グーグルアース・プロとの違いは?ダウンロードのやり方と料金

グーグルアース・プロとの違いは?ダウンロードのやり方と料金

グーグルアースは、PCやスマートフォンで世界中の航空写真を簡単に見ることができるアプリです。

 

様々な地域の地形が簡単にわかるほか、ストリートビューとも連携しており、道路や周辺の景色が見られます。

 

 

このアプリのダウンロードのやり方は?どれくらい料金がかかるのか?

 

今後使いたいと思っている方にとっては、気になる事と思われます。

 

 

この記事で方法を説明していますから、参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グーグルアース・ダウンロードのやり方は?料金はかかるのか

 

グーグルアースをダウンロード・インストールする方法は、非常に簡単です。

 

 

グーグルアースは、完全無料で使用できるアプリです。

 

高い機能を持ちながら、料金を一切支払う必要が無いのがスゴイところ。

 

 

PCでグーグルアースをダウンロードする場合には、事前に使用しているパソコンが推奨環境を満たしているかを確認する必要があります。

 

 

満たしている場合には、任意のブラウザを起動します。

 

 

ネットに接続して、グーグルアースと検索。

 

公式サイトにアクセスします。

 

 

公式サイトのページ内には、通常版とプロ版の2つのバージョンのリンクが確認できます。

 

任意のバージョンの方をクリックして、ダウンロードを開始します。

 

 

ダウンロードを開始する前に、利用規約への同意などが求められます。

 

内容に問題が無ければ、そのまま続行します。

 

 

ダウンロードが終了したら、ファイルをクリックして開きます。

 

インストーラーが開き、自動でインストールが開始されるのです。

 

 

その後は案内に従って操作することで、パソコンでグーグルアースが使用できるようになります。

 

 

スマートフォンでダウンロードする場合には…

 

iPhoneならAppStoreを開き、AndroidならGooglePlayを開いて「Google earth」と検索します。

 

 

その後は、iPhoneとAndroidの両方共通で表示されたアプリのページ内に表示される、推奨環境とスマートフォンの環境を確認。

 

 

問題が無ければ、「インストール」をタップ。

 

ダウンロードが開始され、料金いらずで簡単に入手できます。

 

 

スマートフォンのホーム画面やドロワー画面内に作成されたショートカットをタップして、グーグルアースを起動。

 

インストールなどの設定は不要で、すぐに使い始められます。

 

 

ただし、この際に注意したいことが。

 

 

グーグルアースは、比較的多くのメモリー容量を消費するアプリです。

 

そのため、スマートフォンの内部の空きメモリ容量を十分に確認してからダウンロードしてください。

 

 

そうしないと、ダウンロードが途中で終了してしまったり。

 

インストールできても快適にアプリが動作しないといった問題も発生するので、注意が必要です。

 

 

その際iPhoneの場合には、iCloud等を効果的に利用しましょう。

 

不要なデータを転送するといった準備が必要です。

 

 

さらに、グーグルアースはパソコンでも使用できます。

 

Googleのホームページからパソコン用のグーグルアースをダウンロードすることで、利用できるようになります。

 

グーグルアースとプロの違いを簡単に説明!どちらも料金が無料って本当?

 

Googleが2005年にリリースした3Dマップサービスは、2種類あります。

 

 

それが、無料の「グーグルアース」と有料の「グーグルアースプロ」です。

 

 

建設関係者にとっては、かなり便利なツールです。

 

 

設計した建物や土木構造物の3Dモデルをグーグルアース空間に配置することで、景観シミュレーションを行ったり。

 

地形のデータを抜き出して、CIMソフトで地形の3Dモデルの作成が簡単に出来るという特徴があります。

 

 

有料だったプロ版も、2015年には無料となりました。

 

通常版には無かった多彩な機能を使って、作業をより効率的に行うことが可能となりました。

 

 

プロ版は通常版のグーグルアースよりも機能が多く、ポリゴンも詳細で動きがスムーズになっているのも特徴です。

 

 

印刷の解像度が最大4800×3200ピクセルと圧倒的なので、仕事で使わないユーザーにも恩恵はあります。

 

 

また面積や周長の計算機能に関しても、通常版では平面上で距離を計測する機能があるくらいです。

 

 

一方プロ版では、3D空間での距離を測ることができます。

 

画面上の街区等を多角形で囲んで面積を計測したり、周長の計測ができるのです。

 

 

さらにプロ版では、人口統計・土地区画・交通量を表示でき、スプレッドシートの読み込みが可能です。

 

 

そして、グーグルアースプロでは月や火星に行くことも可能で、宇宙旅行気分を体感できます。

 

フライトシミュレータも搭載されていて、パイロット気分で町並みを飛ぶことができます。

 

 

グーグルアースプロは、無料でも高機能です。

 

建設関係に役立つ機能が搭載されていて世界中を旅した気分にもなれるので、今後ますます人気を集めることになりそうです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック