年賀状はどこで買える?売ってる場所・販売店舗一覧【永久保存版】

年賀状はどこで買える?売ってる場所・販売店舗一覧【永久保存版】

 

スマホ全盛の現在。

 

それでも、新年の挨拶として親しい人に年賀状を送る人は、まだまだ多いと思います。

 

 

年賀状は毎年11月から販売されますが、年末ギリギリまで用意できなかった場合もあるでしょう。

 

 

年末年始でも買える販売店舗って、存在するのでしょうか?

 

今回の記事では、年賀はがきを売ってる場所・売り場をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

年賀はがき(年賀状)は、どこで買える?販売場所・売り場一覧

 

郵便局

 

年賀状を書く年賀はがきを購入できる場所といえば、間違いなく郵便局です。

 

 

毎年11月1日から販売開始されるのが恒例で、11月中に十分な枚数を買っておけば困ることはないと思います。

 

 

そしてネットでも、毎年9月〜12月25日まで年賀状の予約を受け付けています。

 

(※2018年の場合)

 

 

とはいえ、書き損じや数量の見積もりを誤って…

 

追加分を購入しなければならない状況に陥ることもあるでしょう。

 

 

また、自分が出していない相手から年賀状が届いたり。

 

ゆうゆう窓口のある郵便局

 

平日は仕事があって、郵便局の営業時間に行けない人も多いでしょう。

 

その場合は、土日でも開いている「ゆうゆう窓口」の設置されている大きめの郵便局へ行きましょう。

 

 

本来は不在時に届いた郵便物を受け取りに行く場所なのですが。

 

なんと、ここでも年賀状を買えます。

 

 

ゆうゆう窓口には、24時間営業している所も。

 

 

郵便局の営業は、毎年12月28日に仕事納めであることが多いです。

 

 

次の年の1月4日前後の平日から、営業を再開。

 

12月29日〜1月3日までは、郵便局で買うことが出来ないわけです。

 

 

一方でゆうゆう窓口は年末年始でも開いていますので、ここで購入が出来ます。

 

 

コンビニ

 

近所にあるコンビニでは、年末が近くなると年賀状の予約を受け付けています。

 

 

それとは別に、レジでも直接年賀状を買える場合もあります。

 

ただし予約とは違い、取り扱っている枚数は少なめ。

 

 

年賀はがきの大量買いを断っているコンビニもあります。

 

購入するのは、あくまでも足りなかった分数枚にしておきましょう。

 

スーパー

 

イオンをはじめとした大手のスーパーでは、毎年年賀状の予約を受け付けています。

 

少量の追加分が欲しい場合も、サービスカウンターへ行けば売っている店舗も。

 

 

年末が近づくと、年賀はがきの出張販売をしている光景を見かけました。

 

 

イオンだけでなくショッピングモールでも、出張販売を行っていますが…

 

こういったものは各地方の郵便局が自発的に行っているだけなので、事前に知るのは難しい。

 

偶然の出会いに期待するしかないのが、辛いところです。

 

 

それに加え、近年では出張販売自体の頻度が少なくなった印象があります。

 

・ダイエー

 

ダイエーの店舗一覧

 

 

・西友

 

西友の店舗一覧

 

 

・CGCグループ

 

CGCグループの店舗一覧

 

 

・イオン

 

イオンの店舗一覧

 

 

・生協(コープ)

 

生協(コープ)の店舗一覧

 

 

・イトーヨーカドー

 

イトーヨーカドーの店舗一覧

 

家電量販店

 

11月に入ると、郵便局だけでなく家電量販店でも年賀はがきの販売を開始。

 

 

主にパソコン売り場で行っていることが多いのですが、なぜなのか?

 

プリンターや年賀状を作成するパソコンソフトを、一緒に買って欲しいからだとは思います。

 

 

ですがもちろん、年賀状だけを購入しても全く問題ありません。

 

 

写真プリントコーナーでは、お店での印刷も受け付けています。

 

数々のデザインから好きなものを選んだり、自分で用意した写真を使って作成もしてくれます。

 

 

全ての家電量販店で売ってるわけではなく、ほぼ都市部の大型店舗(ヨドバシカメラ、ビックカメラ)が中心。

 

ヤマダ電機やケーズデンキといった地方型店舗には、置いていない印象があります。

 

・ビックカメラ

 

ビックカメラの店舗一覧

 

 

・ヨドバシカメラ

 

ヨドバシカメラの店舗一覧

 

金券ショップ

 

11月〜年末の金券ショップには、余った年賀はがきを買い取ってもらいにくる人がいます。

 

郵便局や他のお店で買うよりも、1枚につき4〜5円ほど安く済むケースが多いようです。

 

 

もちろん、金券ショップで販売されている枚数は買い取った分だけ。

 

安さ目当てに買いに来る人もいますので、必ずしも在庫がある保証はありません。

 

 

大量買いには向いていませんので、あくまでも足りない分を補う程度に利用しましょう。

 

 

出張販売

 

先程も触れましたが…

 

年末が近づくと、イオン・ショッピングモール・大都市の駅構内などに出張販売の屋台が出ている場合があります。

 

 

郵便局の営業日以外(土日)に、人通りの多い場所で販売を行っていることが多いですが…

 

あくまでも臨時で行っているので、事前に場所や日時を知る方法はありません。

 

ネット通販

 

さすがにネット通販で年賀状を選ぶ人や状況は稀だとは思いますが、念のためにご紹介しておきます。

 

 

もし、上記の販売店舗で年賀はがきを買えなかった場合は…

 

あくまでも最後の手段ですが、ネットショップで購入する…という手も無くはありません。

 

 

官製の年賀はがき(切手を貼らなくても良い)か、私製(切手を貼る必要がある)か?

 

必ず確かめてから注文しましょう。

 

 

もちろん、今すぐに年賀状を書いて出したい場合は全くおすすめできません。

 

たとえ今注文したとしても、本日中に届くことは期待できないので。

 

 

メルカリでも、未使用の年賀はがきが出品されていますが…

 

あくまでも、個人間取引であることに注意しましょう。

 

 

忙しい年末年始だと、取引する相手によってはスムーズに進行しない可能性もあります。

 

 

以上、年賀はがきを売ってる販売場所をまとめて一覧にしました。

 

 

「年賀状の事前予約」や「年賀状の印刷」を受け付けているお店は、今回挙げた所よりもっと多いです。

 

 

しかし、年賀はがき自体を売ってる店舗となると…

 

意外と少ない印象を受けました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加