グラブルのEXジョブ/エクストラジョブで優先度が高いのは?おすすめを紹介!

グラブルのEXジョブ/エクストラジョブで優先度が高いのは?おすすめを紹介!

 

グラブル(グランブルーファンタジー)には4段階のクラスに分けられたジョブの他に、EXジョブ(エクストラジョブ)があります。

 

 

ドラムマスター・忍者・賢者・ガンスリンガー・アサシン・アルケミスト・剣聖・侍の全8種類のうち、優先度の高いのはどれなのでしょうか?

 

 

グラブルをプレイ中の方々に、おすすめのジョブを教えてもらうことができました。

スポンサーリンク

グラブル(グランブルーファンタジー)のEXジョブ(エクストラジョブ)。優先度が高いのはどれ?

 

グラブル(グランブルーファンタジー)でおすすめのEXジョブ(エクストラジョブ)・一人目

 

現在グラブル(グランブルーファンタジー)のEXジョブ(エクストラジョブ)の中で最強だと思うのは、「ドラムマスター」です。

 

 

ドラムマスターはサポートアビリティの影響で攻撃力が低いですが、トリプルアタック率がとても高いのです。

 

シングルアタックになることはほぼ無いので、かなり高い頻度で奥義を連発することが出来ます。

 

 

メインに装備できる物が、種類の少ない楽器しかありませんが…

 

 

比較的入手しやすい古戦場武器の九界琴は各属性に変更できる上に、奥義で味方全体のHPを回復しつつ、デバフの成功率も大きく上げられるという強力な奥義効果を持ちます。

 

 

奥義ゲージをためやすいドラムマスターとは、好相性なのです。

 

 

他にも、味方の補助に便利な奥義効果を持つ楽器は多いので、サポート役として優秀なEXジョブです。

 

 

アビリティについても優秀で、3アビの闘志の残響は25%の属性耐性低下と、効果量が大きいです。

 

EXアビリティのミゼラブルミストと併用すれば、それだけで下限の防御力50%まで下げることができます。

 

 

主人公以外のキャラクターのデバフアビリティや、召喚石の防御デバフとも併用しやすいです。

 

主人公以外の方法で防御力を下限まで落とせるなら、EXアビリティの自由度も高くなり、より幅広い補助ができるでしょう。

 

 

メイン装備が楽器なので、ハーピスト系のEXアビリティも効果が高くなります。

 

 

2アビの熱烈峻厳も、奥義ゲージ分配に自分以外の奥義ゲージ上昇量増加が付き、フルチェインの調整に役立ちます。

 

 

そうしてフルチェインの準備が出来たところに1アビの極点を使い、高威力の奥義とチェインバーストでダメージを稼ぐ、というのがドラムマスターの戦い方になります。

 

 

チェイン数に応じて付与される熱気効果も、残りターンが減るに連れて効果が下がっていきますが…

 

攻撃力と連撃率を上げて、奥義時以外のダメージ期待値と、奥義の頻度を大きく上げられる優秀な固有バフです。

 

 

また、チェイン数により主人公の奥義ゲージも戻ってくるので、アビリティの奥義ゲージ消費も気になりません。

 

 

奥義がメインのダメージ源になる期間はとても長く、その頻度を大きく上げるドラムマスターは、装備が完全に整うまではおすすめのEXジョブ(エクストラジョブ)と言えます。

 

 

グラブル(グランブルーファンタジー)でおすすめのEXジョブ(エクストラジョブ)・二人目

 

グラブル(グランブルーファンタジー)のEXジョブ(エクストラジョブ)は、必ずしも強いわけではありません。

 

使い方のコツを心得ていないと、力を発揮できないEXジョブもあります。

 

 

そんな中でも、特に強いとされるのが忍者です。

 

 

忍者は、使いこなせばパーティー内で様々な役割をこなすことができます。

 

印を使って敵を麻痺させることができたり、属性耐性ダウンなどのデバフをかけることが可能です。

 

 

忍者のアビリティを活用すれば敵を弱体化させることができるので、戦闘を有利に進めることができます。

 

 

また、忍者の印は組み合わせの種類が豊富なので、それだけ戦術の幅が広がります。

 

連続攻撃が発生する確率も他のジョブより高く、印による弱体化だけでなく火力も期待できるでしょう。

 

 

デバフをかけた敵に連続攻撃が発生すれば、一人で大ダメージを与えることができます。

 

 

忍者と同様にグラブルで強いEXジョブ(エクストラジョブ)は、賢者です。

 

 

賢者は忍者とは違い、敵を弱体化するのではなく味方を強化することができます。

 

天眼陣を使えば、攻撃・防御・DA率・弱体属性の4つを大幅に強化することが可能です。

 

 

攻撃と防御をあげるだけでなく、弱体属性を上げられることによって全滅しにくくなります。

 

また、天眼陣を使うとアップするDA率のおかげで、宿命陣でMPを維持しやすくなります。

 

 

万が一奥義ゲージが不足したら、HPを奥義ゲージに変えられる他心陣を使うことによって不足する確率は減るでしょう。

 

他心陣は、他のジョブで運用する場合にも使いやすいスキルです。

 

 

賢者は、マスターボーナスが優れているのも強い理由です。

 

 

マスターボーナスは、主人公が通常攻撃をしたときの奥義ゲージ上昇量をアップさせます。

 

取得すればその効果は受け続けられるので、最優先で取得を目指すと良いでしょう。

 

 

他のEXジョブ(エクストラジョブ)では侍やドラムマスターも強いですが、まずは忍者と賢者の取得から目指すと良いでしょう。

 

グラブル・ディスペル持ちのおすすめキャラを紹介(グランブルーファンタジー)

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加