レペゼンとは?意味と使い方を説明!(HIPHOP用語)

レペゼンとは?意味と使い方を説明!(HIPHOP用語)

レペゼンとは?意味と使い方を説明!(HIPHOP用語)

 

HIPHOP系の曲の中で、「レペゼン」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?

 

 

普段生活している中では全く聞かないことから、この言葉自体を知らない人のほうが多いかもしれません。

 

英語っぽい響きを感じますが、日本で勝手に略された言葉である可能性も十分に考えられますし…

 

 

主にHIPHOP関連で使われる機会の多いレペゼンとは、一体どういう意味なのでしょうか?

 

 

この記事では使い方も併せてご説明していますので、ぜひ参考にどうぞ。

スポンサーリンク

HIPHOP用語・レペゼンとは?意味と使い方を紹介!

 

一般ではあまり知られていないのですが、HIPHOPには色々な専門用語があります。

 

それを知っておくことによって、ライブなどでのトークをより理解して楽しむことができるようになっています。

 

 

その中のひとつである「レペゼン」がどのような意味を持っている専門用語なのかというと、元々は英語であり本来の正しい英語は「レプリゼント」となっています。

 

 

それがHIPHOPならではの早口で短縮・略されたのがレペゼンであり、意味は「代表して」「〜からやってきた」などです。

 

 

このためほとんどが自分たちの自己紹介をする時やゲストを紹介する時などに用いられる用語となっております。

 

 

用例としては「〜はレペゼン〜!」のように最初にレペゼンをつけてから「どこの代表なのか」「どこからやってきたのか」を表すことができるようになっています。

 

 

最初に付ける以外にも後ろにつけて「〜レペゼン」と名乗る事もあったりと、定型文や決まりなどは特にないようです。

 

レペゼンがついていれば自己紹介をしている、と判断すればいいということになります。

 

 

では何故わざわざレペゼンという専門用語を使ってまでどこの代表なのか?

 

どこから来たのかを主張するのか?というと…

 

 

元々使い始めたラッパーが、自分が住んでいる地域に対して誇りを持っていたとされているのです。

 

「この地域でこんな事をやっているのは自分だけだ」ということを主張するために言い始めたのだとされています。

 

 

そこからほかのラッパーたちも影響を受け始めたのだと考えられており…

 

主張する意味としては「〜でこんな事をしているのは自分たちだけだ」「自分たちが〜でのラッパーの代表だ」と演出することで自己主張をするようになったのではないかと考えられています。

 

 

そしてその中には、その地元に根付いて活動をしているという地域に対する愛着や愛情も含まれていると考えられているので…

 

その地域に対しての親愛の証として名乗りを上げるようになったのではないか、とも考えられています。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

忖度とは・斟酌とは?意味の違いと使い方を説明!

 

OBとOGの違い・一体何の略?意味を説明!

 

改正・改定・改訂。意味の違いと使い分けを説明!

 

箇所と個所。意味の違いと使い方を説明!

 

留意と注意の違い・意味や使い方を説明!

 

よろしくお願い致しますとよろしくお願い申し上げますの敬語・違いは?

 

単相200Vと三相200Vの違い・見分け方を説明!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ