ご教授とご教示の違いや意味・使い方を説明!

ご教授とご教示の違いや意味・使い方を説明!

今回挙げるのは、「ご教授」と「ご教示」という言葉。

 

 

意味が似ているこれら2つに、どんな違いがあるのでしょうか?

 

実際、使い分けるのは難しいのではないでしょうか?

 

 

そし、それぞれどういった使い方をするものなのでしょう?

 

この記事では、それぞれの意味や違いを説明しています。

スポンサーリンク

「ご教授」と「ご教示」。これら2つには、どんな意味の違いが?使い方を説明!

 

何か質問があって、メールや手紙を目上の方に出す場合や…

 

不在の上司に教えてもらいたいことがあった場合にメモ書きとして残す場合…

 

 

「教えてください」の文章を丁寧にして、「ご教授ください」や「ご教示ください」と書いたことはありませんか。

 

 

この文章は両方とも正しいですが、意味合いが違います。

 

正確に使わないと恥をかくことがありますので、注意しましょう。

 

 

ビジネス文書や上司へのメモ書きなど、仕事の場で使う場合は、ご教示くださいを使う方が適している場面が多いです。

 

 

教示とは、文字の通り「教えて示す」ことを指します。

 

 

物事のやり方や必要な知識を、相手に丁寧に分かりやすく教えてもらう場合に使う言葉です。

 

 

仕事の場では、仕事の仕方や必要な物事を教えてもらう際に使われるので、相手への敬意を高めてご教示くださいを使う方が正しくなります。

 

 

一方、「ご教授ください」を使うのは…

 

 

生徒が先生に向かって、特定の学問や専門的な知識及び職人としての技術や専門の芸術を仕込んでもらう際に、それらの知識や技術を教えて授けてください、と頼む場合が想定されます。

 

 

身につけるために複数の年単位など長期間に渡ってかかる物事を会得したい時に使う、と考えるといいでしょう。

 

生徒が先生に入門時に挨拶をする場面を想定してもらうと、分かりやすいと思われます。

 

 

非常に重い意味になりますので…

 

普段仕事の場で取引先とのメールの中で「教えてください」といった意味でご教授くださいの文章を使うのであれば、非常に大げさになります。

 

今まで使っていたならば改めるようにして、ご教示くださいの方を使うようにしてください。

 

 

インターネットの掲示板や分からないことを質問する相談のサイトに質問事項を書き込む際にも、ご教授くださいと書き込みをする方もいます。

 

 

目上の方が多く集まる所では間違いを正されたり、ご教授とご教示の違いを明確に分けるように注意されたりすることもありますので…

 

違いを理解した上で、気をつけて使うようにしましょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

注目トピック