ネジを回す方向は右回り?左回り?なぜなのか理由を説明

ネジを回す方向は右回り?左回り?なぜなのか理由を説明

 

簡単ですが、意外と忘れがちな「ネジを回す方向」。

 

どっちに回せば締まり、どっちに回せば緩むのか?

 

 

外そうとしたのに方向を間違えて、きつく締めすぎネジ山をつぶしてしまう。

 

そんなことにならないように、右か左か改めて回す方向を確認してみましょう。

 

 

またそれはなぜなのか、理由も説明しています。

 

スポンサーリンク

ネジを回す方向は「右回り」!

 

ネジを回す方向がわからない…

 

そういった声は意外と多く、SNS上でも見かけます。

 

 

※それぞれ、Twitterのページに入ります。

 

 

早速、結論を言うと…

 

「右回り(時計回り)で締まる」。

 

 

一部を除くほとんどのネジは…

 

・「右回り(時計回り)」に回すと締まる。

 

・「左回り(反時計回り)」に回すと緩む。

 

ネジだけでなく、電球や容器のフタも右回り(時計回り)で締まり、左回り(反時計回り)で開きます。

 

ネジを回す方向が右なのは、なぜなのか?その理由とは

 

そもそも、ネジを回す方向はなぜ右回りなのでしょうか?

 

その理由はかなりシンプルで、「世の中に右利きの人が多いから」とのこと。

 

 

大多数の人は、右利き(70%〜90%)なのだそう。

 

さらに右利きの人は、時計回りに回す方が力を入れやすいから…というのが定説となっています。

 

参考:なぜねじは右回りなの?ねじの歴史(ギズモード・ジャパン)

 

 

実際に右手でドライバーを握って、左右に回してみたのですが…

 

確かに右回りだと安定しますが、左回りを繰り返していると心もとない。

 

 

慣れないせいもありますが力を入れにくく、うっかりドライバーを手放しそうになります。

 

 

逆に左手でドライバーを握って、左右に回してみると…

 

左回りだと安定し、右回りだと妙に力が入ってやりづらい印象が。

 

 

「ネジは右回り」の覚え方

 

ネジを回す方向に悩む方は、以下の記事から見ても意外と多い模様。

 

参考:ネジは右回りか左回りか、いまだに迷います。(Yahoo!不動産)

 

 

毎日のようにドライバーを使う人でなければ、ど忘れしてしまうのも無理はないかもしれません。

 

 

みなさん、それぞれ独自の覚え方を提案していました。

 

・ひらがなの「の」の字の書き方の方向に回すと締まる。「の」の字の書き方の逆方向だと緩む。

 

 

・ネジ山を見て、右上がりだと右方向。左上がりだと左方向だと判断する。

 

 

・「右回り、左回り」ではわかりにくい。「時計回り」と覚えたほうがピンときやすい。

 

 

・容器、瓶、水筒のフタやナットなど大半のものは、右に回すと締まる。

 

 

・洗濯機の蛇口(古い家の水道の蛇口も)も同じ方向。

 

 

・どうしても迷ったら、ペットボトルのフタを開ければ方向がわかる。

 

 

・右回りが基本なので、左ネジ(左回り)は「逆ネジ」とも言う。

 

一部、「左回りのネジ」も存在する!

 

ごく一部ですが、「左回りのネジ」というのも一応存在しますのでご紹介しておきましょう。

 

 

一部の仕事ではなく普段の生活の中で必要になるものにしぼれば、扇風機でしょうか。

 

 

扇風機の羽根をとめているネジが、いわゆる「左ネジ」なのです。

 

 

扇風機の羽根は、右回りに回転します。

 

 

羽根を取り付けるために締めるネジまで同じ方向だと、ネジが緩んで外れてしまいます。

 

高速に回転した羽根が外れたら、怪我をしてしまう可能性が高いので危険です。

 

 

そのため、逆向きの左に締める必要があるわけです。

 

これだと、扇風機の羽根が回れば回るほど自然と締まっていく形になります。

 

 

ただこの例は、エアコンしかない家には関係ないかもしれません。

 

参考:左ネジが使われる理由.(OKWAVE)

 

 

他には。自転車の左側のペダルやバイクの右側のバックミラーにも左ネジが採用されているとのこと。

 

 

自転車の場合は、これもゆるみ防止が目的。

 

 

バイクの右側のバックミラーの場合は…

 

右側に転倒したときに右ネジだと、締まる方向に力が掛かりすぎてネジ切れてしまうため。

 

 

左側のバックミラーの場合は、そういった理由で右ネジとなっています。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加