七並べのルールとやり方!ジョーカーを最後に使ってもOK?

七並べのルールとやり方!ジョーカーを最後に使ってもOK?

 

七並べは、昔からよく遊ばれているトランプを使ったゲームです。

 

 

やり方はさほど複雑ではなく、子供の頃にやったことがある人も多いでしょう。

 

 

中にはジョーカーを使うなど、ローカルルールが存在したりも。

 

その場合、1枚まで残して最後に出すのってアリなのでしょうか?

 

 

ここでは、一般に行われているやり方を説明しましょう。

スポンサーリンク

七並べのルールとやり方を説明!

 

七並べに使うカードは、1組52枚。

 

または、ジョーカー1枚あるいは2枚です。

 

 

プレイする人数ですが、2人でも遊べますが普通は3人以上。

 

出来るなら、4人から6人くらいが望ましいです。

 

 

もし7人以上で遊ぶ場合は、2つのグループに分けたほうがよいでしょう。

 

 

最初に、適当な方法で仮の親を決めます。

 

 

シャッフルしたカードを裏向きに1枚ずつ、カードが無くなるまで全員に配ります。

 

このとき、プレイヤーによって手札の枚数に差が生じることもありますが、特に問題ではありません。

 

 

七並べゲームの目的としては、一定のルールに従って手札からカードを場に出し、最も早く手札をなくした人の勝ちです。

 

できるだけ早く、自分の手札を無くすようにします。

 

 

まず、各スートの7を持っている人はそれを場に出し、縦に並べます。

 

並べるスートの順番は、ゲームに影響しません。

 

 

そしてここから各スートにおいて、7につながるようなカードのみ場に出すことができます。

 

つまり、最初に4枚の7が並べられた直後であれば、各スートの6か8のみを場に出すことができます。

 

 

7に繋がっているとは、あくまで同じスートを横に見て7まで繋がることが必要です。

 

縦に、別のスートのカードを経由して7にたどり着くことができたとしても、それは繋がっているとは言いません。

 

 

場に出せる手札が無いときには、パスをすることができます。

 

しかし、パスが可能なのは1つのゲームで各プレイヤー3回までです。

 

 

既に3回パスをしているのに出せるカードが無いときには、その時点で負けとなります。

 

 

この形で負けとなったプレイヤーは、上のルールに関係なく、手札の全てを場に出して並べます。

 

 

ただし、以降のプレーで他のプレイヤーが出せるカードのルールに変更はありません。

 

出せるのは、あくまで7に繋がるカードのみです。

 

 

また、仮に出せるカードがある状態でも、敢えてパスをすることは可能です。

 

 

このようにしてゲームを続け、最も早く手札をなくした人の勝ちです。

 

七並べにおける、ジョーカーの使い方。最後に出して上がるのはOKか?

 

ローカルルールとしてジョーカーを含んだ七並べで遊ぶ場合、ルール上出せるカードの代わりに出すことができます。

 

 

例えば、7しか出されていないスタートの状態であれば…

 

各スートの6か8の代わりに出すことができる…といったように。

 

 

もし、ジョーカーを出された場合…

 

その位置に置くべきカードを持っている人、は直ちに手札から当該カードを出さなければなりません。

 

 

ここでひとつ、議論になるひとつの問題が。

 

それは、「ジョーカーを最後まで持ち、上がる時に出す」というもの。

 

 

ジョーカーを最後の1枚として持っているということは、次に回ってきた時点で上がることが確定しているわけです。

 

 

ジョーカーが自分に配られるか?といった運の良さも、ある意味ゲームの要素に含まれるとは思われます。

 

どのタイミングで出すかも、戦略のひとつと言えるでしょう。

 

 

ただ、これを「ズルい」「ゲームとしてつまらない」と感じる人もいるかもしれません。

 

その場合は、あくまでもローカルルールとして禁止にすることをゲーム開始前に提案することをおすすめします。

 

 

もし、あまりにもこの点に関して揉めるようであれば…

 

ジョーカー自体を除いたゲームにしたほうがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加