生卵とゆで卵の賞味期限。いつまで?日持ちさせる方法

生卵とゆで卵の賞味期限。いつまで?日持ちさせる方法

日々の食卓やお弁当に欠かせない食材が、卵です。

 

卵焼き・目玉焼き・ゆで卵・オムレツなどの卵メインの料理だけでなく、料理に加えたり、生のままご飯にかけたり…

 

 

様々な用途に利用できる卵ではあるのですが、1パックに入ってる量が多いからか、購入してから全部食べきるまでに意外と時間がかかってしまいますよね。

 

 

あまりにも長い間卵の数が減らないと、全て使い切らないうちに賞味期限が過ぎてしまわないか?

 

気になるところです。

 

 

この記事では…

 

一般的な卵の賞味期限をあらためて見なおしています。

 

 

また、できるだけ長い期間卵を日持ちさせる方法をご紹介いたします。

 

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生卵とゆで卵の賞味期限はどのくらい?いつまで食べられるのか?

 

卵と言えば、毎日の食卓に欠かせないお馴染みの食材です。

 

卵があるだけで料理の幅がぐっと広がるので、いつも冷蔵庫に卵をいれているという人も多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、いつの間にか賞味期限が切れてしまい使えなくなってしまうということもよくありますよね。

 

 

そんな卵の日持ちさせる方法を、生卵とゆで卵にわけて紹介します。

 

 

生卵の賞味期限は、安心して生食できる期限をさします。

 

夏(7〜9月)は産卵後16日以内、春と秋(4〜6月、10〜11月)は産卵後25日以内、冬(12〜3月)は産卵後57日以内とされています。

 

 

スーパーなどで売っているパッキングされた卵の賞味期限は、もっと短いです。

 

おおむねパッキングされてから2週間以内を期限にしていることが多いようです。

 

 

ですが、過ぎてしまったからといってすぐに卵を捨てる必要はありません。

 

あくまで生で食べる時の目安ですので、殻に包まれている無菌状態の卵であれば熱を通せば大きな問題はないのです。

 

 

その後10日程度が消費期限の目安となっていますが、冷蔵庫で保存している場合なら冬場は2週間以上日持ちするようです。

 

もちろん食べるときはきちんと加熱して菌を死滅させてから食べてください。

 

卵をできるだけ長く日持ちさせる方法

 

では、生卵を日持ちさせるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

まず、10度以下の状態で保存します。

 

冷蔵庫にいれておけば間違いないでしょう。

 

 

冷蔵庫に入れるときは、とがっている方を下にします。

 

こうすることで、卵の黄身が直接殻に接触するのを防ぎ長持ちするといわれています。

 

 

また、意外と知らないやってはいけないことは、卵を水洗いすること。

 

殻の隙間から水が入ってしまうと、菌が繁殖しやすくなってしまうのだそうです。

 

 

続いては、ゆで卵の保存についてです。

 

 

ゆで卵を冷蔵保存した場合の賞味期限は、殻のついているもので3日以内、殻にヒビの入っているものだと1〜2日といわれています。

 

殻のないゆで卵にいたっては、12時間〜24時間とかなり短めです。

 

ゆで卵を剥いたら必ず冷蔵庫にいれ、なるべくその日のうちに消費するようにしましょう。

 

 

もしそれ以上長持ちさせたいなら、味付け卵にすると多少長持ちするようです。

 

 

また、半熟卵よりもきちんと中まで火の通ったもののほうが、長持ちします。

 

お弁当などにいれるときは十分注意してください。

 

 

このように、卵は生の状態がいちばん日持ちします。

 

また、生の卵もゆでた卵も殻に包まれている状態のほうが菌の発生を抑えられます。

 

 

卵を食べるときは直前まで冷蔵庫で保管し、きちんと加熱してから食べるのが安全でしょう。

 

 

日持ちする日数や時間は、それぞれの卵によって個体差があります。

 

この記事に書かれている数値は、あくまでも目安と捉えて下さい。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック