実行委員会」は、どういった内容のストーリーなのでしょう?

 

 

あらすじや感想が、当記事には記載されておりますので…

 

ネタバレには十分気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/06/22 13:24:22

アニメ「ストライクウィッチーズ(ストパン)」は、2008年に1期・2010年に2期が放送されていた人気作品です。

 

そして2016年、3期にあたる「ブレイブウィッチーズ」の放送が決定しています。

 

 

この作品は漫画・小説・ゲーム・OVA・パチスロなど、様々な形でメディア化されました。

 

 

さらに2012年には、映画も公開されています。

 

そんな映画「ストライクウィッチーズ(ストパン)劇場版」は、どんなストーリーとなっているのでしょうか?

 

 

あらすじ・感想がこの記事に明記されていますので、ネタバレに注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/06/21 17:42:21

現在別冊フレンドで連載中の漫画が、ぢゅん子さんが描かれている「私がモテてどうすんだ」です。

 

先日アニメ化されることが発表されました。

 

 

腐女子である主人公・芹沼花依は、あるきっかけでスマートになり美少女化。

 

そのことから、周りの男たち複数から好意を寄せられるようになります。

 

 

アニメ版は2016年の秋に放送される予定となっていますが、今の時点でそれ以外の情報は明かされていない状況です。

 

正確な放送日や担当声優の名前がわかりましたら、ここに情報を追加してゆくつもりです。

 

 

漫画「私がモテてどうすんだ」は、どんなお話なのでしょうか?

 

 

あらすじと感想がこの記事に書かれておりますので、ネタバレには気をつけて読んでください。

続きを読む≫ 2016/06/20 16:49:20

読み放題の漫画サイト「comico」で読むことができるのが、「ピアシェーヴォレ!〜piacevole〜」というNab_Atさんが連載されている作品です。

 

2013年にスタートし、現在も連載が続いています。

 

 

「piacevole(ピアシェーヴォレ・ピアチェボーレ)」の意味は、「心地よい」「快適な」「楽しい」といったもの。

 

 

この作品がアニメ化されることが発表されました。

 

今のところ、各キャラクターの担当声優名や放送日といった大事な情報は明かされていませんが…

 

今後わかりましたら、この記事にも追記するつもりです。

 

 

アニメの原作として選ばれた漫画「ピアシェーヴォレ!〜piacevole〜」は、どういった内容となっているのでしょうか?

 

 

当記事には感想やあらすじが書かれていますので、ネタバレに注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/06/18 10:40:18

西尾維新さんの小説(ライトノベル)「戯言シリーズ」のシリーズ7作目となるのが、「ネコソギラジカル(上)十三階段」です。

 

2005年に刊行されたこの小説を入れた一連のシリーズが、なんとアニメ化されることになりました。

 

 

今のところ…

 

各キャラクターの声を演じる声優の名前や、アニメ制作会社、放送日など重要な情報は一切明かされていません。

 

いずれ発表されると思われますので、その時は追記してゆくものと思われます。

 

 

アニメ原作に採用されたこちらの小説、一体どんなストーリーなのでしょうか?

 

 

ここには、原作小説のあらすじや感想が載せられています。

 

読むときは、ネタバレにご注意を。

 

アニメ版「ネコソギラジカル(上)十三階段」のネタバレに繋がってしまう可能性がありますので。

続きを読む≫ 2016/06/16 12:15:16

 

配信サイト「dTV」は、映画やドラマだけでなくアニメも充実しています。

 

 

ゴールデンタイムに流れるような子供向けのアニメは、全国放送しているのですが…

 

中高生から上の年代でも楽しめる大人向けの深夜アニメって、放送される地域が限定されていたりします。

 

 

住んでいる地域によっては、観る手段がDVDやブルーレイ以外になかったりします。

 

ですからネットで配信されるアニメって、非常にありがたい!

 

 

配信サイト「dTV」で観ることのできるアニメの中から、おすすめの作品をご紹介しましょう。

 

 

「dTV」で実際にアニメを観ている人におすすめを聞いてみましたので…

 

膨大な作品の中からどのアニメを観ようか迷っている場合は、参考にしてみてください。

 

 

人気が高い順番に、ランキング形式で掲載しています。

 

 

現在「dTV」に加入中の人も、今後加入しようと思っている人もどうぞ。

続きを読む≫ 2016/06/15 22:05:15

 

大和和紀さんの執筆した「はいからさんが通る」は、週刊少女フレンドで連載していた漫画です。

 

 

これまでにも、この漫画を原作とした連続アニメ・ドラマ・舞台・実写映画など…

 

様々な媒体で作品が発表されてきました。

 

 

さらに、2017年にはアニメ映画の公開されることも明かされています。

 

 

長年愛されている漫画「はいからさんが通る」の最終回って、どんな内容だったのでしょうか?

 

この漫画が終わったのは1977年ですので、結末を知らない人や覚えていない人もいるのではないかと思われます。

 

 

この記事には、最終回のあらすじや感想を記載しております。

 

ネタバレをしていますので、これから漫画を読む予定のある方は注意してください。

続きを読む≫ 2016/06/14 16:56:14

 

週刊ヤングマガジンにて連載されていた漫画が、松本光司さんが描かれた「彼岸島 最後の47日間」です。

 

 

「彼岸島」の続編となっており…

 

47日後にばら撒かれるウイルスを食い止めるための戦いが描かれています。

 

 

彼岸島は2013年に実写ドラマ化されていましたが、続編として実写映画化されることも決定しました。

 

タイトルは「彼岸島 デラックス」と名付けられ、公開日の2016年10月15日が近づいている状況です。

 

 

漫画「彼岸島 最後の47日間」の話は、どんな流れとなっているのでしょうか?

 

 

ここにはあらすじと感想が載せてありますので、ネタバレに気をつけてお読みください。

続きを読む≫ 2016/06/13 21:48:13

 

「NANA」は、矢沢あいさんが執筆されている大人気漫画です。

 

 

2005年と2006年には実写映画化。

 

アニメ化もされ、2006年から2007年まで放送されていました。

 

 

2000年から連載開始された作品なのですが、現在作者の矢沢あいさんが急病のため休載中となっています。

 

 

漫画「NANA」は、どういったストーリーが展開されているのでしょう?

 

 

あらすじや感想が記載されておりますので、ネタバレに繋がってしまう可能性があります。

 

どうかご注意ください。

続きを読む≫ 2016/06/13 13:11:13

ハリウッド映画化される企画が進行中の映画が、「Alita: Battle Angel」。

 

この作品は、木城ゆきとさんが描かれた日本の漫画「銃夢(ガンム)」を原作としたものです。

 

 

今のところ、トレーラー映像や公開日は全く公開されていない状況です。

 

今後重要な情報が明かされましたら、この記事にも追加することになっています。

 

 

ハリウッド映画の原作として採用された日本の漫画「銃夢(ガンム)」は、どのようなストーリーとなっているのでしょうか?

 

 

あらすじや感想が書かれているこの記事を読んでしまうと、ネタバレに繋がってしまいます。

 

読む場合は、気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/06/09 22:19:09

スクウェアエニックスが刊行している漫画雑誌で人気のある作品に、押切蓮介さんの「ハイスコアガール」があります。

 

 

アニメ化されるという情報まで流れていたのですが…

 

著作権侵害問題・刑事告訴事件の影響により、2014年以降は休載していました。

 

 

長い間連載が止まっていたのですが、2016年7月25日発売のビッグガンガンで連載が再会されることになりました。

 

 

さらに同日、新装版コミックス「ハイスコアガール CONTINUE」が発売される模様。

 

最新巻である6巻も発売が決定しました。

 

 

いろいろな意味で話題になった漫画「ハイスコアガール」ですが、どんなストーリーなのでしょうか?

 

 

すでにこの漫画を読んだことのある人に、作品に対しての感想やあらすじを聞いてみました。

 

内容がネタバレに触れていますので、気をつけてお読みください。

続きを読む≫ 2016/06/08 17:43:08

 

現在週刊ヤングマガジンで連載中の漫画が、松本光司さん作「彼岸島 48日後…」です。

 

 

この漫画は「彼岸島」「彼岸島 最後の47日間」の続編で、舞台は感染されてしまった日本全土へと広がっています。

 

 

彼岸島が実写映画化されることが決定し、公開日である2016年10月15日が待たれている状態です。

 

2013年に放送されていたドラマ版の続きという流れとなっており、タイトルは、「彼岸島 デラックス」と命名されています。

 

 

ドラマ版と同じく、引き続き主人公・宮本明を白石隼也さんが演じています。

 

宮本篤の役は、鈴木亮平さんが担当します。

 

 

漫画「彼岸島 48日後…」は、どういったストーリーとなっているのでしょう?

 

 

この漫画のあらすじと感想が記載されておりますので、読む場合はネタバレに十分注意してください。

続きを読む≫ 2016/06/08 11:51:08

スタジオジブリのアニメ映画「火垂るの墓」は、野坂昭如さんが執筆した小説を原作とした作品です。

 

アニメ版は、高畑勲さんが監督として携わっています。

 

 

1988年に公開されていた映画ですが、今でも夏になると日テレの映画番組「金曜ロードショー」で放送されることがあります。

 

 

この作品は、どういったストーリーとなっているのでしょうか?

 

 

この記事には、「火垂るの墓」の感想やあらすじを記載しています。

 

もしまだこの映画を観ていない方は、ネタバレに十分注意してください。

続きを読む≫ 2016/06/07 22:02:07

「ALL OUT!!」は、雨瀬シオリさんが描いた漫画です。

 

現在も、月刊モーニングtwoで連載中の作品です。

 

 

先日アニメ化の決定が発表され、2016年秋の放送日が待たれています。

 

 

今のところ各キャラクターを担当する声優の名前は明かされていませんが…

 

後日正式に発表されましたら、この記事にも情報を追加してゆくつもりです。

 

 

アニメの原作として採用された「ALL OUT!!」は、一体どんなストーリーなのでしょうか?

 

 

こちらの漫画を読んでいるファンの人に、あらすじと感想を聞いてみました。

 

ネタバレする可能性がありますので、読む場合はご注意を。

続きを読む≫ 2016/06/07 09:17:07

 

漫画サイト「comico」の中に、「ReLIFE」という作品があります。

 

2013年から夜宵草さんが描かれている漫画で、現在も連載が続いています。

 

 

アニメ化され、2016年7月から放送。

 

さらに実写映画化も決まり、公開日が2017年4月15日と発表されました。

 

 

主人公・海崎新太の役を中川大志さんがつとめ、ヒロイン・日代千鶴の役を平祐奈さんが担当することになっています。

 

 

アニメや実写映画の原作に採用された「ReLIFE」という漫画ですが、どんな内容の物語なのでしょうか?

 

 

この記事には、作品に対する感想やあらすじが掲載されています。

 

ネタバレとなっていますので、読むときには気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/06/06 17:50:06

「チア男子!!」は、朝井リョウさんが執筆した小説です。

 

 

さらに、2011年に漫画化されました。

 

アニメ化も決まり、2016年7月の放送日を控えている状況となっています。

 

 

米内佑希さん、岡本信彦さん、小野友樹さん、杉田智和さん、小西克幸さんなどが声優として参加する予定です。

 

 

アニメや漫画の原作となった作品「チア男子!!」は、一体どういったお話なのでしょうか?

 

 

この小説を読んだことがある人に、感想を聞きました。

 

そしてあらすじが書かれていますので、ネタバレが苦手な方はご注意を。

続きを読む≫ 2016/06/06 16:50:06

 

「月刊アフタヌーン」で長い間連載されていた漫画が、沙村広明さんの「無限の住人」です。

 

 

先日、実写映画化されるとの情報が流れたことで再び話題になったこの漫画。

 

主人公・万次の役を木村拓哉さんが担当し、監督は三池崇史さんが請け負うことになっています。

 

 

実写映画の原作漫画は、どのような最終回を迎えたのでしょうか?

 

漫画を途中まで読んでいた人は多いと思いますが、長い物語を根気よく最後まで読み続けたという人は以外に少ないのかも知れません。

 

 

この作品の最終回は、どのような内容だったのでしょうか?

 

 

当記事にはあらすじや感想が書かれていますので、ネタバレが苦手な場合は気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/06/05 16:12:05

月刊ヒーローズで連載中の漫画が、カサハラテツローさんが描かれている「アトム ザ・ビギニング」です。

 

ゆうきまさみさんが企画原案、手塚眞さんが監修として参加している作品です。

 

 

先日アニメ化されることが発表されましたが、担当声優の名前や放送日といった気になる情報はまだ明かされていない状況です。

 

後日わかりましたら、この記事にも情報を追加するつもりです!

 

 

漫画「アトム ザ・ビギニング」は、どういったストーリーとなっているのでしょうか?

 

 

アニメの原作に選ばれた、この漫画をすでに読んだことのある人がいましたので…

 

あらすじを教えてもらい、感想を聞いてみました。

 

 

ネタバレしてしまうので、この記事を読む際はご注意ください。

続きを読む≫ 2016/06/05 08:37:05

月刊コミックアヴァルスで連載されていた漫画が、唐々煙さんの「曇天に笑う」です。

 

 

この作品の過去の物語である「煉獄に笑う」公式ツイッターのアカウントにて、実写映画化の情報が発表されていました。

 

 

福士蒼汰さんが主演をつとめることが明かされ、話題となっています。

 

他にも、中山優馬さん・若山耀人さん・古川雄輝さん・桐山漣さんの出演が決まっています。

 

 

今後公開日の情報が明かされましたら、この記事にも追加してゆくつもりです!

 

 

漫画「曇天に笑う」は、どのようなストーリーや最終回となっているのでしょうか?

 

 

映画の原作となったこちらの漫画をすでに読んでいた人に、あらすじと感想をお聞きしました。

 

この記事を読むときは、ネタバレする可能性があります。

続きを読む≫ 2016/06/04 20:54:04

「舟を編む」は、三浦しをんさんが執筆された小説です。

 

2012年の本屋大賞に選ばれた作品でもあります。

 

 

映画化され、2013年に公開されていました。

 

松田龍平さんや宮崎あおいさん、オダギリジョーさんや黒木華さんといった有名俳優が多数出演している作品です。

 

 

さらにアニメ化も決定し、2016年10月からフジテレビノイタミナ枠で放送されることになりました。

 

 

この小説「舟を編む」は、一体どんなストーリーとなっているのでしょうか?

 

読んだことのある人から、あらすじや感想を聞きました。

 

 

ネタバレになってしまうので、ご注意を。

続きを読む≫ 2016/06/04 19:29:04

漫画「ACCA13区監察課」は、オノ・ナツメさんが月刊ビッグガンガンで連載中の作品となっています。

 

アニメ化されることが決まり、2016年7月から放送開始されるとのこと。

 

 

今のところ、アニメの放送開始時期や担当声優の名前といった重要な情報が明かされていない状況なのですが…

 

今後わかりましたら、この記事にも追記してゆく予定です!

 

 

アニメの原作になったこちらの漫画ですが、どういったあらすじになっているのでしょうか?

 

また、すでに読んでいる人に感想を聞いてみることにしました。

 

 

これから読もうとしている場合は、ネタバレに気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/06/04 16:51:04

 

「アクセルワールド」は、川原礫さんが執筆されている人気ライトノベルです。

 

2009年よりスタートし、現在19巻まで刊行されています。

 

2012年にはアニメ化され、好評を得ました。

 

 

また映画化も決まり、(INFINITE∞BURST)2016年7月23日の公開日が待たれている状況となっています。

 

 

アニメ版は、1期(24話)しか放送されていませんが…

 

ライトノベル原作には、まだアニメ化されていないエピソードが十分残っています。

 

 

今後、「アクセルワールド」2期が制作される予定はあるのでしょうか?

 

されるとすれば、放送日はいつになるのでしょうか?

 

 

この作品を楽しんでいるファンの方に聞いてみました。

続きを読む≫ 2016/06/02 12:27:02

 

スタジオジブリの人気アニメ映画が、「風の谷のナウシカ」です。

 

 

しかしアニメ映画には、その後のストーリーが存在していたことをご存じでしょうか?

 

 

原作となった漫画は7巻まで刊行されているのですが…

 

アニメ映画の感動的なストーリーは、2巻までのエピソードが使用されていました。

 

 

では…

 

その後どのような展開になり、どのような結末を迎えているのでしょうか?

 

 

原作漫画を読んだという人に、「風の谷のナウシカ」最終回のあらすじを聞いてみることにしました。

 

ネタバレが苦手だという方は、ここから先を読まないほうが無難です。

続きを読む≫ 2016/06/01 11:14:01

尾田栄一郎さんが執筆されている大人気漫画「ONE PIECE」10作目の映画が、「ONE PIECE FILM STRONG WORLD(ワンピースフィルムストロングワールド)」です。

 

2009年から上映されていました。

 

 

製作総指揮を、原作者である尾田栄一郎さん自身が担当していることでも大きな話題となりました。

 

 

ゲスト声優として…

 

金獅子のシキの声を、竹中直人さんが担当していました。

 

他にも、北島康介さんや皆藤愛子さんも声優として参加。

 

 

一体、どういったストーリーとなっているのでしょうか?

 

 

当記事には、映画「ONE PIECE FILM STRONG WORLD(ワンピースフィルムストロングワールド)」のあらすじや感想が記載されています。

 

 

これからこの映画を観ようと思っている人は、くれぐれもネタバレには注意してください。

続きを読む≫ 2016/05/31 22:05:31

尾田栄一郎さんが連載されている大人気漫画「ONE PIECE」の映画版12作目が、「ONE PIECE FILM Z(ワンピースフィルムゼット)」です。

 

2012年に上映が開始されました。

 

 

脚本は、有名構成作家の鈴木おさむさんが書かれています。

 

 

ゲスト声優として…

 

アイン役を篠原涼子さんが、ビンズ役を香川照之さんが担当していることでも話題となりました。

 

フジテレビアナウンサー・加藤綾子(カトパン)も、声優として参加しています。

 

 

この作品は、どのようなストーリー展開がされているのでしょう?

 

 

この記事には、映画「ONE PIECE FILM Z(ワンピースフィルムゼット)」のあらすじと感想が掲載されています。

 

 

もしこの映画をまだ観ていない場合は、ネタバレに気をつけてください。

 

今後観ることがあれば、楽しみが減ってしまうかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/31 21:10:31

西尾維新さんが執筆されている小説(ライトノベル)「物語シリーズ」は、化物語以降次々にアニメ化されました。

 

 

「愚物語」は、物語シリーズ・オフシーズンの第1巻です。

 

「終物語」「続・終物語」においてファイナルシーズンが締めくくられているためか、シリーズ共通の主人公・阿良々木暦は一切出てきません。

 

 

今の時点で、「愚物語」のアニメ化に関する公式な情報は一切明かされていません。

 

ただ、いずれアニメ化されるのではないか?と思っているファンは多いと思われます。

 

 

仮に、正式にアニメ化されるとなれば…

 

当記事に書かれているあらすじや感想は、ネタバレに繋がってしまうことが考えられます。

 

続けて読む場合は、どうかご注意ください。

続きを読む≫ 2016/05/28 08:47:28

 

人気漫画「鋼の錬金術師(ハガレン)」の最終回ってどういったラストだったのでしょうか?

 

どうやら、プロポーズのシーンがあるらしいのですが…

 

 

長い間原作漫画が連載されていたこともあって、実は最後まで読んでいない…という人もいるのではないでしょうか?

 

 

鋼の錬金術師が最も話題になっていたのは、アニメ版が放映されていた2003年〜2004年の間だと言われています。

 

アニメがきっかけで、原作漫画に興味を持った人は多いでしょう。

 

 

しかし放送期間は、たったの1年間でした。

 

アニメ版最終回の内容は、アニメだけのオリジナルのものです。

 

 

アニメが終了した後も原作漫画は続き、2010年まで連載されていましたので…

 

原作漫画を読み続けていなければ、終盤のストーリーを知らない…ということになります。

 

 

ということで、この記事では原作漫画とアニメ版「鋼の錬金術師」最終回のあらすじを両方ご紹介しましょう。

 

内容の違いを読み比べてみてください。

 

 

結末のネタバレになってしまうので、それが嫌な人は注意してください。

続きを読む≫ 2016/05/27 16:12:27

「月刊ガンガンJOKER」で連載されていた漫画が、葉月抹茶さんの描いた「一週間フレンズ。」です。

 

 

2014年にアニメ化・舞台化されました。

 

実写映画化の発表もされ、2017年2月に公開される予定となっています。

 

 

ヒロイン・藤宮香織を川口春奈さんが演じることが明かされました。

 

主人公・長谷祐樹の役は山崎賢人が担当することに決まっています。

 

 

漫画「一週間フレンズ。」のストーリーや結末は、一体どんな内容なのでしょう?

 

 

実写映画の原作として採用されている漫画に対しての感想と最終回のあらすじが、この記事には書かれています。

 

ですので、読む場合にはネタバレに気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/05/26 10:52:26

 

週刊ヤングマガジンで連載していた漫画が、松本光司さんの「彼岸島」です。

 

 

実写映画化の情報が流れ、公開日は2016年10月15日だと発表されました。

 

「彼岸島 デラックス」というタイトルで公開されることになっています。

 

 

主人公・宮本明の役を、白石隼也さんが担当。

 

宮本篤を、鈴木亮平さんが演じることになりました。

 

このキャストは、2013年に放送されていたドラマの時と同じです。

 

 

漫画「彼岸島」のストーリー、どのような内容なのでしょうか?

 

 

映画の原作になった漫画のあらすじと感想が、当記事には明記されています。

 

ですので、読むときはネタバレに気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/05/25 23:56:25

西尾維新さんの代表作のひとつである「戯言シリーズ」が、アニメ化されることが決定しています。

 

それに含まれる作品が、シリーズ6作目である小説「ヒトクイマジカル さつりく奇術の匂宮兄妹」です。

 

 

この作品は、一体どういったストーリーが繰り広げられるのでしょうか?

 

当記事には、西尾維新さんの小説「ヒトクイマジカル さつりく奇術の匂宮兄妹」のあらすじや感想が明記されています。

 

 

しかしここの文章を読むことにより、今後観られるであろうアニメ版の内容がわかってしまうかも知れません。

 

ネタバレに対してあまり良く思わない場合は、読むのは控えた方がよさそうです。

続きを読む≫ 2016/05/25 22:45:25

月刊少年ガンガンとガンガンONLINEで連載されているヨシノサツキさんが執筆された漫画が、「ばらかもん」です。

 

 

2014年にはアニメ化され、2016年にはスピンオフ作品「はんだくん」もアニメ化されることが決まりました。

 

 

主人公・半田清舟を小野大輔さんが演じ、琴石なるの声は原涼子さんが担当していました。

 

 

アニメの原作であるこちらの漫画は、どのようなストーリー展開がされているのでしょうか?

 

 

当記事では、原作漫画のあらすじや感想をご紹介しています。

 

アニメ「はんだくん」を知ってから「ばらかもん」に興味を持った人にとっては。ネタバレに繋がってしまうかも知れません。

 

それを避けたいという場合は、読まないほうがよさそうです。

続きを読む≫ 2016/05/25 17:57:25

「ばらかもん」のスピンオフ作品であるヨシノサツキさんの漫画「はんだくん」は、2013年に連載開始されました。

 

 

ばらかもんに続いてアニメ化されることが明かされました。

 

2016年7月より放送がスタートされることになっています。

 

 

現在の時点で、担当声優の名前は一切明かされていませんが…

 

「ばらかもん」の主人公でもある半田清舟と、友人・川藤鷹生の声は同じ声優が担当すると思われます。

 

各キャラクターの担当声優に関する情報が明かされましたら、この記事にも追加する予定です。

 

 

アニメの原作になったこの漫画は、どういった内容なのでしょうか?

 

 

ここには、原作漫画のあらすじや感想が掲載されています。

 

今後放送予定のアニメ「はんだくん」のネタバレになってしまうことも十分考えられますので…

 

そういったことを避けたい場合は、読むのをやめておいたほうが無難でしょう。

続きを読む≫ 2016/05/25 16:16:25

現在連載されている真じろうさんの漫画「タブータトゥー」は、2010年に始まりました。

 

そしてアニメ化が決まり、2016年7月からの放送開始が待たれている状況です。

 

 

赤塚正義(ジャスティス)の声を古川慎さんが担当し、ブルージィ=フルージィを小松未可子さんが演じることが決まっています。

 

 

アニメの原作に選ばれたこちらの漫画、一体どのようなストーリーなのでしょうか?

 

 

この記事の中には、原作漫画に対しての感想やあらすじが書かれていますのでご注意ください。

 

 

これから放送されることになっているアニメ「タブータトゥー」のネタバレに繋がることも十分考えられますので…

 

アニメを観る時まで内容を知りたくない場合は、避けたほうがよさそうです。

続きを読む≫ 2016/05/25 08:48:25

西尾維新さんが書かれた小説「戯言シリーズ」が、アニメ化されるとのこと。

 

シリーズ9作目「ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い」は、最終巻となっています。

 

 

こちらの作品は、どのようなストーリーが展開されているのでしょうか?

 

この記事に書かれている内容は、西尾維新さんが執筆した小説「ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い」のあらすじと感想です。

 

 

ただここに掲載されている文章を読むことで、アニメ版のネタバレに繋がる可能性は否定できません。

 

今のうちから内容を知りたくない場合は、読むのをやめておきましょう。

続きを読む≫ 2016/05/24 21:42:24

週刊少年マガジンで連載されている漫画が、サッカーを題材にした安田剛士さんの作品「DAYS」です。

 

 

この漫画のアニメ化が決定し、2016年夏にスタートすることが既に決まっています。

 

しかし正確な放送日までは明かされていない状況ですので、今後わかればこの記事にも情報を足してゆくつもりです。

 

 

主人公・柄本つくしの声を演じるのが、吉永拓斗さん。

 

他にも、松岡禎丞さん・浪川大輔さん・小野大輔さん・宮野真守さん・櫻井孝宏さんなどが担当声優として選ばれました。

 

 

「DAYS」は、どのようなストーリー展開がされている漫画なのでしょうか?

 

 

この記事には、この作品の原作漫画を読んだ感想とあらすじが掲載されています。

 

ネタバレされてしまうことに対して苦手意識を覚える方は、ここから先は読まないほうがいいのかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/24 19:05:24

日吉丸晃さんの書いた漫画「初恋モンスター」は、2013年にスタートし今も連載が続いている人気作品です。

 

 

アニメ化が決定し、2016年7月から放送が始まることになっています。

 

 

二階堂夏歩を堀江由衣さんが演じ、高橋奏の声を櫻井孝宏さんが担当することになっています。

 

他にも、岡本信彦さんや津田健次郎さんといった有名声優の名前が続々と発表されています。

 

 

とにかく設定とビジュアルのインパクトが強いこの作品…

 

アニメ原作として採用されたこの漫画は、どういった物語なのでしょうか?

 

 

ここから下には、原作の漫画に対する感想やあらすじが掲載されております。

 

この記事を読む場合は、そういった点にご注意ください。

 

 

今後の放送が決定しているアニメ「初恋モンスター」のネタバレに繋がってしまう可能性があります。

 

アニメを観るまでの楽しみを減らしたくない方は、見ないほうがいいかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/24 18:55:24

「別冊マーガレット」で連載されていた漫画が、河原和音さんが描いた「青空エール」です。

 

 

こちらの作品は、2015年の秋に最終回を迎えたばかり。

 

早速実写映画化されることが決まり、すでに公開日が2016年8月20日であると発表されています。

 

 

主人公・小野つばさの役は、土屋太鳳さんが担当することになりました。

 

山田大介は、竹内涼真さんが演じることなっています。

 

また、上野樹里さんや志田未来さんなど有名俳優が出演します。

 

 

漫画「青空エール」で繰り広げられている物語は、一体どういった内容なのでしょう?

 

 

映画の原作となった漫画のあらすじや感想が、ここの記事には書かれています。

 

くれぐれも読むときには、ネタバレにご注意を。

 

 

実写映画が公開される前に知ってしまうと、楽しみが減ってしまうかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/18 22:14:18

 

「るろうに剣心 星霜編」は、テレビアニメとしてではなく…

 

OVAとして発売されたアニメ作品です。

 

 

このアニメに原作は存在せず、オリジナルのストーリーとなっています。

 

 

「剣心と薫が、共に病気を患ってこの世を去る」という衝撃的な最期により、評価の分かれた「るろうに剣心 星霜編」なのですが…

 

どういうストーリーなのでしょうか?

 

 

こちらの記事には、アニメの感想やあらすじが掲載されています。

 

もしネタバレされることを好まない場合は、先へ読み進めるのはやめておいたほうがいいでしょう。

続きを読む≫ 2016/05/17 21:43:17

 

新しい動画配信サイト「ネットフリックス(Netflix)」が、映像作品好きの間で普及してきています。

 

 

外資のサービスだったり、オリジナルの海外ドラマが配信されていることもあり…

 

どうしても「海外ドラマ」や「洋画」のイメージが強く残っているこちらのサービス。

 

 

一方で、日本のアニメもたくさん配信されています。

 

それも、中高生から上の年代でも十分楽しめる大人向けのアニメが揃っています。

 

 

こうしたアニメをテレビで観ようと思ったら…

 

深夜にしか流れていなかったり、地方では全く観る手段がなかったりするのが難点です。

 

 

ですので、ネットの配信サイトで大人向けの日本アニメをすぐに観られるのは嬉しいですよね。

 

 

多くのアニメ作品の中からどれを選ぼうかわからない人に向けて、「ネットフリックス(Netflix)」でおすすめする作品をご紹介しましょう。

 

実際にアニメを観ている人に尋ねてみました。

 

参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事を書いた時点で人気の高い作品順に、ランキング形式によってご紹介します。

 

 

今「ネットフリックス(Netflix)」に入っている方はもちろんのこと、今後入ろうと考えている方もどうぞ。

続きを読む≫ 2016/05/17 17:43:17

「サイコロジカル(下)曳かれ者の小唄」は、西尾維新さんの小説(ライトノベル)「戯言シリーズ」の第5弾です。

 

このシリーズのアニメ化が発表され、現在話題となっています。

 

 

各キャラクターの担当声優名・アニメの制作会社・放送日など…

 

私達がぜひ知りたいと思っている情報は、残念ながら公表されていない段階です。

 

 

アニメについて重要な情報が明かされましたら、ここにも追加することになっています。

 

 

アニメの原作となったこの作品は、どのようなストーリーになっているのでしょうか?

 

 

ここには、小説のあらすじや感想が書かれていますので、くれぐれも注意してください。

 

アニメ「サイコロジカル(下)曳かれ者の小唄」のネタバレになってしまうことで、今後の楽しみが減ってしまうかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/16 20:53:16

久慈マサムネさんが執筆した人気ライトノベル「魔装学園H×H」のアニメ化が決定し、2016年7月の放送開始日が近づいています。

 

 

主人公・飛弾傷無の声を赤羽根健治さんが担当し、ヒロイン・千鳥ヶ淵愛音を影山灯さんが演じることになりました。

 

 

ライトノベル「魔装学園H×H」のストーリーは、一体どうなっているのでしょうか?

 

 

アニメの原作となったライトノベルのあらすじと感想が、当記事に書かれています。

 

ネタバレに触れたくない場合は、ここから先は読まないほうがいいかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/16 17:16:16

「サイコロジカル(上)吊木垓輔の戯言ごろし」は、西尾維新さんの書かれた小説(ライトノベル)「戯言シリーズ」の4作目となります。

 

2002年に刊行されているこの作品も含まれているこちらのシリーズが、アニメ化される…という情報が流れていました。

 

 

キャラクターの声を演じる声優の名前、アニメを制作する会社、放送日など、重要な情報は一切流れていない状況ではありますが…

 

アニメに関する情報が発表されましたら、この記事に情報を追記するつもりです。

 

 

アニメ原作であるこちらの小説は、一体どのような内容なのでしょう?

 

 

当記事には、小説のあらすじと感想が記載されていますので、十分注意してください。

 

アニメ「サイコロジカル(上)吊木垓輔の戯言ごろし」のネタバレに繋がってしまい、観る楽しみが減少してしまう恐れがありますので。

続きを読む≫ 2016/05/15 17:20:15

 

「ジャンプSQ.19」や「ジャンプスクエア」で連載されていたのが、古屋兎丸さんが描かれた漫画「帝一の國(ていいちのくに)」です。

 

 

この作品を題材とした舞台「學蘭歌劇 帝一の國」が上演されたほか、実写映画化されることが決定しました。

 

 

現在は、主演を菅田将暉さんがつとめるということ以外に情報が出てきていませんが…

 

今後重要な情報が明かされましたら、ここにも追記してゆく予定です。

 

 

漫画「帝一の國(ていいちのくに)」ストーリーは、一体どんな内容なのでしょうか?

 

 

最終回のあらすじと感想が、当記事に明記されておりますので…

 

読む時は、ネタバレに注意してください。

 

 

もし今後実写映画を観ようと思っている場合、楽しみが減ってしまう恐れもあります。

続きを読む≫ 2016/05/15 16:15:15

 

「るろうに剣心 追憶編」は、テレビシリーズではなくOVAとして販売されたアニメ作品です。

 

 

内容は、主に「漫画原作「人誅編」で緋村剣心が回想する過去の場面」「剣心が「人斬り抜刀斎」と呼ばれていた幕末時代」で構成されています。

 

 

抜刀斎である緋村剣心と共に暮らしていた、雪代巴がヒロインとして登場する「るろうに剣心 追憶編」ですが…

 

一体、どういった物語展開がされるのでしょうか?

 

 

この記事には、アニメの感想とあらすじを掲載していますので、ネタバレされたくない場合は読むのは避けたほうがいいかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/15 13:25:15

現在週刊少年ジャンプで連載中の漫画が、「斉木楠雄のΨ難」です。

 

 

アニメ化されることがジャンプ誌上で明かされ、大きな話題となっています。

 

アニメは、2016年7月からスタートする予定。

 

 

ところで、この漫画の主人公である斉木楠雄が「ジャンプの歴代主人公の中で最強」という説があるようなのですが…

 

 

ネットでも見かけることの多い「斉木楠雄最強説」。

 

一体、どういった理由で最強とされているのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/05/15 09:13:15

アニメ映画「時をかける少女(時かけ)」は、「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」などを手掛けた細田守監督の作品です。

 

 

主人公・紺野真琴の声を、仲里依紗さんが担当。

 

間宮千昭の役を石田卓也さん、津田功介の役を板倉光隆さんがつとめています。

 

 

他にも、原沙知絵さんと谷村美月さんが声優を担当していることでも知られています。

 

 

2006年に公開していた、アニメ映画「時をかける少女(時かけ)」のストーリーって、どんな内容なのでしょうか?

 

 

ここには、アニメ映画のあらすじと感想を載せています。

 

ネタバレを苦手とされている人は、読むのを控えておいたほうが無難だと思われます。

続きを読む≫ 2016/05/14 23:17:14

1987年に出版され、現在でも多くのお子さんや親御さんに支持され続けている絵本が、斉藤洋さんの作品「ルドルフとイッパイアッテナ」です。

 

 

アニメ映画化されることが決定し、2016年8月6日の公開日が近づいているという状況です。

 

 

ルドルフの声を、女優の井上真央さんが担当し…

 

イッパイアッテナの声を鈴木亮平さんが担当したことで話題となっています。

 

 

人気の絵本「ルドルフとイッパイアッテナ」のお話って、一体どういった内容なのでしょうか?

 

 

映画の原作となった絵本のあらすじや感想が、この記事に書かれています。

 

読む時は、ネタバレに気をつけてください。

 

 

もし映画を観に行ったり、絵本を読む予定があるなら、楽しみがなくなってしまう恐れもありますので。

続きを読む≫ 2016/05/14 22:45:14

西尾維新さんが執筆された小説「物語シリーズ」は、化物語から次々にアニメ化されました。

 

 

「終物語」は、物語シリーズ・ファイナルシーズンの3作目です。

 

2013年に上巻が刊行され、2014年に中・下巻が発売されました。

 

2015年には、テレビアニメシリーズが放送されています。

 

 

まだ小説やアニメに触れていない方は、ここに書かれているあらすじや感想を読む際は気をつけてください。

 

ネタバレしてしまうと、今後の楽しみが減ってしまう恐れがありますので。

続きを読む≫ 2016/05/14 12:12:14

西尾維新さんが執筆された小説(ライトノベル)「戯言シリーズ」の2作目が、「クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識」です。

 

2002年に発売されたこの作品を含めたシリーズが、アニメ化される…という情報が流れていました。

 

 

登場キャラを担当する声優やアニメの制作会社、放送日といったような詳細は、まだわからないのですが…

 

今後そういった情報が公表されましたら、ここにも情報を足してゆく予定です。

 

 

アニメの原作になったこの小説では、どういったストーリーが展開されているのでしょうか?

 

 

原作小説のあらすじや感想がこの記事に掲載されておりますので…

 

読む場合は十分気をつけてください。

 

 

今後観られるであろうアニメ「クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識」のネタバレになってしまうかも知れません。

 

くれぐれも読む場合は、楽しみを奪われないよう十分注意してください。

続きを読む≫ 2016/05/12 19:36:12

西尾維新さんの小説「物語シリーズ」は、化物語をはじめとして続々とアニメ化がされています。

 

 

「続・終物語」は、物語シリーズ・ファイナルシーズンの最終巻です。

 

本編は前巻「終物語」ですでに完結しているため、この作品はいわばオマケの扱いとなっています。

 

 

現在、「続・終物語」がアニメ化されるという内容の公式情報は全く出てきてはいないのですが…

 

いずれアニメ化されることを期待しているファンも多いでしょう。

 

 

もしこれからアニメ化することになれば、この記事に明記されているあらすじや感想がネタバレになってしまうかも知れません。

 

ここから先の文章を読む時は、くれぐれもご注意ください。

続きを読む≫ 2016/05/12 13:09:12

西尾維新さんの代表作のひとつ「戯言シリーズ」の第3作目「クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子」は、2002年に刊行されました。

 

当作品を含んだこのシリーズは、アニメ化されることが決まっています。

 

 

現在の時点では、アニメの制作会社やキャラクターの声を担当する声優。放送日などがわからない状態となっています。

 

これらについて新情報が明かされましたら、ここにも追記してゆくつもりです。

 

 

アニメの原作にもなったこの小説ですが、一体どういった話なのでしょう?

 

 

当記事には、原作に小説に対しての感想とあらすじが書かれています。

 

 

それがアニメ化された「クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子」のネタバレになるかも知れません。

 

アニメを観る時の楽しみが奪われてしまわないよう、くれぐれもご注意ください。

続きを読む≫ 2016/05/11 23:53:11

アニメ化もされ絶大な人気を得ているのが、西尾維新さんの小説「物語シリーズ」です。

 

 

「業物語」は、シリーズ完結後の物語シリーズ・オフシーズンの2作目となっています。

 

収録されているのは、「うつくし姫」「あせろらボナペティ」「かれんオウガ」「つばさスリーピング」の4話。

 

 

今のところ、「業物語」がアニメ化されるなどといった情報は一切流れていないのですが…

 

今後アニメ化されるのは誰もが期待していることと思われます。

 

 

されるとなれば、ここに書かれているあらすじや感想がネタバレになってしまう可能性があります。

 

この記事の先を読む場合は、その点に気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/05/11 22:07:11

宇野朴人さんの書いたライトノベル「ねじ巻き精霊戦記・天鏡のアルデラミン」は、2012年にスタートし現在も継続されているシリーズです。

 

 

アニメ化されることが決まり、2016年7月の放送スタートが待たれている…という状況です。

 

 

主人公のイクタ・ソロークは、岡本信彦さんが担当します。

 

ヒロインのヤトリシノ・イグセムの声は、種田梨沙さんが担当することになりました。

 

 

アニメの原作になったこのライトノベルは、どういった話になっているのでしょうか?

 

 

この下には原作小説に対してのあらすじと感想が掲載されておりますので、読むとしたらその点にご注意ください。

 

 

放送されることが決まっているアニメ「ねじ巻き精霊戦記・天鏡のアルデラミン」のネタバレになってしまう恐れがあります。

 

アニメが放送される日までの楽しみにとっておきたい方は、やめておいたほうがいいかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/11 18:15:11

西尾維新さんの小説「戯言シリーズ」シリーズの記念すべき第1作目「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」は、2002年に発刊されています。

 

この作品をはじめとした一連のシリーズが、アニメ化されることが決定しました。

 

 

物語シリーズのようなテレビ放送という形ではなく、OVAとして発売されることが決まっています。

 

 

総監督には、物語シリーズでお馴染みの新房昭之さんが選ばれました。

 

主要キャラクターの声を担当する声優として、梶裕貴さん・悠木碧さん・甲斐田裕子さんなどが決定しています。

 

 

アニメの原作として選ばれたこちらの小説って、どんな話なのでしょうか?

 

 

ここの記事には原作となった小説に対する感想やあらすじが明記されていますので、読む場合は十分気をつけてください。

 

 

今後放送されるであろうアニメ「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」のネタバレになる可能性があります。

 

その結果、アニメ放送日までの楽しみが減るかもしれませんので…

続きを読む≫ 2016/05/11 17:42:11

アニメ映画「時をかける少女(時かけ)」を無料視聴できる方法があります!

 

 

2006年に公開されてヒットしたアニメが、「時をかける少女(時かけ)」です。

 

「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」の細田守監督が手掛けた作品で、時々地上波テレビでも再放送されるほど人気があります。

 

 

ただいつ放送されるのかはわからないですし、今すぐに観たいと思ってもレンタル店に行って借りるのは面倒に感じます。

 

後日に返却することを考えると、なおさらですよね…

 

 

そこで、アニメ映画「時をかける少女(時かけ)」の動画を無料視聴する方法があるのですが…

続きを読む≫ 2016/05/11 10:28:11

 

配信サイト「Hulu」というと、海外ドラマとか洋画といったイメージがありますが…

 

アニメも多数配信されていますよね。

 

 

近年ゴールデンタイムに放送されているのは、子供向けのアニメばかりです。

 

中高生から上の年代でも楽しめるアニメといえば、深夜帯に放送されていたり、地方では放送されていなかったり…

 

 

ネットの配信サイトでアニメを観られるのは、本当に助かります。

 

 

配信されている数々のアニメからどれに決めるか迷う人に向けて、「Hulu」でおすすめの作品をご紹介します。

 

このサイトでアニメを楽しんでいる人に実際に聞きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

人気が高い順に、ランキング形式でご紹介しています。

 

 

すでに「Hulu」に入っている人も、これから入ろうか迷っている人も読んでみてください。

続きを読む≫ 2016/05/09 15:33:09

「このライトノベルがすごい!文庫」から刊行されている、遠藤浅蜊さんの執筆した小説が「魔法少女育成計画(まほいく)」です。

 

アニメ化が決定し、2016年10月に放送がスタートされる予定となっています。

 

 

スノーホワイトの声を東山奈央さんが担当し、リップルの声を沼倉愛美さんが担当することが決まっています。

 

 

ところで…

 

アニメの原作となったこのライトノベル(小説)は、どのような話なのでしょうか?

 

 

この記事には原作ライトノベルのあらすじ・感想が書かれていますので、読む場合は十分気をつけましょう。

 

 

これから観るであろうアニメ「魔法少女育成計画(まほいく)」のネタバレになるかもしれませんので、アニメを観る楽しみが減ってしまう可能性が考えられます。

続きを読む≫ 2016/05/08 08:16:08

「月刊コミックガーデン」で連載されている、黒乃奈々絵さんの漫画が「PEACE MAKER鐵」です。

 

 

スクウェアエニックスの漫画雑誌「月刊少年ガンガン」で連載されていた、「新撰組異聞PEACE MAKER」の続編にあたる作品となっているこの作品ですが…

 

このたびアニメ化が決定しました!

 

 

今のところ、放送日やキャストなどといった詳細情報は明かされていない状況ですが…

 

今後、新情報が追加されるのではないでしょうか?

 

 

アニメの原作になったこちらの漫画は、どういったストーリーなのでしょうか?

 

すでにこの作品を読んだ経験のあるファンの方に、感想を聞いてみました。

 

 

ここの記事には、原作漫画の感想とあらすじが明記されていますので…

 

読む時には、十分注意をしてください。

 

 

今後視聴することになるアニメ「PEACE MAKER鐵」のネタバレにも繋がっているため、アニメ放映時の楽しみが減ってしまう可能性もありますので。

続きを読む≫ 2016/05/07 21:04:07

ウェブ漫画配信サイト「ガンガンONLINE」で連載中の、ワザワキリさんの漫画「不機嫌なモノノケ庵」のアニメ化が決まりました!

 

2016年7月より放送スタートされることが明かされています。

 

 

主人公の芦屋花繪の声を梶裕貴さんが、安倍晴齋を前野智昭さんが担当。

 

…といった具合に、キャスト情報も次々と発表されている状況ですが…

 

 

このアニメの原作として採用された漫画は、どのような物語なのでしょう?

 

そして、すでにこちらの作品を読んでいたファンの人に感想を聞いてみることにしましょう。

 

 

ここには、原作漫画のあらすじや感想が書かれています。

 

記事を読む際には、十分気をつけてください。

 

 

今後放送開始される予定のアニメ「不機嫌なモノノケ庵」のネタバレになってしまい、アニメを観る楽しみに影響するかもしれませんので。

続きを読む≫ 2016/05/07 18:03:07

月刊「ビッグガンガン」で連載されている、横槍メンゴさんの描いた漫画「クズの本懐」のアニメ化が決定し…

 

フジテレビノイタミナ枠で放送されることになりました。

 

 

2017年1月から放映がスタートされる予定です。

 

今のところ担当声優などは発表されていない状況ですので、今後の続報が気になるところです。

 

 

アニメの原作となった漫画は、どういったストーリーなのでしょう?

 

さらに、ファンの人にこの作品を読んだ感想を聞いてみました。

 

 

ここの記事には、原作漫画のあらすじと感想が掲載されています。

 

 

後日放送が開始されるアニメ「クズの本懐」のネタバレになってしまい、楽しみが減ってしまう可能性がありますので…

 

この先を読む場合には、十分注意してください。

続きを読む≫ 2016/05/07 16:41:07

 

「おおきく振りかぶって」は、月刊アフタヌーンで2003年から連載しているひぐちアサさんによる野球漫画です。

 

 

コミックスは現在26巻まで発売されており、テレビアニメ化もされました。

 

第1期は2007年に25話、2期の「おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜」は、2010年に13話放送されました。

 

 

原作漫画は今も連載中ですし、アニメのストーリーも原作に追いついていないので余裕があります。

 

 

このことから、当然アニメ3期の制作決定が期待されているのですが…

 

決まる可能性はあるのでしょうか?

 

 

仮に制作が決まったとしたら、放送日はいつになるでしょうか?

続きを読む≫ 2016/05/05 17:26:05

CGアニメシリーズ「スターウォーズ反乱者たち」は、世界的に有名な映画シリーズ・スターウォーズのスピンオフ作品です。

 

地上波やディズニーXDで放送されていただけでなくブルーレイやDVDがリリースされているので、今からでも観ることが可能です。

 

 

2015年にスターウォーズの最新作「フォースの覚醒(エピソード7)」が公開されたのがきっかけで、このアニメに興味を持った人もいると思われます。

 

 

「スターウォーズ反乱者たち」のストーリーは、どういった内容なのでしょうか?

 

 

この記事には、この作品のあらすじや感想が書かれています。

 

ネタバレされてしまうのが苦手な方は、この先は読まないほうがいいかも知れません。

続きを読む≫ 2016/05/05 12:03:05

次々とアニメ化がされ長い間人支持を受け続けているのが、西尾維新さんの小説(ライトノベル)「物語シリーズ」です。

 

 

「暦物語」はシリーズの中の1作品で、アニメ化もされているのですが…

 

これまでのようにテレビアニメという形ではなく、「スマートフォンアプリの中でのみ限定で観ることができる」という新しい形で公開されていました。

 

 

原作となっている小説(ライトノベル)は、どのようなストーリーになっているのでしょうか?

 

 

今後、ブルーレイやDVDが発売されることが決定しています。

 

レンタルも開始されるでしょう。

 

 

内容のネタバレになってしまう可能性が大いにおりますので、この先を読む場合は気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/05/04 12:25:04

 

現在も「ヤングアニマル」で連載されている漫画「3月のライオン」が、実写映画化・アニメ化されると発表されました。

 

 

「ハチミツとクローバー」の羽海野チカさんが描かれた漫画が原作の実写映画は、2017年に公開される模様。

 

アニメは、2016年に放送される予定となっています。

 

 

主人公の桐山零役として神木隆之介さんが選ばれたことで話題になったこちらの作品ですが…

 

原作漫画は、どのようなストーリーなのでしょうか?

 

 

さらにこの漫画を読み続けている方に、感想を聞いてみました。

 

 

辛口な評価をいただいてしまいましたので、掲載を迷ったのですが…

 

これもひとつの意見ということで載せることにしました。

 

 

この作品に思い入れのあるファンの方は、注意してお読みください。

 

 

映画「3月のライオン」のネタバレになる可能性もありますので、その点もご注意ください。

続きを読む≫ 2016/05/04 00:17:04

 

「電子貸本Renta!」という、電子書籍のサービスがありますよね。

 

 

一般的な電子書籍サービスは、ネットで購入してパソコンやスマホで漫画や小説を見ることができるのですが…

 

「電子貸本Renta!」の場合は、1度料金を支払って無期限で読むことのできるほかにも、「レンタル」という形で期間限定で漫画や小説を読むことも可能なサービスなのです。

 

 

実際にこのサービスを利用されている方お二人に、感想を聞いてみました。

 

使ってみようかどうか迷っている方は、この記事に書かれている評価や口コミをぜひ参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/05/03 18:11:03

「サマーウォーズ」は岩井恭平さんが執筆した、人気アニメ映画の小説版です。

 

劇場公開に合わせる形で、公開日の数日前に発売されています。

 

 

映画版ではテンポを重視して削っていた、各登場人物の心情が細かく描かれているのが特徴です。

 

映画を観て登場キャラクターに愛着が湧いた人が読めば、なおのことこの作品の世界観にハマることができるものと思われます。

 

 

ここの記事には、小説の読書感想文が掲載されています。

 

まだ読んでいない方にとってはネタバレになってしまい、楽しみが減ってしまうかも知れません。

 

ここから先を読む時は、どうかお気をつけ下さい。

続きを読む≫ 2016/05/02 22:02:02

実写映画「秘密 THE TOP SECRET」が、2016年8月6日に公開されることになっています。

 

清水玲子さんの描いた漫画が原作となった作品です。

 

 

主人公の薪剛を、生田斗真さんが演じることになりました。

 

他には、岡田将生さんや松坂桃李さん、吉川晃司さんたちが出演する予定です。

 

 

映画の原作であるこの漫画「秘密 THE TOP SECRET」は、どのようなストーリーなのでしょうか?

 

さらに、この作品を読んだ経験のある方に感想を聞いてみることにしました。

 

 

当記事には原作漫画の感想やあらすじが書かれているのですが、今後観ることになる映画「秘密 THE TOP SECRET」のネタバレになる可能性は大いにあります。

 

ですから、この先を読もうと思った場合には気をつけることをおすすめします。

続きを読む≫ 2016/05/01 18:04:01

アニメ化もされたことで人気の、西尾維新さんが書いている小説「物語シリーズ」。

 

その中の一作品である「傷物語」が、なんとアニメ映画化されたことで話題になりました。

 

 

しかも物語は3部作構成となり、「鉄血篇」「熱血篇」「冷血篇」と分けて公開されることになります。

 

 

もちろん、この作品も小説(ライトノベル)が原作となっているのですが…

 

一体、どういったストーリーなのでしょうか?

 

 

今後の公開が決まっている「傷物語」のネタバレになるのは、ほぼ確実でしょう。

 

ここから先の文章は作品のあらすじや結末・感想ですので、その点はご了承ください。

続きを読む≫ 2016/05/01 17:33:01

アニメ映画「バケモノの子」は、「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などの細田守監督が手掛けた最新作です。

 

 

熊徹の声を役所広司さんが、九太の役を宮崎あおいさんがつとめるなど…

 

広瀬すずさん、大泉洋さんといった有名俳優が多数声優を担当している作品です。

 

 

2015年に公開されたアニメ映画「バケモノの子」の内容は、どういったものなのでしょうか?

 

 

この記事にはこの映画のあらすじと感想を掲載していますので…

 

ネタバレされるのが嫌な場合は、ここから先を読む場合は気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/05/01 12:00:01

「別冊少年チャンピオン」で連載されている此元和津也さんの漫画「セトウツミ」が、実写映画化されることに決まりました。

 

こちらの映画は、2016年7月2日に公開される予定です。

 

 

池松壮亮さんと菅田将暉さんが出演します。

 

タイトル「セトウツミ」の意味は、主人公であるふたり・「瀬戸」と「内海」の苗字から来ています。

 

 

実写映画化された原作の漫画ですが…

 

一体、どういうストーリーなのでしょう?

 

 

ここには、原作漫画の感想とあらすじが掲載されています。

 

これが、今後の公開が決定している映画「セトウツミ」のネタバレにならないとは限りませんので…

 

ここから先の部分を読む場合は、注意してください。

続きを読む≫ 2016/04/27 15:29:27

こうの史代さんが描かれた漫画のタイトルが、「この世界の片隅に」です。

 

アニメ映画化されることが決定し、2016年11月12日に公開される予定となっています。

 

 

アニメ映画の原作になった漫画「この世界の片隅に」は、戦時中が背景になっているのですが…

 

ストーリーは、どういった内容になっているのでしょうか?

 

 

また、この作品をすでに読んでいた方に作品の感想を聞いてみることにしました。

 

 

ここの記事には、原作漫画のあらすじや感想が掲載されています。

 

それは、これから公開されることになっているアニメ映画「この世界の片隅に」のネタバレになる可能性があります。

 

先の文章を読もうと思った方は、くれぐれもご注意ください。

続きを読む≫ 2016/04/24 17:51:24

 

澄川ボルボックスさんが描かれている現在連載中の漫画が「傷だらけの悪魔」なのですが…

 

実写化の情報が正式に発表されていました。

 

 

公開日は、2017年2月4日を予定しています。

 

 

主人公・葛西舞を足立梨花さんが、小田切(玖村)詩乃を江野沢愛美さんが演じることが決まっています。

 

また他には、加弥乃さん・岡田結実さん・藤田富さんが出演するとのこと。

 

 

この映画の主題歌を歌う女性シンガーを、一般人から募っていることも話題となりました。

 

 

映画の原作になったこの漫画なのですが…

 

ストーリーは、どのような内容なのでしょうか?

 

 

さらに、漫画「傷だらけの悪魔」を愛読されている方に作品の感想を聞きました。

続きを読む≫ 2016/04/24 16:26:24

新川直司さんの漫画「四月は君の嘘」を原作とした実写映画が、公開される予定です。

 

公開日は、2016年9月10日に決まりました。

 

 

宮園かをりを広瀬すずさんが演じ、有馬公正の役を山崎賢人さんが担当することになっています。

 

 

映画の原作になったこの漫画。

 

初めてタイトルを見た時に、この意味が何なのか疑問に思う人が多いと思われますが…

 

どういったストーリー内容でしょうか?

 

 

それに加えて、漫画「四月は君の嘘」を読んでみた方に感想をいただきました。

 

 

当記事には、原作漫画のあらすじだったり感想が掲載されていますので…

 

もしかすると、これから公開されることになっている実写映画「四月は君の嘘」のネタバレになる可能性も考えられます。

 

ですので、ここの記事を読む場合は注意してください。

続きを読む≫ 2016/04/24 15:23:24

週刊ヤングジャンプで連載されている野田サトルさんの人気漫画「ゴールデンカムイ」。

 

先日、「マンガ大賞2016」で大賞を受賞しました。

 

 

ほかにも、「2015年度・コミックナタリー大賞」の2位や「このマンガがすごい! 2016オトコ編の2位にも選ばれている作品です。

 

 

上記のニュースがきっかけで「ゴールデンカムイ」を知った人もいるかも知れませんので…

 

そんな方のためにこの記事では、簡単ですがあらすじを掲載しています。

 

 

また、すでにこの漫画を読んだことのある人から感想を聞きました。

 

 

興味があってこれから読もうと考えている人にとっては、ネタバレになってしまう可能性がありますのでご注意を。

 

逆に「中身が全くわからない漫画をいきなり買うのはちょっと…」という人は、購入前の参考にどうぞ。

続きを読む≫ 2016/04/23 16:02:23

アニメ「ドロロンえん魔くん」は、1973年から1974年までフジテレビ系列の放送局で流れていました。

 

永井豪さんが描かれていた漫画が原作です。

 

 

原作のギャグ漫画とは打って変わって、シリアスな作風が特徴のアニメ版「ドロロンえん魔くん」。

 

最終回は、どんなストーリー内容だったのでしょうか?

 

なんと、えん魔くんは命を落としてしまうのですが…

 

 

こちらの記事には、最終回となる25話「妖怪大決戦」のあらすじが明記されています。

続きを読む≫ 2016/04/20 22:39:20

実在した棋士・村山聖さんが主人公の映画「聖の青春(さとしのせいしゅん)」が公開されることになりました。

 

小説が原作となっている作品で、公開は2016年秋の予定となっています。

 

 

主演は松山ケンイチさんが演じています。

 

この映画に出るために、自らの体型を村山聖さんに近づけたことが話題となりました。

 

 

そして実は…

 

村山聖さんを主人公にしたいわば「漫画版・聖の青春」にあたる作品があったことをご存知でしょうか?

 

 

「聖・天才羽生が恐れた男」というタイトルの漫画で、ビッグコミックで連載されていました。

 

 

この漫画は、どういったあらすじなのでしょうか?

 

そして、実際に読んでいた方から感想を聞いてみることにしました。

 

 

これから「聖・天才羽生が恐れた男」を読んでみようと思った方にはネタバレになってしまう可能性がありますので…

 

この先に書かれているあらすじや感想を読む場合は、ご注意ください。

続きを読む≫ 2016/04/19 09:18:19

週刊少年マガジンで連載されていた人気漫画「聲の形」が、アニメ映画として公開されることになりました。

 

(注:蟹の形ではありません。)

 

 

制作会社は、あの京都アニメーション(涼宮ハルヒの憂鬱・らきすた・けいおん!などでお馴染み)が手掛けるということで話題になっています。

 

 

主人公・石田将也の声を入野自由さんが、ヒロイン・西宮硝子の声を早見沙織が担当することになりました。

 

 

この記事では、漫画「聲の形」のあらすじや…

 

原作を読んだ人から聞いた感想を掲載しています。

 

 

アニメ映画の公開情報からこの作品を知り原作漫画を読んでいない人にとっては、ネタバレになってしまうかも知れません。

 

ここから先を読む際には、どうか気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/04/18 20:13:18

ライトノベルの人気作品が、「アクセルワールド」です。

 

 

原作は2009年からスタートし、現在も続いている人気作品です。

 

2012年にはアニメ化され、2016年には劇場版のアニメが公開されることになっています。

 

 

アニメシリーズの2期放送決定も待たれている、この作品ですが…

 

物語は、どのような内容なのでしょうか?

 

 

それに加え、原作の小説を読んだ方に感想を聞いてみました。

 

 

ここには原作小説のあらすじと感想を掲載しているのですが…

 

劇場版アニメがきっかけでこの作品に興味を持った人にとっては、ネタバレになってしまう可能性もあります。

 

この記事を読むときは、その点にお気をつけください。

続きを読む≫ 2016/04/18 18:46:18

 

綾瀬はるかさんが主演のNHK連続ドラマ「精霊の守り人」が、放送開始されています。

 

今後はシーズン1だけでなく、シーズン3まで放送される予定となっています。

 

 

実はこの「精霊の守り人」、アニメ版がNHKで放送されていたのをご存知でしょうか?

 

 

2007年にBSで放送され、2008年にNHK教育テレビで放送されていた作品だったのですが…

 

ドラマ版を観て「精霊の守り人」のことを初めて知った場合、当時放送されていた時のことを知らずに見逃してしまったのではないでしょうか?

 

 

過去に放送されてしまった「精霊の守り人」を観る方法ってあるのでしょうか?

 

 

実は、アニメ版「精霊の守り人」の再放送を合法で無料視聴できてしまう方法があるのですが…

続きを読む≫ 2016/04/16 12:25:16

 

2013年にテレビアニメが放送された、人気のライトノベルシリーズの一つである「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」。

 

通称「俺修羅」はその特徴的なタイトルの通り、主人公と数々の美少女キャラクター達が痛快なやり取りを繰り広げるコメディ作品です。

 

 

ライトノベルのラブコメ作品では王道的な作品であり、その人気からアニメ化が決定したのです。

 

 

大きな人気を得たアニメは、続編として2期の作品が制作されることもあります。

 

 

では、「俺修羅」の2期がスタートする可能性ってあるのでしょうか?

 

もしされるとすれば、放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/13 23:33:13

 

アニメ「マクロスΔ(マクロスデルタ)」が、2016年4月から始まりました。

 

 

マクロスシリーズは深夜アニメではあるのですが、半年ほど続く長いシリーズということで…

 

長い放送期間の中でうっかり見逃してしまう回があったりするのではないかと思います。

 

 

「録画することが出来なかった」とか…

 

「途中から興味を持ったけど、もう前の話が観れない」という人もいるでしょう。

 

 

また深夜アニメということで、再放送にも期待は持てません。

 

近年アニメが再放送されること自体、減っている傾向にありますので。

 

 

さらにこのアニメは全国放送ではないので、「そもそも観られる地域に住んでいない」という境遇の人もおられると思われます。

 

 

では、どうすればすでに放送されてしまった回の「マクロスΔ」を観ることができるのでしょうか?

 

 

実は、アニメ「マクロスΔ」の動画を合法な形で無料視聴できてしまう方法があるのですが…

続きを読む≫ 2016/04/13 08:39:13

「みなみけ」は漫画原作の面白さと人気もさることながら、アニメ放送によって人気に火が付いた作品です。

 

 

個性的なキャラクターが登場するのが特徴であり…

 

最近の萌アニメにありがちな女性キャラだけに偏重したストーリーはなく、可愛い女性キャラからイケメンの男性キャラまで幅広く出演しています。

 

 

現在の時点で4期「みなみけ ただいま」まで放送されているのですが、今後5期が始まる可能性はあるのでしょうか?

 

また、されるとしたら放送日はいつになる予定なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/11 16:22:11

アニメ版の「時をかける少女」は、2006年に細田守監督によって映画化された作品です。

 

 

筒井康隆の同名小説を原作に位置づけ、原作から約20年後を舞台として描いた作品になっています。

 

アニメ版もタイムリープを主題にした青春映画となっていて、作品自体は非常に好評を得ていました。

 

 

そんな「時をかける少女」ですが、一部で不評を買っているところがあります。

 

 

それは、声優の演技です。

 

 

ネット上の評価の中に、担当している人の演技が下手…といった内容を見かけましたので。

 

実際、どうなのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/11 15:31:11

 

ロボットアニメ「伝説巨神イデオン」は、ガンダムシリーズでお馴染みの富野由悠季監督(当時:富野喜幸)が総監督として関わっていた作品です。

 

 

「このアニメは最終回の結末が衝撃的」とか、「トラウマシーンがある」という噂が立ってはいるのですが…

 

実際、その内容とはどういったものなのでしょうか?

 

 

この記事では、簡単ではありますが最終回のあらすじをご紹介しています。

 

ネタバレが苦手な方は、この先読むときは注意してください。

続きを読む≫ 2016/04/11 08:44:11

2014年に放送されていた人気アニメが「鬼灯の冷徹」でした。

 

 

漫画雑誌「モーニング」で連載中の漫画が原作となっているのですが…

 

今のところ初期のエピソードしかアニメ化されていませんので、今後2期が始まることを期待している人も多いと思われます。

 

 

2期が制作される可能性はあるのでしょうか?

 

また、されるとしたら放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/10 13:20:10

 

「無敵超人ザンボット3」がテレビ番組で取り上げられていたことに驚きました。

 

 

人気番組「マツコ&有吉の怒り新党」のコーナー「新・3大○○」において、「日本人が知っておくべき!新・3大無敵超人ザンボット3の切ない戦い」というテーマで紹介。

 

 

さらに…

 

トーク番組「しゃべくり007」でゲスト出演していた俳優・上川隆也さんが、このアニメについて熱く語っていたことには驚きました。

 

アニメに詳しいイメージがなかったので、なおさらです。

 

 

これらのことはきっかけで「無敵超人ザンボット3」の名が知れ渡ったのですが、このアニメの最終回ってどういった内容なのでしょうか?

 

「マツコ&有吉の怒り新党」ではすでに紹介されていますが、この記事であらためてラスト回のあらすじをご紹介します。

 

 

なお、ネタバレが嫌な方は注意して読んでください。

続きを読む≫ 2016/04/09 21:59:09

 

「日常ものアニメ」の金字塔として今日まで語り継がれているのが、「けいおん!」という作品です。

 

 

元々は、かきふらい先生が平凡な女子高生の部活動を描いた4コマ漫画が原作ですが…

 

京都アニメーションが最高のクオリティでアニメ化したため、世間で絶大な大流行を巻き起こしました。

 

 

「けいおん!」のアニメは、これまでアニメシリーズ2期と劇場版が制作されてきましたが…

 

今後、新キャラの加わった3期が放送される予定はあるのでしょうか?

 

 

もしされるとしたら、放送日はいつなのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/09 12:40:09

アニメ版「灰と幻想のグリムガル」の1期が終わりました。

 

ライトノベル原作のこの作品はまだ完結していないことから、2期製作に対する期待の声も上がっています。

 

 

今後、2期の放送は決まるのでしょうか?

 

仮にされるとすれば、放送日はいつなのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/06 09:48:06

アニメ版「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の2期が終了しました。

 

 

第1期が放送された時期が、2015年7月から9月。

 

その後、わずか3ヶ月後の2016年1月に放送が再開しました。

 

 

1期を放送して様子を見る…というよりは、当初から2期放送も視野に入れていたような展開と予想できます。

 

 

作品は非常に好評だったことから、始まるかわからない3期への期待の声もネットで確認することができます。

 

 

3期が放送される可能性はあるのでしょうか?

 

もしされるとしたら、放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/05 22:21:05

 

2015年、「僕は友達が少ない(はがない)」の原作小説が終了しました。

 

 

この作品は、アニメも製作され…

 

2011年からは第1期が、2012年からは第2期が放送されていました。

 

 

しかし当時はまだ原作の連載が続いていたということで、全てのエピソードがアニメ化されたわけではありませんよね。

 

 

できるなら…

 

「原作の最終回までアニメ化して欲しい」「アニメ第3期を作って欲しい」「アニメでもきっちり完結させてほしい」のではないでしょうか?

 

 

アニメ3期の製作決定がされる可能性はあるのでしょうか?

 

されるとすれば、放送日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/04 23:00:04

2016年1月にスタートしたプリンスオブストライドのアニメ版「プリンスオブストライド オルタナティブ」が、最終回を迎えました。

 

 

今後2期が放送される予定や可能性ってあるのでしょうか?

 

もしあるとすれば、放送日はいつになる予定なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/04/04 13:12:04

2016年1月からスタートしたアニメ「このすば(この素晴らしい世界に祝福を!)」が、好評のうちに放送を終了しました。

 

 

このアニメの原作は、作家・暁なつめさんが書いたwebノベルです。

 

そのWebノベルのリメイクという位置づけで、角川スニーカー文庫(KADOKAWA 角川書店)よりライトノベルも刊行されました。

 

 

アニメ版が最終回を迎えた日…

 

早速、2期が制作されることが決まりました!

 

 

第2期の放送日は、いつになる予定なのでしょうか?

 

※2017.1.7に追記しました。

 

※2016.6.27に追記しました。

続きを読む≫ 2016/04/03 23:46:03

人気漫画「ダンジョン飯」を無料で試し読みすることが可能な方法をご存知でしょうか?

 

 

怪しいサイトに無断転載されているのを読む必要はありません。

 

公式の漫画を堂々と読むことができるのです!

 

 

ダンジョン飯は、「マンガ大賞2016」で2位を受賞したことで名前が知れ渡った作品です。

 

この他にも、たくさんの賞を受賞している話題作なんです。

 

 

以前から、マンガ好きの中では名前が知られていて人気のあった作品なのですが…

 

マンガ大賞2016に関するニュースを見ての作品を知った人は多いのではないでしょうか?

 

 

しかし…

 

ちょっと読んでみたいと思っても、肝心の中身がわからないので購入するのを躊躇しているものと思われます。

 

 

さらに現在は、ダンジョン飯の単行本を購入者が増えてしまう事態も考えられます。

 

漫画の名前が知られたことで、書店やネットショップでも売り切れてしまう可能性が高いです。

 

 

そんな中、公式の「ダンジョン飯」を無料で試し読みする方法があるのですが…

続きを読む≫ 2016/03/31 11:48:31

漫画雑誌「ハルタ」にて連載中の漫画が「ダンジョン飯」です。

 

「モンスターを食材にした料理漫画」という今までになかったジャンルということで、注目を集めています。

 

 

以前からマンガ好きには話題になっていた漫画「ダンジョン飯」ですが、「マンガ大賞2016」で2位を受賞したことでさらに知名度が上がったものと思われます。

 

 

さらに、「このマンガがすごい!2016・オトコ編」では第1位を受賞。

 

「2015年度コミックナタリー大賞」でも、第1位を受賞。

 

「THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!」で、第1位を受賞。

 

「全国書店員が選んだマンガランキング2016」で第1位を受賞しています。

 

 

この漫画の設定はいわゆるRPG的な世界ですし、もともとゲームが好きな人が読めば世界観に入り込みやすいでしょう。

 

モンスターとの戦闘シーンがあるものの、過激な表現もなく安心して読むことができる内容なので誰にでもおすすめできる漫画といえます。

 

 

さて…

 

今後、この漫画がアニメ化される可能性はあるのでしょうか?

 

放送日は、一体いつなのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/03/30 12:14:30

話題の漫画「ゴールデンカムイ」を無料で試し読みできる方法があるのを知っているでしょうか?

 

違法サイトにアップロードされているのを読むような怪しい方法ではなく、公式の漫画を読める方法です!

 

 

ゴールデンカムイは、「マンガ大賞2016」大賞を受賞したことで話題になった漫画です。

 

他にも「このマンガがすごい! 2016」オトコ編で第2位を獲ったり、2015年度のコミックナタリー大賞で第2位を獲っています。

 

 

先日の受賞ニュースをきっかけにこの作品を知り、読んでみたくなった人は多いのではないでしょうか?

 

 

とはいえ…

 

作品の中身をよくしらないにもかかわらず、いきなりお金を支払って漫画を買うのは勇気がいりますよね。

 

 

また、話題になったことでゴールデンカムイの単行本を求める人が殺到し売り切れ…

 

書店やネットショップで購入できなかった人もいるのではないかと思います。

 

 

実は、公式な形で「ゴールデンカムイ」を無料で試し読みすることができるサイトがあるのですが…

続きを読む≫ 2016/03/30 10:17:30

アニメ「おそ松さん」が2015年3月で最終回を迎えました。

 

もともとは漫画「おそ松くん」を原作としたアニメですが、現代風にアレンジされた作風や絵柄、人気声優陣を揃えるなどといった点が非常に話題になった作品です。

 

 

2期まで終了したこのアニメですが…

 

今後続編が制作される可能性はあるのでしょうか?

 

 

もし2期があるとしたら、放送日はいつごろになる予定なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/03/26 09:05:26

月刊ガンガンJOKERで連載されていた漫画「一週間フレンズ。」

 

 

アニメ化されただけでなく舞台化もされるなど、様々な媒体で表現されてきました。

 

さらに、実写映画化されることも決定しています。

 

 

ヒロインの藤宮香織は川口春奈さんが演じ、主役の長谷祐樹の役を山崎賢人さんが担当することになりました。

 

 

現在、公開日の2017年2月が待たれている状況なのですが…

 

これに合わせる形で、アニメ版「一週間フレンズ。」の2期が放送再開される可能性はあるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/03/07 13:12:07

週刊少年ジャンプで連載されていた、井上雄彦さんの大人気漫画・スラムダンク(SLAM DUNK)。

 

 

単行本の巻数にして31巻と、現在の基準からすると決して長い連載期間ではありませんでしたが(当時としては長い連載漫画に含まれましたが)…

 

当時マイナーな扱いだったスポーツ・バスケットボールの知名度向上に影響力は計り知れません。

 

 

その後この漫画の続きは描かれていませんが、作者の井上雄彦さんは現在も現役で執筆活動を続けています。

 

今後、スラムダンクの続編が描かれる可能性はあるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/03/05 12:38:05

アニメ「逆転裁判」を無料視聴できる方法があります!

 

 

アニメ「逆転裁判」が、2016年4月からスタート。

 

もともとはテレビゲームが原作で、今年に最新作「逆転裁判6」が発売される予定となっています。

 

 

毎週土曜日の17時30分に放送されているアニメは、少なくとも6ヶ月間続いています。

 

例を挙げると…

 

「まじっく快斗」や「電波教師」、「金田一少年の事件簿R」など。

 

 

アニメ「逆転裁判」の場合も半年はシリーズが続く可能性がありますので…

 

長いシリーズが放送されている間には急な用事で観られない日があったりと、どうしても見逃してしまう回が出てくるものと思われます。

 

 

録画出来なかった人や…

 

アニメ化されていたことを後から知って、前の話が観られなかった人もいるのではないでしょうか?

 

 

さらに残念なことに…

 

ここ近年、日テレ系列の放送局では「アニメの再放送」ってされませんよね?

 

新しいアニメが再放送された話なんて、なおさら聞いたことがありませんし…

 

 

では、アニメ「逆転裁判」で放送されてしまった回は二度と観ることはできないのでしょうか?

 

 

実は、見逃してしまった回の動画を無料で観る方法があるのですが…

続きを読む≫ 2016/02/25 21:09:25

週刊少年ジャンプで連載していたギャグ漫画「珍遊記」の実写映画で主演をつとめる松山ケンイチさん。

 

 

最近では、次に公開される映画「聖の青春」の村山聖役を演じるための役作りとして激太りしたことでも話題になりました。

 

 

そんな松本ケンイチさん、「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン」というネットラジオにゲスト出演したのだそうですが…

 

 

なんでネットラジオ?

 

杉田智和って何者?

 

 

…と思った人は多いのではないでしょうか?

 

 

これらの疑問に応えるべく、この記事を書いてみましたのでご覧になってみてください。

 

 

しかも、松本ケンイチさんは白猫ガチ勢だというのですが…

 

これって本当なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/02/19 21:06:19

ソードアートオンライン(SAO)のアニメは、今のところ2期まで放送されています。

 

 

原作エピソードがまだ残っていることから、アニメ第3期のスタートが待たれているこの状況…

 

放送日はいつなのでしょうか?

 

 

そもそも…

 

今後、テレビアニメシリーズが再開されることはあるのでしょうか?

 

 

劇場映画版が決定してはいるのですが…

 

アニメ作品の劇場版って「完結編」的な意味合いを持っていたりするので、なんか怖いんですよね…

続きを読む≫ 2016/02/13 22:55:13

 

映画最新作「シンエヴァンゲリオン劇場版」の公開が待ち遠しい方も多いはずです。

 

「新世紀エヴァンゲリオンシリーズ」が庵野秀明監督の作品なのは、多くの方がご存じでしょう。

 

 

公開日はいつになるのでしょうか?

 

前作「エヴァンゲリオン新劇場版Q」が公開した2012年以降、新情報らしい情報は一切発表されていない状況ですが…

 

 

果たして…

 

2016年には公開されるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/01/30 17:48:30

名探偵コナンのアニメが、1話から無料視聴できる!

 

そんな方法があるのを知っているでしょうか?

 

 

1996年から日テレで長い間放送されている大人気アニメが、「名探偵コナン」です。

 

今や、20周年を迎えるほどの長寿番組となっています。

 

 

見逃してしまった回がかなり多いのではないでしょうか?

 

いくらコナンが好きでも、テレビ放送されていた分を全て欠かさず観るのは難しいですよね…

 

 

ましてや、番組が始まった第1話から全て観ている人ってどれくらいいるのでしょうか?

 

 

夏休みなどに再放送されていたりはするのですが、初期のエピソードって放送されたためしがありません。

 

 

いつ再放送されるかわからない、1話から多数のエピソードをまとめて無料視聴することができる方法があるのですが…

続きを読む≫ 2015/12/21 09:18:21

 

日テレで夜19時から放送されていた人気アニメが、「犬夜叉」でした。

 

この時間帯に放送されていたのは1期〜4期。

 

全部で167話もあります。

 

 

その後深夜に放送された「完結編」が全部で26話。

 

これらを合わせると、全193話という大ボリュームのアニメですが…

 

 

完結編は一部の地域でひっそりと放送され、その後未だに再放送された試しがありません。

 

 

そんな犬夜叉を、グレーな手段を使うことなく無料視聴することができる方法があるのをご存知でしょうか?

続きを読む≫ 2015/11/30 00:44:30

ツイッターのつぶやきから始まり漫画化され、ついに実写ドラマにまでなってしまった「ニーチェ先生」。

 

今後、メディアミックスが進めばアニメ化される可能性ってあるのでしょうか?

 

 

また、「ニーチェ先生」と呼ばれるコンビニ店員・仁井役が活動しているバンドのライブCDが存在している、という情報を見つけたのですが…

 

これって本当なのでしょうか?

 

調べてみることにしましょう。

続きを読む≫ 2015/10/27 20:36:27

ワンピースのドレスローザ編に登場した、小人族(トンタッタ族)のマンシェリー姫。

 

 

ドレスローザの王宮に捕らえられている間レオの名を呼んでいたり。

 

レオに対してスネてみせたり抱っこをせがんだり。

 

抱っこされたらドキドキしたり。

 

 

レオに対しての好きというアプローチが可愛いですが…

 

残念ながら、その気持ちはレオの方には一切届いていません。

 

 

マンシェリー姫を担当している声優って誰なのでしょうか?

 

 

POPなどマンシェリー姫のフィギュアがすでにありそうなのですが、予約受付は始まっているのでしょうか?

 

 

調べてみることにしました。

続きを読む≫ 2015/10/19 12:54:19

 

人気漫画「るろうに剣心」には、人気があって強いキャラクターが数多く登場します。

 

 

主人公である緋村剣心や四乃森蒼紫、瀬田宗次郎、志々雄真実、比古清十郎など…

 

彼らには、はっきりとしたモデルがいるのだそうです。

 

 

各キャラクターのモデルは誰なのか?

 

調べてみることにしましょう。

続きを読む≫ 2015/10/15 11:56:15

 

るろうに剣心「京都編」で、志々雄真実が率いる十本刀のひとりとして立ちはだかるのが、瀬田宗次郎でした。

 

別名「天剣の宗次郎」。

 

るろうに剣心が連載していた当時から、今もなお人気キャラナンバーワンとして君臨しています。

 

 

実写映画版では神木隆之介さんが演じ、これ以上ない配役だと絶賛されました。

 

原作漫画のファンも納得のキャスティングだったようですね。

 

 

瀬田宗次郎って、誰かモデルになった人物がいるのでしょうか?

 

 

また、瀬田宗次郎が笑顔を絶やさないことには過去が関係しているというのですが…

 

一体、どういった過去なのでしょうか?

 

 

さらに、剣心との勝負に敗れ志々雄一派が壊滅したあと…

 

瀬田宗次郎はその後北海道へ向かったというのは本当でしょうか?

 

 

調べてみることにしました。

続きを読む≫ 2015/10/15 08:34:15

 

2015年10月から、終物語がスタートしています。

 

そしてすでに、円盤(DVDやブルーレイ(BD))の予約も始まっていることがわかりました。

 

 

DVD・ブルーレイ(BD)全巻の発売日も決定しています。

 

 

予約の段階では販売されないとは思いますが…

 

発売日以降には、中古の終物語のDVDブルーレイ(BD)を発売する店舗も出てくるのではないでしょうか?

 

 

最安値で購入できるところを見つけたいものですが…

 

終物語のDVD・ブルーレイ(BD)を取り扱っているお店の中で、一番価格の安いところを探してみました。

続きを読む≫ 2015/10/13 18:41:13

 

週刊少年ジャンプで連載中の看板漫画、ワンピース。

 

過去に売れていた漫画の売り上げを抜き、「日本一売れる漫画」として君臨しています。

 

 

尾田栄一郎先生ひとりの頭から生み出されたの?と疑ってしまうほど、魅力的な登場人物が多数登場しています。

 

各キャラクターが名言・セリフを残し、ファンの心をつかみ続けている作品です。

 

 

現在、長かったドレスローザ編がやっと終わり単行本も80巻に近づいているといった状況です。

 

 

さすがにここまで長いと脱落する読者や惰性で読み続けている読者もいるのか…

 

 

「いつ終わるの?」

 

「もう終わってほしい」

 

「ちゃんと終わることができるのか心配」

 

「ダラダラ続けないで綺麗に最終回を迎えて欲しい」

 

…という声も、数年前からネット上では見かけます。

 

 

いまや長期連載漫画となったワンピースって…いつ終わるんでしょうか?

 

最終回は、もう近いのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/10/05 21:24:05

傷物語のDVDのレンタル開始日や発売日はいつでしょうか?

 

 

物語シリーズの第零話にあたる傷物語は、唯一映画版として公開されます。

 

吸血鬼のキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードや羽川翼とも、この話で出会うことになります。

 

 

傷物語のアニメ化が決定したのは、2010年のこと。

 

その後2011年にはニコニコ生放送「西尾維新アニメプロジェクト最新情報発表会」という番組内で、「傷物語」の短いトレーラーが流れていました。

 

 

トレーラーの流れていた時間こそ短かったのですが、かなりインパクトのある内容でした。

 

テレビアニメ版とくらべると、激しいアクションシーンや残酷表現も多めになりそうですね。

 

 

傷物語のDVD発売日やレンタル開始日がいつになるのか?

 

同じ販売会社(アニプレックス)が過去にリリースしていた劇場版アニメのDVD発売日を調べて、予想してみようと思います!

続きを読む≫ 2015/10/02 00:50:02

スタジオジブリのアニメ映画「思い出のマーニー」。

 

ジブリ映画といえば、登場するキャラクターを担当する声優に有名芸能人が選ばれるのが毎回定番となっていることで有名ですよね。

 

 

「思い出のマーニー」に関しても、もちろん変わらずそうなると思いました。

 

なんと今回はオーディションを開いて声優を厳選したという情報が出てきました。
これって本当なのでしょうか?

 

確か、ナックスや大泉洋など芸能人がたくさん出演していたような気がするのですが…

 

 

しかも、「思い出のマーニー」で声優を担当している人の「演技が下手」という後ろ向きな評価を目にしました。

 

オーディションで決定したのだから、そんなはずはないと思うのですが…

続きを読む≫ 2015/09/20 23:27:20

スタジオジブリアニメ映画「思い出のマーニー」が、早くも地上波で放送されることになりました。

 

映画が公開されていたのが2014年なので、もう地上波で観られるの?といった感じです。

 

 

映画が公開されている当時、「思い出のマーニー」を観たことのある人がネットで感想を述べていましたが…
気になってしまったキーワードがあるんです。

 

例えば、SNS上での以下のようなつぶやきでした。

 

 

「思ったより百合じゃなかった」

 

 

「こいつは百合だと思いながら思い出のマーニーを観たらごめんなさいって気持ちになった」

 

 

…?

 

 

「思い出のマーニー」を観た人の感想の中に含まれている「百合」というキーワード。
これってどういう意味なのでしょうか?

 

百合の花が作品の中に登場したり、重要な意味を持った花だったりするのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/09/19 08:22:19

 

スタジオジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」。

 

ジブリ映画の声優を担当されているのは、声優を専門にしている人ではなく有名芸能人だというのがもはや定番になっています。

 

ハウルの動く城にも、主役の木村拓哉(キムタク)さんを始めとしてソフィー役の倍賞千恵子さんやマルクル役の神木隆之介さん、チームナックスと大泉洋さんなど豪華なメンバーが勢揃いです。

 

 

ネットの中には「芸能人は声優としての演技が下手」という指摘を見かけるのですが、これって本当なのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/09/18 23:16:18

 

細田守監督のアニメ映画「バケモノの子」が、2015年7月11日から公開されています。

 

 

8月下旬の時点で、すでに興行収入が50億円を超えているのだそうです!

 

これはスゴイ。

 

この調子なら、興行収入70億円が見込めるとも言われているようです。

 

 

細田監督のアニメ映画は、スタジオジブリのアニメに次いで日本を代表するアニメのひとつと言っても過言ではないでしょう。

 

 

スタジオジブリの宮ア駿監督はすでに引退を表明していましたので…

 

細田守監督が日本最高の現役アニメ監督とも言えますよね。

 

 

そんな景気のいい話のある中…

 

声優として選ばれた芸能人の演技がひどい」という評価を見かけたのですが…

 

これって本当なのでしょうか?

 

 

また、「バケモノの子」で声優を担当した芸能人の中に人気俳優の小栗旬さんがいるとのことですが…

 

一体、誰の役なのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/09/08 11:46:08

 

グランドジャンプで連載中の「地獄先生ぬーべーNEO」。

 

 

主人公・鵺野鳴介(ぬーべー)は、見た目一切年をとった感じはなく続投。

 

元生徒の稲葉郷子は、ぬーべーの副担任として活躍しています。

 

 

かつて「地獄先生ぬーべー」で登場していたキャラのうち稲葉郷子以外のキャラも登場するのですが…

 

あくまでもゲストキャラに留まっています。

 

 

地獄先生ぬーべーの終盤でぬーべーと結婚したゆきめって…

 

すでに地獄先生ぬーべーNEOで登場したのでしょうか?それともしていないのでしょうか?

 

たしかふたりの間には、6人の子供も生まれていたはずです。

 

 

中には、病気やしぼう説まで浮上しているのですが…一体どういうことなのでしょうか?

 

 

また、ぬーべーのライバルとして登場していた玉藻京介は現在どうしているのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/08/27 18:01:27

 

ルパン三世のレギュラーキャラ、峰不二子役が交代してから、けっこう経ちます。

 

交代直後は賛否両論あったようですが、今ではすっかり定着しているようですね。

 

 

これまでに峰不二子を担当してきた声優は、どんな人なのでしょうか?

 

実は、これまでに2回声優が交代しているのをご存知でしょうか?

 

 

峰不二子の歴代声優を調べてみました。

 

また、ルパン三世以外に出演していた作品って何があるのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/08/25 08:06:25

スタジオジブリの大人気アニメ映画が「崖の上のポニョ」です。

 

映画公開後も地上波テレビ放送で何度も流れているので、
ご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 

 

もともとスタジオジブリのアニメ映画は、
有名芸能人が登場キャラクターの声優を担当していることで知られています。

 

中でも、ポニョ(ブリュンヒルデ)の父親である「フジモト」の声優を担当した
所ジョージさんの演技に注目した人が多かったようで…

 

中には、「声優としての演技が下手」と評した人もいたようです。

 

 

これって本当なのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/08/24 08:15:24

スタジオジブリのアニメ映画に登場するキャラクターを担当する声優は、
芸能人が担当することが恒例となっています。

 

 

中でも、「平成狸合戦ぽんぽこ」は
落語家が多数声優を担当していることで知られています。

 

どんな方が担当されているのか、調べてみることにしました。

続きを読む≫ 2015/08/23 07:58:23

 

スタジオジブリの映画「火垂るの墓」は、
8月になると放送されるのが恒例となっています。

 

 

ネットが普及されていることもあって、
火垂るの墓の内容に関するダイレクトな反応が見られるようになりました。

 

 

その中に、最も気になる反応が。

 

「テレビ放送版の火垂るの墓って、ラストシーンが変わったんじゃない?」

 

「火垂るの墓って前にも観たけど、最後がカットされてる?なんか昔観たのと違う」

 

 

この噂って、本当なのでしょうか?

 

また、ラストシーンに登場する神戸のビル群と夜景の意味って何なのでしょうか?
調べてみることにしました。

続きを読む≫ 2015/08/18 22:49:18

 

ジブリアニメ「天空の城ラピュタ」には、ふたつの有名な呪文が出てきます。

 

1つ目は、「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」。

 

そして2つ目が、あの有名な滅びの呪文「バルス!」です。

 

 

天空の城ラピュタの劇中で唱えられる、明らかに日本語ではないこれら2つの呪文…

 

一体どんな意味が込められているのでしょうか?

 

 

語源はトルコ語?なんて噂まである、謎の多いこれらの呪文。

 

 

「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」と「バルス!」。

 

これらの呪文に何か意味があるのか、調べてみることにしました。

 

※2016.1.15に追記しました。

続きを読む≫ 2015/08/05 07:09:05

数々の大ヒットアニメ映画を世に送り出しているのが、
細田守監督です。

 

2006年には「時をかける少女」、2009年には「サマーウォーズ」、2012年には「おおかみこどもの雨と雪」。
そして今年2015年には「バケモノの子」が公開されています。

 

 

しかし…細田守監督の映画を「嫌い」と公言している人もネットの中にはいるようです。

 

中には「宮ア駿監督のジブリ映画に似てる」「ジブリのパクリ?」という意見まで…

 

 

さらに…
「細田守監督は、ジブリ映画のハウルの動く城に関わっていた」
という噂まで見かけるのですが…

 

 

これって本当なのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/08/04 19:07:04

「風の谷のナウシカ」のアニメ映画は超有名ですが…

 

それに対して漫画の原作本があることは意外と知られていませんでした。

 

 

しかしネットの普及によって風の谷のナウシカの原作本の存在が広まっているためか…

 

最終回のあらすじの内容が知りたくて本屋を探している人も増えているみたいですね。

 

 

風の谷のナウシカの原作本を本屋で購入する前に、電子書籍のサイトで立ち読みできれば便利ですよね。

 

電子書籍のサイトって、第1話だけ無料で漫画が立ち読みできますから。

 

 

そもそもナウシカの原作本って値段がいくらなのか気になりますし、それら諸々を調べてみることにしました。

続きを読む≫ 2015/08/04 08:08:04

先日、「金曜ロードショー」で放送されたアニメ映画「サマーウォーズ」。

 

 

細田守監督の最新作「バケモノの子」が2015年7月11日に公開されるということで、「サマーウォーズ」を皮切りに「おおかみこどもの雨と雪」や「時をかける少女」も「金曜ロードショー」で放映される予定となっています。

 

 

「サマーウォーズ」は2013年分の地上波初放送も好評だったからか、はやくも2回めの地上波放送でした。

 

メインキャラは、主人公の小磯 健二(こいそ けんじ)、ヒロインの篠原夏希(しのはらなつき)、池沢佳主馬(いけざわかずま)=キングカズマ、陣内侘助(じんのうちわびすけ)。

 

 

今回初めてサマーウォーズを観た人も多かったようで、様々な感想がツイッターに流れていました。

 

中には、声優を担当した人の演技が下手、とかひどい…という感想まで…

 

 

ただ…

 

具体的に誰のことを指してひどいと酷評しているのかは結局わからなかったんですよね…

 

個人的には話に夢中だったせいか、ひどいとは全く感じなかったのですが…

 

本当に下手な声優さんだったのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/07/04 20:59:04

ハリウッド俳優・ジョニーデップの声を担当している声優さんと…

 

大人気アニメ・ワンピースに出てくる、麦わらの一味のひとり・サンジの声を担当している声優さんは同じ。

 

 

これって、本当なのでしょうか?

 

他にも担当している作品があるかどうかも一緒に調べてみました。

続きを読む≫ 2015/05/19 08:52:19

 

ワンピースの主人公、モンキー・D・ルフィの声と天空の城ラピュタの主人公・パズー、ドラゴンボールのクリリンの声は同じ?

 

それって、本当なのでしょうか?

 

ワンピースも天空の城ラピュタもドラゴンボールも、全国的に有名な作品です。

 

 

それが本当だったら、ものすごいことなんですが…

続きを読む≫ 2015/05/09 21:55:09
注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ