ポーカーのルールと役の強さを初心者でもわかりやすく説明!

ポーカーのルールと役の強さを初心者でもわかりやすく説明!

 

カジノへ行ったことのない人や普段トランプゲームをしない人でも、ポーカーをプレイする機会はあると思います。

 

ドラクエなどテレビゲーム内にもカジノが設置されていて、ポーカー台があったりする影響も大きいです。

 

 

様々な役が存在する、このカードゲームですが…

 

まずは、役を覚えなければどれが強いかわからず、勝負を判定することも出来ませんので。

 

 

この記事では、そんなポーカーのルールや進め方を、なるべく初心者にもわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

ポーカーのルール、初心者でもわかりやすく説明!

 

ポーカーは5枚の札で役を作り、その強さを競うトランプゲームです。

 

 

ポーカーにはいろいろな種類のルールがありますが、最も古くから遊ばれているのが「クローズド・ポーカー」です。

 

 

まず、親とプレイヤーに分かれます。

 

プレイヤーは参加チップとしてチップを1枚場に出し、親はよく切ったカードを1枚ずつ伏せてプレイヤーに配ります。

 

 

5枚配り終えたら、いよいよゲームスタート。

 

親から、時計回りに進めていきます。

 

 

最初のベットラウンドです。

 

 

プレイヤーは自分の手札をチェックし、「レイズ」「コール」「フォールド」の中から、自分が取る行動を順番に宣言します。

 

 

レイズは、賭けるチップを上乗せすることで、良い手札がきたときに選択します。

 

逆に悪い手が来たときはフォールドを選択し、最初から負けることでこの試合から抜けることになります。

 

 

コールとは、「自分より前のプレイヤーと、同数のチップを賭ける」という意味です。

 

全員がコールを行い、チップ額に同意が取れるまで繰り返します。

 

 

1回目のベットラウンドが終了したら、カードの交換を行います。

 

交換したいカードを親に渡して、新しいカードを受け取ります。

 

 

交換枚数に制限はなく、5枚すべてを交換することも可能です。

 

 

ただし交換した結果、役が悪くなったとしても元に戻すことはできません。

 

交換しない、という選択をすることもできます。

 

 

交換が終わったら、2回目のベットラウンドを始めます。

 

2人以上のプレイヤーが残っていた場合は、カードを公開して役の強さで勝敗を決めます。

 

ポーカーの役の強さを、順番に紹介!

 

役は、ポーカー・ハンドと呼ばれます。

 

役を強い順から並べると…

 

・ストレートフラッシュ

 

・フォアカード

 

・フルハウス

 

・フラッシュ

 

・ストレート

 

・スリーカード

 

・ツーペア

 

・ワンペア

 

…となります。

 

 

ストレートフラッシュは、5枚同じマーク・かつ数字が順番に並んでいるものです。

 

特に「A・K・Q・J・10」の組み合わせは「ロイヤルストレートフラッシュ」と呼ばれ、最も強い役になります。

 

 

フォアカードは、同じ数字のカードが4枚揃った役のことです。

 

 

フルハウスは、同じ数字のカード3枚と…

 

それとは別の、同じ数字のカード2枚の組み合わさった役です。

 

 

フラッシュとは、同じマークが5枚揃った役です。

 

ストレートは、カードの数字が5枚一続きになったものです。

 

マークは関係ありません。

 

 

スリーカードとワンペアは、それぞれ同じ数字が3枚と2枚揃った役のことを言います。

 

ワンペアが2つ揃った役が、ツーペアとなります。

 

 

同じ役を持っている人が他にいた場合は、数字の強い人が勝ちになるのがルールです。

 

 

一番強い数字は、「A」です。

 

二番目以降は「K・Q・J・10…」と続き、最弱が「2」となります。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加