三井住友銀行の店舗やネットで口座開設するのに必要な物・書類とは?

三井住友銀行の店舗やネットで口座開設するのに必要な物・書類とは?

三井住友銀行で口座開設するために、どんなものを持参すればいいのでしょうか?

 

 

口座を開設する方法は、以下の4種類です。

 

・店舗の窓口

 

・ネット

 

・店舗のローン契約機

 

・郵送

 

以上の方法によって、必要となる書類の種類は違っています。

 

 

また、必要な物さえ揃っていれば、子供や未成年は口座開設可能なのでしょうか?

 

 

今後口座を作ることを検討している場合は、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

三井住友銀行の店舗で口座開設する場合、必要な物・必要書類とは?

 

自宅もしくは職場から近い三井住友銀行の店舗に行けば、口座開設が出来ます。

 

その際に必要になるのが、「本人確認書類」「印鑑」「現金」です。

 

 

印鑑は銀行への届け印として使われるものですので、認印とは違う専用の銀行印を用意するのがおすすめです。

 

 

現金は、口座開設後にその口座へ預け入れておくためのものです。

 

金額に決まりなどはありませんので、1000円や1万円などの適当な金額の現金を持っていけばよいだけです。

 

 

本人確認書類は、確かに本人であること・住所が存在するかなどを、銀行側が調べるために使われます。

 

窓口の場合だとコピーでは受け取ってもらえず、原本を持参するのが原則です。

 

 

受付可能な本人確認書類として、以下のものがあります。

 

・運転免許証

 

・パスポート

 

・身体障害者手帳

 

・個人番号カード(マイナンバーカード)(通知カードは、マイナンバーカードとは違いますので使えません。)

 

・在留カード

 

これら顔写真付きの書類の場合、1点の提出で済みます。

 

 

しかし、以下のような顔写真が付いていない書類だと、別の本人確認書類も一緒に持参して提出する必要があります。

 

・口座取引用に使う予定の、実印の印鑑登録証明書

 

・健康保険証

 

・健康保険日雇特例被保険者手帳

 

・国民年金手帳

 

・共済組合の組合員証・加入者証

 

・母子健康手帳

 

・児童扶養手当証書

 

これら顔写真のない書類だと、1点では不足とみなされてしまうのです。

 

 

以下5つの書類の中から1つを選んで、計2点を提出しなければいけません。

 

・印鑑登録証明書

 

・戸籍謄本・抄本

 

・住民票の写し

 

・官公庁が発行・発給した書類

 

・住民票の記載事項証明書

 

ちなみに以上5つの書類だけを持参した場合は、その場で口座開設はされません。

 

 

後日三井住友銀行側から、郵送で専用の書類を自宅まで届けてくれます。

 

その書類の到着を確認できた時点で、これらの本人確認書類を認める流れです。

 

 

法人の場合は、以下のものを提出します。

 

・官公庁より発行・発給された書類

 

・登記事項証明書

 

・印鑑登録証明書

 

また、追加で以下の書類を見せる必要があります。

 

・法人の印鑑証明書

 

・来店する人自身の運転免許証やパスポートなどの書類

 

・履歴事項全部証明書

 

・委任状など

 

三井住友銀行の店舗にあるローン契約機で口座開設する場合、必要な物・必要書類とは?

 

三井住友銀行の店舗は、基本的に平日にしか営業していません。

 

普段働いていたりすると、店舗へ足を運んで口座開設の手続きをするのはかなり困難といえます。

 

 

そんな方に向けて、夕方や土日にも使えるローン契約機(18時まで)でも、口座を作れるようになっているのです。

 

 

この方法で認められる必要書類は、基本的に以下の顔写真がついているものだけです。

 

窓口以外で口座開設をする場合、必要となる書類の数は限られてくるのです。

 

・運転免許証

 

・健康保険証

 

・住民基本台帳カード

 

・パスポート

 

・マイナンバーカード

 

顔写真のついていない物として唯一認められるのが、健康保険証のみ。

 

 

しかしこの場合、以下のものを追加で1点持ってこなければいけません。

 

・公共料金領収証書

 

・住民票の写し

 

・戸籍謄本・抄本

 

・社会保険料の領収証書

 

・印鑑登録証明書

 

・国税・地方税の領収証書

 

・その他の官公庁発行書類

 

この方法ならその日のうちに口座を作れますが、基本的に通帳は発行されません。

 

三井住友銀行の口座開設を郵送でする場合、必要な物・必要書類は?

 

直接店舗へ足を運べない場合でも、郵送で口座が作れます。

 

郵送で口座開設するには、必ず計2点の書類が必要となります。

 

 

まず1点目の書類は、以下の中から選びます。

 

・運転免許証のコピー

 

・パスポートのコピー

 

・各種健康保険証のコピー

 

・住民基本台帳カードのコピー

 

・各種年金手帳や福祉手帳のコピー

 

・個人番号カードのコピー(コピーするのは、表面のみでOK)

 

さらに2点面の書類には、以下から1つを選ぶことになります。

 

・公共料金の領収証書

 

・印鑑証明書

 

・住民票の写し

 

・国税・地方税の領収証書

 

・納税証明書

 

・社会保険料の領収証書

 

三井住友銀行の口座開設をネットでする場合、必要な物・必要書類は?

 

今では、ネットだけでも口座開設出来るようもなりました。

 

スマホで「口座開設アプリ」をダウンロードし、指示に従えば完了できます。

 

 

本人を確認する書類として、以下のものだけが認められます。

 

・運転免許証

 

・パスポート

 

・個人番号力ード

 

子供・未成年がひとりで口座開設することは可能?

 

子供や未成年がひとりで店舗を訪ねて、口座を作ることは可能です。

 

 

ただ、もちろん必要書類を揃える必要はありますし、自分用の印鑑を作っておかなければならないので、決して簡単とは言えません。

 

 

必要書類として、学生証は認められないので注意しましょう。

 

この点は、どの銀行においても共通です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック