仮眠から起きられない原因と起きる方法

仮眠から起きられない原因と起きる方法

仮眠から起きられない原因と起きる方法

仕事や徹夜の勉強に集中していても、疲れや飽きにより眠気が襲ってきてしまう場合はあるでしょう。

 

仮眠が可能な環境であれば、遠慮なく仮眠をとることをおすすめします。

 

 

起きた後はスッキリし、その後の活動もはかどります。

 

 

ただ中には、一旦仮眠をしてしまうとなかなか起きられないケースもあります。

 

夜勤中だったりすると、それは一大事です。

 

 

一体、その原因とは何なのでしょうか?

 

スムーズに起きるための対策方法とは、どういったものなのでしょうか?

仮眠をした時、起きられない原因とは?スッキリ起きる対策方法はある?

 

徹夜の勉強や夜勤の仕事をしていて、ちょっと眠くなってしまったので仮眠をすることは誰でもあるでしょう。

 

ただ、15分〜30くらい寝ようとしたのに、数時間も本格的に寝てしまうケースがあるようです。

 

 

あまりにも長い時間だと体も完全に寝てしまうので、仕事などの効率が悪くなってしまいます。

 

夜寝る際にもいつもとは違い疲れていないので、床についてもなかなか寝ることができない…という問題が生じます。

 

 

なので、仮眠にもかかわらず長い時間寝すぎてしまうのはナンセンスです。

 

特に夜勤の仕事だったりすると、取り返しのつかないことになりかねません。

 

 

そこで、仮眠から起きられない原因と起きる方法について具体的に見ていきます。

 

 

まず、どういった寝方をしているか?を振り返ってみることが大切です。

 

 

ソファーに横になったり、中には布団に入って寝る方も多いようです。

 

ただ、この場合は本格的に寝入ってしまい長時間費やしてしまうケースが多いので、避けた方がいいでしょう。

 

 

仮眠をする際は、机などに突っ伏して寝ることをおすすめします。

 

 

突っ伏して寝ると比較的睡眠が深くなりにくいので、短時間で起きやすくなるメリットがあります。

 

 

慣れない場合、机に突っ伏した寝方で疲れが取れるのか?と考える方がいます。

 

ですが、この寝方でも十分睡眠の効果が期待できるのでその点は問題ありません。

 

 

寝る際の環境は、暗いところよりも明るいところがベストです。

 

 

暗いところで寝てしまうと体がリラックスし過ぎしてしまい、仮眠どころではなくなります。

 

簡単には起きられない状態になってしまうので、全く明かりのないところで寝るのはおすすめできません。

 

 

また、寝る前にカフェインを摂ることも有効な方法だとされています。

 

 

カフェインには睡眠を阻害する働きがあるので、目が冴えてしまい仮眠すらできなくなるのでは?

 

…と考える方がいますが、仮眠する直前に飲んでおけば問題はありません。

 

 

カフェインは15分〜20分程経過してから血中濃度が上昇してくるので、寝る前に摂取すれば仮眠を妨害することはありません。

 

 

さらにカフェインの効果によって眠気が冴えることで仮眠後の仕事や勉強の効率も改善されるのです。

 

仮眠をする前には、カフェインを意識して摂るようにしてください。

 

 

昼寝は気持ちがいいので長い時間寝たくなってしまいますが、残念ながらデメリットの方が多いです。

 

 

寝すぎてしまうと、起きた後にも意識がスッキリせずその後の活動にも支障をきたします。

 

ですので、眠る時間は15分〜30分程で抑えることを守らなければいけません。

 

 

仮眠からスッキリ起きる方法としては、定番ですが目覚まし時計を使うことを推奨します。

 

 

ちょっとだけ寝ようと思っていても、気づいた時には数時間経過していた場合があります。

 

ですので、目覚ましを使った方がより確実に起きることができます。

 

 

起き上がって移動しなければ止めることができない場所に目覚まし時計を置いておくと、寝ながら無意識に止めてしまう恐れがありません。

 

 

しかし…

 

「アラームの音だけでは起きられない」

 

「突然鳴る大きなアラーム音にびっくりする・ストレスを感じる」

 

「集合住宅なので、大きな音は立てられない」といった方もいるでしょう。

 

 

私自身がまさに、それに当てはまるのですが…

 

 

そんな方は、この対策方法を試してみてはどうでしょうか?

 

アラーム音が苦手な方へ。光を発する目覚まし時計を使って、ストレスなく起きる!



 

睡眠専門医がおすすめする「光を発する目覚まし時計」。

 

うるさいアラーム音を出さずに光によって目覚めさせてくれるので、ストレスなく起きることができるでしょう。

 

 

私たちが起きる場合、目覚めるための物質「セロトニン」を体内に発生させる必要があるのですが…

 

こちらの目覚まし時計から発せられる光を浴びることでセロトニンを発生させ、ストレスなく自然に起きることが可能です。

 

 

また「暗い場所では寝すぎてしまうけど、明るい場所ではそもそも眠りにつけない」といった方にもおすすめです。

 

たとえ部屋を暗くして寝た場合でも、設定した時間が来れば光目覚まし時計が起こしてくれます。

 

 

もちろん、仮眠だけでなく毎朝起きるためにも使えます。

 

カーテンを閉め切った暗い部屋でも、寝坊せずに起きることができるでしょう。

 

 

この光目覚まし時計を使い続けても効果を感じなかった場合は、3ヶ月以内であれば返品することができます。

 

支払った代金も、全額返してもらうことが可能です。

 

 

使用中に故障してしまった場合でも、1年間保証してくれます。

 

送料無料・代引き手数料も無料です。

 

 

なので、まずはお試し感覚で取り寄せてみることをおすすめします。

 

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)



ホーム RSS購読 サイトマップ