チョコバットが売ってない…通販できる販売店を探してみた

チョコバットが売ってない…通販できる販売店を探してみた

 

コンビニやスーパーで販売されている三立製菓のチョコ菓子が、「チョコバット」です。

 

 

大昔から販売されている商品ですが、今も売っているのでしょうか?

 

それとも、もう売ってないのでしょうか?

 

 

大人になって思い出の駄菓子を久しぶりに食べてみようと思ったら、すでに無くなっていた…

 

なんて、悲しすぎますよね。

 

 

当然売られているものと思っていたら、ある日突然店頭から姿を消したりするお菓子は意外とありますし。

 

 

今は、ネット通販で購入できる販売店があったりするので…

 

どうしても手に入らなければ、ここで探してみるしかなさそうなのですが。

 

スポンサーリンク

三立製菓の「チョコバット」とは…どこにも売ってない?

 

チョコバットは、1964年(昭和39年)から三立製菓が販売され続けているチョコレートのお菓子です。

 

 

棒状になっているパン生地に、甘いチョコレートをしっかりとコーティングしているお菓子で、外観がまるで野球のバットように見えるのが特徴です。

 

 

当たりくじが付いていて、パッケージの裏側には「ホームラン」「ヒット」「アウト」のどれかの文字が印刷されています。

 

 

ホームランであれば1枚・ヒットであれば4枚で、もう1本チョコバットをもらうことが出来ます。

 

 

クレーンゲームにおける景品やパチスロ機における題材にもなるなどして、さまざまな展開が行われている状態です。

 

 

シリーズとしては、1993年にミニチョコバットが販売されています。

 

 

ミニサイズのものを6本ほど箱入りにしており、個包装はこれまでの歴代のデザインを復元したものです。

 

当たりによってもらうことが出来る景品はオリジナルの図書カードで、箱に封入されているスタイルなっています。

 

 

1996年には。エースバットチョコが販売されています。

 

2012年からは、チョコバットエースという名前に変わりました。

 

 

お菓子そのものは変わらず価格も一緒となっていますが、当たりに関しては変化があります。

 

 

ホームランがエースに変わっています。

 

ヒットが4枚だったのが、ストライクが3枚に変わっています。

 

 

そして景品自体も、もう1本という方式から変わりました。

 

メーカーに当たりを郵送することによって、オリジナルのグッズが届けられる…というスタイルに変更になっている状態です。

 

 

1999年からはがんばれチョコバットくんが販売されています。

 

 

これは、当たりが付いていないチョコバットが11本入っているファミリーパックです。

 

個包装の表側のデザインも、かなり簡易な状態になっています。

 

 

1964年の発売当時から、今もなお末永くたくさんの人たちから愛され続けているお菓子だと言っても過言ではありません。

 

インターネット上の通販サイトなどでも数多く販売されていて、人気を博しています。

 

 

チョコバットの販売店は…どこで売ってる?


三立製菓 チョコバットエース 1本×30本

 

長年愛されている三立製菓の「チョコバット」という商品自体、メジャーなお菓子…という印象があります。

 

しかしこれも地域差があるようで、地域によっては全く売ってない所もあるのだとか。

 

 

どの商品を取り扱うのかは、販売店側に委ねられているので。

 

 

地域によっては、「近所にあるどのお店に行っても、売ってない!」

 

知っているのに食べたことがない、引っ越し先に無かった…なんて場合もあるのではないでしょうか。

 

 

スーパーでもコンビニでもない意外な販売場所といえば、ドンキホーテが挙げられます。

 

箱単位で販売されていました。

 

・ドンキホーテ

 

ドンキホーテの店舗一覧

 

また、夏の時期に入ると一時販売を休止してしまう現実もあります。

 

 

実はこちら、秋冬限定で販売している商品だったのです。

 

毎年、9月下旬から販売再開されるとのこと。

 

 

その理由は…

 

暖かい季節に販売すると、外側にコーティングされているチョコが溶けてしまうからなのだとか。

 

 

(※一部地域のみ、ミニチョコバットやがんばれチョコバットくんを売っていたりはしますが。)

 

 

その欠点の対策として、夏でも溶けないように工夫された「青春のチョコバット」という商品が存在していたことも。

 

 

従来の商品は、外側にチョコがコーティングされていますが…

 

こちらは、中にチョコが入っているというもの。

 

 

しかしこの商品も、いつの間にか見かけなくなってしまいました。

 

 

以上のように、地域によって売ってる所と売ってない所が存在する模様。

 

なので、住んでいる地域によっては購入する術が全く無いこともあるでしょう。

 

 

ネットやテレビなどの情報で存在は知っていたが、実物を見たことも食べたこともない…といった感じで。

 

 

もちろん、三立製菓のチョコバットは現在も絶賛販売中です。

 

メーカーが作成した専用の公式サイトも存在します。

 

 

自分の住んでいる近所で取扱いが無かったからといって、販売を終了したわけではありません。

 

 

「チョコバットが近所に無い場合」に思いつく購入手段といえば…

 

結局、ネットショップくらいしかないようです。

 

 

交通費や時間をかけて、売っている地域に行くわけにもいきませんし。

 

 

というわけで…

 

食品も販売している大手ネットショップ「アマゾン」「楽天市場」「ヤフーショッピング」で、三立製菓の「チョコバット」を探してみることに。

 

 

すると、あっさり見つかりました。

 

・チョコバットエース

 

・ミニチョコバット

 

・がんばれチョコバットくん

 

大手ネットショップのアマゾンでは、以上の商品が見つかりました。

 

 

ただし単品では売っておらず、30本のセット買いをするしか無い模様。

 

「チョコバットエース1本、ミニチョコバット1箱、ミニチョコバット1袋」みたいな買い方はできません。

 

 

また、暑い夏に購入する場合は…

 

外側にコーティングされているチョコが配送中に溶けてしまう可能性はあります。

 

 

冷凍保存するタイプの商品ではなく、クール便で配送されるわけではないので…

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加