頭文字Dの最終回・あらすじの内容をネタバレ!漫画とアニメの違い

頭文字Dの最終回・あらすじの内容をネタバレ!漫画とアニメの違い

 

1995年から2013年まで雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載されていたのが、しげの秀一さんの漫画「頭文字D」です。

 

全部で48巻の単行本が刊行されていることから、長期連載漫画のひとつとして数えられるでしょう。

 

 

アニメ化もされ、テレビアニメシリーズが放送。

 

劇場版アニメが公開されていました。

 

また、実写映画も公開されています。

 

 

あまりにも長い間連載されている作品ですと、最終回まで読みきることができなかった人の出てくるのが常です。

 

 

ですから、結末の内容がどうだったのか?

 

未だに知らない人もいると思われます。

 

 

せめて、ラストの内容だけでも知りたい!という人に向けて…

 

漫画版の最終回とアニメ「Final Stage」の最終回であるACT.4「ドリーム」の内容をネタバレしてみることにしましょう。

スポンサーリンク

漫画「頭文字D」最終回のあらすじをネタバレ!


 

峠の走り屋をテーマにした公道レースバトル・コミックが「頭文字D」です。

 

 

中学二年生の時から家業の豆腐を運ぶために峠を走っていた主人公の高校三年生である藤原拓海が、バイト先の先輩の代行として公道デビュー。

 

群馬県内で数々のバトルを経て、拓海のドライビングテクニックは磨かれてきました。

 

 

高校卒業後は運送屋で働くようになり、バトルで知り合った高橋兄弟に誘われ1年間限定で「プロジェクトD」というチームが立ち上がります。

 

 

リーダーは兄の高橋涼介で、弟の啓介がヒルクライムを担当し、藤原拓海がダウンヒルを担当するダブルエースの群馬県最速チームです。

 

関東最速のチームをめざし、各県の公道最速ドライバーとバトルを展開していきます。

 

 

溝落とし・溝またぎ・ブラインドアタックといった技を駆使し、一世代前のトヨタ・スプリンター・トレノAE86に乗って、各県最速公道レーサー達と対等に渉り合い…

 

次々と記録を塗り替え、公道最速伝説を築いていきます。

 

 

漫画の最終回は、神奈川連合チームとのバトルです。

 

 

箱根を舞台に、86VS86のダウンヒルバトルが繰り広げられます。

 

バトルの相手は、拓海と同世代の天才型ドライバーの乾信司です。

 

 

バトルが始まり、信司はセオリー無視の破天荒な走りを見せます。

 

中盤で信司に抜かれた拓海は、信司の86の後ろにつけながら必しで走りをコピーし、ついていきます。

 

信司の速さの秘密は、ノーブレーキ走法でした。

 

 

必しで追走していく拓海は、最終コーナーでブラインドアタックを仕掛けます。

 

リトラクティブのライトを格納し空気抵抗を減らし、スピードを上げる技です。

 

 

このコーナーで信司の横に並んだ拓海は、更にアクセルを踏み続け、信司の前に出ることに成功します。

 

 

しかしアクセルを踏み続けた結果、エンジンは12000回転を超え、オーバーヒートしてしまいます。

 

 

同時にタイヤはロックし車体はスピンします。

 

信司も、衝突回避のためにスピンします。

 

 

拓海はクラッチを切って半回転したまま、下り坂を利用しバックでゴールを目指します。

 

対する信司は一回転し、ギアを1速に入れてゴールを目指します。

 

 

この瞬時の判断の違いが、タイヤのグリップ力を取り戻す時間の差になります。

 

レースは半回転早くグリップ力を取り戻した拓海がリードし、バックのままゴールします。

 

 

ラストシーンはそのニ週間後の場面で、リーダーの涼介が「DはDREAMの意味だ」と語ります。

 

漫画では、拓海の愛車86は廃車になってしまいます。

 

 

以上、しげの秀一さんが描かれた漫画「頭文字D」最終回のあらすじ内容を掲載しました。

 

アニメ「頭文字D Final Stage」最終回のあらすじをネタバレ!

 

アニメ「頭文字D Final Stage」最終回である、ACT.4のストーリーは…

 

快進撃を続けるプロジェクトDの関東遠征最終戦の相手である、神奈川最強のサイドワインダーとの対決の話から始まります。

 

 

ダウンヒル担当の藤原拓海の相手は、弱冠18歳の高校生である乾信司が乗る自身と同じスプリンタートレノが相手です。

 

そしてレースが始まると、驚愕の展開になります。

 

 

乾信司は母親の送り迎えで、中学生の時からずっと送迎のためにハンドルを握るスペシャリストです。

 

レースのコースを頭で熟知しているだけでなく、どれだけブレーキをかけないで曲がれるのか?といったゲーム感覚で、山を上ったり下ったりして楽しんでいたのです。

 

 

その運転技術から、コーナリングの重力を感じずに夜中疲れているときには安心して寝られるほど、と母に言わしめたほどなのです。

 

そしてその技術は連戦連勝の藤原拓海を苦しめ、先行を許すと一度も抜かせなかったのです。

 

 

しかし、藤原拓海のドライビングテクニックに興味を持っていた乾信司は…

 

「ハザードランプをつけて、わざと先行させる」といった、悪意はないが競い合うドライバーとしての感覚がない行動を取ります。

 

 

そして前に出た藤原拓海は動揺し、本来のテクニックが出ない状態になります。

 

乾信司はその状態を見て、わざと車をぶつけて抜き返します。

 

 

そのドライビングを受けて戦う意思を取り戻した藤原拓海は、このドライバーは自分の意図していない展開になるとテクニックがぶれる事に気づくのです。

 

自身の必さつ技である、ブラインドアタックを駆使して抜き返します。

 

 

その姿を見た乾信司も闘志をもやし、コーナの縁やガードレールにぶつかりあいながら抜き返しを繰り広げます。

 

 

そしてコースの最後の部分で抜かれた藤原拓海は、このままでは勝てないと踏みます。

 

最終手段としてハチロクのエンジン回転数を限界を超えるほど回し、意図的にエンジンブローを起こしてスピンを起こします。

 

 

スピンをしたことで、相手はその状態をどう対応すればいいのか分からず減速します。

 

その結果、スピンしながらも車をゴールに向かわせていた藤原拓海が見事勝利を収めることに成功するのです。

 

 

神奈川を制覇したプロジェクトDは関東全域を制覇することに成功し、その活動を終えることに。

 

 

その後「プロジェクトDのDはドリームの意味」で、「自身を超えて羽ばたくドライバーを育てる」という意味であることが語られます。

 

 

そして藤原拓海は壊れたハチロクを家に置ける許可をもらい、その後は日課だからと秋名山を父のインプレッサで走り配達する姿で終わります。

 

 

以上、アニメ「頭文字D Final Stage」最終回のあらすじ内容をご紹介いたしました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック