ジョルノがポルポの矢でレクイエム化しなかった理由(ジョジョ5部)

ジョルノがポルポの矢でレクイエム化しなかった理由(ジョジョ5部)

 

ジョジョの奇妙な冒険・5部「黄金の風」の終盤、主人公のジョルノ・ジョバーナが矢を手にしました。

 

 

自分の体に突き立てることにより、レクイエムの能力が開花。

 

「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」が発動しました。

 

 

でもジョルノって、序盤で矢に刺されていた気がするんですが。

 

この時、どうして能力が発動しなかったんですかね?

 

 

どうやらポルナレフが、何か言っていたようなのですが…

スポンサーリンク


ジョルノ・ジョバーナがポルポの矢でレクイエム化しなかったのはなぜ?

 

ポルポのスタンド・ブラックサバスの口から飛び出した矢が、広瀬康一を狙います。

 

ジョルノは康一を助けるために、ゴールド・エクスペリエンスの手を出して刺されてしまいます。

 

 

「スゴク痛い…」と言いつつ耐えていたのですが…

 

この時、なぜか「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」は発動していませんでした。

 

 

ポルナレフが矢で指を傷つけた程度でも、レクイエムの片鱗を垣間見たにもかかわらず。

 

 

スタンド使いとして覚醒するためには、本体を矢で刺します。

 

一方スタンドを進化させるには、本体ではなくスタンドを刺すという違いがあります。

 

 

ポルナレフの場合も、自分のシルバー・チャリオッツに矢を刺しレクイエム化したわけですが…

 

序盤のジョルノの場合も、ゴールド・エクスペリエンスの手に刺さっているんですよね。

 

 

なので、レクイエムが発動する条件としては同じなはず。

 

 

しかしなぜジョルノがポルポの矢では、スタンドが進化しなかったのか?

 

ネットやSNS上で見かけた意見は、こういったものがありました。

 

・矢の種類によって効果が違う?

 

・力が足らず、まだ資格が無かった?

 

ここからは、これら2つの意見を検証してみます。

 

ポルナレフが持っていた矢は、特別な効果を持つ種類だった?

 

まず、1つ目の意見。

 

 

矢には「スタンド使いにする矢」「スタンドを進化させる矢」の2種類があるというもの。

 

 

ポルポ・虹村形兆・吉良吉廣(写真のおやじ)が持っていたのが、前者。

 

ポルナレフが持っていたのが、後者。

 

 

確かにポルナレフの持っていた矢じりは、前者の矢じりと微妙にデザインが違っています。

 

 

しかし、通常のデザインの矢じりと比較して何が特別なのか?

 

…という説明は、一切されていませんでした。

 

 

6部までに計6本の矢じりが登場していますが…

 

 

同じ原料(隕石)から作られているとすれば、宿っているウイルスの種類も同じ。

 

矢じりのデザインが違うだけの理由で、個体ごとに効果が違うとは考えられなません。

 

 

あくまでも加工した職人?が製作時にデザインを変えただけで、深い意味はないと思われます。

 

 

もし、矢じりごとに効果が違うとしたら…

 

隕石を加工した人物に特別な力があったとすら考えられてしまう。

 

 

そうなるともはや、ウイルス云々関係ない。

 

本末転倒というか…

 

序盤のジョルノ・ジョバーナには力が足らず、ポルポ戦では資格が無かった?

 

次に、2つ目の意見。

 

 

序盤のジョルノ・ジョバーナには、レクイエム化する資格が無かった…というもの。

 

 

ディアボロの言葉を借りるなら…

 

組織入りする前のジョルノは、まだ「未熟な新入り」で「器ではなかった」のでしょう。

 

 

普通の人間が矢に刺された場合も、スタンド使いになれるかなれないかの厳選がされます。

 

なれれば生存し、なれなければそのまま死を迎えます。

 

 

さらに、スタンド使いの中から厳選がされ…

 

選ばれた者だけが、レクイエム化という段階に一歩進めるのでしょう。

 

 

確かにポルナレフも、レクイエムの片鱗を説明する中で「力のある者が使えば」という条件をサラッと言っていました。

 

ここを読み飛ばしていた人多数だとは思いますが…

 

 

序盤のジョルノ・ジョバーナには力が足らず、資格が無かった。

 

矢にも選ばれず、レクイエム化せず、単にダメージを受けただけ。

 

 

その後ジョルノは、ベイビィフェイスとの戦いの中で新たな能力が生まれていました。

 

当時の彼には、成長する伸びしろがまだ残されていた…ということでしょう。

 

 

一方、ポルナレフはどうか?というと…

 

戦闘者として再起不能なのでコントロール出来なかったものの、レクイエム化には成功しています。

 

 

長き戦いの人生を歩む中、すでに資格・力を持っていたのでしょう。

 

 

もっと言えば…

 

ポルナレフが五体満足だったら、レクイエムもコントロールできたのでは?とも考えられます。

 

 

ネットで見かける「序盤のジョルノって、なんでレクイエム化しないの〜?説明はよ」といった意見は…

 

 

ポルナレフがレクイエム化出来た経緯から、「レクイエム化なんて、誰でもなれるんじゃね?」と思った読者の多さを物語っています。

 

 

ポルナレフの言った「力のある者」を、「スタンド使い全員」と解釈したのか?

 

 

「ポルナレフ「ごとき」でもレクイエム化したんだから、誰でもレクイエム化するんだろ」とか…

 

「誰でもレクイエムに進めるんだから、序盤のジョルノでもレクイエム化してもいいはず」と思ったのでしょう。

 

矢に刺された時の変化は三段階?

 

なぜ「矢に刺される」という条件は変わらないのに、別の現象が起こるのか?

 

矢に刺された場合、こういった段階があると予想できます。

 

・第一段階:スタンドの才能があり、生存できる → 全てのスタンド使い

 

・第二段階:レクイエムに進める → 終盤のジョルノ、再起不能のポルナレフ

 

・第三段階:レクイエムをコントロール可能、全生物の精神を支配する能力を獲得 → 終盤のジョルノ

 

序盤のジョルノは第一段階止まりで、レクイエム化すら出来なかった。

 

再起不能のポルナレフは第二段階(レクイエム)に進めたものの、コントロールは無理で暴走してしまった。

 

 

こう考えられます。

 

もちろんこれらも、あくまでも個人が考えた一つの意見に過ぎないのですが。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加