ロックマンエグゼ6攻略/ナビカスプログラムで最強は?おすすめを評価!

ロックマンエグゼ6攻略/ナビカスプログラムで最強は?おすすめを評価!

 

「ロックマンエグゼ6」の攻略において、メインバトルキャラクターであロックマンエグゼのステータスを強化したり…

 

バトルやマップでの特殊効果を付け足したりと役立つシステムが、「ナビカスプログラム」です。

 

 

全種類の中で最強なのは、一体どれなのでしょうか?

 

おすすめのナビカスプログラムを、このゲームをプレイしたことのある方々に聞いてみることにしました。

スポンサーリンク

ロックマンエグゼ6攻略・最強のナビカスプログラムはどれ?

 

おすすめのナビカスプログラム・一人目の評価

 

ロックマンエグゼ6で強いと思うナビカスプログラムは、以下の通りです。

 

 

・「カスタム1」「カスタム2」

 

 

チップ選択画面で、通常よりも多くチップが表示されるプログラムです。

 

 

これを組み込めば常に多くチップが表示され、チップを連続で使うコンボやプログラムアドバンスを成立させる確率が高くなります。

 

 

カスタム1では1枚、カスタム2では2枚多く表示されます。

 

単純に選択肢が増えるのが、強力です。

 

 

シナリオは勿論、対戦でも頻繁に使われるプログラムです。

 

 

・「メガフォルダ1」「メガフォルダ2」「ギガフォルダ1」

 

 

メガクラスチップやギガクラスチップは、フォルダに入れられる数に制限があります。

 

これらのプログラムを組み込めば、フォルダに入れられるメガクラス・ギガクラスのチップを増やせます。

 

 

メガクラス以上のチップは、単体で強力なものが多いです。

 

その数が増えるということは、単純にフォルダの総合力が高くなります。

 

 

・ファーストバリア

 

 

戦闘開始時に、バリアが付きます。

 

 

バリアの耐久は10なので、シナリオでは敵の攻撃で簡単に剥がされてしまいます。

 

しかし、バトルの評価はダメージを受けると下がるので、バリアが剥がれても評価は下がりません。

 

 

プログラムも小さいので、保険に組み込んでおくと良いでしょう。

 

対戦ではロックマンのバスターで破壊するのが難しく、相手にチップを使わせたり、チャージショットを誘ったり。

 

相手の行動を制限できるので、強いです。

 

 

・「アタックMAX」「チャージMAX」

 

 

ロックマンのバスター性能を最大まで強化する、ナビカスプログラムです。

 

 

アタックMAXは攻撃力が高くなり、チャージMAXはチャージ速度が上がります。

 

獣化やクロスのバスター性能も強化されるので、それらを主体に戦うなら組み込むと強いです。

 

 

・バグストッパー

 

 

ナビカスプログラムは、組み込むルールを間違えるとロックマンにバグが発生します。

 

バグストッパーは、ロックマンに発生したバグを無効にできます。

 

 

拡張エリアをはみ出してプログラムを組み込んだり、同じ色のプログラムを隣に配置したりする時に使います。

 

ナビカスの自由度を引き上げてくれるので、強いと思います。

 

 

おすすめのナビカスプログラム・二人目の評価

 

基本的には、5×5の25マスにパズルのように強化プログラムを配置して行きます。

 

 

ですが、ロックマンエグゼ6でのナビカスプログラムは3〜5までの従来のものと異なり、その周囲1マスにまではみ出すことができ、配置の幅が非常に広くなることが特徴的です。

 

 

プログラムのはみ出しによって力を発揮する、最も強いプログラムは「バグストッパー」です。

 

 

ネット喫茶店の常連になると、貰えます。

 

指定色をオーバーしたり、同じ色が隣り合うなどのルール違反をすると引き起こされるロックマンの異常・バグを、全て帳消しにしてくれるものです。

 

 

はみ出しを行うこともルール違反としてバグが起こされるので、そのためにこれを入れることは必須とも言えます。

 

 

バグストッパーそのものの大きさは、キの字の上下の棒をそれぞれ左右に半分欠いたような6マスのものです。

 

ですが4隅のいずれかにはみ出させることによって、トの字型をした4マスのプログラムとして扱うことができるのです。

 

 

使用すると、隣り合う制限で本来入れることのできない組み合わせを、どんどん実行できます、

 

 

例を挙げるなら、同じ赤色である、のけぞりを防いでレコードアップを狙える「スーパーアーマー」や…

 

ギガクラスチップを2枚デッキに入れられる「ギガフォルダ」、青色のバリア系とカスタム系などです。

 

 

ただでさえ隣接しやすい白黄ピンクのプログラムも、隣り合うことを気にせず入れられる…

 

非常に便利かつ強いプログラムなのです。

 

 

また、戦闘画面で本来5つしか表示されないチップを10枚にしてくれる「ナンバーオープン」というプログラムも非常に強いです。

 

 

しかしこちらの場合は、24マスを占領しはみ出しを使用しても、バグストッパーで埋め合わせなければならないのです。

 

そのため、他のプログラムをほとんど使用できないというリスクを背負ってしまうところが、玉にキズです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加