表記とは?標記との違いや意味・使い方を説明!

表記とは?標記との違いや意味・使い方を説明!

「表記」と「標記」。

 

以上読み方が同じな2つの言葉には、どういった意味の違いがあるのでしょうか?

 

 

前者は良く見かけるのに比べて後者は見る機会が少なく、どんな状況で使うのかわからないかもしれません。

 

もし知っていたとしても、使い分けるのが難しいでしょう。

 

 

これらは、それぞれどんな使い方をするものなのか?

 

当記事では、以上2つの言葉の意味や違いを説明していきます。

 

スポンサーリンク

表記・標記。これらの意味には、どのような違いが?使い方を説明!

 

「表記」も「標記」も、ともに記すの文字が入っている通り…

 

「何かを記すこと・示すこと」を意味しています。

 

 

各々の違いは一文字目にあると考えると、分かりやすいです。

 

 

表記は、「表し記すこと・書き記すこと」を意味します。

 

つまり、何かを表現することと関係しています。

 

 

具体的な使用例は、以下の通りです。

 

 

住所を表記する。

 

ローマ字表記で記入する。

 

表記ミスを訂正する。

 

表記基準を設ける。

 

現代仮名遣いで表記する。

 

 

書き表すという行為を意味しているため、動詞的なイメージの強い熟語です。

 

 

標記の方は、標題や道路標示といった熟語が存在することからも分かるとおり…

 

目印やシンボルとして記すことを意味します。

 

 

また、その文字やしるし・記号を意味します。

 

標題として書くこと。

 

その題名・タイトルのことも意味します。

 

 

因みに「標」は訓読みで、印や徴と同様に「しるし」と読むことができる漢字です。

 

 

メールでやり取りしている時に、「標記の件でメール致しました」といった文言を目にしたことがあるでしょう。

 

この場合には、件名・タイトルを意味しています。

 

 

他の具体例としては、以下の通りです。

 

 

標記の件で議論する。

 

看板の標記にある通り。

 

標記の件で話し合いたい。

 

 

まれに、「標題の件でメールをしました」と書いている人を見かけます。

 

しかし、この場合正しくは標記です。

 

 

標題は本の名前や、演説や演劇、スピーチなどの題目のことを意味する熟語です。

 

 

各々、書くことと関係しているのか?

 

記号や目印、題名を示すことと関係しているのか?

 

これらで区別をすることができます。

 

 

表記・標記ともに、間違えやすい熟語としてよく知られています。

 

 

他には、表題と標題、表示と標示…といった風に、似通った熟語が複数存在します。

 

ポイントは、「含まれている漢字が、表なのか?標なのか?」です。

 

 

分かりやすく書くと…

 

表すのか?

 

それとも、記号・題名として示すのか?

 

これらの違いです。

 

 

言葉の意味を理解したり、使い分ける際には…

 

それぞれどんな漢字が含まれているのかを考えると、その意味するところをよりよく知ることができます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加