トルコ風アイスが売ってない?販売中止の理由は

トルコ風アイスが売ってない?販売中止の理由は

トルコ風アイスが売ってない?販売中止の理由は

 

雪印が販売していた商品に、「トルコ風アイス」というものがあります。

 

 

この商品、どうも最近見ないな…と思っていたのですが、なんともう売ってないのだとか。

 

さらに調べてみると、なんと発売中止になってしまっていたのだそう。

 

 

一体、何があったのでしょうか?

 

トルコ風アイスが発売中止になってしまった理由を調べてみることにしました。

スポンサーリンク

トルコ風アイスが売ってないのはなぜ?販売中止になった理由は?

 

雪印トルコ風アイスは、2001年1月に雪印乳業(現ロッテアイス)から発売されたラクトアイスです。

 

この商品は「ドルドンマ」と呼ばれるトルコの粘りのある氷菓をモデルにしていますが、味や風味は日本人の嗜好に合うようにアレンジされています。

 

 

またドルドンマではこの粘りを生み出すためにサーレップというラン科の植物を使用しますが、これは日本では高価なのでこの雪印トルコ風アイスでは使用されていません。

 

 

さらに羊のミルクを用いて作られているなど、ドルドンマとの違いが各所に見受けられます。

 

従って、本場のトルコアイスとは似て非なる商品と位置付けられています。

 

 

この雪印トルコ風アイスには、多様な製品が存在します。

 

 

販売元が雪印乳業の時代は、ノーマルなものに加え「チョコ・マーブル味」が発売されていました。

 

 

さらに雪印乳業のアイス事業をロッテスノー(現ロッテアイス)が継承したのちには「もっちりのびーるトルコ風アイスきなこ餅味」をはじめ、バニラ味や抹茶味といった製品が発売されました。

 

 

そんな雪印トルコ風アイスですが、現在ではもう売ってないのです。

 

 

トルコアイスのブームがすでに去っていると判断されたことを理由に、ロッテアイスが販売を終了したためです。

 

 

発売当初には大きなブームを巻き起こした雪印トルコ風アイスですが、徐々に話題性がなくなった結果…

 

売れ筋から外れてしまったのです。

 

 

また、はじめに述べた通りこの雪印トルコ風アイスと本場のトルコアイスの間には様々な違いがあります。

 

このアイスが有名になるにつれて本場のトルコアイスであるドルドンマとのギャップが知られるようになったことも、発売中止された理由のひとつでした。

 

 

しかし近年になり、復刻版の生産が開始されました。

 

2014年11月4日に、復刻版のバニラ味が数量限定で発売されたのです。

 

 

 

さらに翌年の5月19日にはチョコレート味、7月21日にはソーダ味と続きました。

 

復刻版の製品は消費者の注目を集め、取り扱ったファミリーマート各店では相次いで売り切れとなりました。

 

 

このように…

 

一時的な限定発売こそされたものの、現在はいつでも購入できるような状況ではありませんので…

 

 

もしまた復刻版が発売されることがあれば、その時はまた雪印トルコ風アイスを迷わず購入することになるでしょう。

 

SNS上では、雪印トルコ風アイスの話題だったり復活を待ちかねている人の声を今でも確認することができます。

 

まとめ

 

・2001年から発売された、雪印の「トルコ風アイス」。

 

・「ドルドンマ」と呼ばれている本場のトルコアイスからヒントを得て日本人向けにアレンジされているということで、本家のアイスとはかなり違いがある。

 

・販売元が変わりながらも、チョコ・マーブル味やきなこ餅味、バニラ味や抹茶味といった多彩なフレーバーの商品が次々と作られていた。

 

・しかし現在、この商品は売っていない。販売中止になった理由は、ブームが過ぎて話題性がなくなったため。

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

バトンドールポッキーを東京で買う方法は?

 

バトンドールポッキーを通販できるところはココ!

 

ピンクなブラックサンダーは通販してる?(北海道限定)

 

メロンソーダが売ってない!と思ったら市販されてた件

 

トルコ風アイスが売ってない?販売中止の理由は

 

暴君ハバネロが売ってない?販売店は

 

ねるねるねるねアイスが売ってない?販売店は

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ