グリフィンドールとスリザリンの違いは?言葉の意味と特徴を解説!

グリフィンドールとスリザリンの違いは?言葉の意味と特徴を解説!

 

世界的に有名な小説で映画化もされている「ハリーポッター」は、魔法を使う生徒の成長がテーマになっています。

 

多くの生徒が学ぶ魔法学校が舞台になっており、勉強時間以外は寮で過ごすのが基本的なスタイルです。

 

 

ハリーたちがホグワーツ魔法魔術学校に入学する際、組分け帽子によってどの寮に入るかを決められます。

 

 

物語の中で名前が良く出るのが、ハリー達のいる「グリフィンドール」。

 

そして、マルフォイ達のいる「スリザリン」です。

 

 

正反対の印象を持つ、これら2つの寮に関する情報を掲載しました。

 

スポンサーリンク

グリフィンドールとスリザリン、それぞれの言葉の意味とは?

 

グリフィンドールとスリザリン。

 

どちらも聞き慣れない言葉なので、意味を知りたくなってしまうのも確か。

 

 

グリフィンドールは、「ゴドリック・グリフィンドール」という作中の人物の名前から。

 

スリザリンは、「サラザール・スリザリン」という人物の名前からとっています。

 

 

彼らは、ホグワーツ魔法魔術学校の創始者のひとり。

 

創始者は4人いて、他には「ヘルガ・ハッフルパフ」と「ロウェナ・レイブンクロー」がいます。

 

 

ハリーポッターの物語における重要な人物といえば、ほぼグリフィンドール寮とスリザリン寮所属・出身者に集中しています。

 

なので、ハッフルパフとレイブンクローに関しては印象が薄い人も多いかもしれません。

 

グリフィンドールとスリザリンの違いを比較!

 

グリフィンドールとスリザリンの特徴をそれぞれ挙げて、その違いを確認してみることにします。

 

グリフィンドールとは?

 

ホグワーツ魔法魔術学校の創始者の一人である、ゴドリック・グリフィンドールを象徴としたグリフィンドール。、

 

 

敷地内に寮は4つ存在しており、それぞれ重視するポイントが異なっています。

 

グリフィンドールはその中の一つであり、勇気や決断力を尊重するのが大きな特徴です。

 

 

騎士道精神も大切にしており、百獣の王である獅子がモチーフとして用いられています。

 

 

また4大元素が作中で大きな役割を果たしていますが、その中でもグリフィンドールは火との結びつきが強いです。

 

獅子のたてがみや寮のカラーに赤色が使われているのはそのためです。

 

 

その他にも、グリフィンドールにはいろいろな設定があり、それを知っていると作品を楽しみやすくなります。

 

 

たとえば生徒たちは勇気に溢れている一方で、いろいろなシーンで無謀な振舞いをとりがちです。

 

短絡的な行動を選択するケースも多く、それが物語に波乱をもたらすことが少なくありません。

 

 

もちろん、勇気がプラスに作用する場面も多く見受けられます。

 

闇の魔術に対抗する軍団に加入したり、歴史に残る大戦で活躍したりするなど見せ場も多いです。

 

 

細かい設定としては、女子寮に男子が入れない仕組みが挙げられます。

 

通路にある階段には男子が通れない魔術が施されているのです。

 

 

一方で、男子寮には女性が自由に出入りできるというユニークな設定もあります。

 

女子のほうが秩序を守るので信頼できる、という理由付けもされています。

 

 

作中でたびたび登場する部屋のうち、特に有名なのは談話室です。

 

 

最上階にあたる8階にあり、入室するときは肖像画に対して合言葉を言わなければなりません。

 

勉強で使われることもありますし、レクリエーションを開催する際の会場にもなりました。

 

 

生徒たちのいろいろな顔が見られるステージとして、グリフィンドールを象徴する場所の一つになっています。

 

スリザリンとは?グリフィンドールとの違い

 

ハリーポッターの主要舞台であるホグワーツ魔法魔術学校では、生徒たちは4つの寮に組み分けされますが…

 

その内のひとつが、スリザリンです。

 

 

寮の名前はそれぞれ学校の創始者4名から取られていて、スリザリンもまたサラザール・スリザリンが由来です。

 

シンボルカラーは緑と銀で、蛇を象徴します。

 

 

組み分けの際の特徴には狡猾な者が集うとされ、寮の場所も地下にあるなど、全体的に暗い印象が付けられています。

 

 

所属する生徒たちの素質は高く、狡猾さを持って物事を有利に運ぶ工作を水面下で行なうことで高い点数を得ています。

 

 

クィディッチの試合においても反則スレスレのプレーを頻繁に行なうなど、勝つためには手段を選ばない傾向があります。

 

ハリーが所属するグリフィンドールとは対称のような存在であり、クィディッチを始めとして何かとトップを競い合う関係にあります。

 

 

サラザール・スリザリン自身は純潔を好み、魔法使いの素質が無いマグルを排除すべきとの考え方を持っていました。

 

それ故に他の3人と対立することになり、ひとりホグワーツを去る結果を生みます。

 

 

彼が去った後もその考え方は寮に受け継がれていきましたが、マグルとの混血がまったく選ばれないというわけではありません。

 

 

闇の魔法使いとなる素質を持ち、純潔であるドラコ・マルフォイ。

 

彼ら名家と呼ばれる人物は、組み分け直後にスリザリンを宣告されるなどの特徴があります。

 

 

史上最強の闇の魔法使いヴォルデモート卿もスリザリン出身で、サラザール・スリザリンと同じく蛇語が話せる素質を持ちます。

 

また彼の手下となる死喰い人は、ほとんどがスリザリンを経ています。

 

 

唯一裏切り者のピーター・ペティグリューが、グリフィンドール出身です。

 

 

本編が終わった後は以前ほどグリフィンドールと対立することもなく、寮ごとの垣根は低くなっています。

 

セブルス・スネイプが寮監を務めていますが、彼が不死鳥の騎士団であったこともそのきっかけのひとつです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加