アロンアルファ/接着剤が手や指についた!落とし方・取り方を紹介

アロンアルファ/接着剤が手や指についた!落とし方・取り方を紹介

アロンアルファや接着剤が手についた場合、特に指同士がくっついた時は、手を使うのことが不便になってしまいます。

 

できるだけ避けたいところなのですが、作業をしている際にどうしても手についてしまうケースもなくはありません。

 

 

無理に取ろうとしてしまうと、手の皮が剥がれたりするなど傷を負ってしまう可能性が高いので避けるべきでしょう。

 

 

一番おすすめな方法といえばアロンアルファや接着剤の専用はがし液を使うことなのですが、みんながはがし液を一緒に購入しているとは限りません。

 

 

この記事では、アロンアルファや接着剤専用のはがし液がなくても可能な、落とし方や取り方をご紹介しています。

スポンサーリンク

アロンアルファが手や指についた!専用のはがし液がない場合の落とし方・取り方を紹介!

 

アロンアルファは、強力で便利な接着剤ですが…

 

それゆえに、くっついて欲しくない場所についてしまうと厄介です。

 

 

しかし、手についたアロンアルファを強引にはがすのは危険です。

 

手の皮膚を痛めてしまうからです。

 

 

特に指同士がくっついてしまった場合などは、焦って無理にはがそうとしてしまいがちです。

 

このようなことを避けるためにも、適切な落とし方で手を傷つけないように落とすことが必要だといえるでしょう。

 

 

では、具体的なアロンアルファの落とし方にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

まずは、「マニキュアの除光液を使って落とす」方法です。

 

 

方法は液を当該の部分に塗布するだけですが、アセトンという成分が含まれていないものの場合は効果がないこともあります。

 

ですので、アセトンの含まれていない除光液をお使いの方は別の方法で落とす他はありません。

 

 

とはいうものの、女性であれば除光液はおそらく必ずといっていいほど持っているでしょうから、手軽に落とすことのできる確率があがるといえます。

 

 

ただし、アセトン系の除光液は溶かして落とすタイプです。

 

ですから、肌が強くない人にとってはダメージになってしまうことも考えられます。

 

あまりに肌の弱い人はできれば避けたほうがいいといえるでしょう。

 

 

それ以外の方法では、「お湯をつけてもみほぐす」という方法があります。

 

これは、もっと簡単な方法です。

 

 

熱いと感じるくらいの温度のお湯をためて、そこに手をつけましょう。

 

そしてもみほぐすようにすると、くっついてしまったところを容易に落とすことができます。

 

 

この場合はお湯を沸かすという面倒がありますが、家にあるもので誰でも対応が可能だといえるでしょう。

 

 

ただし、アセトン系の除光液がアロンアルファを溶かす作用をもっているのに対して、お湯は基本的にはがす役割しか果たしてくれません。

 

ですから、最終的にははがれたあとにアロンアルファが少し残ってしまうことになります。

 

 

この場合は、軽く軽石などでこすることによって落ちやすくなります。

 

軽石は肌の角質などを落とすために使うものですから、女性であれば持っていることもあるかもしれません。

 

こちらは100円ショップなどで気軽に購入することができます。

 

 

このように付着したアロンアルファを落とすための方法は、簡単にできるものであれば以上の二つがあるといえるでしょう。

 

しかし、そうであるとはいえ、付着したものは多少なりとも残ってしまいます。

 

 

これは数日放っておいて、自然にはがれてしまうのを待つしかありません。

 

無理にはがそうとしては、皮膚を傷めつける結果にもなってしまうからです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック