臭い玉(膿栓)の取り方

臭い玉(膿栓)の取り方

喉の奥にあると言われているのが、俗に「臭い玉」と呼ばれるもの。

 

正式名称を「膿栓」といいます。

 

 

咳をした時やくしゃみをした時に、まれにですが飛び出てくることがありますよね。

 

あの謎の白い玉状のものは物凄い臭いを発しているため、喉の奥に残ったままだとかなり気になってしまう人もいるようなのですが…

 

 

楽な取り方ってあるのでしょうか?

スポンサーリンク

臭い玉(膿栓)とは一体なに?

 

臭い玉(膿栓)は別名「くさい玉」とも呼ばれ、喉の扁桃腺付近に留まり悪臭を放つ白い塊のことを指します。

 

 

原因は、口の中の細菌や食べかす、外部からの菌など様々です。

 

それらが白血球と固まることによて臭い玉となり、口臭の原因となります。

 

 

更に時間が経つことにより石灰化し、石のように固くなることもあります。

 

 

何度も歯磨きしても口臭が取れないという時には、口の中に臭い玉がないかチェックしてみる必要があります。

 

口を大きく開けて喉の近く(扁桃腺の脇あたり)に白い塊があれば、それが臭い玉です。

 

 

これを取り除く方法とは、どういったものなのでしょうか?

 

臭い玉(膿栓)の取り方は?

 

臭い玉(膿栓)の取り方については様々な方法があり、咳やくしゃみで偶然取れる場合もありますが…

 

自分で積極的に取る方法として、綿棒などで優しく押し出すやり方が一般的とされています。

 

 

ただし喉の粘膜は非常に繊細で、ちょっとしたことで傷をつけてしまう恐れがあります。

 

こちらの取り方はネットでよく見かける方法なのですが、正直言ってあまりおすすめできるものではありません…

 

 

喉を痛めないように行える臭い玉(膿栓)の取り方は、以下の通りです。

 

 

100円ショップ(100均)などでも売っている「調味料詰め替えボトル(出口が細くなっているタイプ)」に水を入れ、臭い玉を狙って勢いよく水を押し出す…という方法です。

 

こうすることで、水圧により臭い玉(膿栓)が取れることがあります。

 

 

この取り方であれば、粘膜を傷つけることはありません。

 

同時に喉の細菌を洗い流す役割もあるので、この方法なら一石二鳥です。

 

 

しかしながらこの取り方には、デメリットもあります。

 

「水圧の加減にコツがいること」や、「臭い玉(膿栓)に確実に当てるには、何度か練習が必要」な点でしょうか。

 

 

「どちらもできる自信がない、でも取りたい」という場合…

 

確実な方法は、やはり「専門家に診てもらうこと」になるでしょう。

 

 

これは喉の問題ということで、耳鼻咽頭科へ行くことで診てもらうことが出来ます。

 

大抵健康保険も適用されますので、支払いはほんの数百円程度で済みます。

 

 

色々と除去方法について述べてきましたが…

 

臭い玉は、放置していても特に病気になるような事はありません。

 

 

普段の生活の中で自然と取れ、また新しくできていく事を繰り返していくものです。

 

あまり気にし過ぎて何度も喉を触ったりすると、逆に喉が炎症を起こすなど体にとって良くありません。

 

 

しかし、なるべく臭い玉(膿栓)を作らないような予防方法もあります。

 

 

普段からできる予防法としては、確実ではないのですが…

 

「常に口の中を清潔にする」「歯磨きの時にうがいを徹底する」といった事に気をつけるだけでも、口内の衛生状況は改善できます。

 

 

こうすることによって、臭い玉(膿栓)の発生頻度を抑える事ができるでしょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック