ドラクエ11の最弱キャラ・使えない仲間はいるのか検証!

ドラクエ11の最弱キャラ・使えない仲間はいるのか検証!

 

ドラクエ11では様々な仲間と出逢い、パーティに入ってきます。

 

肉弾攻撃・回復呪文・攻撃呪文など、それぞれ得意とする分野が違っています。

 

 

やはりそんな中でも使えないキャラというものは、どうしても出てきてしまうもの。

 

今作は一部壊れキャラも存在しますので、それと比べると力不足に感じてしまうのは仕方ないようです。

 

 

あと、勇者(主人公)って弱いのでしょうか?

 

何かとカミュの攻撃力と比較され煽られているのを、ネットで飽きるほど見かけたのですが。

 

 

というわけで、今回の記事では…

 

ドラクエ11における最弱キャラを、敢えて選出してみることにしました。

 

スポンサーリンク

ドラクエ11で使えない仲間・弱いキャラは?

 

ドラクエ11では、いわゆる「壊れ性能」を持つキャラクターが存在します。

 

最も有名なのが、終盤のカミュ。

 

 

「二刀の極意」を習得して「ぶんしん」を使った後「心眼一閃」や「デュアルブレイカー」に繋げると、高ダメージを与えることが出来ます。

 

 

脳筋キャラのマルティナは、「さみだれ突き」「ばくれつきゃく」「雷光一閃突き」の人。

 

 

面白みは無いですが、戦闘嫌いで常にオートの人にはおすすめのキャラ。

 

面倒臭くなくていいよね。

 

 

このように、強いキャラに選ばれるのは…

 

「特に何も考えなくても、高ダメージを与えられるキャラ」に集約されると思われます。

 

 

そういう意味では、攻撃魔法が豊富なベロニカも。

 

 

中には、セーニャを挙げる人もいるでしょう。

 

RPGにおいて、回復役・蘇生役は欠かせない存在ですので。

 

 

となると…

 

彼ら以外のキャラクターが、弱い部類に含まれてしまうと思われます。

 

 

補助呪文や特技は、特にボス戦で役に立つのですが…

 

初心者からは、軽視されがちな傾向にあります。

 

 

しかも、今作は…

 

壊れ性能を持つ一部キャラがいるせいで、過去作品よりもその傾向が強いのです。

 

 

ドラクエ11で弱いとされるのは、以下のキャラクターでしょうか。

 

・シルビア

 

・ロウ

 

・カミュ(中盤まで)

 

・勇者(主人公)

 

ゲームを取り扱ったブログのコメントやらSNSやら、どこを見ても…

 

そりゃあ「最弱最弱」と、ボロクソに言われ放題でしたから。

 

シルビア

 

覚えるのが補助呪文・特技が中心だと、どうしても弱いキャラの烙印を押されるのが宿命。

 

とにかく大ダメージを出して勝ち誇りたい俺TUEEE系の人からは、軽く見られてしまう傾向にあります。

 

 

騎士だからか「かばう」を持っていますが、グレイグほど頑丈ではないため…

 

少なくとも、スキル「かばうの心得」まで覚えないと不安なのが難点。

 

 

中盤活躍する全体回復の特技「ハッスルダンス」も、回復量がいまいち。

 

セーニャやロウがベホマラーを覚えた後は、存在価値が薄れてしまいます。

 

 

呪文を封じられた時(バクーモス・魔道士ウルノーガ戦)限定で、地味に存在が見直されたりはするのですが。

 

 

「タナトスハント」や「ヒュプノスハント」も、まずモンスターを状態異常にする仕込みが必要なため、敬遠されがち。

 

 

「極竜打ち」は、1体が対象だがダメージ+いてつくはどうと同じ効果がありますが…

 

シルビアでムチスキルを率先して極めようとする人って、少ないのでは?

 

 

レベルアップで「バイキルト」も覚えますが、習得レベルが39と遅め。

 

 

それまでは、「バイシオン」に頼ることになるのですが…

 

このために1回行動を使うか、迷う効果。

 

 

シルビアが使う呪文・特技の中でも最もお世話になるものといえば…

 

仲間1人の状態異常を回復してくれる「ツッコミ」かもしれません。

 

 

あらゆる状態異常を解除できる万能さ。

 

特に魅了状態を確実に解除してくれるのは、これくらいですし。

 

 

そして、「レディファースト」。

 

女性キャラクター限定で、彼女達の行動を1回増やしてくれます。

 

 

これを本人の強さと解釈するかは、人によるでしょうが…

 

ボス戦などで大いに役立つのは、確かです。

 

 

終盤、攻撃ダメージ2倍+時々即死の「ライトニングデス」のスキルを習得できます。

 

 

しかしこの時点で、シルビアをベンチ入りにしていた人がほとんどのようで…

 

知名度の低さが難点です。

 

 

後は、メタル狩り用とも言えるスキル「スペクタクルショー」「大まじん斬り」でしょうか。

 

 

しかしこれは連携技であって、前者は勇者とマルティナが。

 

後者は、グレイグがいないと成立しないわけで…

 

 

単体の能力ではないため、これがシルビアの強さと言えるのかは微妙なところです。

 

ロウ

 

レベルアップで覚える呪文が多く、一見すると強そうなロウ。

 

確かに、中盤ではかなり活躍してくれます。

 

 

「ルカニ」「ルカナン」「マヌーサ」「フバーハ」など…

 

歴代ドラクエシリーズお馴染みの補助呪文は、一通り揃っています。

 

 

「雑魚モンスターを眠らせて狩る」といったMP節約の王道パターンは、ダンジョンなどで大活躍できる…はずだったのですが。

 

 

今作は「レベルアップでHP・MPが全回復」「セーブポイントで回復」があるため…

 

そのありがたみが薄れてしまっています。

 

 

道中何も考えずに「ガンガンいこうぜ」で通しても、MP枯渇の心配が無いので。

 

 

他作品はラリホーマの対象が単体なので、むしろドラクエ11以外の作品こそ欲しい。

 

 

一方でスキルパネルはステータスアップのスキルがやたら多く、ここで覚える特技は少なめ。

 

 

マホトーンが効きにくい段階では、「魔封じの杖」が。

 

誰もザオリクを覚えていないレベルでは「復活の杖」が活躍します。

 

 

しかし後半では、これらの存在感が薄れます。

 

 

回復・蘇生役はセーニャになりがちで、ロウ自身がベホマやザオリクを覚える段階はかなり遅い。

 

 

結局、セーニャがパーティにいない時の代理ポジションになってしまいます。

 

 

「いてつくはどう」は、今作では連携技に。

 

単体では使えず、活躍の機会がめっきり減っています。

 

 

どのサイトを見ても、弱いキャラ扱いされてしまう可愛そうなロウですが…

 

ボス戦では欠かせない能力を持っているのは確か。

 

 

相手の攻撃力を下げる「ヘナトス」は、パワータイプの相手に有効。

 

脳筋段階のウルノーガにも効き、マヌーサもかかればほぼ勝ちは確定。

 

 

ドラクエ11では、「ラリホーマ」の範囲が単体からモンスター全体に広がっています。

 

「ラリホー」でさえ、1グループなのに。

 

 

特に、詰みやすいと言われがちなボス(バクーモス・ネドラ・ハッスルじじい邪・アメジストワームなど)には、眠りが有効。

 

 

攻撃回数を減らせるだけでもかなり楽になるので、要所ではロウをパーティインさせるのがおすすめです。

 

 

混乱を回復するキアラルはロウだけが持っているので、アラクラトロ戦でお世話になるでしょう。

 

 

いてつくはどうと同じ効果を持つ「ゴールドフィンガー」や「零の洗礼」は…

 

ステータスが上がりまくった、鉄鬼軍王キラゴルド相手に役立つでしょう。

 

 

補助呪文・特技を使いこなせば、ボス戦がかなり楽になるのですが…

 

いわゆるダメージ厨には、鼻で笑われてしまいそうなのが残念。

 

カミュ(中盤まで)

 

スキルパネルを大方開いた終盤のカミュは、いわゆる壊れキャラへと変貌します。

 

今更ここで書くまでもないので、省きますが。

 

 

しかしここまで来るには、莫大なスキルポイントが必要になります。

 

必然的に、終盤になるまでの強さは微妙なまま。

 

 

「ヒュプノスハント」や「タナトスハント」は、6倍ダメージですが…

 

その前に、敵を状態異常にする仕込みが面倒。

 

 

「スリープダガー」や「ヴァイパーファング」を使ったからといって、必ず効くわけではないですし。

 

 

序盤から中盤にかけては…

 

全体攻撃スキルの「デュアルカッター」を末永く運用してゆくことになるでしょう。

 

 

ボス相手には、追加でダメージを与えてゆく「火炎陣」は有効。

 

しかしこれは勇者(主人公)との連携技なので、単体の力とは言い難いのですが。

 

勇者(主人公)は弱いのか?

 

ドラクエシリーズの歴代勇者は、大体器用貧乏な印象になってしまいます。

 

 

基本ステータスが高めで、全体攻撃・全体回復を持っている万能キャラなのに…

 

蘇生呪文が、ザオラル止まりだったり。

 

 

ドラクエ11の勇者(主人公)も、大体それに当てはまります。

 

 

攻撃面では、最終的にカミュに叶わない。

 

防御面は、グレイグのほうが上。

 

 

全体攻撃呪文はベロニカに軍配が上がりますし、回復・蘇生ならセーニャが上。

 

ほぼ勇者の専売特許だった「ベホマズン」まで習得され、お株を奪われている形に…

 

 

今回は珍しくザオリクを覚えますが、習得レベルが62。

 

覚える前に裏ボスを倒してしまった人は、多いのではないでしょうか?

 

 

とはいえ…

 

これらを挙げて「弱い」と断ずるのは、やや強引な気も。

 

 

特にネットでは、単にダメージの数字だけを見て「カミュより弱い」と評価する(煽る?)人を大勢見かけましたので。

 

 

カミュが出すあの特大ダメージって…

 

ぶんしん使ってるから、2回行動消費しているんですけどね。

 

 

ちなみに、勇者(主人公)が使うダメージの強い特技と言えば…

 

両手持ちの「全身全霊斬り」か、「二刀の心得」を覚えてからの「つるぎのまい」。

 

全体攻撃なら、「ギガブレイク」が十分活躍してくれます。

 

 

以上、ドラクエ11で弱いと言われているキャラクターを挙げてみました。

 

 

シルビアとロウが持っている一部の特技が活躍しますので、決して弱いとは言い切れません。

 

 

ただ、常にパーティに入れるキャラか?というと…

 

やはり、他のキャラを優先してしまいます。

 

 

実際、必要な時だけ交代してパーティに入れる流れになるので…

 

そういった点が、多くのプレイヤーから「あいつは最弱」という烙印を押されている理由なのでしょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加