クリリンと18号に子供が出来たのはなぜ?どうやって生まれたの

クリリンと18号に子供が出来たのはなぜ?どうやって生まれたの

 

グレートサイヤマンの格好をした孫悟飯が、クリリン達を天下一武道会に誘うためにカメハウスに向かいます。

 

カメハウスにいたのは、亀仙人・クリリン・18号。

 

 

そして亀仙人の横には、見慣れない小さな女の子の姿が。

 

 

彼女の名前は、マーロン。

 

クリリンと18号は結婚し、二人の間には娘が生まれていたのです。

 

 

ただ、このように疑問をいだいている人も少なくないとか。

 

 

「なぜ子供が?18号って人造人間のはずなんだが」

 

「機械の体の彼女に、どうやって子供を生むことができたの?」

 

 

気になる答えは、この記事に掲載しています。

 

スポンサーリンク

クリリンと18号の間に子供が出来たのはなぜ?どうやって生まれたのか

 

機械のはずの18号が、なぜクリリンと子供を作ることが出来たのでしょうか?

 

 

…という疑問を抱く方もいるようなのですが。

 

 

18号は、ロボットではありません。

 

生身の人間をベースとしているため、子供を生むことができたのでした。

 

 

ブルマがドクターゲロの残した人造人間の設計図を見た際、「改造した部分は有機物で造られている」との説明をしていましたので。

 

 

ちなみに完全にロボットとして作られたのは、最初に出てきた19号と自然が大好きな16号です。

 

 

ただ…

 

「18号って、ロボットなのでは?」と思ってしまうのも無理はありません。

 

少なくとも多くの読者は、最初そう感じていたに違いありませんから。

 

 

そう勘違いしがちな部分が、あまりにも多すぎるのです。

 

 

初登場時の18号や17号は、ほとんど無表情と言ってもいいほど。

 

若干微笑むことはありましたが、人間味が感じられなかったのは確かです。

 

 

ほか、こういった部分でロボットと勘違いしそうな気はします。

 

・「人造人間」という名称が、「人型のロボット」を連想させた

 

・ドクターゲロが目覚めさせるまで、「機能を停止」していた

 

・初登場時やベジータ戦では、表情やリアクションに乏しかった

 

・「永久エネルギー」を持ち、体力の消耗が無い

 

・ブルマが「緊急停止」コントローラーを作った

 

・バリアーを張る(同じタイプである、17号の技だが)

 

・体内に爆弾が内蔵されている

 

「機能を停止」とか「緊急停止」とか、本来は生物に対して使う言葉ではないですもんね。

 

「永久エネルギー」とかも、ロボットとかメカに積まれていそうなイメージです。

 

 

設定を作り込まないことを公言している鳥山先生なので、この辺りあやふやだった可能性はあります。

 

 

その後、セルが登場。

 

「17号と18号を吸収することで、完全体になれる」という設定が現れました。

 

 

セルが17号を吸収するために痛めつけましたが、それまで余裕だった17号にも焦りの表情が生じます。

 

ダメージを受け、口が切れたのか血まで垂れていました。

 

 

このあたりで、読者も完全に「17号と18号って、ロボットじゃなくて人間なのか」と、確信していったのではないでしょうか?

 

 

今思えば…

 

18号がベジータのボディを受けても無表情だったり微笑を浮かべていたのは、ただ単に「攻撃が効いてない」だけだったと受け取れます。

 

 

攻撃を受けても涼しい顔をするのは、強敵を表現する定番の演出ですし。

 

クリリンと18号の娘。マーロンに鼻ってあったっけ?

 

クリリンには、「鼻が無い」というびっくりな設定があります。

 

デザイン上描いていない・見えづらいわけではなく、鼻自体が無い。

 

 

天下一武道会において、「鼻がないので臭いを感じない」「でも鼻くそは飛ばせる」といった矛盾を、ほぼ同時期に生んでいたことでも有名です。

 

 

さて、そんなクリリン似のルックスを持ったマーロンですが…

 

実は、初登場(幼少期)のマーロンには、鼻がありませんでした!

 

その後GTに登場した成長後の彼女には、普通に鼻があるのです!

 

 

鼻が生えたのか?

 

幼少時の鼻は小さすぎて、見えなかったのか?

 

 

身も蓋もない言い方をすれば、デザインの都合な気はしますが…

 

クリリンと18号の娘・マーロンの戦闘力は?

 

ドラゴンボールシリーズに登場する子供って、みんな強いですよね。

 

 

トランクスや悟天に至っては、遊びの中でスーパーサイヤ人になれるほどの才能があります。

 

 

さらにゴテンクスにフュージョンした後は、自力でスーパーサイヤ人3にまで変身できてしまうのです。

 

 

孫悟飯とビーデルの娘・パンは劇中でスーパーサイヤ人にこそなれなかったものの、GTにおいてはメインで戦うキャラでした。

 

かめはめ波を撃っている場面も確認できます。

 

 

ブルマとベジータの娘・ブラは、積極的に修行をしたり戦ったりする場面はありませんでした。

 

しかしベビーに操られた際、もしかしたら潜在能力は強いのでは?と思わせる節はありました。

 

 

さて、クリリンと18号の娘・マーロンの戦闘力が気になるところですが…

 

物語を見た限りでは、一般人並みだと思われます。

 

 

ドラゴンボールGTにおいて、クリリンが超17号に襲われ命を落とす場面がありました。

 

 

激昂した18号は反撃を試みましたが、マーロンに何か力を開放するような様子はありませんでした。

 

18号に促されるまま、逃亡。

 

 

クリリンも18号も、戦闘民族ではない地球人ですから…

 

二人の間に生まれたマーロンも、あくまでも地球人の力しか持たないのかもしれません。

 

 

クリリンは、亀仙人の元で修行をすることで才能を開花していました。

 

18号も人工的に改造されて強くなったものの、それ以前は普通の人間だったと思われます。

 

 

どちらも、元々は普通の人間に過ぎなかったわけです。

 

 

マーロンは、闘争心のない無害なポジションのキャラに入るのでしょう。

 

 

よく考えてみると…

 

マーロンを含めドラゴンボールのレギュラーキャラの中で「全く戦わないキャラ」って、意外と少ないですよね。

 

 

プーアル・ウーロン・ウミガメくらい?

 

 

チチは、かつては天下一武道会の本戦に進んでいましたからね。

 

ランチさんは、クシャミをすればマシンガン片手に大暴れしていますし。

 

 

ブルマに至っては、いきなり悟空を銃で撃ったり、クリリンと亀仙人をサブマシンガンで撃つなど…

 

いろいろやばすぎる。

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加