ハンドスピナーとは?おすすめのメーカーと販売店を紹介!

ハンドスピナーとは?おすすめのメーカーと販売店を紹介!

ハンドスピナーとは?おすすめのメーカーと販売店を紹介!

現在大きな話題を集めているのが、「ハンドスピナー」です。

 

欧米を中心として人気のガジェットですが、2017年3月頃には日本でも一気に知名度が上がりました。

 

 

紹介している動画などもさかんにアップロードされ、その再生数も多いことから、注目度の高さがうかがえます。

 

 

ハンドスピナーとは、一体何なのでしょうか?

 

話は聞いたことはあるけどよくわからない方は、今回の記事を参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ハンドスピナーとは、一体何なのか?

 

ハンドスピナーとは「フィジェットトイ」と呼ばれる、手遊び用のオモチャの1つです。

 

 

2枚若しくは3枚小さな先端部の丸い羽根が付いて掌サイズに納まる大きさであり、中心部分の回転軸となるところにベアリングが埋め込まれています。

 

これによって羽根が高速で回転させられると共に、回転によって発生する遠心力由来の独特の手応えや回転そのものを楽しむというオモチャです。

 

 

ハンドスピナーの素材は木製・アクリル製・金属製と様々で、比較的重くなる金属製でも150〜200グラム程度に納まっています。

 

この重量は、通信用の携帯端末の最軽量レベルと同程度です。

 

 

大きさからも持ち運びが簡単な上に電源作動するものでは無いので、個人で楽しめる範囲であればどのようなシーンであっても使用する事が出来ます。

 

 

また金属製の中にはチタンといった高価な材料を使用し、手工業による旋盤加工で高級感とオリジナリティを出して、コレクター向けを意識した製品も存在しています。

 

 

機能面ではこうした特長を持つハンドスピナーですが、もともとは海外において手持ち無沙汰解消を目的に製造が始まったものであり、

 

特に禁煙に挑戦する際のイライラ感の解消に良く使用されています。

 

 

そうした流れからか、日本では電子タバコを販売する店舗に置かれているケースが最近になって良く見掛けられます。

 

 

遊び目的で使う場合には、基本的に回して質感や遠心力を直に味わう単純な方法しかありません。

 

ベアリングの搭載によって分単位の回転が期待出来るので、回転速度の変化に伴う手応えの変化を意識するとより深く楽しめると言えます。

 

 

また単純な構造故に換装は難しいですが、ベアリングを替えてやる事が出来れば回転の質感を変化させたり、より長期的に楽しむ事も可能となります。

 

 

更に手応えの違いを楽しむには比較要素があった方が望ましいので、バリエーションの異なるタイプのものを複数利用するのが良いと言えます。

 

両手で楽しむ事が出来るのも、複数使いの利点です。

 

 

実際に楽しむには購入する事となりますが、現状で市場に出回るハンドスピナーは多くは海外製です。

 

その為、前述した電子タバコ販売店等を訪ねるか、Web通販での購入が基本となります。

 

 

Web通販では大手サイトでも対象商品が見られ、セラミック製のノンブランドであればかなりリーズナブルな価格の製品もラインナップされています。

 

逆に国産にもし拘るのであれば、店舗を訪ねた方が早いと言えます。

 

ハンドスピナー、おすすめのメーカーと販売店をご紹介!

 

話題を集めているハンドスピナーですが…

 

東京都の秋葉原「AKIBAカルチャーズZONE」内にある販売店「スピンギア」のものがおすすめです。

 

 

一部自らプロデュースしている商品も含まれ、国産メーカー「NSKマイクロプレシジョン株式会社」製のベアリングを使用しています。

 

精密さと回転時間の長さにおいて、信頼できるでしょう。

 

 

ネット通販で購入することができ、1500円〜3000円ほど。

 

本格的なものを手に入れたい方は、こちらの販売店がおすすめです。

 

 

もっと安く手に入れたい場合は…

 

アマゾンなどで1000円以内で販売されているので、そちらがおすすめ。

 

 

ただ価格が安い分、出来はそれなりで当たりハズレがあるため…

 

国産のものと同等の性能を期待するのは、厳しいです。

 

 

あくまでも「話題の商品に軽く触れてみる」くらいの気持ちで買うのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ