ひな祭りに白酒や甘酒を飲み、あられを食べる意味とは

ひな祭りに白酒や甘酒を飲み、あられを食べる意味とは

毎年3月3日は、日本の年中行事「ひな祭り」の日です。

 

 

雛人形を飾ったり、ちらし寿司を食べる他にも…

 

白酒や甘酒を飲んだり、ひなあられを食べたりする習慣が定着しています。

 

 

これには、何か意味があるのでしょうか?

 

それぞれの習慣が生まれた由来を、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

ひな祭りに白酒や甘酒を飲む意味は?由来を説明!

 

ひな祭りに白酒を飲む由来ですが、これは江戸時代までさかのぼります。

 

 

白酒が飲まれるようになるまでは、3月3日の桃の節句には桃花酒と呼ばれるお酒を飲むことが習慣でした。

 

あまり聞き慣れない名前のお酒ですが、これは桃の花を浸したお酒のことを指しています。

 

 

当時の中国では、桃の花には魔よけのパワーが含まれているという言い伝えがありました。

 

これにより、桃が不老長寿や厄除けとして使われることが多く見られました。

 

 

このような理由から、中国では3月3日に桃の花を浸したお酒を飲むことが定番となっていたのです。

 

これがそのまま日本に伝わり、3月3日のひな祭りには白酒をのむ風習ができたのだとか。

 

 

さらに古代の中国では、桃の花が流れていた川の水を飲むことにより長生きできた、という故事まで存在しています。

 

平安時代の日本では、3月3日になると貴族たちが不老長寿を願い、宴の席で桃花酒を飲んでいたとのこと。

 

 

その後時代の流れに合わせて、桃花酒の代わりに白酒を飲むことが定着するようになりました。

 

 

白酒に関しては、このような言い伝えが存在しています。

 

「お腹に大蛇を宿した女性が3月3日に白酒を飲むことによって、おなかの大蛇を流産させることが出来た」という内容です。

 

 

この言い伝えから「母親のお腹に悪い子供が宿らないように」という願いを込め、厄除けとして白酒を飲む習慣が生まれたのです。

 

 

また、白酒と甘酒については同じものを指すと思っている人も多いかもしれません。

 

 

実は白酒は、アルコール度数が10パーセント前後の甘い口当たりのお酒です。

 

 

これに対し甘酒は、アルコール度数が1パーセント未満の甘くて子供も飲みやすいお酒という定義があります。

 

 

実は甘酒自体は、ひな祭りと直接関係はありません。

 

ですが、アルコール度数がかなり低くお酒には分類されないため、白酒の代わりとして子供でも飲むことができます。

 

ひな祭りにあられを食べる意味は?由来を説明!

 

ひな祭りには、あられを食べることが定番となっています。

 

 

これは、昔の子供たちが遊んでいた「ひな遊び」と呼ばれる子供たちのお人形遊びに由来しています。

 

 

次第にひな遊びが広まるにつれて、女の子たちは自分の持っている人形に様々な美しい風景を見せてあげたいという思いから、一緒に外に連れ出すようになります。

 

 

これが、「ひなの国見せ」という風習に変化していきます。

 

 

人形たちに美しい自然を見せに行く際に、外出先でも食べることができるお菓子として持っていったものが、ひなあられだとのこと。

 

 

また、当時ひなの国見せに持っていったひなあられは、外出先でも菱餅を食べられるようにと砕いて食べやすいサイズにしてから持って行った、と言われています。

 

 

菱餅は、ピンク・白・黄緑の三層になっています。

 

この事から、ひなあられもピンク・白・緑などの色が付いているとのことです。

 

 

ひなあられには、3色のものと4色のものが存在しています。

 

 

3色のものは、「生命のエネルギーを表す、ピンク」「大地のエネルギーを表す、白」「木のエネルギーを表す、緑」を意味しています。

 

「災いや病気を追い払い、健やかに成長できるように」という願いが込められています。

 

 

また4色の場合は、「4色を四季に見立て、春夏秋冬の自然のエネルギーによって、1年の厄よけと心身の健全を願う」といった意味が込められているのです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック