狛村左陣のその後…最後は死亡した?【BLEACH】

狛村左陣のその後…最後は死亡した?【BLEACH】

 

護廷十三隊七番隊隊長・狛村左陣は、BLEACHの最終章「千年血戦篇」にも参戦。

 

星十字騎士団(シュテルンリッター)のバンビエッタ・バスターバインと対決します。

 

 

一時は卍解を奪われていたものの取り戻し、バンビエッタを撃破しました。

 

その後狼の姿に変わってしまいましたが、最後どうなったのでしょうか?

 

 

実は小説にも登場し、その後が描かれていたのです。

 

どうやら「死亡した」といった話もあるようなのですが、それって本当なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

バンビエッタを倒した狛村左陣、物言わぬ狼に…

 

一族の秘儀「人化の術」によって、不死身になった狛村左陣。

 

バンビエッタ・バスターバインと再戦、度重なる爆発にも動じず彼女を圧倒します。

 

 

「黒縄天譴明王・断鎧縄衣」による一撃とバンビエッタ自身の能力の爆発により、一撃でKO。

 

 

戦いに勝利しユーハバッハの居城へと向かおうとする、狛村左陣ですが…

 

人としての命を終え、大爺が言うところの「物言わぬ畜生」になってしまいました。

 

 

完全に獣となっており、人の言葉を話せなくなっています。

 

 

そのへ現れたのは、護廷十三隊七番隊副隊長・射場鉄左衛門。

 

狼と化してしまった狛村左陣を背負い、共にユーハバッハのいる居城へと向かいました。

 

 

しかし彼らがユーハバッハと対峙することはなく、そのまま「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」との戦い自体が終了。

 

 

その後、最終回にて隊長が一同に会するシーンには、隊長になった射場の姿が。

 

居なくなった狛村の代わりに、護廷十三隊七番隊隊長に就任していました。

 

 

しかし肝心の狛村左陣は、一切登場せず。

 

結局、本編では最後まで登場していませんでした。

 

 

以上が、BLEACHの漫画本編における流れです。

 

 

狛村左陣は、小説「WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」にも登場。

 

その後の姿が描かれていたのです。

 

狛村左陣…最後は死亡したことに

 

小説「BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」では、その後の行方が不明だった狛村左陣が登場。

 

 

射場鉄左衛門は、狼になった狛村左陣を七番隊の鍛錬場の裏山に隠していたのでした。

 

 

そして、行方知れずとなった狛村左陣を「戦死した」と報告しています。

 

ですが、本当に死亡したわけではありません。

 

 

鍛錬場の裏山で過ごしている狛村自身、もう七番隊に戻るつもりはなさそうです。

 

隊長としての役目を果たすのは、さすがに困難だと思われますし。

 

 

このように、狛村左陣が現在のような姿になった経緯をみんなに明かすことは無かった模様。

 

 

それでも隊長副隊長クラスの死神は、狛村のわずかな霊圧を感じていました。

 

とはいえ射場の意見を尊重したようで、それについて敢えて問うことも無かったようです。

 

 

その後、「七番隊の鍛錬場の裏山に大きな狼がいる」と話題になったことがありました。

 

ですがその時も、敢えて無関心を貫いたのだとか。

 

狛村左陣、その後はどうなった?


BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU (JUMP j BOOKS)

 

さらに小説「WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」の中では、人狼族の少年2人(うるい、ショウマ)が狼になった狛村左陣の元を訪れます。

 

 

狛村左陣は、彼らを射場鉄左衛門に紹介。

 

そして、死神見習いとして預かるように頼むのでした。

 

 

狛村によれば、「鉄左衛門は子育てに向いている」とのこと。

 

 

その際、狛村が射場の部屋へ入るシーンも。

 

人の言葉を話せない狛村の意思は、獣と人間の言葉両方を理解できる人狼が通訳となり射場に伝えています。

 

 

また、うるいの話によれば…

 

狛村は、射場が夜遅くまで鍛錬場で鍛えているのを把握していたとのこと。

 

 

以上が、小説「BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」で狛村左陣について描かれていた内容です。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加