フィードバックとは?ビジネスでの意味と使い方を説明!

フィードバックとは?ビジネスでの意味と使い方を説明!

ビジネスの場で耳にするようになった言葉に、「フィードバック」という言葉がありますよね。

 

これって、どんな意味なのでしょう?

 

 

当然のように使われている環境の中に見を置いている場合、今さら周りには聞けないかもしれません。

 

 

この「フィードバック」とは、本来は制御工学において使用されている用語なのですが…

 

現在日本のビジネスシーンにおいて使用されているのは、こちらの意味ではありません。

 

 

今回の記事で説明していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「フィードバック」本来の意味とビジネスにおける意味を説明!違いは?

 

フィードバックの本来の意味は、「帰還」です。

 

元々は制御工学で使われている用語で、出力を入力に戻す操作のことを言います。

 

 

ビジネス用語のフィードバックは、結果を具体的な事実で伝え、今後に生かしていく意味で使われています。

 

 

例えば、上司が部下の成長を願い…

 

「今回のプロジェクトの成功は、具体的にこんな成果を出すことができたからです。

 

その成果は、企画のアイデアのこういうところが優れていたことと、こういう行動が相手先の企業に影響を与えたことから生まれています。」

 

 

というように、具体的な結果の良さと企画・過程の良さを伝えて部下のモチベーションを高めると共に、次へのステップへとつなげていきます。

 

 

反対に失敗場面では、単に結果を出せなかったことを叱るだけでなく…

 

今回の失敗が。相手や組織にどんな影響をもたらしているのか?

 

どこを改善すれば、成果へとつながるのか?

 

 

これらを具体的に話すことが、ビジネスでのフィードバックです。

 

 

単に良かった・悪かったというだけでなく、プレゼンテーションであれば、導入のつかみ・声のトーン・目線等のスキル・企画そのものの魅力・根拠となるデータの説得力など…

 

 

評価の観点が明確であればあるほど、良い所は自信をもって継続していけばいいし、悪い所は改善できるところから改善していけばいいので、次への成果につながっていきます。

 

 

また何年も経ってからフィードバックをもらうより、すぐにフィードバックをもらった方が記憶も鮮明で、改善意欲もわきます。

 

 

さらにチームへのフィードバックより、一人一人に具体的なフィードバックをする方が、効果的な人材育成ができます。

 

相手によって受け取り方も違うので、部下の特性に応じてシチュエーションとタイミングを選んで伝えることが大切です。

 

 

サンドイッチ方式で伝えると、効果が高いです。

 

つまり、褒める・指摘する・褒めるというように、指摘して改善してもらわなくてはならないことを肯定的なフィードバックではさむようにするのです。

 

 

人もチームも互いに成長する組織をつくっていきたいものです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加