ビットフライヤー/bitFlyer・スマホでの使い方と操作方法

ビットフライヤー/bitFlyer・スマホでの使い方と操作方法

ビットコインなど仮想通貨をbitFlyerで売買できるのは、何もPCだけに限りません。

 

スマホを持っていれば、自宅にいなくても外出先で気軽に取引が可能です。

 

 

ここでは、スマホを利用したビットフライヤーの使い方や操作方法を説明しています。

スポンサーリンク

スマホでbitFlyer(ビットフライヤー)を操作する方法・使い方を説明!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のスマホアプリはiOSとアンドロイド版がありますが、基本的に操作方法は同じです。

 

 

スマホにアプリをインストールするとホーム画面にアイコンが表示され、これをタップするとアプリが起動します。

 

 

アプリを起動するとトップ画面が表示され、画面情報に総資産額が日本円で表示されます。

 

左上にビットコイン残高、右上に日本円残高が表示されます。

 

 

総資産残高のすぐ下にある矢印をタップすると、各通貨の残高の一覧表が表示されます。

 

上にスワイプすると、元に戻ります。

 

 

画面右上のQRコードのマークをタップすると、カメラが起動します。

 

 

QRコードの読み取りモードに切り替わるので、コインを送金したい場合に送金先のコインアドレスを読み込ませることができます。

 

 

bitFlyerアカウントに入金するための受取用アドレスを表示させて、取引所のアカウントでコインを受け取ることもできます。

 

 

メイン画面には、いくつかのアイコンが表示されます。

 

左上のアイコンをタップすると、ビットコイン販売所の売買画面が表示されます。

 

 

左に購入価格が、右側に売却価格(日本円)が表示されます。

 

 

売買をしたい場合には、取引数量を入力するか数量のボタンをタップします。

 

 

数量を入力すると、購入または売却価格が表示されます。

 

購入ボタンか売却ボタンをタップすると、それぞれの手続きを実行できます。

 

 

取引画面を左にスワイプすると、価格チャートと現在価格が。

 

右にスワイプすると、購入・売却履歴が表示されます。

 

通貨ごとに取引画面を切り替えることもできます。

 

 

「PAY」と書かれてあるアイコンをタップすると、送金画面が表示されます。

 

QRコードまたは送金アドレスを入力して、送金を実行することができます。

 

 

「請求」と表示されているアイコンをタップして、受け取りたい数量とメールアドレスを入力。

 

そうすれば、メール送金サービスを利用できます。

 

 

これにより、送金元のユーザーに送金情報を送ることができます。

 

 

右上の「取引所」をタップすると、トレード画面が表示されます。

 

ボードが表示され、売り注文または買い注文を出すことができます。

 

 

横方向にスワイプすると、取引履歴やチャート画面に切り替えることができます。

 

 

「取引所」の下のアイコンをタップすると、証拠金取引画面が表示されます。

 

レバレッジを指定して、FX取引ができます。

 

 

ビットフライヤーのスマホアプリでは、トップ画面のメニューをタップすることで、それぞれの取引画面に切り替えます。

 

取引画面を左右方向にスワイプすることで、チャートや過去の取引履歴を表示させることができます。

 

 

アカウントからの出金や、登録情報の表示をさせることも可能です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック