プロゴルファー猿・ミスターXの正体は

プロゴルファー猿・ミスターXの正体は

 

藤子不二雄Aさんの数ある漫画のひとつに、週刊少年サンデーで連載されていた「プロゴルファー猿」があります。

 

 

主人公・猿(猿谷猿丸)を影の組織に引き入れようと度々刺客を次々と送り込んでいるのが、ボス「ミスターX」です。

 

この人物、終始覆面とサングラスによって素顔は隠れたままです。

 

 

正体は、一体誰なのでしょうか?

 

 

完全に顔を明かしていない人物なのでしょうか?

 

それとも、すでに作中では登場していた誰かなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

漫画「プロゴルファー猿」ミスターXの正体は何?

 

名作漫画の一つである「プロゴルファー猿」。

 

巨匠の藤子不二雄A氏の代表作のひとつでもあります。

 

 

今日ではプロ顔負けの少年ゴルファーの活躍が世間を賑わせますが、この漫画ではそういうことがなかった時代に初の少年ゴルフ漫画として連載されています。

 

 

当時のテレビアニメでの「わいは猿や、プロゴルファー猿や」のセリフがいつまでも記憶に残る漫画です。

 

 

その主人公の見た目も育ちも名前も猿の天才少年ゴルファーは、自作のゴルフクラブと山を改装したような自前の荒々しいコースで練習に明け暮れていました。

 

 

そんな彼にスカウトをもちかけるのが、謎の闇ゴルフ界のボス「ミスターX」です。

 

 

彼は「プロゴルファー猿」という作品には欠かせない、重要な闇のボスといった存在です。

 

 

風貌は帽子とサングラスだけではなく、強盗団のように頭すべてを隠した覆面で覆われています。

 

この資産家かつ闇ゴルフ界のボス以上の正体のことはわからずに、いつも猿に対戦相手を送り込んできます。

 

 

猿がスカウトを断ったため、敗北して闇ゴルフ界に入れるまで続いていきます。

 

 

結局、猿は闇ゴルフ界には入らずに、最終回では悲願のプロテストの合格までいきます。

 

 

しかし、漫画でもアニメでもこのミスターXは謎のままです。

 

そのため、さまざまな憶測が飛び交います。

 

 

大家族の猿には父親の姿がないことから、父親説を挙げる者がいました。

 

ミスターXが、執拗に猿を引き入れることにこだわることからなのですが…

 

 

また、いつも猿と対戦する負けてばかりのおっちゃんといった、実は身近な人物が近づいている説までもが挙げられていました。

 

(おっちゃんに関しては、猿の同伴としてホールで何度もミスターXと一緒になっているのですが…)

 

 

闇の世界の住人でありながら、作品中のテレビに堂々と登場することまであるミスターX。

 

結局、最後の最後まで正体はすべてが謎のままです。

 

 

本当に最後まで顔も素性も含めて不明のまま、連載終了します。

 

 

世界的に有名なSF映画・スターウォーズのように実はミスターXが父親で、そのため姿を見せず隠している方が、漫画を読んでいる側はワクワクして常に思い浮かびますが…

 

 

大人になった後の続編「プロアメリカ編」においても、正体が明かされることはなくやはり不明のまま。

 

 

彼は、素行などすべてが悪人ではないことも特徴です。

 

 

自身は特に凄腕のプロゴルファーであるわけではなく、あくまでも世間的に地位の高い人物が正体を隠し裏で闇ゴルフ界をしているような気にもさせます。

 

猿も彼が送り込んでくる刺客ゴルファーとの死闘によって、どんどん腕が磨かれていきます。

 

 

その中でも「旗つつみ」という、旗にボールをあてて包み込んで落とすのが代表的な技として知られています。

 

猿のそういった成長も、まるでミスターXの狙いの一つであるかのように思えなくもありません。

 

 

猿自身の実力を認めるような発言を幾度もしていたりと、悪役然としている悪役でもないのが、ミスターXという存在です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加