掟上今日子の備忘録の文庫本は?小説が原作

掟上今日子の備忘録の文庫本は?小説が原作

 

ドラマ「掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)」が、2015年10月からスタートします。

 

 

主演の新垣結衣さんが演じるキャラクターの特徴的な見た目(白髪の若い女性)だったり、

 

1日経つと(寝ると)記憶がリセットされてしまうといった設定が、「原作は漫画?」と思わせるのですが…

 

原作は、「化物語」などの「物語シリーズ」で人気を誇っている西尾維新先生が書いた小説なんです。

 

 

掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)は、いわゆるライトノベルに含まれるようなのですが…

 

ハードカバーの単行本なため、価格は1冊1000円以上します。

 

 

これって、文庫本は出ていないのでしょうか?

 

調べてみることにしました。

スポンサーリンク


掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)はハードカバーの単行本!文庫本は?

 

掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)は、ハードカバーの単行本です。

 

1冊で1350円。

 

…これは、なかなかのお値段ですよね。

 

 

ライトノベルというからには、主に学生が購入していると思われるのですが…

 

学生さんのお小遣いから出して買うのには、けっこう勇気がいるのではないでしょうか?

 

 

もし文庫本で刊行されていれば、500円前後で手に入るでしょうからお得ですよね。

 

 

というわけで…

 

大手のネットショップであるアマゾンと楽天市場へ入って、掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)の文庫本があるかどうか検索してみました。

 

すると…

 

 

検索結果に出てきたのは、ハードカバー単行本だけでした!

 

文庫本は見当たりません!

 

 

掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)のドラマ化に合わせて文庫本が刊行されていないかな?

 

…と、ちょっと期待をかけていたのですが。

 

 

残念ながら、文庫本は出ていないようですね…

 

掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)。今後、文庫本になる予定はある?

 

それにしても…今までは、

 

 

「ライトノベル=文庫本」

 

 

…というイメージを持っていたので、掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)がハードカバーの単行本だったことはかなりカルチャーショックでした。

 

 

そういえば…西尾維新先生の化物語などの物語シリーズにも文庫本は一切なく、ハードカバーの単行本しか発売されていなかった気がします。

 

シリーズを全巻揃えているファンの学生さんって、かなり大変だろうな…

 

 

大人が買うにはそれほど問題ない…といっても、できるだけ安い価格で手に入れたいというのが正直なところでしょう。

 

 

掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)の文庫本が、今後発売される予定ってあるのでしょうか?

 

 

もし、掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)の文庫本が出るとしたら…

 

一番売れると思われる時期って、実写版ドラマが始まる今の時期ですよね。

 

 

小説や漫画を原作とした実写ドラマがスタートした時期が、一番原作本が売れる時期なのだそうです。

 

そして、ドラマが終わった時期から失速してゆく…

 

 

そう考えると、まさに今!文庫本が発売されていなければならないのですが…

 

残念ながら、現在全くそのような情報は流れていません。

 

 

ちなみに…

 

備忘録(おきてがみきょうこ)の漫画版1巻は、2015年10月16日に発売するそうです。

 

こちらは、ドラマの開始にタイミングを合わせてきた感じですね。

 

 

一番売れる時期と思われる今、掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)の文庫本が発売されないということは…

 

今後も発売される可能性は低そうです。

 

 

もしかすると…

 

ドラマ効果でハードカバーの単行本が売れまくれば、文庫化が決定する可能性もある…かも?

 

あくまでも個人の予想ですが…

 

まとめ

 

・掟上今日子の備忘録(おきてがみきょうこ)は、ライトノベルだが文庫本ではなく、ハードカバーの単行本。

 

・単行本の価格は、1350円。

 

・実写ドラマ版が始まるが、今のところ原作小説の文庫本が発売されるという情報は流れていない。

 

・漫画版が、2015年10月16日に発売する予定。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加