ドラクエ2難しすぎ…ファミコン(FC)版が難しい7つの理由

ドラクエ2難しすぎ…ファミコン(FC)版が難しい7つの理由

 

人気RPGの2作目「ドラゴンクエスト2・悪霊の神々」は、最初FC(ファミコン)用ソフトとしてリリースされました。

 

 

その後に移植・発売されたリメイク版(SFC・GB・スマホなど)と比較すると、「難しすぎる」との評価をよく見かけます。

 

 

では、具体的にどんな所が難しいのでしょうか?

 

同じゲームなのに…

 

当時プレイしていた人が、思い出補正で大げさに言っているだけなのでしょうか?

 

 

実際にプレイしてみて明らかに厳しいと思った理由を、7つ挙げてみました。

 

スポンサーリンク

ドラクエ2が難しすぎ!難易度が高いと思う理由を考察!

 

「ドラゴンクエスト2・悪霊の神々」がトラウマ級に難しすぎる、との評価はよく見かけるのですが…

 

一方で、こんな意見も見かけます。

 

「くっそヌルゲーなんだが?レベルもサクサク上がるし」

 

「FC版だろうがゲームの内容は一緒なんだから変わんねぇだろ」

 

確かに…

 

具体的に理由を挙げている人は、意外と多くはありません。

 

 

実際、FC(ファミコン)版って難しいのでしょうか?

 

 

リメイク版(SFC版)と両方プレイしてみた結果…

 

FC版が難しいと思った理由は、以下の通りです。

 

・武器や防具が弱い

 

・補助呪文が効かない

 

・レベルが上がりづらい

 

・メタル狩りが絶望的

 

・サマルトリアの王子が弱い

 

・エンカウント率が高い

 

・地図がない

 

挙げてみたら、以外と多い。

 

 

ヒントが少なく謎解きが難しい点は、どちらのバージョンも同じ。

 

フィールドやダンジョンの構造も同じですから、それらは関係ありません。

 

 

違いといえば、ゲームバランスに関わる部分ばかり。

 

 

ぱっと見大きく違いが無さそうで、「ゲームの内容は一緒だから変わらない」

 

…といった意見も出てくるのは、仕方ないことかもしれません。

 

武器や防具が弱い

 

FC(ファミコン)版ドラクエ2の、武器と防具。

 

同じ種類の武器・防具でも、攻撃力と守備力が低く設定されています。

 

 

特に、防具は顕著です。

 

 

初期で入手できるものに違いは見られませんが…

 

終盤に入手できるものは、この通り差が出てきます。

 

・ロトのよろい

 

FC版(攻撃力:40)

 

リメイク版(攻撃力:75)

 

 

・ロトのたて

 

FC版(守備力:20)

 

リメイク版(守備力:30)

 

 

・ミンクのコート

 

FC版(守備力:30)

 

リメイク版(守備力:60)

 

 

・みずのはごろも

 

FC版(守備力:35)

 

リメイク版(守備力:65)

 

リメイク版の約半分の守備力しか無いものがちらほら。

 

ここまで弱いとは…

 

 

被ダメージは全滅を左右する、むしろ攻撃力よりも重要な部分といえます。

 

シンプルに死にやすいので、自然と難易度が高くなってしまうのです。

 

補助呪文が効かない

 

リメイク版ドラクエ2だと、ラリホーやマヌーサなど補助呪文が有効なモンスターは多数存在します。

 

全てのモンスターに通用するわけではないですが、被ダメージが減るのでMP節約に役立ちます。

 

 

雑魚戦は、スクルトかラリホー使っていれば大体どうにかなります。

 

ラリホー効かないなら、マヌーサで。

 

 

終盤の敵(デビルロードやアークデーモンなど)にもラリホーが良く効くので、最後までお世話になるでしょう。

 

ハーゴンの神殿では、複数のドラゴンを眠らせ狩ることでレベル上げも可能。

 

 

しかしファミコン版の場合、これらのモンスターにもラリホーなど補助呪文が効きづらくなっています。

 

あくまで体感ですが、2〜3割効けばいいほう。

 

 

なので、威力の高い攻撃や呪文でゴリ押したほうがまし…という結果に。

 

 

スクルト・ルカナン・マヌーサが効いたとしても効果がショボいので、使ってもあまり意味がありません。

 

 

ルカナンやスクルトを唱えても、守備力は15前後しか変化しません。

 

ルカナンを3回ほどかけて、1.5倍くらいのダメージになるか?程度。

 

 

マヌーサが効いても、ミスしてくれるのは4〜5回のうち1回程度でしょうか。

 

幻に包まれてるくせに、よく当たります。

 

レベルが上がりづらい

 

同じモンスターでも、ファミコン版の方が獲得経験値が少ないのです。

 

そのため、レベルも上がりづらい。

 

 

例を挙げると…

 

・オークキング

 

リメイク版の経験値:経験値:204

 

FC(ファミコン)版の経験値:99

 

 

・ドラゴン

 

リメイク版の経験値:経験値:480

 

FC(ファミコン)版の経験値:237

 

 

・ギガンテス

 

リメイク版の経験値:経験値:580

 

FC(ファミコン)版の経験値:278

 

 

・デビルロード

 

リメイク版の経験値:経験値:542

 

FC(ファミコン)版の経験値:315

 

 

・アークデーモン

 

リメイク版の経験値:経験値:1475

 

FC(ファミコン)版の経験値:712

 

 

・アトラス

 

リメイク版の経験値:経験値:2500

 

FC(ファミコン)版の経験値:1100

 

 

・バズズ

 

リメイク版の経験値:経験値:3350

 

FC(ファミコン)版の経験値:1530

 

 

・ベリアル

 

リメイク版の経験値:経験値:4750

 

FC(ファミコン)版の経験値:2200

 

序盤は差がほとんど無いものの、終盤になると差は明確に。

 

上記の通り、倍以上差が開いてしまっています。

 

 

単純な話、終盤のレベル上げは倍時間がかかるということ。

 

 

敵は強いのに、倒しても経験値は微妙。

 

当然、戦闘やレベル上げの作業は苦痛になります。

 

メタル狩りが絶望的

 

ドラクエシリーズでは、メタル狩りをしてレベル上げをショートカットする方法もありますが…

 

FC(ファミコン)版ドラクエ2の場合、これも絶望的なのです。

 

 

なぜかというと…

 

はぐれメタルやメタルスライムの経験値が、リメイク版の10分の1程度しかないからです。

 

・メタルスライム

 

リメイク版の経験値:経験値:1015

 

FC(ファミコン)版の経験値:135

 

 

・はぐれメタル

 

リメイク版の経験値:10150

 

FC(ファミコン)版の経験値:1050

 

FC(ファミコン)版はぐれメタルの経験値が、通常のメタルスライム並みしかないという…

 

これでは、「満月の塔」や「ハーゴンの神殿」ではぐれメタルを狩っても意味がありません。

 

 

こんなことだから、そもそも当時「メタル狩り」なんて言葉すら無かったわけで…

 

サマルトリアの王子が弱い

 

FC(ファミコン)版が難しいと評する際、「サマルトリアの王子が弱すぎる」といった感想を述べる人がいます。

 

 

ただ、これは正確ではありません。

 

ステータス成長の数値自体は、FC版もリメイク版も変わりません。

 

 

では、何が弱いかというと…

 

 

先程挙げた通り、「武器・防具の弱さ」や「補助呪文の弱さ」が大きく影響するからなのです。

 

 

それらに加え、絶望的な欠点が。

 

それは…

 

 

「装備できる武器が少ない」というもの。

 

 

FC(ファミコン)版サマルトリアの王子の最強の武器は、「てつのやり(攻撃力:20)」。

 

 

「いかづちのつえ」(攻撃力:15、リメイク版は45)も、一応装備できますが…

 

大抵の人は、ムーンブルクの王女に持たせているでしょうから。

 

 

2回攻撃できる「はやぶさのけん」も装備できるので、最終的にはこれが最強装備にはなるのですが。

 

 

購入金額25000ゴールドが貯まるのって、どう考えてもクリア寸前になってしまいます。

 

それまでてつのやりで耐え続けるのが、辛い。

 

 

ロトの血を引いているのに、「ロトのつるぎ」を装備できない…

 

「ひかりのつるぎ」も無理。

 

(どちらも、リメイク版は装備可能)

 

 

終盤では通常攻撃する意味すら無く、攻撃役はローレシアの王子のみに限られます。

 

 

防御してたほうが被ダメージが減るので、まだマシなレベル。

 

 

ザオリクを持つ唯一の蘇生役なのに、その自分がしにやすいのって何なの…

 

 

ちなみにリメイク版では、ムーンブルクの王女もザオリクを覚えるようになりました。

 

これだけでも全滅する確率がグッと減り、遊びやすくなったといえます。

 

 

攻撃呪文の威力も弱く、ベギラマでもダメージ30〜40程度。

 

これでは、通用するのはせいぜい中盤まで。

 

 

リメイク版では、50〜60ダメージにまで上がっています。

 

イオナズンほどではないものの、終盤でもまあまあの活躍をしてくれます。

 

エンカウント率が高い

 

ファミコン時代のRPG全般、エンカウント率(モンスターと遭遇する確率、頻度)がやたら高いです。

 

ドラクエ2も例外ではなく、たった一桁進んだだけでモンスターと出会ってしまうことも。

 

 

できるだけ消耗したくないダンジョンでも、幾度もの戦闘でどんどんHPやMPが削られてゆく。

 

弱い主人公・強い敵モンスター・貯まらない経験値…

 

 

ゲーム自体を投げ出したくなり、「つまらない」と評価するのは無理もありません。

 

地図がない

 

FC(ファミコン)版ドラクエ2の場合、ゲーム内で地図が表示されません。

 

 

説明書の最初には、全体マップは掲載されているのですが。

 

ローレシアやサマルトリアなど一部の城の位置は書かれていますが、街や洞窟の位置はわかりません。

 

 

ましてや「海底洞窟」「精霊のほこら」といった見つかりにくい場所も、自力で探すしかないのです。

 

 

海底洞窟は、デルコンダルの西から船で出たあたりで、偶然見つかる可能性が高いですが…

 

その北あたりに位置する精霊のほこらは、見つけるのが困難だと思われます。

 

 

以上、FC(ファミコン)版ドラクエ2が無理ゲーだと思うところを挙げてみました。

 

 

以上のようなバランスの悪さが災いして、難易度の高さに繋がっていたのです。

 

実際に自分でプレイしないとわかりにくい点なため、理不尽さが伝わりにくいのは仕方のないこと。

 

 

個人的には、いまさらFC(ファミコン)版ドラクエ2に挑戦する理由も無いと思います。

 

 

つまらない思いをしながら苦労してクリアしても、理解してくれる人はいないでしょうし。

 

 

褒めてくれるのは、せいぜい当時プレイしていた世代…おじさんくらいのもの。

 

それが嬉しいか?というと…

 

 

素直にスマホ版を買ってプレイしたほうが良いです。

 

中古品を買っても、メーカー(スクウェア・エニックス)は一切得しないですし。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加