訃報とは?読み方と意味を説明

訃報とは?読み方と意味を説明

訃報とは一体何なのか?

 

日常生活で耳にする機会は、なかなか無いですよね。

 

 

ニュースなどで有名人の不幸に関する記事を見かけた時にこの言葉を初めて知り、どんな意味なのか気になった方は多いと思います。

 

しかし訃報を知らせるのは、別に有名人の不幸だけに限りません。

 

 

また、文字で書かれた記事の場合、「訃報」の読み方がわからない方も意外といるのではないでしょうか?

 

当記事で説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

訃報とは?読み方と意味を説明!

 

訃報とは、「誰がいつ亡くなり、誰がいつどこで通夜や葬儀を執り行うのか」を通知するものです。

 

 

読み方は、「ふほう」が正しいです。

 

けいほうと読み違える人もいるとのことで、気をつける必要があります。

 

 

一般的にハガキや電話、電報などで伝えられます。

 

インターネット上のニュースでも、速報として有名人の死亡情報が出ることがあります。

 

 

訃報には決まったマナーがあるので、出すときには注意が必要です。

 

 

記載内容は、正確に書いていきます。

 

 

まず、亡くなった人の名前と亡くなった年齢を記載します。

 

 

お悔やみの言葉も添えます。

 

喪主の氏名と連絡先、葬儀様式も書いておきます。

 

 

通夜や葬儀、告別式の詳細についても正確に記載します。

 

地図を添付するとわかりやすいです。

 

 

最近は家族や親族のみで葬儀をする家庭も多いので、参列や香典の辞退についても記しておきます。

 

 

続柄は、普段の表現とは違って特別な表現になります。

 

 

父親は「ご尊父」になり、母親は「ご母堂」になります。

 

夫は「ご主人」や「ご父君」で、夫人は「ご令室」です。

 

 

死亡した年齢は享年といい、本来は数え年で数えるものです。

 

しかし今の時代は満年齢が広く普及しているため、こちらを記すことが多くなっています。

 

 

ビジネスの世界でも、社員が死亡した時に訃報を出すことがあります。

 

 

その場合は、人事や総務で作成します。

 

 

訃報では使ってはいけない言葉があります。

 

再三や重ねる、また、たびたびなどの言葉は使わないように気をつけます。

 

 

「四」や「九」や「生きる」「しぬ」といった表現も避けます。

 

「ご生前」や「逝去」など、ソフトな言葉で表現することが大事です。

 

 

パソコンやメールが普及したことで亡くなったことをメールで知らせるケースも増えていますが、メールで伝える事はマナーとしてはあまり良い印象を与えません。

 

できるだけメールは避けて、ハガキで伝えるようにします。

 

 

葬儀まで時間がないことも多いので、亡くなった知らせはできるだけ早く出します。

 

遅くても、葬儀の前日には届くように配慮する必要があります。

 

 

様々なパターンがありますが、読む人の気持ちになって作成することが大事です。

 

 

会社の社長が亡くなった場合は、まず肩書き・名前・いつ永眠したかを記します。

 

ここに「生前のご厚誼に感謝申し上げ謹んでご通知申し上げます」と書き、密葬の儀を近親者で済ませたことも記しておきます。

 

 

それから、葬儀と告別式について書いていきます。

 

 

様々なパターンがありますが、マナーを守り通夜や葬儀、告別式の情報が正確であれば問題ないです。

 

家族葬の場合は連絡が行き届いていないと後で不快に感じる人もいるため、訃報の内容には十分に注意を払いスマートな形で伝えることが大切です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック