GTA5の写真の撮り方!保存場所は(グラセフ5)

GTA5の写真の撮り方!保存場所は(グラセフ5)

GTA5(グラセフ5)には写真を撮影する機能があり、ゲーム内の名シーン・面白い瞬間・記念写真を残すことが可能です。

 

また撮影に成功した場合、その写真がどこにあるのかわからない方もいるかもしれません。

 

 

この記事では写真の撮り方と保存場所について説明していますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

GTA5(グラセフ5)の写真の撮り方を説明!保存場所は?

 

GTA5(グラセフ5)では、ロックスターエディター機能を使って写真を撮影することができます。

 

 

写真の撮り方には、いくつかの方法があります。

 

 

残したいシーンを確実に撮影するためには、最初に動画を撮影してからセーブします。

 

セーブした動画から静止画を抜き出すという方法が、最も安全です。

 

 

これなら、満足の行く出来栄えの写真がとれるまで何度でもチャレンジできます。

 

 

まず最初に十字キーを長押しすると、ゲーム画面右下に「撮影を開始」という文字が表示されるので、丸ボタンを押します。

 

 

これで、動画の撮影がスタートしました。

 

ゲーム画面右下に、赤いアイコンと一緒に「録画中」という文字も確認できるでしょう。

 

 

GTA5では、フリーセッション中だけでなくレース中やミッションの途中、さらには強盗中でも好きな時に録画することができます。

 

ただし、録画が正常に始まっていても録画を最終的に保存しなければ、データが消えてしまうことに注意しましょう。

 

 

録画したデータを最終的にセーブしてはじめて、後から見直したり編集したりできるようになります。

 

録画したはずなのにセーブするのを忘れてしまったばかりに、せっかくの名シーンが見られなくなってしまうので要注意です。

 

 

録画したデータをセーブするには、「自動セーブ」または「手動セーブ」の二つの方法があります。

 

 

録画中はアイコンが赤い丸印として表示されていますが、セーブ中は白く回転するのが目印です。

 

 

動画を保存が完了すると、次はロックスターエディターを使って静止画を取り出す作業を始めます。

 

 

オプションボタンを押して「GTAオンラインから退出」を選択し、いったんオフラインの状態にします。

 

ロックスターエディターは、オフラインの状態で使用しなくてはならないためです。

 

 

次にオプションボタンを押して、ロックスターエディターを起動させましょう。

 

 

「プロジェクトを作成」「クリップを追加」を選択すると、先程撮影した動画が表示されるはずです。

 

 

写真を撮りたい動画を選び、丸ボタンを押しましょう。

 

ここでは読み込みに時間がかかりますが、辛抱強く待ちましょう。

 

 

次にスティックを操作して、写真を撮りたい場面まで動画を進め、お目当てのシーンでストップさせます。

 

後は、丸ボタンからフリーカメラを選択して撮影するだけです。

 

 

ちなみにGTA5では、フィルターをかけたり色調の調整をしたりするなど…

 

画像の編集機能を駆使して、好みの映像に加工することも可能です。

 

 

なお、撮影した静止画はソーシャルクラブ内に保存されます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加