ダイの大冒険で死んだキャラは?死亡した登場人物と死因一覧

ダイの大冒険で死んだキャラは?死亡した登場人物と死因一覧

 

週刊少年ジャンプで連載されていた「ダイの大冒険」は、人気RPG「ドラゴンクエスト」の漫画版です。

 

 

長期連載作品なだけあり、キャラクター数が多め。

 

それに比例してか、死んだキャラの数も多い印象があります。

 

 

今回の記事では、「ドラゴンクスト・ダイの大冒険」の死亡キャラ・死因を一覧にしてご紹介しています。

 

 

一部物語の重要な部分のネタバレもありますので、未読の方は気をつけてください。

 

スポンサーリンク

「ダイの大冒険」で死亡した登場人物は?死んだキャラと死因一覧

 

漫画「ドラゴンクスト・ダイの大冒険」における死亡キャラと死因を、一覧にしてみました。

 

 

原作のゲームほど、キャラが手軽に生き返ることはないものの…

 

ダイの大冒険でも、「一度は死亡したが、その後蘇生した者」が数人存在します。

 

 

それらのキャラも含めて紹介していますのでご了承ください。

 

 

挙げているのは主要キャラクターに限定しており、いわゆるモブキャラは除外しています。

 

魔のサソリ

 

バロンの持つ魔法の筒から開放され、レオナとダイに襲いかかったモンスター。

 

 

ダイはパピラスの協力で、空から魔のさそりの急所を狙います。

 

落下しつつパプニカのナイフで一撃。

 

 

絶命する前に尾でダイを攻撃しますが、それも斬られ不発に終わりました。

 

ガーゴイル

 

「ダイの大冒険」1話でデルムリン島を襲撃した、2体の飛行モンスター。

 

 

1体目は、ポップのメラゾーマでヤキトリに。

 

2体目は、ダイが放った海波斬のような技によって両断されました。

 

ロカ

 

かつてアバンと同じカール王国の兵士であり、共に魔王打倒パーティを組んでいた男。

 

 

娘のマァムが登場した時点で、すでに故人でしたが…

 

病死なのか怪我なのか、死因は不明です。

 

パプニカ王

 

バダックの話によれば、魔王軍に襲撃によって亡くなったとのこと。

 

ホルキンス

 

カール王国騎士団の兵士で、はじめはバランと剣で交戦していました。

 

 

しかし、途中で剣を鞘に収めたバラン。

 

彼が額から発した紋章閃の光線を受け、一撃で息絶えました。

 

キラーマシーン

 

元々は魔王軍のさつ人機械で、バロンの魔法力で動いているキラーマシーン。

 

 

ダイに襲いかかりますが、窓の部分を集中的に攻撃され破損。

 

続けてダイが放ったイオラの炎が窓から侵入し、バロンは黒焦げになりKO。

 

 

動かす者のいないキラーマシーンは停止しました。

 

 

修理するか操縦すればまた動きそうなので、「死亡」という表現は当てはまらないのですが…

 

モルグ

 

フレイザードが火山活動を起こして地底魔城が溶岩の海に沈む中、逃げずに運命を共にしました。

 

 

バルトス

 

バルトスの死因がアバンによるものと誤解していたヒュンケル。

 

 

しかし実際は、アバンとの勝負に敗れたハドラーが腹いせに拳で処刑したのでした。

 

フレイザード

 

ミストバーンから譲られた魔影軍団最強の鎧と一体化して、ダイたちを襲いますが…

 

完成版アバンストラッシュを放たれ、鎧ごと破壊されます。

 

 

目の部分が残ってミストバーンに再チャンスを願い出ますが、踏み潰されて消滅してしまいました。

 

ボラボーン

 

ヒュンケルのブラッディスクライドで敗北した後も、生きていたボラボーン。

 

 

ヒュンケルがラーハルトに勝利した後に不意打ちを仕掛け、ポップを人質にとりますが…

 

その愚行が竜騎衆の名を汚したとしてラーハルトに槍を投げつけられ、絶命しました。

 

ガルダンディー

 

乱入したヒュンケルの一撃を受けて負傷したガルダンディー。

 

ポップにとどめを刺そうと、空から急降下します。

 

 

ポップはトベルーラ(飛翔呪文)で飛び上がり、ガルダンディーの負傷していた片翼を完全破壊。

 

そのまま全魔力を込めたイオをゼロ距離から直に当て、黒焦げにしました。

 

ラーハルト

 

ヒュンケルのグランドクルスを浴び、敗北したラーハルト。

 

 

愚行をおかしたボラボーンを粛清した後、鎧の魔槍をヒュンケルに譲り力尽きました。

 

 

その後はバランの竜の血によって、終盤に復活します。

 

マキシマム

 

超金属戦士を率いて、消耗したヒュンケルとヒムを片付けようとします。

 

 

そこに乱入したラーハルトが、超金属戦士にハーケンディストールを放ちます。

 

 

その技を自分も受けていたことに気づかなかったマキシマム。

 

捨て台詞を言いながら立ち去ろうとしますが、飛び上がったあと空中で爆発しました。

 

ハドラー

 

背後からアバンを狙っていたキルバーンに、最後の力を振り絞って攻撃。

 

 

ダイとの戦いや生命の剣を使った影響か、肉体が崩れ落ち灰となってアバンの腕の中で消えてゆきました。

 

 

ザボエラ

 

超魔ゾンビを倒された後逃走するが、クロコダインに見つかり追いつかれます。

 

命乞いをしながらも毒入りの爪で狙いますが、それを見抜かれとどめを刺されてしまいました。

 

ザムザ

 

マァムを掴んで握りつぶそうとするも、閃華裂光拳を腕に受けたザムザ。

 

さらにダイのアバンストラッシュを喰らい、超魔生物から元の姿に戻ります。

 

 

超魔生物となった者の運命として、黒き灰となって散りました。

 

シャドー

 

ミストバーンの命令で、鬼岩城を操っていたシャドー。

 

 

ダイの剣を抜いたダイが竜闘気(ドラゴニックオーラ)を発動し、鬼岩城に突入。

 

剣を掲げた時に発した光を浴びたシャドーは、ミストバーンの名を呼びながら消滅しました。

 

ジャミラス

 

オーザムの柱で偽勇者パーティを襲いますが、乱入してきたマトリフが放つドルオーラを受けて消滅しました。

 

バラン

 

ミストバーンがハドラーの体内にある黒の核晶(コア)を再作動させ、爆発させました。

 

竜魔人化したバランが全竜闘気を使って威力を抑え、死の大地の消滅を阻止します。

 

 

生命力使い果たしたバランは、ダイと仲間に見守られながら長い眠りにつきました。

 

ブロック

 

身動きのとれないハドラーを庇い、大魔王バーン(老バーン)が投げつけた光魔の杖を喰らったブロック。

 

 

自分はその後爆発してしまいましたが…

 

すでに発動していた彼の能力(キャスリング)により、ハドラーや親衛騎団のメンバーを遠くへ逃がしました。

 

フェンブレン

 

真魔剛竜剣を拾おうとするバランを、ツインソードピニングでとどめを刺そうとするフェンブレン。

 

 

ダイはダイの剣を抜き、フェンブレンを一刀両断しました。

 

シグマ

 

シャハルの鏡で反射された呪文を自ら受けるポップ。

 

消滅すると思われましたが、それは見た目メドローアに似せたベギラマでした。

 

 

改めて放ったメドローアを受けたシグマは胴体が消滅し、敗北・爆発しました。

 

アルビナス

 

マァムが自ら砕いた魔甲拳の鎧の破片を大量に浴び、全身に傷を負ったアルビナス。

 

 

逆上して真正面から突撃しますが、猛虎破砕拳を受けて敗北。

 

その後爆発しました。

 

 

ソアラ

 

ソアラとディーノ(ダイ)の身の安全を保証させるため、敢えてアルキードの兵士に捕らえられたバラン。

 

公開処刑として攻撃呪文の一斉射撃を受けますが、割って入ったソアラが全弾浴びてしまいます。

 

 

人間を恨まないでと言い、バランの腕の中で息絶えてしまいました。

 

アルキード王

 

バランを庇って亡くなったソアラを、実の娘にもかかわらず侮辱したアルキード王。

 

その言葉に怒りを爆発させたバランは、竜闘気を開放。

 

 

アルキード王や国民全員が息絶えただけでなく、アルキード王国そのものが消滅してしまいました。

 

雷竜ボリクス

 

かつて冥竜ヴェルザーと戦い、敗北した竜。

 

ダイとハドラーの最後の戦いを観ながら、老バーンがした回想の中で出ていました。

 

マザードラゴン

 

老バーンに敗れて精神体となったダイの前に現れ、死んだことを告げました。

 

そのまま神の世界へ行くことを促しますが、そこにバランが現れます。

 

 

バランに説得され、ダイに大魔王バーンと再戦するチャンスと己の生命を与えました。

 

ゴメちゃん

 

数々の奇蹟を起こしてきたゴメちゃんの正体を、大魔王バーンが見破ります。

 

真の力を恐れたバーンはレオナの服の中から取り出し、そのまま握り潰してしまいました。

 

 

大魔王バーン

 

竜魔人と化したダイに一方的に追い詰められた大魔王バーンは、鬼眼の力を開放。

 

 

父・バランの形見である真魔剛竜剣すら折って圧倒しますが…

 

バーンの本体に刺さったままのダイの剣を掴まれ、真っ二つにされました。

 

 

ミストバーン

 

大魔王バーンに肉体を返し、暗黒闘気だけとなったミストバーン。

 

新たなメインボディとしてヒュンケルに憑依するだけでなく、魂さえ打ち砕き乗っ取ろうとします。

 

 

しかしヒュンケルが魂に集中していた光の闘気に敗れ、消滅しました。

 

 

キルバーン

 

仮面の中に組み込まれていた黒の核晶(コア)が爆発し、消滅しました。

 

 

ピロロ

 

自分の正体を明かしたあと、操り人形の仮面の中にある黒の核晶(コア)を作動。

 

 

その場を立ち去ろうとしますが…

 

アバンの投げたゴールドフェザーやマァムの拳を受け、溶けて消えてしまいました。

 

 

ダイ

 

戦意喪失した上にカラミティウォールを受け、敗北。

 

竜が生涯を終えたと判断したマザードラゴンが現れ、ダイを連れてゆきました。

 

 

しかし、完全には生命が尽きてはいないとのこと。

 

マザードラゴンに命を与えられ、目を覚ましました。

 

 

終盤では、キルバーン内部の黒の核晶(コア)の爆発に巻き込まれましたが…

 

その後もダイの剣の宝玉の光が消えていないことから、生存していることを伺わせます。

 

ポップ

 

記憶を失ったダイを守るため、竜魔人化したバランをメガンテ(自己犠牲呪文)で道連れにしようと試みます。

 

 

メガンテの爆発から逃れたバランは生存。

 

ポップの肉体も残っていましたが、心臓は停止してしまいました。

 

 

レオナがザオラルの呪文で蘇生しようとしますが、失敗。

 

 

その後、戦いを終えたバランがポップに竜の血を与えると…

 

心臓が動き始め、生き返りました。

 


DRAGON QUEST ダイの大冒険 文庫版 コミック 全22巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

 

以上、漫画「ダイの大冒険」の中で死亡したキャラクターを一覧にしました。

 

 

バランの竜の血で復活したポップや老婆バーンに負けたダイに関しては…

 

瀕死や一時的な心肺停止に留まり、生きていたのでは?という疑問はあります。

 

 

ポップの場合、神の祝福を受けた僧侶ではないのでメガンテ後の蘇生は不可能。

 

身体が砕け散りはしなかったものの、蘇生呪文のザオラルも効かない状態でした。

 

 

一方で、死の世界へ行くのをゴメちゃんに引き止められたり…

 

肉体が動き、バランに攻撃呪文を放ったりする場面も。

 

 

ラーハルトに関しては、竜の血を浴びてから生き返る(長い眠りから覚める)までに日数を要していたことから…

 

一度死亡していた可能性が高いです。

 

 

問題はダイです。

 

以下の理由から、死亡したのか怪しい部分があるのも確か。

 

・カラミティウォールで吹っ飛んだものの、致命傷を受けるはっきりとした描写がない

 

・マザードラゴンはダイが死亡したと誤解したが、実際に察知していたのはバランの死

 

・バランの言葉によれば、ダイの生命は完全に尽きてはいない

 

その一方で「生き返る」といった表現もされ、非常に曖昧。

 

ダイが命を落としていたかは、読者の解釈に委ねられている感じです。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加