刃牙/バキシリーズを見る順番。漫画とアニメを時系列で並べてみた

刃牙/バキシリーズを見る順番。漫画とアニメを時系列で並べてみた

 

週刊少年チャンピオンで連載中の格闘漫画が、「刃牙(バキ)シリーズ」です。

 

実は、一部のシリーズがアニメ化されていたこともあります。

 

 

一度連載が終了した後、新シリーズの「刃牙道」がスタート。

 

2017年時点で、単行本数は130巻を越えています。

 

 

ただ、途中で作品のタイトルを何度か変えており、そのたびに1巻から数えなおしているのです。

 

 

「範馬刃牙」とか「グラップラー刃牙」など、様々なタイトルが存在しますが…

 

どれが先でどれが後か、リアルタイムで連載を追っていなければわからないのも無理はありません。

 

 

まとめ買いして一気読みしてみたいも、いるかもしれませんので…

 

この記事では、「刃牙(バキ)シリーズの漫画とアニメが発売・放送された順番」「時系列順」の2パターンをご紹介しています。

 

スポンサーリンク

刃牙(バキ)シリーズを読む順番!漫画タイトルを、発売日順に紹介

 

刃牙(バキ)シリーズは現在も連載中で、新刊がリリースされていますが…

 

これまでに発売されてきた漫画のタイトルを、発売日順に紹介しましょう。

 

「グラップラー刃牙」全42巻

 

「グラップラー刃牙 外伝」全1巻

 

「バキ」全31巻

 

「バキ特別編SAGA」全1巻

 

「範馬刃牙」全37巻

 

「範馬刃牙10.5 外伝 ピクル」全1巻

 

「刃牙道」現在18巻

 

※刃牙道の巻数は、2017年10月時点です。

 

グラップラー刃牙

 

「地下闘技場編」では、主人公の刃牙が鎬昂昇・鎬紅葉・マウント斗羽と対戦。

 

愚地独歩と範馬勇次郎(オーガ)の戦いも行われています。

 

 

「幼年編」に入ると一旦時が遡り、過去の話が描かれます。

 

この時点で、母・朱沢江珠は生存しています。

 

 

刃牙は、花山薫・ガイア・夜叉猿と対戦。

 

その後、勇次郎と初めて激突することに。

 

 

「最大トーナメント編」では世界中から格闘家や強い者が集められ、新キャラが一気に増加。

 

出場選手の中には、その後のシリーズでも登場する人気キャラも多数含まれています。

 

グラップラー刃牙 外伝

 

「グラップラー刃牙 外伝」は、最大トーナメント後の話。

 

お互いにプロレスラーであるマウント斗羽とアントニオ猪狩が、密かに対戦することを計画します。

 

バキ

 

「最凶死刑囚編」では、5人の死刑囚が同日に刑務所を脱出。

 

最大トーナメント選手と遭遇したら、戦闘開始。

 

 

場所・反則行為・武器制限のないストリートファイトが行われ、これまで以上に過激な戦いが繰り広げられています。

 

 

「中国大擂台賽」

 

柳から毒手を受けた刃牙が治療目的で、中国武術の大会・大擂台賽に出場します。

 

トーナメント戦ではないので他のキャラが一戦のみの中、勇次郎の戦いが計二戦も行われています。(VS郭海皇、VS劉海王)

 

 

「神の子激突編」

 

刃牙がマホメド・アライJr.からの挑戦を受け、対決します。

 

バキ特別編SAGA

 

「バキ特別編SAGA」の話は、バキ127話〜131話(死刑囚編)の間に起こったとされる出来事です。

 

性的描写があるため、青年誌の「ヤングチャンピオン」に掲載誌を移されて連載されていた作品です。

 

範馬刃牙

 

「実戦シャドーファイティング編」

 

刃牙がシャドーを発展させた、「独闘」(最大トーナメントの烈海王戦で披露)が描かれています。

 

相手は、アイアンマイケルや巨大なカマキリなど。

 

 

「超絶!!監獄バトル編」

 

ホワイトハウスを襲撃し、アリゾナ州立刑務所に投獄された刃牙。

 

目的は、ビスケット・オリバとの対戦を果たすため。

 

 

彼らとの戦いの前に、ジュン・ゲバルとオリバの対戦が行われます。

 

 

「野人戦争(ピクル・ウォーズ)編」

 

現代に蘇生されたピクルと、刃牙たちの戦いが描かれています。

 

 

「強者達の闘い編」

 

ピクルとの戦いで脚を失った烈海王がボクシングに入門。試合のため、アメリカへ。

 

 

一方柴千春は、刃牙に挑戦状を叩きつけます。

 

 

「地上最強の親子喧嘩編」

 

 

範馬刃牙と範馬勇次郎の戦い。

 

 

この戦いを最後に、一旦物語は終結しました。

 

刃牙道

 

現代に蘇った宮本武蔵を中心として、各キャラクターと遭遇・ときには戦いが行われます。

 

2017年現在も、連載は続いています。

 

刃牙(バキ)シリーズの漫画を、時系列順に紹介!

 

次に、刃牙(バキ)シリーズの漫画を時系列順に並べてみました!

 

・グラップラー刃牙 9巻74話〜20巻(幼年編)

 

・1巻〜9巻73話(地下闘技場編)

 

・21巻〜42巻(最大トーナメント編)

 

・外伝

 

・バキ 1巻〜15巻127話(最凶死刑囚編・ドイル戦の途中まで)

 

・バキ特別編SAGA

 

・15巻128話〜31巻(最凶死刑囚編のドイル戦〜神の子激突編)

 

・範馬刃牙 1巻〜10巻(実戦シャドーファイティング編・超絶!!監獄バトル編)

 

・10.5 外伝 ピクル

 

・11巻〜37巻(野人戦争(ピクル・ウォーズ)編〜地上最強の親子喧嘩編)

 

・刃牙道

 

刃牙シリーズを一冊も欠かさずにまとめ買いするなら、全巻まとめ買い専門のお店がおすすめです!

 

 

刃牙(バキ)シリーズのアニメを見る順番!放送日順・時系列順に紹介

 

アニメ化されたのは「グラップラー刃牙」のみで、2001年からシリーズが全48話放送されていました。

 

 

1期の内容は、漫画で言うところの幼年編(1〜15話)と地下闘技場編(16〜24話)。

 

2期はタイトルに「最大トーナメント編(25〜48話)」の副題がつきます。

 

 

アニメ版は原作漫画とは違い、時系列順にストーリーが進んでいるのが特徴です、

 

 

2018年には、Netflixから「バキ」のアニメ版が配信される予定となっています。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加