ベーグルの美味しいおすすめの食べ方とレシピを聞いてみたら…

ベーグルの美味しいおすすめの食べ方とレシピを聞いてみたら…

 

「牛乳やバター、卵を使わない」

 

「焼く前に生地を茹でて、生地は固め」

 

このように、他の種類とは一線を画した大きな特徴を持つ人気のパンが、ベーグルです。

 

 

このベーグルの美味しい食べ方って、どういったものなのでしょうか?

 

食べたことのある人達に、おすすめの食材などを聞いてみることにしました。

スポンサーリンク

ベーグルの美味しい食べ方とおすすめのレシピを聞いてみた!

 

まずベーグルをそのまま食べる場合には、600Wのトースターで約5分程度焼くのが有効な方法です。

 

表面の生地がパリッとして中はもっちり感が出て、美味しくなります。

 

 

また、サンドにして食べる場合にはベーグルを2つにスライスして先述の方法で焼き、クリームチーズとスモークサーモンをサンドします。

 

チーズのとろける味わいがサーモンやパン生地に絶妙に絡んできて、何とも言えない味わいになります。

 

 

また、トーストすることで美味しく食べられます。

 

 

ベーグルを水平にカットして、バターを塗りトーストします。

 

ハチミツ・ジャム・メープルシロップなどを挟むと、さらに美味しく食べられます。

 

 

また、カットした断面に好きな具材を組み合わせてベーグルサンドにするのも、美味しい食べ方です。

 

 

スモークサーモン・スライスしたアボガド・トマト・レタスなどを挟めば、ランチになります。

 

クリームチーズとブルーベリーソースを挟めば、おやつ代わりです。

 

 

また、フレンチトーストにしてホイップクリームやアイスクリームを添えれば、おしゃれなカフェ気分を味わえます。

 

ベーグルはそのまま何もせずに食べても十分美味しいのですが、さらに美味しくなる食べ方があります。

 

 

まず、横半分にスライスしてバターを塗り、2〜3分トースターで焼くのです。

 

ハチミツやジャムを、お好みでつけるのもいいでしょう。

 

 

また、横半分にスライスしたベーグルに様々な具材を挟んで、サンドにしたり。

 

オープンサンドとして断面に具材を乗せるという、定番の食べ方も美味しいです。

 

 

さらに、フレンチトーストにして楽しむこともできます。

 

 

作り方ですが、まずは卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンスを混ぜたものに浸します。

 

1日冷蔵庫で寝かせた後、バターを使用してフライパンの上で焼きます。

 

ベーグルは、甘くして食べるのが定番です。

 

各種ジャムや生クリームやカスタードクリームなどと相性がよいですが、塩味で楽しむ食べ方もあります。

 

 

塩コショウした目玉焼きを両面焼き、カリカリに焼いたベーコンをはさんで食べると美味しいです。

 

ペッパーを効かせるのも、ポイントです。

 

 

また、クリームチーズとスモークサーモンをはさんでも良いでしょう。

 

その時にはディルというハーブを使うと、ちょっとお店の味に近づきますのでお薦めです。

 

 

ベーグルはそのままだと少し硬く食べずらいので、レンジで30秒ほど温めます。

 

横に切れ目を入れてハンバーガーのような形にしておくと、よりふっくらとします。

 

 

レンジで半分ほど溶かしたバターかマーガリンに塩コショウを振るだけで、ディップができます。

 

 

クリームチーズを使ってもいいと思います。

 

チーズは、レモン汁を足すとさっぱり食べやすくなります。

 

 

食べ方ですが、温まったベーグルの切れ目にディップを塗るだけです。

 

ベーグルは元々塩気があるので、分量には注意です。

 

ベーグルは、ニューヨークではスモークサーモンとクリームチーズで食べるのが人気ですが、実際に作ってみるとちょっと魚臭さが気になります。

 

 

そこでお勧めは、スモークサーモンの代わりに生ハムを使う食べ方です。

 

 

具体的に説明すると、まず横に半分にスライスしたベーグルを軽くトーストします。

 

キツネ色になるまで焼く必要はありません。

 

温める程度でよいでしょう。

 

 

それに適量のクリームチーズを塗り、好みの量の生ハムをはさんで食べます。

 

生ハムがなければ、普通のハムでもおいしくできます。

 

ベーグルの素材をそのまま味わう美味しい食べ方ですが、まず電子レンジで30秒ほど温めます。

 

それから、温めておいたオーブントースターで3分ほど焼きます。

 

 

これで、焼きたてのベーグルの味を楽しむことができます。

 

電子レンジだけだと表面がふにゃっとなってしまい、焼きたての香ばしさが出ません。

 

 

オーブントースターだけだとベーグルの中まで熱が通らず、また焼きすぎると焦げてしまいます。

 

そのため、2つの組み合わせで加熱すると絶妙なおいしさになりますよ。

 

 

ベーグルの食べ方ですが、サンドイッチをオススメします。

 

 

プレーンやクルミが混ぜ込んである種類は、カットしてから一度トースターで焼きます。

 

この場合入れる具は、レタスやハム等を挟みます。

 

 

レーズンやベリー類が混ぜ込んである種類は焼かずに、生クリームやジャムを挟みます。

 

 

ベーグルの種類やその時の気分で、挟む物を変えるのも良いと思います。

 

野菜、果物、生クリーム、フルーツジャム等々。

 

 

食パンと違った、ベーグル特有のモチモチ食感のサンドイッチをお試しあれ。

 

ベーグルって、もちもちしていておいしいですよね。

 

普通に食べてもおいしいですが、自宅で簡単においしいベーグル3度の食べ方があるんです。

 

 

まずは、横半分にスライス。

 

お好みで軽くトーストしたあと、クリームチーズをたっぷり塗ります。

 

 

惣菜系がよかったら、レタス一枚とスモークサーモンを自分の好きな分だけはさんでいただきます。

 

 

デザート系がよかったら、クリームチーズを塗ったあと…

 

お気に入りのはちみつをたっぷり垂らしたり、ブルーベリージャムを塗りたくります。

 

 

クリームチーズはバターやマーガリンに比べてカロリーが半分なので、罪悪感なくいただけちゃいます。

 

とってもおいしいですよ!

 

スパムと一緒にベーグルをサンドにして食べると、おいしいです。

 

食べ方としては、挟むのがベーシックです。

 

 

キャベツとツナをたっぷり挟んだり、さつまいもとクリームチーズを混ぜ合わせて挟むのもいいです。

 

 

薄くバターを事前に塗っておいて、ドライトマトを上に置いてもおいしいです。

 

 

ベーグルチーズに豚肉のソテーを挟んだ「ポークサンド」は、サンドイッチでは格別おいしいです。

 

オーソドックスな食べ方としては、ベーグルに野菜と熱々の目玉焼きを挟んだものも。

 

ベーグルを食べるときには、半分に割ってジャムなどをつけることが多いです。

 

 

ベーグルは固い生地が特徴ですが、少し食べにくいという難点がありますので。

 

あらかじめ、半分に割っておきます。

 

 

味がシンプルなものが多いですから、甘いジャムをトッピングしてあげると食べやすくなります。

 

ジャムの効果でパンが柔らかくなり、より食べやすさや美味しさが増すと思います。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック