ポテトサラダを日持ちさせる方法!

ポテトサラダを日持ちさせる方法!

 

日々の食卓やお弁当などの定番のメニューとして並ぶもののひとつとして、ポテトサラダがあります。

 

 

作ったその日に食べきることができずに余らせたり、お弁当のおかずとして入れたり。

 

保存状態によって、賞味期限が変わってくるものと思われます。

 

特に夏場は傷みやすく、数日保存していた場合は食べても良いものか不安になってしまいますよね。

 

 

手作りのポテトサラダをなるべく日持ちさせる方法ってあるのでしょうか?

 

この記事にて説明していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ポテトサラダを日持ちさせる方法をご紹介!

 

ポテトサラダが好きで手作りしている人は大勢いますが、どのくらいが賞味期限なのかわかっている方は少ないのではないでしょうか。

 

 

ポテトサラダとしてそのまま食べて、翌日はサンドイッチやコロッケにしたりとアレンジが可能です。

 

数日ですぐになくなってしまう人気メニューなので、消費期限にまで気を配る必要がないのかもしれません。

 

 

市販のお惣菜やお弁当のポテトサラダは保存料が入っていますので、日持ちがします。

 

自宅で手作りした場合でも冷蔵庫に入れておけば、3日くらいは安全に食べることができます。

 

 

多めに作って冷凍している方も少なくないはずです。

 

冷凍する場合にはじゃがいもの風味が飛んでしまうため、しっかりマッシュすることが大切です。

 

 

きゅうりやにんじん、たまねぎなどの野菜をたっぷり入れて食べたいところですが、野菜の水分がでてしまいます。

 

ですので、冷凍する場合にはハムやツナ、コーンがおすすめです。

 

 

レモンやビネガーをプラスしておくことで、腐りにくくなります。

 

しっかり冷ましてから空気を抜いて密閉容器に入れて冷凍すると、細菌の増殖を防ぐことになります。

 

 

冷凍保存は消費期限を延長させる手段として有効ですが、1か月以内に食べきることがおすすめです。

 

 

ポテトサラダは常温では傷みやすいので夏場のお弁当には不向きですし、冷蔵庫で保存していないとすぐに悪くなります。

 

 

ハムやゆで卵を入れたときには2日以内に食べきるほうがよいですし、野菜を入れたときには塩もみをして水分を少なくしておくことが長持ちさせるコツです。

 

 

できれば具材をそれぞれ別に調理して保存しておき、食べる直前に味付けをするのがおすすめです。

 

 

マヨネーズも傷みやすい食材ですので、粉末スープの素やオリーブオイル、ワインビネガーなどで味付けをするとヘルシーかつさっぱりとした味わいになり、アレンジもしやすくなります。

 

 

夏場にお弁当に入れる場合にはポテトサラダではなく、ポテトグラタンにしたり、パンにのせてトーストするなど火を通しておくのがおすすめです。

 

そのまま食べたいときには、保冷剤をつけて密閉容器にすることが大切です。

 

 

じゃがいもをマッシュせずに大粒のまま食べたいという場合には冷凍、冷蔵にしても保存すると口当たりが悪くなります。

 

水分が残っているので腐りやすくなることから、食べる分だけ作ってすぐに食べきるようにします。

 

 

じゃがいもはゆっくり冷凍すると傷みやすくなるので、冷凍する時も急速冷凍室にいれておくか、野菜室に入れておくと傷みが少なくなります。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック