すき家のトッピングでおすすめの組み合わせ!食べ方を聞いてみた結果…

すき家のトッピングでおすすめの組み合わせ!食べ方を聞いてみた結果…

 

全国展開している牛丼チェーン店「すき家」には、多彩なサイドメニューがあります。

 

 

「ねぎたま牛丼」や「3種のチーズ牛丼」など、もともと個性的なメニューが揃っているのですが…

 

それでは満足できず、サイドメニューをトッピングしアレンジを加えて、独自の食べ方を追求している人がいるのです。

 

 

その方たちに、おすすめのトッピングは何なのか?食べ方を聞いてみることにしました。

 

この先に記載されていますのは、その方たちの意見です。

 

スポンサーリンク

すき家の牛丼にトッピングできそうなサイドメニューの一覧

 

出てきた牛丼の上に、別の食材を混ぜたり載せたり。

 

トッピング出来そうなサイドメニューが何種類かあります。

 

納豆:90円

 

ねぎキムチ:130円

 

山かけ(わさびつき):130円

 

おろしポン酢:130円

 

高菜明太マヨ:130円

 

高菜:100円

 

明太マヨ:40円

 

青ねぎ:60円

 

のり:30円

 

マヨネーズ:30円

 

コチュジャンたれ:20円

 

たまご:60円

 

おんたま:70円

 

一方、ちょっとトッピングには向いていなさそうなサイドメニューも。

 

 

とはいえ、この分け方もあくまでも私見に過ぎす…

 

「マヨポテだって、全然いけますけど?」という人もいるかもしれません?

 

おしんこ:80円

 

牛皿:ミニ220円・並盛260円・中盛390円・2倍盛490円・3倍盛720円・4倍盛950円・5倍盛1180円

 

豚皿:ミニ220円・並盛260円・中盛390円・2倍盛490円・3倍盛720円・4倍盛950円・5倍盛1180円

 

かつぶしオクラ:130円

 

サラダ:140円

 

ポテトサラダ:180円

 

オクラサラダ:180円

 

カットりんご:80円

 

マヨポテ:80円

 

さば:220円

 

鮭:220円

 

からあげ(店舗限定):2個80円・6個230円

 

冷やっこ:120円

 

ごはん:ミニ130円・並160円・大盛190円

 

みそ汁:80円

 

とん汁:190円

 

これらだけでなく他の食材を試したいのなら、敢えて店内ではなく持ち帰りする方法もあります。

 

 

スーパーなどで買える食材や家の冷蔵庫に入っている食材を、自由にトッピング出来ます。

 

店内だけでは実現できない、自分だけの味を発見してみてはいかがでしょうか?

 

すき家の牛丼にトッピングするサイドメニュー。おすすめの食べ方その1

 

すき家の牛丼で究極だと思うアレンジは、キムチ牛丼にネギ玉と明太マヨをトッピングとして組み合わせることです。

 

 

キムチ牛丼のど真ん中にネギ玉をかけ、卵の黄身を軽く崩します。

 

明太マヨは、つけながら食べます。

 

 

ネギのシャキシャキ感とキムチのシャキシャキ感が食欲を誘い心地よいです。

 

また、キムチと明太マヨの辛さが刺激がたまらなく、卵が加わることによってキムチと明太マヨの辛さをマイルドにするところも最高です。

 

 

すき家の牛丼にアレンジを加えるときには、生卵と納豆をのせると絶妙な味わいになります。

 

 

アツアツの牛丼と合わせると卵が少しずつ固まっていくので、時間がたっても楽しめます。

 

上にのっている肉を隅に寄せて、トッピングがしてあるところとしていないところを両方楽しむこともできます。

 

 

他にも紅しょうがは引き締まった味になり絶品で、価格帯の問題でトッピングをためらうような状況の人にもあっています。

 

刺激的なものが好きな人でもそうでない人でも、好みに合う味と言っても過言ではありません。

 

牛丼にトッピングするサイドメニューのうち、おすすめの組み合わせは、生卵と紅しょうがです。

 

 

トロっとした卵が肉に絡みつき、肉の甘さがマイルドにかわります。

 

口に入れた時に、とろりとした食感がたまりません。

 

 

少し味わってから、紅しょうがを真ん中に落とします。

 

紅しょうがのピリッとしたからさが、甘くなった口の中を爽やかにしてくれます。

 

 

どちらも鉄板ですが、一番美味しいトッピングの組み合わせだと思います。

 

すき家のサイドメニューには、かつぶしオクラと納豆があります。

 

このねばねば同士の組み合わせが、牛丼には最高のトッピング。

 

 

あまり濃い味付けは好きではないので、オクラと納豆には醤油はかけず、そのまま混ぜます。

 

ねばねばにしたところで牛丼の上へ。

 

ボリューム感抜群で、この一杯だけでかなりお腹いっぱいになります。

 

 

納豆の臭いが少し苦手だったのですが、牛丼と一緒にすることで全く気にならず、タンパク質も豊富に摂れる大好きな食べ方です。

 

すき家の牛丼にトッピングするサイドメニュー。おすすめの食べ方その2

 

トッピングでおすすめの組み合わせは、おんたまとネギキムチです。

 

辛くておいしいネギキムチを加えることによって、パンチのきいた牛丼になります。

 

 

またその上におんたまをのせると、間違いなしのおいしさになります。

 

暑い日こそ、辛い物を食べるとおいしさは格別です。

 

 

ただ、後で人に会うときは避けたほうがいいかもしれません。

 

後の用事が何もないときに、思いっきり食べることがおすすめです。

 

 

野菜を摂るためにサラダを付けると、バランスが良くなると思います。

 

 

すき家の牛丼にトッピングするサイドメニューのうちはずせないのは、たまごとおんたまです。

 

たまご割って掻き混ぜてのせると、卵賭けご飯風の牛丼になって相乗効果でまろやかな食感を味わえます。

 

 

生卵に抵抗がある人には、少し熱が通ったおんたまで同じ食感を味わえます。

 

 

もうひとつ夏場におすすめなトッピングには、ねぎキムチがあります。

 

キムチの辛さで牛丼がピリ辛になって、夏バテ予防になります。

 

 

また、山かけをトッピングでのせると牛丼がさっぱりした味になるので、夏場に食欲が落ちても食べやすくなります。

 

すき家のトッピングの中で、おすすめの組み合わせと言えば「とろろ」と「キムチ」が挙げられます。

 

キムチの辛味をとろろのねばねばが引き立ててくれ、濃厚な味わいが楽しめます。

 

 

また、「明太子マヨネーズ」と「チーズ」の組み合わせも、味が濃厚になります。

 

辛味は苦手といった人でも、その上に「温玉」をのせるとマイルドな味わいになり、食べやすいものと思います。

 

 

「明太子マヨネーズ」と「ネギ」は、大人の味わいが楽しめます。

 

すき家の牛丼にアレンジをする食材でおすすめなのは、キムチ牛丼にマヨネーズをトッピングする組み合わせです。

 

 

キムチとマヨネーズを乗せたキムマヨ牛丼は、かつて期間限定で販売されたことがありました。

 

現在では、トッピングの組み合わせによって甦らせることができます。

 

 

キムチ牛丼単品の場合はやや辛さが強調されますが、マヨネーズを加えることにより味がまろやかになります。

 

牛肉と絡めることによって新たな旨みを引き出すことができ、一度食べたら癖になります。

 

すき家の牛丼・サイズ(中盛と大盛と特盛)の違いは肉の量?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加