ビットコイン・コンビニでの買い方を説明!楽天銀行では可能?

ビットコイン・コンビニでの買い方を説明!楽天銀行では可能?

話題沸騰の仮想通貨「ビットコイン」に興味を持った方は多いでしょう。

 

買い方には様々な方法がありますが、一番手軽なものとして「コンビニでの入金」があります。

 

 

この記事では、利用者数の多いbitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)を例に挙げて説明しています。

 

 

クレジットカード・Edy・株・投信・銀行・FXを取り扱っている、楽天のサービス。

 

楽天銀行や楽天証券の口座を使って、ビットコインを買えるかどうかも気になりますが…

スポンサーリンク

楽天銀行や楽天証券の口座で、ビットコインは買えるのか?

 

今のところ(2018年1月現在)、楽天はビットコインのサービスを取り扱っていません。

 

 

ですので、残念ながら…

 

利用人数の多い楽天銀行や楽天証券の口座を利用して、ビットコインを買うことは出来ないのです。

 

 

ビットコイン・bitFlyer(ビットフライヤー)を使ったコンビニでの買い方を紹介!

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座へは、コンビニからも簡単に入金できます。

 

 

入金できるコンビニは、「ローソン」「ミニストップ」「サークルKサンクス」「スリーエフ」「ファミリーマート」「セイコーマート」「デイリーヤマザキ」です。

 

現在のところ、残念ながらセブンイレブンは対象外となっている点に注意が必要です。

 

 

コンビニを利用したbitFlyerへの入金方法は、クイック入金と呼ばれています。

 

その手順は、以下の通りです。

 

 

パソコンでbitFlyerにログインした後、入出金メニューを選択。

 

このときにクイック入金のタブをクリックして、金額をテンキーなどで入力します。

 

 

次に、画面の一番下にある「コンビニから入金する」を押すと、どのコンビニを利用するかを選択する画面へと移行します。

 

利用可能なコンビニ各社のアイコンを選択するだけなので、操作に迷うことはないでしょう。

 

 

コンビニの選択が終わると、お客さま番号・オンライン決済番号と伴に、確認番号が表示されます。

 

この番号はコンビニの端末を操作するときに必要になるため、忘れずにメモしておくことをおすすめします。

 

 

スマートフォンのカメラで画面を撮影しておくのも、良いアイデアです。

 

 

ここまでの作業を終えた後は、実際にコンビニを訪れ、端末を操作して入金処理を行います。

 

 

コンビニにある端末の操作方法は、各コンビニ毎に異なります。

 

 

例えばファミリーマートの場合、最初の画面から「Famiポート申込券」「収納票発行」「番号入力画面にすすむ」の順にタップしていきます。

 

 

次に、bitFlyerの企業コード20020をテンキーで入力し、さきほどメモしておいた12桁の申込み番号を入力。

 

最終確認画面が表示されますので、「同意して利用する」をタップしましょう。

 

 

申込券が排出されてくるので、それを持ってレジで支払いを行います。

 

レジでの支払いが終了したあとは、領収書を受け取ります。

 

ビットコイン・Coincheck(コインチェック)を使ったコンビニでの買い方を紹介!

 

コンビニでCoincheck(コインチェック)の口座に入金をする手順を、ご紹介します。

 

 

ログイン後の画面右側に表示されるメニュー一覧の中から「入金」をクリックして、「コンビニ入金」を選択します。

 

入力フォームの画面が表示されるので、上から順番に氏名・電話番号・メールアドレス・希望する金額を入力します。

 

 

金額を入力するとすぐ下に手数料が表示され、トータルで支払う金額を確認することができます。

 

ちなみにコンビニ決済を利用する場合の手数料は金額ごとに違いますが、1〜29,999円であれば756円です。

 

 

必要事項を全て入力した後に「決済申請」ボタンをクリックすると、支払金額の総額が表示されます。

 

 

次に、利用するコンビニチェーンを選択する画面が表示されます。

 

 

近所にあるコンビニにチェックを入れてから、オレンジ色の「次へ」ボタンをクリックすると、コード番号が表示されます。、

 

この画面を印刷するか番号をメモしてから、右下の「完了(店舗画面に戻る)」をクリックします。

 

 

コード番号をメモしたら専用ページからログアウトして、お金を持って選択したコンビニの店舗に行きます。

 

 

到着したら店内の端末を操作して、メモしたコード番号を入力します。

 

 

ここからは、ローソンを例に挙げて説明します。

 

まず、「Loppi(ロッピー)」の端末があるところへ行きます。

 

 

Loppiトップ画面の左側に、「各種番号をお持ちの方」と書かれたボタンがありますので、これを押します。

 

 

先程発行されたコード番を入力したら、右下にある「次へ」ボタンを押します。

 

 

Coincheck(コインチェック)のサイトに登録したものと同じ電話番号を入力したら、「次へ」を押します。

 

 

今回の申込内容が表示されるので、これで良ければ、右下の「了解」ボタンを押して終了です。

 

 

入力作業が完了したあとは、端末から出てきた申込券を受け取ります。

 

これを持ってレジに行き、現金で支払いをします。

 

 

レジで支払い手続きを済ませたら、数秒でCoincheckの口座に日本円の入金が反映されるので、すぐに取引を始めることができます。

 

 

コンビニ入金では1回の手続きの上限金額が299,500円に制限されていますが、1日あたりの上限金額の制限はありません。

 

 

Coincheckの口座にコンビニから日本円を入金する場合は、事前にSMS認証・本人確認を済ませておく必要があります。

 

ログイン後に「ウォレット」を選択して「本人確認」または「電話番号認証」に進んで、必要事項を入力します。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加