ナランチャの最期!死因が謎すぎる…ガチファンが辿り着いた答えは?

ナランチャの最期!死因が謎すぎる…ガチファンが辿り着いた答えは?

 

ジョジョの奇妙な冒険5部のラスボス・ディアボロのスタンド能力は、「キング・クリムゾン」。

 

時飛ばしの効果を持ち、ディアボロのみが飛ばされた時間を認識できます。

 

 

能力発動中は、周りの背景がバラバラになり崩れ落ち…

 

辺りが真っ暗になる表現がなされます。

 

 

ローマのコロッセオでの最終決戦の中、唐突にナランチャが最期(最後)を迎えます。

 

鉄格子が貫通した状態で、既に死亡していました。

 

 

しかし、この演出面が強調されたシーンによって死因に謎が生まれてしまいました。

 

 

本来なら、この能力のある欠点によりこうする事自体が不可能な気がするのですが…

 

ガチのジョジョファンが、とある答えにたどり着いたようなのですが。

 

スポンサーリンク

ナランチャの最期!キング・クリムゾンを使った攻撃方法をおさらい

 

ディアボロは通常、スタンド能力「キング・クリムゾン」を使ってどのように邪魔者を消してきたのか?

 

おさらいしてみることにしましょう。

 

 

ブチャラティの場合は、わざわざ背後に回って手刀で攻撃。

 

自分の能力がバレているポルナレフには、わざわざ自分の血をかけて彼の視界を奪う。

 

 

キング・クリムゾンを発動している最中は、相手に干渉できません。

 

なので、この間に敵に致命傷を与えることは不可能。

 

 

自分の血を相手に浴びせることは出来るため…

 

一旦自分の手から離れたものを、飛び道具のように当てるのは可能なのでしょう。

 

 

手元にナイフがあれば、実行していた可能性はあります。

 

 

スタンド自身が直接殴って攻撃する場合は…

 

「能力が解除されるタイミングを見越して、死角から攻撃する」という、不意打ちが常套手段だと思われます。

 

ナランチャが死亡した状況がありえない?生まれた疑問

 

ポルナレフやブチャラティは、キング・クリムゾンの拳によって直接致命傷を受けました。

 

一方、ナランチャが死亡した原因には謎が。

 

 

多分、以下の疑問が生まれたことと思います。

 

・キング・クリムゾン発動中は他の物体に干渉できない。なので、攻撃できないはず?

 

・鉄格子のある高所に運ぶことも出来ないはず?

 

・ナランチャの直接の死因は何?やっぱり鉄格子なの?

 

キング・クリムゾン発動中は、相手に触れられないはず…?

 

DIOのスタンド「ザ・ワールド」の場合だと、時が止まった世界はDIO(か承太郎)だけのもの。

 

動かない花京院に突きを食らわすことも、飛び上がった猫に裏拳をかますのも自由。

 

 

一方、ディアボロが「キング・クリムゾン」を発動した場合は…

 

彼らに直接触れることは出来ず、透けるようにすり抜けてしまいます。

 

 

サルディニア島では、この方法でナランチャのエアロスミスが撃った弾丸をすり抜けることに成功。

 

 

なので、本来ナランチャを攻撃することも無理なはずなのです。

 

 

自分の能力が支配した時間なのに、この間にディアボロが敵を攻撃するのは不可能。

 

出来ることは、相手の動きを観察することくらい。

 

ディアボロは、ナランチャの体をどうやって運んだのか?

 

攻撃することすら無理なのに、ナランチャを発見したのは高所にある鉄格子の所でした。

 

すり抜けて持ち上げられないはずなのに、どうやって彼をそこまで運んだり投げたりしたのでしょう?

 

 

「キング・クリムゾンの発動中に、鉄格子のある位置に運んだ」

 

…というのが、多くのファンの見解のようです。

 

 

能力が解除された瞬間、鉄格子の餌食になったということでしょうか?

 

しかし、ここで疑問が生まれるのです。

 

 

「そもそもディアボロは、ナランチャをどうやって高い位置にある鉄格子の位置に運んだのか?」

 

 

「キング・クリムゾンのパワーなら、男一人持ち上げたり投げるなんて簡単でしょ…」

 

確かに腕力だけを考えれば、何一つ問題は無さそうです。

 

 

しかし、何度も言いますが…

 

キング・クリムゾンが発動している最中は、「他の物体に干渉すること」が不可能になっています。

 

つまり、相手に触れることが一切出来ません。

 

ナランチャの死因はキンクリの拳?鉄格子?

 

キング・クリムゾンの能力が解除された後…

 

仲間が確認したときには、すでに息を引き取っていたナランチャ。

 

 

過程の時間が飛ばされていて、具体的にどう襲われたのかが描かれていません。

 

 

時間を飛ばしている間に息を引き取ったとしても…

 

ほんの10秒以内の出来事…ということになるのですが。

 

 

先ほど説明した通り、能力を発動している時間は敵に触れることが出来ないので。

 

この間に直接殴って攻撃することは、無理だったと思われます。

 

 

能力が解除された瞬間、キングクリムゾンの手で一瞬にしてころされたのでしょうか?

 

しかし、ナランチャの体に拳を受けた痕は確認できません。

 

 

ということは…数本の鉄格子によって?

 

鉄格子がナランチャを貫通したのは、どの瞬間?

 

仮にナランチャの死因が鉄格子だとして…

 

それは、どういった形だったのでしょう?

 

 

考えられるのは、キングクリムゾン発動中に鉄格子のある位置へ運んだ説。

 

解除後に鉄格子がナランチャを襲った…というものです。

 

 

この場合「能力発動中は、鉄格子はそこにあるのか?無いのか?」という疑問も、さらに生まれるのです。

 

なぜなら、他の場面では以下のような相反する現象が起きていたから。

 

 

ジョルノ戦においては、周りの景色が崩れ落ちて消失する演出がありました。

 

一方ブチャラティ戦では、柱のある位置にスティッキーフィンガーがジッパーをつけていました。

 

 

そして、もう一つの説は…

 

鉄格子数本が折れている描写があるので、力ずくで無理やり押し込んだ可能性。

 

 

だとすれば、なおさらあの短い時間で実行するのは困難な気も。

 

ナランチャの死因に関する疑問。ジョジョファンがたどり着いた答えとは?

 

あまりにも謎の多い、ナランチャの死亡場面。

 

これに対してジョジョファンが出した答えは…

 

 

「ナランチャに触れてから能力を発動して、鉄格子へ投げた」というものでした。

 

 

以下の点をはっきりと説明できる場面がないため、確信を得られないのが残念なのですが。

 

・キングクリムゾンを発動した瞬間に触れている、ナランチャの扱い。

 

ディアボロが身につけている衣服と同じように、「ディアボロの一部」扱いなのか?

 

・ディアボロの手から離れたナランチャは、飛ばした血液と同じように別の物体に遮られてしまうのか?

 

つまり、鉄格子に当たると跳ね返ってしまうのか?

 

あまりも難解な上に使うごとに新たな謎が生まれてしまっていた、キング・クリムゾンの「時を消し飛ばす」能力。

 

鉄格子の演出があったばかりに、20年以上経った今でも議論される状況に…

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加