アクティベート・アクティベーションとは?意味を説明!(iOS)

アクティベート・アクティベーションとは?意味を説明!(iOS)

iOSの端末を利用していると「アクティベーションが必要です」とか「アクティベートできません」といったメッセージが表示されているのを見たことがあるかも知れません。

 

 

また、自分の手持ちのiPhoneやiPadではそういった現象が起きたことがなかったとしても、ネットの情報や知り合いの話の中で知った人もいるでしょう。

 

 

iPhoneやiPadの場合のアクティベーション・アクティベートとは、一体どういう意味なのでしょうか?

 

この記事で説明していますので、ご覧になってみてください。

スポンサーリンク

アクティベーションとは?アクティベートとは?意味を説明!

 

iPhoneはネットワークに繋がなくても利用できますが、ネットワークに繋ぐためには本体をアップルに登録する必要があり、登録作業をアクティベートといいます。

 

 

アクティベートの意味は登録であり、iPhoneの所有者を登録する作業です。

 

登録しなくても利用できますが、機能が大幅に制限されます。

 

 

iPhoneのアクティベートが必要な理由はいくつかあります。

 

 

ひとつ目は個人情報の保護です。

 

 

アクティベートでは、メールアドレスを利用したアップルアカウントの設定も行われます。

 

アップルアカウントでは、icloudへのバックアップも設定されます。

 

 

また、アップストアなどでアプリをダウンロードしたり、購入するためにもアカウントが必要です。

 

アクティベートすることでこれらの設定が合わせて行われ、個人用の端末として設定される事になります。

 

 

ふたつ目のポイントは、盗難防止です。

 

 

アクティベートをすることで、icloudを利用した端末探索プログラムに参加することができます。

 

このプログラムは無料で利用でき、GPSを利用した端末の位置情報を自動登録し、無くした場合などの際に専用ホームページから探すことができます。

 

 

また無くした端末に向けてメッセージを送り画面に表示させたり、音をだすことでアピールすることもできますし、ロック・初期化の作業もウェブから指示できます。

 

 

スマートフォンは持ち運ぶことが多いですから、このような対応をするためにもアクティベートは重要です。

 

 

3つ目は、通信キャリアとの設定があります。

 

 

通信キャリアから購入したiPhoneはSIMロックが掛けられていますが、SIMカードを刺しただけでは通信キャリアと通信しません。

 

アクティベートをすることで通信キャリアにiPhoneを登録して、通信できる状態にしてくれます。

 

 

これは支払いがされていない端末を利用させないための方法でもあり、通信キャリアから購入した端末では必須となっています。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック