FGOによる検索汚染具合を調べたら…予想以上の結果に驚愕

FGOによる検索汚染具合を調べたら…予想以上の結果に驚愕

 

人気スマホアプリゲームの「FGO(Fate/Grand Order)」による、検索汚染がひどい。

 

偉人を検索する時、とにかく邪魔…そんな意見を見かけます。

 

 

勉強や調べ物をする中、歴史上の人物を検索しようとすると…

 

検索結果には、FGOのキャラクター情報や記事で埋め尽くされているとか。

 

 

それだけでなく、サジェストキーワードがFGO関連のものばかり…だとか。

 

参考:サジェストキーワードとは?

 

調べたいキーワードを検索窓に入力した際、一緒に出てくる2つ目以降のキーワード。

 

これって、本当なのでしょうか?

 

調べてみたら、予想以上の結果に。

 

スポンサーリンク

FGO(Fate/Grand Order)による検索汚染で、歴史上の人物の情報が検索妨害?

 

FGO(Fate/Grand Order)には、歴史上の人物と同じ名前がつけられたキャラクターが多数登場。

 

 

それこそ、日本史や世界史の教科書に載っている人物がです。

 

しかし、見た目は元の人物と全く違っていたりします。

 

 

一例を挙げると、こんな感じ。

 

 

同じく歴史上の人物名を拝借している有名ゲームに、モンスト(モンスターストライク)がありますが…

 

それと比べたら、少なめな印象。

 

天草四郎

 

葛飾北斎

 

ダヴィンチ

 

土方歳三

 

ナポレオン

 

クレオパトラ

 

武蔵坊弁慶

 

牛若丸

 

坂本龍馬

 

アンデルセン

 

アマデウス

 

エジソン

 

佐々木小次郎

 

岡田以蔵

 

呂布奉先

 

茶々

 

天草四郎

 

そもそも、検索汚染とは一体何なのか?…から説明しましょう。

 

検索汚染とは?

 

実在した人物・歴史上の人物・刀剣・戦艦など…

 

キャラクター名としてそのまま使っているゲームを、いくつか見かけます。

 

 

しかも使っているのは、大抵名前だけ。

 

他に共通点って見られないんですよね。

 

 

仮にそれらのゲームが人気になった場合、ゲームの方の情報ばかり検索され始めるわけです。

 

 

膨大な回数が検索され続けた結果…

 

検索結果は、ゲーム関連の情報で埋め尽くされてしまいます。

 

 

もともとのモデルである人物・刀剣・戦艦の情報は、どんどん隅に追いやられ…

 

情報を見つけるには、検索時に面倒を強いられることになるのです。

 

 

しかも、本来なら男性の人物がゲームでは女性のキャラクターになっている場合も。

 

興味のない人からすれば、意味不明だと思われます。

 

 

このような現状に、困っている人は多いようで。

 

ネットやSNSでも、度々議論…ではなく喧嘩が起こっています。

 

 

一部、こういった意見も見かけますが…

 

・FGOとか刀剣は玄関だから、そこから興味を持って勉強する。

 

FGOがきっかけで日本史や歴史に目覚めて勉強した人も大量にいると思う。

 

しかし、やはり以下のような意見を多く見るのも確か。

 

・FGOが人気で1番憎たらしいのは、新規の偉人が出るたびにFGOキャラの情報が半端ないほど検索結果を侵食してくるところ。

 

・神話系とか検索したらゲームの情報ばかり、オリジナルのキャラも考えられないのか?

 

・歴史上の人物や遺物で遊ぶな

 

FGO(Fate/Grand Order)による検索汚染は本当か?調べてみたら、想像以上にヤバかった

 

FGO(Fate/Grand Order)によって、歴史上の人物に関係する情報の検索汚染が広がっている…

 

ネットやSNSでそういった意見を見かけたことから、実際に真偽を確かめてみることに。

 

 

FGOには、歴史上の人物の名前を借りたキャラが多数出てきますが…

 

このゲームにおける強キャラを中心に抜き出してみました。

 

紫式部

 

李書文

 

諸葛孔明

 

ジャンヌ(ジャンヌダルク)

 

宮本武蔵

 

沖田総司

 

ナイチンゲール

 

強いキャラのほうが、弱いキャラよりも多く検索されているのではないか?

 

この程度なら、簡単に予想できますので。

 

 

※過去の検索履歴に影響されにくい、Google Chromeの「シークレットモード」で検索しています。

 

「紫式部」で検索した場合

 

まずは、平安時代の作家・歌人の「紫式部」から検索してみましょう。

 

日本史の教科書なら、取り扱われていないわけがありません。

 

 

最初は、Yahooで検索してみみることに。

 

すると、以下のようなサジェストワードが表示されました。

 

 

※全て、2019年2月時点の結果です。

 

「fgo」「モンスト」「最終再臨」「花」「百人一首」「システム」「再臨」「清少納言」「評価」「日記」

 

次に、Googleで検索した際に表示されたサジェストワード。

 

「日記」「清少納言」「源氏物語」「百人一首」「作品」「植物」「花」「イラスト」「清少納言」

 

FGOとモンストといった、人気ゲームのタイトルが。

 

 

Googleの場合、FGO関連のキーワードは1つも見られません。

 

 

一方、Yahooの場合は…

 

10個中5個が、FGO関連のキーワード。

 

 

「fgo」「最終再臨」「システム」「再臨」「評価」がそれです。

 

 

FGOによる検索汚染が、Yahooではかなり進んでいることが伺えます。

 

 

「fgo」という、ゲームタイトルそのもののキーワード。

 

 

「最終再臨」「再臨」は、FGOだけのキーワードではないものの…

 

ここまで頻繁に使われるコンテンツは、FGOくらいのもの。

 

 

「システム」は、紫式部システムのことでしょう。

 

ユーザーの間で生まれた、FGO用語のようです。

 

 

「評価」は、スマホゲームの攻略サイトではお馴染みのキーワード。

 

実際に「紫式部 評価」で検索すると、FGOとモンストの情報が検索順位を争っていると状況でした。

 

 

モンストが比較的おとなしめな一方、FGOの汚染具合が軍を抜いていないか…

 

 

紫式部は、予想通りの結果になってしまいました。

 

この時点で、全て察してしまったのですが…

 

 

他のキャラだと、もしかしたら検索汚染が進んでいないのでは?

 

僅かな希望を抱き、調査を続けてみることにしました。

 

「李書文」で検索した場合

 

次は、中国の武術家「李書文」で検索しました。

 

 

教科書に載っているタイプの偉人ではなく…

 

武術家という肩書もあって、ゲームに採用されそうな感じではあります。

 

Yahooで検索した際のサジェストワード

 

「fgo」「アサシン」「強化」「fate」「ランサー」「逸話」「最終再臨」「スキル」「老人」「再臨」

 

Googleで検索した際のサジェストワード

 

「アサシン」「ランサー」「fate」「老」「逸話」「セリフ」「再臨」「殺」「extra」

 

YahooもGoogleもほぼ全部、FGO関連のキーワードばかり…

 

本人と直接関係のあるキーワードといえば、せいぜい「逸話」くらいのものでしょうか…?

 

 

検索汚染具合は、紫式部の時を遥かに超えていました。

 

 

同じく検索汚染が進んでいるゲームに、モンストがありますが…

 

FGOは、その比ではありませんでした。

 

 

もう、これで十分な気がしますが…

 

 

「諸葛孔明」で検索した場合

 

次は、三国時代の軍師「諸葛孔明」で検索。

 

 

三国志自体人気があり、ゲーム・小説・漫画などメディア化が盛んなのが特徴です。

 

なので、出てくるのはFGOの用語だけではなさそうですが…

 

Yahooで検索した際のサジェストワード

 

「とは」「fgo」「名言」「子孫」「モンスト」「三国志」「名言集」「智略」「礼装」「ウェイバー」

 

Googleで検索した際のサジェストワード

 

「fgo」「妻」「子孫」「とは」「名言」「fate」「どんな人」「諸葛亮」「最後」

 

「礼装」と「ウェイバー」が、FGO関連のキーワードです。

 

 

人気のある三国志の人物なだけあって、歴史好きの人が多数検索しているためか…

 

FGOやモンストといったスマホゲーム関連の用語は、少なめな模様。

 

「ジャンヌ(ジャンヌダルク)」で検索した場合

 

次は、フランスの革命家「ジャンヌ(ジャンヌダルク)」で検索。

 

 

ジャンヌダルクも、様々なフィクション作品の登場人物のモデルになっている例が多いです。

 

キャラの名前が違っている場合もありますが、明らかに彼女をモデルにしているキャラは多いです。

 

 

Yahooで検索した際のサジェストワード

 

「ジャンヌダルク」「ジャンヌオルタ」「fgo」「とは」「グラブル」「モロー」「ジャンヌダルクオルタ」「ジャンヌカルマン」「ジャンヌアルテス」「モンスト」

 

Googleで検索した際のサジェストワード

 

「ジャンヌダルク」「fgo」「ジャンヌダルクオルタ」「バンド」「グラブル」「ジャンヌアルテス」「コンパス」「ジャンヌランバン」「映画」

 

FGO関連のキーワードは、「fgo」「ジャンヌ(ダルク)オルタ」と少なめ。

 

 

「グラブル」「コンパス」「モンスト」といった、スマホゲームのタイトル。

 

実在の人物「ジャンヌ・モロー」「ジャンヌ・カルマン」。

 

ファッションデザイナー(ジャンヌランバン)や香水(ジャンヌアルテス)など…

 

かなりカオスな状況となっています。

 

「宮本武蔵」で検索した場合

 

次は、江戸時代の剣豪「宮本武蔵」で検索。

 

 

宮本武蔵も有名なだけあり、漫画やゲームのキャラクターに採用されやすい印象。

 

時代劇のテーマとしてもメジャーです。

 

 

FGOの宮本武蔵、明らかに女性キャラなんですが…

 

女体化する基準って、何?

 

Yahooで検索した際のサジェストワード

 

「大河ドラマ」「モンスト」「刃牙」「佐々木小次郎」「名言」「fgo」「五輪書とは」「刀」「吉川英治」「本」

 

Googleで検索した際のサジェストワード

 

「駅」「fgo」「刀」「名言」「fate」「フィギュア」「映画」「宝塚」「五輪書」

 

「五輪書」「名言」「刀」は、宮本武蔵本人に関連したキーワード。

 

他のキーワードですが、以下のものと思われます。

 

・吉川英治 … 宮本武蔵の小説を執筆した方。

 

・大河ドラマ … 2003年に放送されていたNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」。

 

・刃牙 … 格闘漫画「グラップラー刃牙」の新作「刃牙道」に、現代に蘇った宮本武蔵が登場していました。

 

・宮本武蔵駅 … 岡山県美作市今岡にある駅の名前。

 

・宝塚 … 吉川英治さんの小説が原作の宝塚公演「夢現無双」。

 

「fgo」というタイトルこそありましたが、それ以外は他作品に関するキーワードが多数入り混じっていました。

 

 

「沖田総司」で検索した場合

 

次は、新選組の「沖田総司」で検索。

 

 

かつては新選組関連の時代劇が多かった印象ですが、一部ゲームや漫画などでも見かけます。

 

Yahooで検索した際のサジェストワード

 

「写真」「fgo」「モンスト」「刀」「コナン」「薄桜鬼」「銀魂」「墓」「オルタ」「イケメン」

 

Googleで検索した際のサジェストワード

 

「fgo」「刀」「fate」「薄桜鬼」「モンスト」「コナン」「銀魂」「写真」「病気」

 

人気漫画「名探偵コナン」やゲーム「薄桜鬼」には、沖田総司の名前をそのまま使ったキャラが登場しています。

 

 

人気漫画「銀魂」には、「沖田総悟」と名前を変えたキャラクターが登場。

 

ちょっとでも名前の一部を変えれば、検索汚染の可能性も減るのでしょうが…

 

 

FGO関連のキーワードは、「fgo」「オルタ」だけに留まりました。

 

「ナイチンゲール」で検索した場合

 

最後は、イギリスの看護師「ナイチンゲール」で検索。

 

 

偉人関係の本といえば、必ずと言っていいほどナイチンゲールの名前が挙がるでしょう。

 

Yahooで検索した際のサジェストワード

 

「誓詞」「ガンダム」「モンスト」「ダンス」「名言」「fgo」「看護覚え書」「ロボット魂」「派遣」「レビュー」

 

Googleで検索した際のサジェストワード

 

「ダンス」「ガンダム」「症候群」「鳥」「名言」「モンスト」「ロボット魂」「看護」「レビュー」

 

「誓詞」「看護覚え書」「看護」「名言」は、ナイチンゲール本人に関連するキーワード。

 

 

「ガンダム」「ロボット魂」「レビュー」は、ガンダムのフィギュア関連のキーワードでしょう。

 

なぜ、ナイチンゲールをモビルスーツの名称に採用したのか…謎です。

 

 

ナイチンゲールに限って言えば、FGOよりもむしろガンダムによる検索汚染が酷い模様。

 

 

以上、まとめると…

 

 

「紫式部」と「李書文」は、FGO(Fate/Grand Order)の検索汚染がひどく進んでいる状態と言えます。

 

汚染の状況がFGOによるものに限られている分、サービスを終了した後は元に戻るかもしれません。

 

 

何にせよ、サービスが続く限りは今後も検索する人数が多いと思われますので…

 

彼らの検索結果やサジェストワードが修正される可能性は、かなり低いでしょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加