007シリーズの映画を観る順番・公開順をおすすめしない理由

007シリーズの映画を観る順番・公開順をおすすめしない理由

 

007シリーズは、主人公・ジェームズボンドが活躍するスパイ映画です。

 

彼には、任務を遂行している最中は自らの判断で容疑者の命を奪っても不問とされる「ころしのライセンス」が与えられている…という共通の設定があります。

 

 

このシリーズの作品数は実に多く、(最新作「007スペクター」で24作目)どれから観ようか迷うことが予想されます。

 

 

しかも007シリーズの作品には「2」や「3」など、タイトルにナンバーがつけられていません。

 

主演の俳優が変わっていることで、昔の作品か近年の作品かどうかある程度は判断できるかも知れませんが…

 

 

というわけで…

 

007シリーズを公開順に並べてみることにしました。

 

 

ただ、007を観たことのない人にこの順番で観ることはあまりおすすめできない理由があるのですが…

 

スポンサーリンク

映画「007シリーズ」を、公開順に並べてみた

 

人気スパイアクション映画が、「007シリーズ」です。

 

 

現在の最新作は24作目「007スペクター」です。

 

映画館で最新作を観たりレンタル店で見かけたことをきっかけに、シリーズ全体に対する興味を抱いた人もいるのではないでしょうか?

 

007シリーズを初めて観る人は、一体どんな順番で観ればいいのでしょうか?

 

 

最初は、公開していた順番に並べてみましょう。

 

ショーンコネリー主演作品

 

・ドクターノオ(1962年)

 

・ロシアより愛をこめて(1963年)

 

・ゴールドフィンガー(1964年)

 

・サンダーボール作戦(1965年)

 

・007は二度しぬ(1967年)

 

・ダイヤモンドは永遠に(1971年)

 

ジョージレーゼンビー主演作品

 

・女王陛下の007(1969年)

 

ロジャームーア主演作品

 

・しぬのは奴らだ(1973年)

 

・黄金銃を持つ男(1974年)

 

・私を愛したスパイ(1977年)

 

・ムーンレイカー(1979年)

 

・ユアアイズオンリー(1981年)

 

・オクトパシー(1983年)

 

・美しき獲物たち(1985年)

 

ティモシーダルトン主演作品

 

・リビングデイライツ(1987年)

 

・消されたライセンス(1989年)

 

ピアースブロスナン主演作品

 

・ゴールデンアイ(1995年)

 

・トゥモローネバーダイ(1997年)

 

・ワールドイズノットイナフ(1999年)

 

・ダイアナザーデイ(2002年)

 

ダニエルクレイグ主演作品

 

・カジノロワイヤル(2006年)

 

・慰めの報酬(2008年)

 

・スカイフォール(2012年)

 

・スペクター(2015年)

 

007シリーズを公開された順に並べるとは、以上の通りとなります。

 

 

そして先ほど書きましたように、このシリーズをこの順番に観ることはあまりおすすめできません。

 

その理由を、これからご説明いたします。

 

映画「007シリーズ」を公開された順番に観ることをおすすめできない理由!

 

先ほど、映画「007シリーズ」を、公開順に並べてみたのですが…

 

今まで観たことのない方がこの順番で観るのは、おすすめできません。

 

 

第1作目が公開されたのは、1962年。

 

50年以上も前のことです。

 

 

元々昔の映画も好きな映画ファンであれば、公開順に観て問題はないと思われますが…

 

近年の映画を中心に観ている人にとっては、当時の作品を古臭いと思ってしまうのは仕方のないことかも知れません。

 

 

007シリーズを長い間観続けてきたファンにとっては、どうしても「最初から順番に観て、作品の全てを理解して欲しい」という思いが強くなってしまいますが…

 

無理して昔の作品から順番に観るよりは、最近の作品から入ったほうがハマりやすいのではないでしょうか?

 

 

最初に観た作品が面白いと感じなければ、それ以降興味が続くとは思えませんので…

 

 

ですので…

 

観る順番としておすすめなのは、以下の通りです。

 

ダニエルクレイグ主演作品

 

・スペクター(2015年)

 

・スカイフォール(2012年)

 

・カジノロワイヤル(2006年)

 

・慰めの報酬(2008年)

 

ピアースブロスナン主演作品

 

・ダイアナザーデイ(2002年)

 

・ワールドイズノットイナフ(1999年)

 

・トゥモローネバーダイ(1997年)

 

・ゴールデンアイ(1995年)

 

上記のように、新しい順番に観ることをおすすめします。

 

理由は先程も述べましたが、現代の感覚に合わせた作品のほうが面白いと感じやすいからです。

 

 

ちなみに「カジノロワイヤル」と「慰めの報酬」は続き物ですので、前者から先に観たほうがいいです。

 

 

そもそもレンタル店には、近年公開されたダニエルクレイグ出演の作品しか置いていないケースがほとんどだと思われます。

 

 

007シリーズといえば、拳銃を使うイメージが強いですが…

 

ダニエルクレイグ出演の作品は、状況によって激しく格闘する機会も多いです。

 

アクション物のジャンルが好きな人であれば、十分楽しめる作品となっています。

 

 

過去の作品を観るのは、近年の作品を観たあとに興味が持続した時でも遅くはありません。

 

ボーンシリーズを観る順番・時系列順に並べてみた

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加