シュールとシュルレアリスムの意味・違いを説明!

シュールとシュルレアリスムの意味・違いを説明!

シュールとシュルレアリスムの意味・違いを説明!

ネットやSNS、テレビ番組などでたまに聞くのが、「シュール」という言葉。

 

ごく当たり前のように使っている人もいるのですが、よくわからず聞き流している人もいるのではないでしょうか?

 

 

シュールとは、一体どのような意味なのでしょうか?

 

 

この「シュール」とは、もともとフランスで生まれた「シュルレアリスム(surrealism)」という言葉から出来た造語なのですが…

 

世間一般で使われているシュールのと本来のシュルレアリスム(surrealism)では、実は意味が違っているのをご存知でしょうか?

 

 

当記事で説明しておりますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

「シュール」と「シュルレアリスム」の意味を説明!違いは?

 

メディアや一般的によく使われている言葉のひとつである「シュール」は非現実的・現実離れという意味で使われています。

 

ただしあくまでも現実で起きているものなので非現実と言うわけではなく、あくまでも非現実的なもの・現実離れしているものという解釈で利用されています。

 

そのため一般的には考えられない事が現実で起きている、という意味で使われています。

 

 

使われ方の事例としては実際に起きてはいるが非日常的な光景に対しては「〜な光景」と言ったり、現実をありえない形で皮肉したものに対して「〜な表現」、基本はありえないことだが、あったら恐いことに対して「〜なギャグ」などが挙げられています。

 

 

そのため基本的には枕詞などで使われていますし、単語そのままで使われることも少なくありません。

 

 

そんなシュールは日本で造られたカタカナ語であり本来の意味や元となる言葉が存在しているのですが、それがシュルレアリスムという単語です。

 

これは辞書にも掲載されているもので、意味としては超現実主義と呼ばれている思想の事を指しています。

 

 

超現実主義とはこれ異常ない現実主義のことかと思われがちですが間逆の思想で、要するに脳内の空想の世界を描いた有り得ない現実の事を指しています。

 

 

もっと分かりやすく言ってしまえばメルヘンやファンタジーの事を指していて、現実では絶対に起こり得ない・ありえないことをいう時に使われています。

 

 

なので作品の思想などを評価する場合に用いられる事がほとんどで、日常的に使うことはほとんどないです。

 

 

つまりシュールとシュルレアリスムの違いは現実に起きているものなのか起きていないのかと言う点であり、実際に起きている場合は前者を用いますし起きていない場合は後者を使用するようになります。

 

 

なのでメルヘンやファンタジー作品に対してシュールと言う言葉を使うことはないですし、実際に起きてはいるけれども非日常的なものに対してシュルレアリスムを使うことはできないと言うわけです。

 

 

注意点としてシュールの意味合いや使い方は日本でしか通用しないものとなっているので、海外で使っても通じないことがほとんどです。

 

場合によっては勘違いされてしまう事もあるので、あくまでも日本でしか通用しないと言う事を知っておく必要があります。

 

 

元となっているシュルレアリスムのことも把握しておく事によって、海外でのコミュニケーションでも支障が出ないようにすることができます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

忖度とは・斟酌とは?意味の違いと使い方を説明!

 

OBとOGの違い・一体何の略?意味を説明!

 

改正・改定・改訂。意味の違いと使い分けを説明!

 

箇所と個所。意味の違いと使い方を説明!

 

留意と注意の違い・意味や使い方を説明!

 

よろしくお願い致しますとよろしくお願い申し上げますの敬語・違いは?

 

単相200Vと三相200Vの違い・見分け方を説明!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ