24KGPとは・18KGPの意味は?買取価格に価値はあるのか

24KGPとは・18KGPの意味は?買取価格に価値はあるのか

 

純金で出来たアクセサリーの表示でよく見かけるのが、24金や18金を意味する「24K」や「18K」だと思います。

 

 

しかし中には「24KGP」や「18KGP」といった、あまり目にしない表記があるものも。

 

この「GP」とは、一体どういう意味なのでしょうか?

 

 

24K・18Kのように、価格に価値があるものなのでしょうか?

 

買取などしてもらえれば、助かるのですが…

スポンサーリンク

24KGPとは?・18KGPの意味とは?買取価格に価値はあるのか?

 

お家やお部屋の大掃除をしていると、要らなくなった物が出てくるでしょう。

 

処分しようとする物の中にも「価値があって高く売れるかも?」と期待してしまうのが、貴金属類です。

 

 

プラチナや金などは相場の変動があるものの高値で売れるため、小さな製品でも捨てられません。

 

しかし、アクセサリーや金属製品の値打ちは、素人にはなかなかわかりにくいもの。

 

 

そんなときに目安になるのが、金属製品の刻印です。

 

 

「24K」「18K」のように隅に小さく刻まれた数字とアルファベットが、値打ちを決めるひとつのポイントになります。

 

 

金というのは、その製品にどのくらい含有しているかを「100%」などの百分率のパーセント表記ではなく、24分率の表記となっています。

 

 

24Kが100%、つまり純金。

 

18Kは75%の割合で、金が含まれているのです。

 

 

ところが、ちょっと注意しなければならないのは、「24KGP」や「18KGP」のように「GP」という表記がある場合。

 

 

これは、「Gold plated」。

 

…つまり、「金でメッキされている」という意味になります。

 

 

コアとなる金属の上に薄く金が貼り延ばされているということで、24KGPは純金でメッキをされているのです。

 

金杯などの記念品は24KGPや18KGPなどで作られているケースがほとんどのため、高い買値を期待しているとガッカリしてしまうでしょう。

 

 

ちなみにかなり薄く延ばされていることが多いとはいえ、金を取り出せば24KGPでも製品1グラム当たり2円程度にはなります。

 

1キロある大きなものなら2000円くらいにはなるため、捨てるよりはずっと有意義でしょう。

 

 

もし、刻印が削れて薄くなっていたり刻印部分がなくなっていた場合は、メッキなのか純金なのかわからない場合も。

 

 

金はとても柔らかい金属なので、もし純金なら力を込めれば曲がる性質を持っています。

 

 

ある程度手で曲がったりへこんだりするようなら、純金である可能性が高いですが…

 

さすがに、こんなやり方をおすすめするわけにはいきません。

 

 

純金の貴金属と一緒に専門店に持ち込んで、買取査定をお願いしてみるのもいいかもしれません。

 

 

高価なもののついでなら鑑定してくれる可能性もありますが、単体だと難しいケースがほとんどのようです。

 

安いですし、仕方ないですよね。

 

 

インターネット上で全国から買取をしている業者であれば、郵送で査定してもらえて即日振込…といった手軽なサービスもありますので。

 

古いものを気軽に処分して新しいものを買ったりすることも、簡単に出来ます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック