融雪剤の使い方!効果的な量とタイミングは?

融雪剤の使い方!効果的な量とタイミングは?

近年の異常気象の影響か、雪国でなくても大雪になるケースが増加しています。

 

しかも地面に積もった雪は解けずに、そのまま何日も残り続けることも。

 

 

大きい道路なら除雪車も入るのですが、狭い道まで隅々と周るのは稀です。

 

せめて、自分の家の周りだけでも何とかしたいと思うのですが…

 

 

融雪剤や凍結防止剤は、そういった積雪時に役立つものとして挙げられます。

 

個人でも購入が出来ますし、ネットでも通販されています。

 

 

これらを使用するのにベストな量やタイミングが、気になるのですが…

スポンサーリンク

融雪剤の使い方・効果的な量やタイミングって?

 

路面が凍結した際、事故を未然に防ぐために活躍する物が、融雪剤です。

 

また、ほぼ同一の機能を果たしている物として、凍結防止剤というものもあるのです。

 

 

冬になると気温が低下し、多くの雪が降り積もります。

 

そんな地域における日常生活を安定的に営むために、これらは欠かせないものと言えます。

 

 

2つの効果の違いは、名前からもわかるように…

 

 

融雪剤は、雪を解かすことを目的としたもの。

 

 

主に塩化カルシウムで出来ており、凝固点を-50度程度に下げる効果があります。

 

これにより、撒いてからさほど時間が経たずに雪を解かすことが可能です。

 

 

雪が積もりやすい地域では、冬にアスファルトが露出している事はなかなかありません。

 

すでに地面に積もったタイミングで使うのが、融雪剤です。

 

 

一方凍結防止剤は、雪を凍らせないようにする目的で使います。

 

 

主に塩化ナトリウムで構成されているのが、一般的です。

 

塩化ナトリウムの凝固点は-20度ほどですが、融雪剤と比較して長持ちするのが利点です。

 

 

撒くタイミングは、雪が降り積もる前。

 

気温が下がり路面が凍る可能性がある場合に、撒きます。

 

 

どちらも基本的には、それぞれ「解けてほしい場所」「凍ってほしくない場所」にただ撒けば良いのです。

 

特別な道具・知識・技術を持っていなくても、誰もが使う事ができます。

 

 

唯一注意することは、塩化カルシウムによって手が荒れてしまう可能性があること。

 

手で直接掴まず、ゴム手袋などを着用することを心がけてください。

 

 

そうした使い勝手の良さも頼りにされている理由でもあるのですが、実は効果的な使い方もあります。

 

 

それは1坪程度の敷地面積に対し、どれほどの量を撒くのかという点がポイントになります。

 

一見多い程良いように感じられるものの、実際は1坪に対しコップで計測しおよそ2杯分が最も良い量です。

 

 

塩化からもわかるように、鉄などは腐食しますし、アスファルトに関しても茶色くなってしまうのです。

 

自動車や舗装路の様子は、随時チェックしなければなりません。

 

 

塩化による腐食を防ぎたい時には、尿素が含有されている融雪剤も販売されています。

 

こちらは環境への影響が小さいものの、気温が上がると臭いが気になる場合があるのです。

 

 

撒いた後に臭いが気になる場所かどうか、適材適所で選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック