デスイーターとは?ディメンターとの違い(死喰い人と吸魂鬼)

デスイーターとは?ディメンターとの違い(死喰い人と吸魂鬼)

 

ハリーポッターシリーズの作中で、黒い衣装を纏った敵や黒いおばけのようなものが登場します。

 

 

独自の名称がつけられていますが、彼らは一体何者なのでしょうか?

 

人間なのか、それとも魔物の類いなのか…?

 

 

この記事には、ハリー達に危害を加えようとするそれら2つの黒いやつらについて記載しています。

 

スポンサーリンク

ハリーポッターシリーズの黒いやつら「デスイーター(死喰い人)」とは何?

 

ハリーポッターシリーズに登場する黒いやつら「デスイーター(死喰い人)」とは、宿敵・ヴォルデモート卿の手下の魔法使い達の総称です。

 

 

ほとんどがスリザリン出身の魔法使いで、映画の中では基本的に黒い服に身を包んでいる人物がほとんど。

 

なので、見た目としてはかなり分かりやすいと思います。

 

 

ヴォルデモート卿に忠誠を誓い、「我が君」と呼び慕っています。

 

ベラトリックス・レストレンジなどもともと彼に心酔している者だけでなく、ピーター・ペティグリューのように恐怖から従っている者など様々。

 

 

ヴォルデモート卿の肉体が一時消滅した後、一部を除いては一時離脱する者がほとんど。

 

決して忠誠心が強いとは言えない印象があります。

 

 

唯一ピーター・ペティグリューはグリフィンドールの出身ですが、デスイーター(死喰い人)の中における地位は最も下です。

 

 

ヴォルデモート卿が傾倒する「純血主義」をかかげ、マグル生まれ・半純血の魔法使いを根絶やしにすることを目的としています。

 

しかしその主張に反して、スネイプやヴォルデモート卿は半純血です。

 

 

本来使うことが禁止されている「許されざる呪文」3つを自由に使うなど、魔法使いの間で敷いたルールを無視する行為も当たり前。

 

アズカバンに投獄されても、その後度々脱獄しています。

 

 

許されざる呪文とは、以下の3つです。

 

 

・インペリオ(服従せよ)

 

「服従の呪文」。

 

かけた相手を、自分の思うがままに動かします。

 

 

・クルーシオ(苦しめ)

 

「磔の呪文」で、この呪文を受けた者は「しんだほうがまし」と思うほどの苦しみを味わうことに。

 

ベラトリックスたちがこの呪文でネビルの両親を拷問し、再起不能にさせています。

 

 

・アバダケダブラ(息絶えよ)

 

「死の呪い」。

 

呪文をかけた相手の命を即奪います。

 

 

使うには膨大な魔力が必要で、誰にでも使える呪文ではないとされています。

 

本来なら絶対に防ぐことが出来ない呪文のはずですが、映画ではハリーが打ち返す描写が。

 

 

デスイーター(死喰い人)にあたる人物は、以下の通り。

 

セブルス・スネイプ

 

ルシウス・マルフォイ

 

ドラコ・マルフォイ

 

ピーター・ペティグリュー

 

バーテミウス・クラウチ・ジュニア

 

ベラトリックス・レストレンジ

 

ロドルファス・レストレンジ

 

ラバスタン・レストレンジ

 

アントニン・ドロホフ

 

ワルデン・マクネア

 

オーガスタス・ルックウッド

 

マルシベール

 

ヤックスリー

 

アミカス・カロー

 

アレクト・カロー

 

ソーフィン・ロウル

 

トラバース

 

セルウィン

 

エバン・ロジエール

 

ウィルクス

 

クラッブ

 

ゴイル

 

ノット

 

エイブリー

 

ジャグソン

 

ギボン

 

デルフィーニ・ディゴリー

 

ホグワーツ魔法魔術学校の教師・スネイプは、実際にはダンブルドア側とも繋がっている二重スパイの状態でした。

 

 

一部、社会的地位の高いデスイーター(死喰い人)も含まれています。

 

 

ルシウス・マルフォイは、2作目に失職するまではホグワーツの理事を務めています。

 

オーガスタス・ルックウッドは元魔法省の官僚で、ヴォルデモートに情報を流出していました。

 

 

メンバーには「聖28一族」と呼ばれる「純血の血筋と認定された28の家系」の者が多いですが…

 

作中の扱いとしては、モブキャラや手下キャラ的な活躍に留まっています。

 

 

映画に登場するデスイーター(死喰い人)含め、ヴォルデモート側の魔法使いは…

 

もしかして数が多いだけで、弱いのでは?という印象すら持ってしまいます。

 

 

「死の秘宝・PART2」でネビルを嘲笑っていた大勢の闇魔法使いは、ハリーポッターが生きていると知るや戦意喪失していましたし。

 

 

ハリーポッターシリーズの黒いおばけ?「ディメンダー(吸魂鬼)」とは何?

 

ハリーポッターシリーズに度々姿を見せる、黒いおばけのような不気味な存在。

 

それが、ディメンダー(吸魂鬼)です。

 

 

人間が持つ幸福感を餌として吸い取り、魂までも吸うと言われています。

 

 

黒一色のマント風姿なのは、デスイーター(死喰い人)とあまり違いが見られません。

 

顔を見せていなかったり衣装がボロボロな点は、見た目における大きな違いでしょうか。

 

 

もともとは人間なのか?幽霊なのか?魔法生物の類いか?

 

闇の魔物とも呼ばれていますが、正体は不明です。

 

 

アズカバンで群体が発見され、エクリジスという闇の魔法使いが関係していたこと以外は、はっきりしていません。

 

 

ディメンダー(吸魂鬼)からの仕返しを恐れて、アズカバンから追い払えない魔法省。

 

ここに牢獄を作り看守を任せることを考え、収容した囚人の魂を糧として吸い取らせていました。

 

 

害はあるものの、敵なのかよくわからない存在されていましたが…

 

シリーズ終盤でヴォルデモート側についたことから、完全に敵キャラになっています。

 

 

ディメンダー(吸魂鬼)に対抗できるのは、守護霊を呼ぶ「エクスペクト・パトローナム」の呪文のみ。

 

 

それでも効果といえば、その場から追い払うくらいしかありません。

 

完全に消滅させたり倒す手段はない模様。

 

デスイーター(死喰い人)とディメンター(吸魂鬼)の違いとは?

 

ハリーポッターシリーズに出てくる黒いやつら、「デスイーター(死喰い人)」と「ディメンター(吸魂鬼)」。

 

これら2つの特徴を挙げて、比較してみました。

 

デスイーター(死喰い人)とディメンター(吸魂鬼)の違い

 

・前者は人間の魔法使いだが、後者の正体や出生は不明。

 

・前者は人間の生活を送るが、後者は人間の魂を吸い取って糧にしている。

 

・前者は生物として普通に死を迎えるが、後者を倒す手段は発見されていない。

 

・デスイーターは、もともとヴォルデモート卿の配下。

 

・ディメンターはアズカバンの看守だったが、物語終盤でヴォルデモート側につく。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加