ハリーポッター・分霊箱の場所と破壊方法(壊し方)7つ全て公開!

ハリーポッター・分霊箱の場所と破壊方法(壊し方)7つ全て公開!

 

人気の小説・映画シリーズ「ハリーポッター(ハリポタ)」の黒幕といえば、ヴォルデモート卿ですよね。

 

強大な魔力を持ち、ハリーポッターの両親をあの世に送った張本人でもあります。

 

 

彼を倒すためには、「分霊箱(ホークラックス)」と呼ばれるものを全て破壊しておく必要があります。

 

分霊箱とは自分の魂の一部を分け、隠しておくもの。

 

 

そしてその作り方はというと…

 

分霊箱1つにつき、1つの命を犠牲にすること。

 

 

そうやって多くの命を犠牲にして、次々と作られた分霊箱。

 

これらが保管されている場所はどこなのでしょうか?

 

 

また、これら7つの破壊方法(壊し方)についてもご説明いたします。

 

スポンサーリンク

ハリポタ・ヴォルデモート卿の分霊箱の場所は?破壊方法(壊し方)を全部紹介!

 

ハリーポッターが最初に壊した分霊箱(ホークラックス)は、「トム・リドルの日記」です。

 

秘密の部屋のトム・リドルと出会い(正体はヴォルデモート、ハリーの宿敵です)、過去につながるその日記を毒蛇(バジリスク)の牙で破壊しました。

 

 

最初は分霊箱と気づかなかったのですが、のちに判明することになります。

 

まずはこれが最初の分霊箱の破壊となります。

 

 

もともと分霊箱とはヴォルデモート自身が永遠にしなず最強であるためにはと考え抜いた末生み出したもの。

 

自らの魂を誰かの命と引き換えに6つに分けようと考え、まためったに手に入らず戦利品としてふさわしいものに入れて隠しておこうと考え作成しました。

 

 

2つ目の分霊箱は、「マールヴォロ・ゴーントの金の指輪」です。

 

 

リドル(後のヴォルデモート)自身がスリザリンの血縁であることを突き止め、ゴーント家を訪ねたときに指輪を強奪しました。

 

またのちにダンブルドアがこの指輪をグリフィンドールの剣で破壊しました。

 

 

3つ目の分霊箱である「サラザール・スリザリンのロケット」は、ヴォルデモートが幼少期に訪れていた洞窟に隠してありました。

 

 

またヴォルデモートが不審者によって手に入れられないように様々な罠を仕掛けていて、それをかいくぐって手に入れたにもかかわらず、レギュラス・ブラック(RAB)によって偽物にすり替えられていました。

 

この人物はハリーの名付け親のシリウスブラックの弟です。

 

 

またこの家のに住んでいるしもべの妖精のクリーチャーが所持していました。

 

ロンによってグリフィンドールの剣にて破壊されました。

 

 

4つ目の分霊箱は、「ヘルガ・ハッフルパフの金のカップ」。

 

グリンゴッツ銀行にしまわれていましたが、銀行強盗をしたのちバジリスクの牙でこれを破壊しました。

 

 

5つ目の分霊箱「ロウェナ・レイブンクローの髪飾り」は娘の灰色のレディが盗み出し、またヴォルデモートがこれをうまく盗み出してホグワーツの秘密の部屋に隠していました。

 

 

秘密の部屋は必要な時に現れては消える不思議な部屋で、ハリーたちがうまく利用していたのですが、ヴォルデモート側のドラコ・マルフォイの友人のビンセント・クラップが誤ってやみの魔法の「悪霊の火」を放ち、消滅させました。

 

 

6つ目の分霊箱は、「蛇のナギニ」です。

 

 

これはハリーが自分自身がヴォルデモートになっているような錯覚を覚えたとき、またヴォルデモートが最後の砦と考えてこの蛇を分霊箱としたと思われます。

 

 

またヴォルデモートは蛇語が話せるためまたこの蛇語を操れるのは魔法使いでもごくわずかの純粋な血筋の表れであり、自身のプライドを誇示するためにこのナギニを選んだようです。(スリザリンの血筋のため)。

 

ネビルによって倒されました。

 

 

7つ目の分霊箱(ホークラックス)は、「ハリーポッター自身」。

 

 

赤ん坊のころのハリーポッターがしの呪文を受けたとき、ヴォルデモートの魂の一部がハリーに宿りました。

 

ハリーポッターは終盤そのことに気づき、最後の分霊箱を破壊するためにヴォルデモートの魔法を自ら受け一度倒れます。

 

ヴォルデモートの正体と目的

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加